保健室で学年主任と対面した翌日
学校では模試と解説があり授業はありませんでした。

なので教科担当の先生とも教室で会わず
何かを言われることもないと思いました。

そのことを fに話したうえで
今日は学校も気楽に行ってきたらいい。」と言ったせいか
その日は教室に行けました。

その翌日はお休みでした。

そのまた翌日のことです。

お昼も過ぎたころ学校から電話がありました。
電話の相手は養護の先生からでした。

朝、fは保健室に行ったそうです。
その曜日は毎週、養護の先生は遅いご出勤だそうで、
朝はいらっしゃらなかったそうです。

f は、カギがかかっている保健室の前のベンチに座っていて
それを見かけた高校の先生が
教室に連れて行ったとのことでした。

なにより、一人で保健室に行けたことがうれしいです。

教室に行けないから、
  学校に入れなかったのですが、

教室に行けなくても
  学校には入れ、保健室に助けを求められた
のですから、

養護の先生を信用できたのだと思います。

わー、それにしてもタイミングが悪いわあ。(*''▽'')


帰宅後はいつものように荒れていたので、
あまり良い状況でもありませんでした。

せっかく、養護の先生を信用したのだと思うので
保健室もシェルターにはならないと思わないでほしいです。

今は、(私もですが、)
本人は先生方を信用できるのかどうなのか微妙なところです。
来週からは、どうなることやら。
**********
昨日、学校のママ友さん達6人で、筑波山に登って来ました。
岩場が多く険しいので、結構手強いです。
f0370147_21415648.jpg

f0370147_21415905.jpg

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-04 20:51 | 場面緘黙

Giftedについて、私の触れてきた情報から全体像がみえてきました。

それは、私の中にあるイメージに過ぎないのですが、
今、日本でGiftedに携われる先生方の中にある「Gifted」について触れたときに、私のそれとは違うあまり、疑問を持つことがあります。

########

ここで気持ちを述べておきますが、
私としては、諸説あるけれども、うちにとって良しと思うことを取り入れて、違うところには流しているのが現実です。

しかし、日本に広がる「Gifted」の概念が納得できないものにだけはなって欲しくないと思っています。

########

さて、今の私の「Gifted」についての認知までの経緯を、英会話に例えると。

ネイティヴの方達とのふれあいの結果、片言の英会話ができるようになった。

その後、日本の英語の本を読んだり授業を受けてみると、そこで分析される英語は今まで話していた英会話とは違う分析がなされていることを知りました。

しかし、自分が話してきた英会話が間違っているとは思えず、
「これだから、日本の教育だけでは、英会話ができないのだ」という思いに達しました。

というような感じです。(^ ^)

@@@


ここで、
「先生方を非難するものではなく、自分の理解していたこととは違うというだけです。」
と、記しておきます。

中でも、
「Giftedは、言語理解が高く処理速度が遅い」
ということになっていること。

そういう凸凹の傾向は決まったものだと言い切れず、その逆だってあるのではないかと思っています。
また、凹みがほぼ無い場合もあると考えています。

Giftedの困り感は、凹みがあるからではなく、大多数の人との感覚や何かの違いによって引き起こるズレが、一般的に世間的に受け入れられず、馴染んでないことから起こるものもあると思います。

なので、「Giftedは、凸凹がある。」と言い切ることも理解に苦しむことであるのです。

それから、「Giftedは非同期の発達を遂げる」ということについてですが、
私の中では意味が通らず、どういったことを示唆しているのかと疑問に思っていました。

その後、Giftedの非同期について、
「非同期ってタイミングが合わないってことよね。別にタイミングが合わないから得意や不得意があるわけじゃ無いと思うんだけど。タイミングだったら、そのうち他も同じようにできるようになるということだけど、そうは思えないわ。」とおっしゃる方とお話しして、
「私のモヤモヤはそこにあった」としっくりいったものです。
(非同期については、そう表現をする方が多く正しいのかもしれません。
海外でもギフテッドは非同期の成長だというのかもしれません。)

日本のGiftedに対する認識は、障害の中から脱して無いきらいがあります。

ある人は、障害の中の素晴らしいGiftとして知らしめた方が日本では受け入れられやすいから、Giftedという名前を広めるために障害の中のGiftedとして話をしている。」という方がいらっしゃいました。

