タグ:緘黙症 ( 35 ) タグの人気記事

期末試験最終日の朝。

乗り換え駅で移動中、ふぅとは距離をおいて歩いていると、ふぅのすぐ後ろにクラスメイトがいました。

エスカレーターを下っている時に、ふぅは私を確認する様に後ろを振り向きました。

私を確認すると顔を前に戻したのですが、その瞬間、後ろにいるクラスメートのA君を二度見して彼を発見しました。
その驚いた様子がおかしくて笑えました。
(A君は.3年間一緒のクラスの人気者のお友達。ふぅを気にしてくれています。)

ホームに着くと電車が来ていて、「駆け込み乗車はおやめください」とのアナウンスがあるところでした。

A君と乗り込んだ後、振り向きながら私を見つけ半分降りようとするふぅに「乗って。先に行って。」というジェスチャーをし見送りました。

一本後の電車で最寄駅に着くと、A君と二人で私を待っていてくれました。

私を確認すると二人で出発しました。

A君は優しくて気の利くお子さんだと思い感謝しました。

A君がふぅに話しながら歩いていました。
せっかくの機会、邪魔をしてしまいそうで、距離のある二人に駆け寄るのもやめ
ました。
本当はA君にお礼が言いたかったのですが、それでA君が気を利かせて先に行ってしまったら、残念な気がしてしまいました。

保健室と教室の別れ際にでも声をかけようと思っていましたが、信号待ちで知った顔も増えたので、気まずくてやめました。

すぐにA君のママさんにメールを入れ、お礼を伝えてほしいと書きました。

嬉しい朝でした。
***********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-12-10 06:21 | ふぅ

期末試験中の戦い

期末試験中、初日に備えホテルに泊まりました。
いちばんの理由は、学校が遠いので引率する私が近い方が良いということなのです。もう疲れています。


近くのファミレスで夕飯を取った時、 f は、喫煙席からタバコの匂いがこちらまできたと言ってハンカチで鼻と口を覆っていました。

ホテルに帰って、試験の後に提出する課題をやっていると、
急に「タバコの煙を吸ったから、頭が働かない!
タバコの匂いのことしか頭に浮かばない!」と言って髪を掻き毟り、足をバタつかせていました。

うわっ。
また始まった。
囚われの状態。

一見、勉強をしたくないというサインに思えるので、私も以前は、そういうことがあると「怠けたいからだ」と叱っていたのですが、
これは、美味しいものを食べるという時にでも、大好きなゲームをしている時にでも発作的に始まります。

普段は部屋でなっているので、このところは放っていました。

匂いに関してですが、
私も匂いには敏感なのですが、こんなに大騒ぎする原因になったファミレスのタバコの匂いは、微かにするかしないかで気になりませんでした。
全席禁煙でなければこんなものです。

同じ部屋でドタバタしている f にイラっとしたので、何か言いたくなり、「そんなこと言って、課題しないつもりなの!私に当たられたら迷惑だわ。」と言いました。

取っ組み合いにもなり、この反抗に付き合うのも疲れます。

そのあと、いじけた f は、課題もやらずふて寝をしてしまいました。

次の朝、f は不機嫌なまま脱走しようとしていました。
着替えて胸ポケットに入っていない定期券に気づいて探していたのですが、
定期券は私が念のため抜いておいたのです。
見つからず、なおも探していました。

このまま試験が受けられないと、附属進学推薦の会議にかけられると言われていました。

それならそれでいいのですが、附属に行かないとしても、こちらからこういう理由で進学しませんと言いたいじゃありませんか。
追い出されたら元も子もないです。

必死で説得をし、とにかく学校まで連れて行きました。

こんなことなら、そのあとは、ホテルに泊まるのはやめようと思い、キャンセルをしました。

どの教科も今までの成績が助けてくれて、白紙提出であったとしても推薦の条件には引っかからないとのことで、勉強もしなくていいので、試験に出席させることに専念しました。

その日から家で放っておいたら、
試験勉強の時間、超短い(^_^;)

