愛おしい贈り物

Gifted で場面緘黙症でHSCの子供の成長日記。Giftedtと場面緘黙症とHSCのことを知っていただきたい思いで書いています。

場面緘黙症(不安症)のこと

場面緘黙症に関することです。

症例の少ない場面緘黙です。
したがって、認知度も低いと思います。

不安症の中の一つの症状です。

自分が何かをすることによって、叱られてしまうのなら、何もしなければ叱られません。
自己防衛として起こる症状と言われています。

「それを自己コントロールして話さない」というならば問題ないのですが、
話さないということを自分でもコントロールできない」のです。

つまり、「話せないのが緘黙です。」

話せないのは、その人の意思ではなく本能的に脳が決めた、
いわば脳の掟というわけです。

脳の掟を元に戻していくことは、それほど簡単ではないのです。

だからこそ、周囲の理解の必要性があるのです。


緘黙の場合、「緘動」といって、身を隠す様な症状があります。
人目につかないようにしている
という表現で伝わりやすいでしょうか。


例えば、f は、
家から一歩外に出ると、こちらが会話を仕掛けると迷惑がり、
「シー」と、薬指を立てて「黙って」というジェスチャーをします。


不安症、緘黙症は、経験を重ねるうちに身を守る手段として、
自分の存在をかくしてしまっているということになると思います。

しかも、自らのそうしようとしているのではなく、脳の掟がそうさせているのです。

金縛りにあっているようなものですから、
「話せ」と言われたからと言って話せるものもではないのです。


理解者が増えることで世の中の認知が広がり、
当事者も生きやすくなることを願っております。

***************

f0370147_18564309.jpg




















***************



ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-09-30 19:01 | 場面緘黙

by りかこ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31