そのお気持ちや、障害のある方たちの持つGiftの素晴らしさを大切に思うことは素晴らしいと思います。

しかし、それとこれとは違うと思うと、複雑な気持ちになりました。



Giftedを支援するというのは、真のGiftedの像を広めていくことにあると思います。

Giftedの全てをとは思いませんが、一部であっても、分かり得ていることを誤解なく伝えていくことなのだと思います。

そして、その才能や好きなことやチャレンジすることをサポートしていくのは、それぞれの保護者がしていけば良いのです。

こうしてGiftedについて考えていると、個性を認め個性を伸ばすというものは、Giftedの子達にとってだけ大事なことであるのではなく、すべての子に対して大切なことだという結論に至るわけですが、

Giftedの困り感はなかなか理解されず、個性として認められず、辛い日々を送っている子が多いわけですから、
その辛さを知っている保護者だからこそ、
Giftedに言及し、真の理解を広めていきたいものだと思います。

日本で子供達をGiftedの理解者に近づけるには、認識がちょっと違ったりするけれど、信頼できると思った方とご縁させてあげたいと思います。

それは妥協ではなく、日々成長する子供は日本で自分の考えるパーフェクトな理解者を待っているわけにはいかないです。
現状で人格的に素晴らしいと思える方を見つけるのも親の役目なのかもしれませんね。



*****

できることはやっていきたい。
限りある人生ですものね。

f0370147_10044350.jpg


*****


ご覧いただきありがとうございます。


拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 場面緘黙症へ
にほんブログ村



[PR]
by suzu62taha88 | 2017-07-11 08:11

反抗期は親孝行?

メンタルも感覚も敏感で、心も閉ざし気味な f に、いかに良い日々を過ごさせてあげられるのかとかんがえてしまいます。

あちらの山に良い草が生えていると聞けば探しに行き、こちらの川で顔を洗えば美人になると聞けば洗いに行く。(違うわね。(笑))
親というものは子供の可能性と辛さをなんとかしてあげたいと頑張ってしまいます。

この度も、凸凹さんの活かし方的な講演会があり、お話を伺ってきました。

素敵なママさんたちとの出会いもあり、「行って良かった。」と幸せな気分で帰ってまいりました。
実は、帰りの電車で物思いにふけり乗り越してしまったという失態!
我ながら「馬鹿ですねぇ。」


帰宅して。
f の顔を見て、「今日はどうだった?」と聞いたでしょうか。

思春期の反抗というものには、困ったものです。
その後に私が心を乱されたおかげで、正直なんて言葉をかけたのか覚えていません。💦


f は、私にむかって罵ります。
「汚い」
「くさい」
「なんでここにいるの?」
いつものことながら、カッとしてしまいました。

続いて私も
「宿題終わったんでしょうね。
パソコンばっかりやってないわよね。
暇つぶしばかりしてるんじゃない!…」
と、普段言わないようにしている禁句を怒濤の如く浴びせました。
わぁ、大人気ない。

私は気分良く帰ってきたので、つい声をかけてしまったのが間違いの始まりでした。
(早く反抗期が終わって欲しいわぁ。)

f には構ってられないと思い、自分のことをして昨夜の幕を閉じました。

朝起きるとf がおきまりの洗面所でパッドをやっていました。

私が眠っていた5時間の間、少しはf も眠ったのでしょうか。
どうなのかわかりませんが、そのまま準備をして登校していきました。

子供の思春期で、こちらが腹立たしくさせられることは、心配しすぎないために、ある意味親孝行なのかも知れません。

そうそう、今年度はf の自律のための年と位置付けたんだったわ。
私が色々と手を出すのは控えなければ。

本人が気づけない環境を整えること(=私が講習会に行くとか、メンターに会わせるとか)は別ですが、(これもあまいのかしら)見守らなければ。

見守る方が手を貸してあげるより辛いのですが、親も成長すべしですね。

それにしても、f は寝不足ね。
学校で居眠りしてたら頑張って行った意味ないわよねぇ。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-28 15:49 | 中2のF

感受性がつよくて、同じことを何倍にも強く感じるのです。

外からのものあたりが物凄く刺激的に感じたならば、それを我慢するというコントロールなど効かないことでしょう。

しかし、その子供を慰めるためについ「そんなの気にしないでいいのよ。」とか「なんでそんなことで怒るのよ。」などと言ってしまいます。なんとも的外れです。わかっているけどやめられないのよねぇ。

当人達は、並外れた感受性に苦しめられているのです。
我慢できないレベルなので耳をふさいだり怒り出したり逃げたりするのです。
感情のコントロールができるレベルではないのです。
ここのところの理解はなかなかされず、誤解されてしまうところなのです。