無事、4日間の試験が終わりました。

*****
気になって手にした本です。

現実にとらわれず、科学的推論だけを根拠に考えれば今までとは違う世界が見えてくるというものです。
紹介されている脳内シュミレーションによって、科学的思考を身につけるトレーニングになることが書いてあります。

f0370147_08294456.gif

***********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓




[PR]
by suzu62taha88 | 2017-12-09 07:22 | 場面緘黙

緘黙の症状だと気づかないことも多いと思います。
保護者やご本人はもとより多くの皆さんに知っていただきたい症状など
ご紹介させていただけたらと思っています。
また、治療法なども、シェアできるといいと思います。

***************

fは家から一歩外に出ると会話をしようとはしません。

例えば、
電車の中で、ちょっとした言葉かけ
”話すのやめて”というように
人差し指を胸の前で立てて”しーのポーズ”をとり
苦い顔をしていました。
道を歩いているときもその様な感じでした。

「なぁに?
たわいもない話なんだから別にいいじゃない。
誰も聞いてやしないわよ。」
と、むっとしたものですが、
これは緘黙の症状だったのです。

***************



緘黙はそうなる素質があり、
心のダメージによって
引き起こされるものの様です。


今まで治療をお願いしたクリニックでは
どこでも緘黙の治療はできないと言われました。

症例の少ない緘黙のこと自体、ご興味がないというところです。
なので、わからないことを治療できないのでしょう。

心理さんによる
認知行動療法を受け、今後は箱庭療法に取り掛かるというところです。




中学校の先生のfに対する言動により、教室に行けなくなりました。
そのことで、SCから「不安症が強くなったので薬物治療を考えてください。」
と、クリニックを紹介されました。

薬物治療というものを嫌っていると
浅はかだと言われてしまいそうですが、
副作用や断薬の難しさなどを考えると慎重になります。

ましてや、教室に行くためだけに薬を飲むのはどうなのかと思っています。
薬を飲んだとしても先生を怪訝に思う気持ちが変わるというものではないのです。


大事な時に緊張を和らげるための頓服ならまだよいのですが
今、薬の治療はしないつもりです。


ちなみに、「先生たちを許してあげる。」という気持ちで接していこうと話し合っています。
そういうことからすこしずつ、心の傷をいやしていけるといいと思っています。
あと3年は長いですが。

正直、私にとっても難題ですが、私の意識が変わらないといけないと自分に鞭打っています。(-_-;)




fが小さい頃、人との会話が少なかった背景に
言葉のLDが関係しているのかもしれないと思っています。

うまく気持ちを表現できないのかもしれないと思ってみたりもします。


まあ、「今これやっているんだから、邪魔しないで。あっち行って。」などと言えるのだから
言葉のLDがあっても、それほど不自由することもないのかもしれません。

何らかの訓練と本人の意識に訴えかける療法を
模索していこうと思います。


薬物を使わない不安症の療法に
森田用法というものがあります。


これが認知されなくなった背景に、
薬を併用すると効果が薄れるという側面があったようです。
医療の現場では、薬と併用する傾向があることから
そうなってしまったとのことです。
それに代わって認知行動療法が主流になってきたとのこと。

ならば、薬を使わずに森田療法を試してみるのもよいのだとおもいました。

*******

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓
f0370147_21414069.jpg
この絵、お嫁に行きました。
また描きます。

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-12-03 11:28 | 小3のふぅ

fが学校には入れなくて登校時間に間に合わないときに
担任が「まだ来てません。」と電話をしてくださいます。

保健室に登校した場合は担任が保健室に顔を出してくださいます。

このようにお手数をかけるのは申し訳ないと思っています。

先日、担任からも言われたように学年主任からも
「電話をしたり、保健室に行くのは担任も業務に支障をきたします。忙しいので大変です。
と言われました。

私にとっても気が引けることです。

気が引けるので今までも先にこちらから
就業前の時間内に「何時に家を出た」と電話を入れたり
学校に送って行ったりしていました。

あらためてそう言われると
「迷惑なこともわからないな人」
と思われている様で、複雑な思いです。
(気が引けているので後ろ向き)

今日、学年主任から話がありました。
今後は保護者がGPSで子供の居場所を把握し
担任からは連絡をしない。
保健室登校をしてそのまま帰る場合は
養護教員から自宅に電話を入れる。
ということでした。

