愛おしい贈り物

Gifted で場面緘黙症の子供の成長日記。Giftedtと場面緘黙症のことを知っていただきたい思いで書いています。

学力以外で引っかかる高校再出発受験

高校入試は、
出席日数の条件が案外厳しいようです。
他にも、過年度卒業者や中退者には門戸が開いてないというのもあります。
大学はそういうのはないのですが、高校はまだまだ保守的です。


3年になり、いい感じで学校生活を送っていたので、特に気にもしてませんでした。

しかし、高校受験も視野に入れる羽目になってしまい、欠席日数が重くのしかかる事になりました。

先生方の不理解により、突然降って湧いた(その人達からの)継続的ないじめによって、f が学校には入れなくなってしまった故に、高校受験を考えたのです。

つまり、欠席日数が増える事態となったので高校受験を考えたわけです。

なのに、欠席日数が多いと高校受験ができないという矛盾に突き当たりました。

これは、こちら側から見た勝手な意見であって当然なことでもあります。
高校としても欠席日数が多ければ今後の学生生活に不安ありとみるのもやむなしです。

近場の私立高校のHPには、1年間で欠席4日程度まで、などと書いてあるじゃありませんか。
普通にいけていても、4日はきついです。
その様なところは、仮に入れたとしても、欠席に厳しいところなのでしょう。
休まず行くのは当たり前のことでしょうから、それを敬遠する私がおかしいのかもしれません。^_^

他に、
「3年間で30日以内の欠席が原則ですが、それ以上の場合は、個別相談でご相談ください。」となっているところなどは、少しは安心かと思いました。
30日というのは不登校の目安の様ですね。


怖くて数えてませんが、まだ30日にはなっていないとおもうので、こういう学校があるならば、保健室登校は、もう少し頑張っていきましょうと思います。

通信制高校はもちろんそうではないところがほとんどだと思います。

中学や高校でなんらかの原因で学校に行けなくなった子達は、他の学校ならいけるかもしれないけれど、受け入れ側がそうもいかないという現実もあるようです。



通信制高校の通学しないコースの場合
入学から1年後の人数は、2倍になっているという話を通信制高校の先生から伺いました。

通信制高校に行く子が増えている理由がよくわかります。
色々なケースを受け入れられるという最先端な発想で成り立っているのかもしれませんね。


*****
f が小学5年生の時に夏休みの自由研究で作った化学のゲームカードです。
f0370147_21281262.jpg
結構イケテルと思ったのですが、担任の先生が観てくださっただけで返却されてきました。
勉強になったということでよしとしましょう。^_^

**************

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-26 18:09 | 高校受験

by りかこ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30