つまり、感情のコントロールに問題があるのではなく、敏感に感じてしまうところに問題があるのです。

我慢できないことにスポットライトを当てるのではなく、敏感なところにそれを当てれば理にかなうのです。

わがままなんかじゃなくて、
敏感に刺激をキャッチできてしまうので
我慢できずにその反射(反応)をしてしまう
というわけですね。

例えば、皮膚に塩をすりこんでもなんともないけれど、傷口に塩をもみこんだなら悲鳴をあげるほどの痛みが走ります。
こういったことだと理解すればその子の理解ができることでしょう。

この過敏さはすなわち脳のどこかがとっても発達していると考えられるのです。
それならばGiftedな子供達が何かしらに異常に敏感なのは頷けます。

「感情起伏の激しい奴だ。」
と、相手が思って、相手に馬鹿にされてしまえば、そのあと、からかいやいじめの対象となるかもしれません。

「この人は、こんなに苦しいと感じている。」という理解がされているだけでもこの人の解釈も変わっていくことだと思います。(希望的観測でしょうか。)

それから、
他への理解のみならず、本人の受け止め方も変えていきたいものです。
この子達に必要なのは「鈍感力」です。
持って生まれた過敏さを払拭するなど、簡単なことではないのですが、
「脳内革命」とやらが必要なのかもしれません。
(本の宣伝か?(笑))

fの場合は、友達がぶつかってきたのに謝らない。とか、気に入らないというようなことを言います。
被害妄想かとも思ってこちらもイライラして、「相手だって悪気ないでしょ。許す気持ちも大切なのよ。そのくらいでなにいってるの。」と言ってしまうのが現実です。

まずは寄り添い「それは辛かったね。」と受容することが第一歩なんでしょうね。
そのあとはあったことを振り返り、頭の整理をしていく。
本人が冷静に気づくことがあればいいというものです。
理想と現実は違いますね。

後々、自分が過敏であり、一般的には少しばかり周りの方は薄く感じるんだと受け入れ、
感じたことにこだわりすぎず流せる強い精神を鍛えていけたらいいのですが。
鈍感力、鈍感力。

普通のストレス解消と同じように、
嫌なことはお話しして軽いものにしてしまうのもひとつです。

結局のところ、
受け入れて考えさせる。
に尽きると思います。
話し相手になってあげることが一番のサポート。
まずは、敏感なんだと広めることも前提にです。








*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-09 14:25

家庭におけるGifted教育

大層なタイトルをつけましたが、
「専門家ではない人間が我が子を育てる上で気をつけたいと思っていること。」
と位置付けてください。

Giftedの子供を育てる上で注目すべきことです。

思い当たるところです。

●高い能力を活かしていくこと。

●過敏な精神の理解をしサポートをすること。

●他からの弊害を受けさせない様、他への理解を広めること。

●成果の報告ができる様にすること。
(残り10%の欠如の解消)

まずはこの4点についてまとめてみます。

では、次記事から一つずつ記します。

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-07 10:53 | 小3のふぅ

こう見てGifted を知る

この記事を見つけたのが5年程前になります。
その間になんとなく浸透してきたgiftedのイメージもどことなく盛り込んでいると思います。
こういったものは賛否両論あると思いますが、私としてはとてもわかり易く納得するにもご紹介にもありがたい資料となっています。

Gifted or ADD?

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

f0370147_08525602.jpg


[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-03 08:22 | ご紹介

理科の自由研究

夏休みがもうすぐおわります。
ずっとお休みならいいのにと、他のママさんたちとは違う思いでいっぱいの母です。

さて、夏休みの宿題ですが、大量のどうでもいい(失礼)宿題は残すところあとわずか。
って、この後に及んで、残っているのがおかしいでしょ。あっはっは〜。⤴︎
そのおかしいじゃない💦⤵︎

理科の自由研究もこの3日間で仕上げてました。

見てみたら案外楽しそうな事をまとめていました。
原子カードとやらを90枚も作っていて、大変だったわね。

内容は高校生の化学で学ぶ、原子の構造、電子軌道、分子結合、共有結合、金属結合などを説明した上でカードを作り、カードゲームで遊ぼうというものでした。

ポーカーの要領で遊ぶと面白そうです。
小学生の時にも同じようなものを作っていたのですが、今回はそこに至るまでに必要な知識が説明されて、より一層興味が持てるものでした。



f0370147_02460809.jpg



以上、理科の宿題でした。
終わってホッとしました。

しかし、まだ終わっていない地理の宿題は地理に関するレポートです。
何せ興味のない分野なので、やるのかしらぁ。
いえ、やりましょう。
学校ってそういうところだ!
がんばってぇ。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-30 02:21 | 中2のF

