愛おしい贈り物

Gifted で場面緘黙症の子供の成長日記。Giftedtと場面緘黙症のことを知っていただきたい思いで書いています。

子供の能力を低くみる先入観

今日は近くの100円ショップに紙粘土を買いに行きました。

店内をグルグルと回っていると、ナノブロックがさがっていて、「fが小さい頃に(ブロック好きですが愛好家でもありませんでした。)ナノブロックを与えたら、設計図を見ながらさっさとお城などに組み立てたので、こういうのが得意なのねと感心したもので」懐かしくなりました。

お城のように複雑ではなく簡単なものでしたがfに作ってもらおうかと買ってきました。

今fは毎日時間が余っているのでこれを買っていって、作ってもらおうと思ったのですが、
こればかりに時間を費やしてしまうと他のことができなくなってしまうのではないかと渡すのに躊躇していました。

とはいえ、ボケている私のことです。
そんなことは忘れて
fが食事の終わりそうなときになにげに
「これ作ってくれる?」
と言って渡しました。

私はキッチンに行き
数分後に食事をしているところにもどると、本人はいなくテーブルの上にはナノブロックの猫ちゃんが完成しているではありませんか。
はやっ。

時間を費やして他のことができないなんてこと、心配ご無用でした。

私は子供の力を低く見ているところがあります。
私の感覚で想像すると、このくらい時間がかかるとかこのくらいしかできないと、無意識に先入観にとらわれています。

全てにおいてこういうことだと、ふと思いました。
子供の力は信じることが大切だと言葉ではわかっていても、先入観ではその力を信じていないのです。

実際、なにかに応募するなど、本人はもとより、私もしてもあげないのですし、学校などに通うなんて無理よねなどと思いこんでいます。

もう少し信じていかなくては。

ナノブロックひとつで大層な話になりましたが、この小さな気付きも大切です。


「建築家になったらいいんじゃない。」(私の勝手な心の声)
「コラコラ、勝手な妄想をするんじゃない!」
と自分に突っ込みました。


✤✤✤
できていたのがこの猫ちゃん。
可愛い💖
f0370147_03481764.jpg
✤✤✤

ご覧いただきありがとうざいます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓


[PR]
by suzu62taha88 | 2018-05-30 03:08 | ふぅ

by りかこ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31