愛おしい贈り物

Gifted で場面緘黙症でHSCの子供の成長日記。Giftedtと場面緘黙症とHSCのことを知っていただきたい思いで書いています。

ギフテッドクラスのあり方

先日会っていただいたアメリカのギフテッドクラスに在籍するお子さんは、ギフテッドのクラスに入るためのテストに合格しているのですから賢いと推測できますし、立ち振る舞いからもとても利発なお子さんだとわかります。

そして、運動もスイミングの大会で常にファイナリストですし、アートも得意。

気さくで話も上手で…と、何一つ劣ったものが無い様に思います。

しかし、お母様がおっしゃるには、彼は落ち着きがなく目を話すと何をしているかわからず、今やるべきことをしていない等お母様なりにご苦労があるそうです。

彼らが小学校に入るときに行われた試験で双子の男の子がギフテッドクラスに推薦されたということで、当時暮らしていた州よりも教育的に定評のある州にお引越しされたそうです。
まさに孟母三遷です。

日本で暮らしていたら、女の子のほうが優等生で男の子の方は問題児扱いされていたでしょうとお母様はおっしゃっていました。

彼が心身ともに伸びやかに成長できたのは、彼にあった教育の場を提供してくださったからだとお母様はおっしゃいます。

ギフテッドクラスというのはどんなことをするのかと伺うと、
お行儀の悪さにやきもきしているとお母様はおっしゃいますが、クラスではそういうところも含め否定的に指摘することなく、心を傷つけることなく、やりたいことをさせてくださるとのことでした。

端的なお話で漠然としているようにも思えますが、伝わってくる雰囲気から、こういう環境が子供のやる気を削がずに持ち合わせた能力を発揮できるのだと思います。


思えば、
fの幼児教育(◯田アカデミー)の先生が
「f君の知能指数は高すぎるので、お行儀とかにうるさくなくてのびのびとf君の能力が伸ばせる環境を与えてあげてください。お行儀はご家庭でしつけてくださればいいのですから。でないとこの子は潰されかねないですから。」と、おっしゃいました。

◯田アカデミーの担当の先生はギフテッド教育の必要性を感じられていらっしゃいました。

私の求めるギフテッド教育は、本人のやる気を削がずに自発的な興味からの学びの邪魔をしない教育です。

都内の教育関係者でギフテッド教育に関心のある方と話をしたときに数名いた保護者の中には、
「学校の勉強は易しすぎるのでもっと難しいことや先取りの授業をしていってほしい。」とおっしゃる方がいらっしゃいました。
私のとは違う人それぞれの考え方があるものだと思います。

何を求めるかということによって違いますが、
私のそれであれば、メンタルを大切にするということを第一に特別支援の範疇で行われてもいいと思っています。 

しつけと同じように、先取り学習や掘り下げた学習は、ご家庭でなされたら良いと思います。

ギフテッドクラスで、自主的な探究心からの学びができるのなら、クラスの中で必然的に先取りや掘り下げた学びはできると踏んでいます。

私の理想郷が、日本にあったら良かったと思います。
fをメンタル的な二次障害からも守ってあげられたのにと今更ながら自分の不甲斐なさとともに残念に思います。 

これからのお子さんたちにはなんとかして二次障害には至らない環境を整えてあげたいですね。
✤✤✤

山中湖の別荘に来ています。 
このポスターは、年代物です。
ご存知でしょうか、中山千夏さん。
彼女が明治の板チョコのポスターのモデルになっているものです。
私でさえ時間的にリアルには見たことがないものです。
祖父が大切にしていました。
f0370147_08202411.jpg

✤✤✤

ご覧いただきありがとうざいます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓


[PR]
by suzu62taha88 | 2018-07-31 07:08 | ギフテッド

by りかこ
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31