gifted当事者の手記

2010年の月刊「実践障害児教育」という雑誌の記事です。
人とは違うという意味で何らかの障害だと考えられてたのでしょうか。
実際、2Eともなれば完全に生きにくさを感じているのですから、障害として支援していただきたいところです。

f0370147_07554367.jpg

f0370147_07554408.jpg

f0370147_07554568.jpg

ある方は、ギフテッド教育の必要性を記し、ある方はギフテッドをF1に例えて公道では走りにくいと記し、そしてある方は周りの方の理解の必要性を記しています。

集団の中で浮いて見えるのには訳があります。
そして、浮かないようにと個性を隠して(我慢して)生きることがどんなに辛いのか、わからないといけないと思います。

せっかく人には追いつけない能力をもって生まれたgiftedの人達なのですから、のびのびと生きて能力を活かしてもらいたいものです。

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-29 07:17 | ご紹介

今から遡る事6年。
私がfの事で思い悩み、あーちゃんママさんの記事に触れgiftedの概念を知った後に拝見したgifted関連の記事です。

是非、ご覧ください。
↓↓↓
LD先生の子育て相談 ・ギフテッドの話10月




当時東京学芸大学教授で現在は引退されているLD先生こと上野一彦先生の子育て相談ページです。
上野先生はLD学会の第一人者で同会では研究発表をなされていらっしゃいますが、残念ながらgiftedに関するものはまだなされていない様です。

ちなみに昨年のLD学会では他の方がgiftedに関する研究発表をされていました。
私はLD学会には出席してませんし、詳しく無いので、こちらの記事を読んでくださっている方で詳しい方がいらっしゃれば。「ああ、あれですね。」と内容まで蘇ってこられることでしょう。

将来的に期待しているのですが、国内にいる元教員の友人はgiftedのことを掘り下げたいと一大発起し大学の心理学科にはいりました。giftedの論文を書かれ、卒業しました。
今は脳科学の観点からgiftedのことを探るため医学部で学んでいます。
心強いばかりです。

今、教育を受けている子供達には間に合わないとの話を耳にしては、やるせ無い気分になるのですが、
今できることをサポートしてあげて、将来的にはgiftedの先輩(笑)としてなんらかのかたちで携わり当事者の立場の第一人者として君臨してもらえたら最高だと思います。

昔神童、今ただの人
なんてもったい無いですもの。
持っているものを最大限に活かしてあげたいですね。

******

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-27 12:16 | ご紹介

夏休みのお出かけ

去年の夏休みは宿題が多くて、結局何もできないまま過ごしてしまいました。
今年は私も開き直り、夏はとにかく何かを経験させたいと思っていました。
たとえ宿題が終わらなくても経験よ!と、息巻いてました。

fはといえば、ネットで見つけた東工大で行われるクリスマスレクチャーに応募してました。
感動の当選のハガキが届きましたぁ。
万歳!

しりあいは、ハガキで10枚応募したけど全滅だったとかで、結構運が良かったようです。
↓宇宙に行ったらのお話らしいです。
f0370147_09113859.jpg



同じくfが↓科学技術館でおこなわれる光る生物のレクチャーに応募してましたが見事に落選。

以前、山中湖の別荘の庭で、真っ暗な中で蛍光色に光る小さなヤモリみたいなのを見つけました。
蛍やホタルイカ以外にもこんな風に光る生き物がいるのだと、とっても感動したものです。

この講座も面白そうでしたが、落選だなんて残念!
自分で調べなさいってことで課題ができました。
f0370147_09113962.jpg


この夏は3泊4日のサマーキャンプのトレジャーハンターにも参加してきました。
泊まりたくない人は帰宅可だったので、fの場合は最後の一泊だけにさせていただきました。
最後の日に私もBBQ大会に参加させていただきました。
最後のサークルで「自分はすごい、なぜなら〇〇」と1人ずつ話しました。
緘黙で人前ではあまり話さないfが、「僕はすごい、なぜならたくさんチャレンジできたから。」と言えました。
参加させて良かったとしみじみウルウルしてしまいました。

もう1つは、武蔵野市だったかで行うという中高生向けのプログラミング教室。rubyの講習会です。
5日間で受講料もリーズナブルでした。
実は、その前に他のプログラミングイベントの説明会に参加してやらせる気満々だったのですが、後でネットで調べたら、あまり評判が良くなくて、その割に十数万円もかかるから、申し込みませんでした。

今年の夏は少しは出かけられました。
やり残している宿題の山ですが、どうするのかしら。
宿題は?
と言うと
はい。
やっている。
と返事が返ってきます。
嘘つきになったのですかぁ。

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村





[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-26 08:08 | 中2のF