いちいち迷惑だと思われているのもつらかったので
ある意味、ほっとしました。

正直、どなたのせいでこうなったのかとか、
担任の「面倒だ」って言葉もどうかなという思いもありますが、
迷惑をかけることになるのは本意ではないので、よかったと受け止めています。



さて、fは今日も保健室から教室には行けず帰ってきました

養護の先生から早退のご報告がありました。
今日は、fが学食でお茶を飲んでいたら
それを見かけた子が
慌てて学年主任に連絡に行ってくれたそうです。
「f君が学食にいます。」と。(#^^#)

そのあと心配していたお友達が
クラスでほかの子たちに伝え
ちょっとした騒ぎ(?というほどでもないと思いますが)
になったとのことでした。

とてもうれしくて、お友達には感謝の気持ちでいっぱいです。
*******
食いしん坊なもので、写真を撮る前に完食してしまいました(^◇^;)
テーブルのみの撮影です。
f0370147_23214281.jpg

*******

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-29 23:14 | ギフテッド

箱庭療法による心の改善

先日、母校の心理学教室で講習があり、受講してきました。

場面緘黙症だった方のお話をもとに作られた映像を観せていただきました。

小学生の頃にお友達に大好きな虫をプレゼントしたそうです。
そのプレゼントに驚いたお友達が泣き出してしまいました。
そのことで、その場にいた大人の人から叱られて落ち込んだそうです。

そして、人と話ができなくなり、場面緘黙となってしまいました。

その後、箱庭療法をしたそうです。

箱庭療法は、箱庭で遊んだから治るということではなく、そばについている心理士さんが話を聞いてくれるという中で元の自分を思い出すということです。

安心安全な空間で焦ることなくゆっくりと自分を取り戻せると緘黙も改善されることでしょう。

*****
危険を察知することに敏感であるから、緘黙になってしまうというメカニズムです。
f0370147_08064960.jpg

**************

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-28 07:44 | 場面緘黙

上の子が小さい頃は、たまに会ういとこたちと兄弟姉妹の様に過ごしていました。

しかし、ふぅが小さい頃は、従兄弟たちがすでに大きくなり、その関わりもありませんでした。
強いて言えば、いとこではない親戚の小6の子がひとり仲良くはしてくれていますが。

思えば、兄ともまともに話ができないふぅは、孤独はもとより、もどかしさを感じているのだろうなと思います。

場面緘黙とは、兄弟とすら話ができない場合もあります。

緘黙には素質があるのですが、
きっかけは、辛い経験をしたことです。

その前は、緘黙症ではなかったと思うのですが、この子と会話のキャッチボールをした記憶があまりありません。


覚えていないだけで、その微かな記憶はあるのですが、
小さい頃のふぅを拒否していた自分がいたのでそう感じるのでしょう。

確かにふぅは公園やスーパーで、他の子達に話しかけ仲良くなっていました。
リーダーシップをとって、周りにはたくさんの子達がいました。

なのに私はふぅと会話をしていることを思い出せなくなりました。
実際にはやり取りをしている動画があるので会話もしているはずなのです。

ふぅは、黙々と自分のやりたいことをやり、手もかからない様に見えましたが、
些細なことでぎゃ〜と喚いて癇癪を起こしていました。

そのぎゃ〜が始まると、私は訳もわからず、ストレスでいっぱいになりました。

敏感な子供といるのはとても辛く、子供から目を背けていたことが、会話をした覚えがないという錯覚を導き出させているのでしょう。

ふぅを孤独に仕向けているのは、私かもしれません。


スピリチュアルではありませんが、
思考は現実化すると聞きます。
私の思い込みを払拭しなくてはいけないと感じています。

ふぅが話せなくなってから、逆にふぅを支えてくださる方との出会いがたくさんありました。

そして、皆さんに支えてくださったお礼を言うと、多くの方が「こちらが力をもらっている」とおっしゃり、情けをかけてくださいます。

そして私にもたくさんの出会いを運んできてくれました。

この子は、孤独どころかものすごく人との繋がりを持った子なのだと、感じています。

蛇足ですが、
自ら仕掛けたマインドコントロールでふぅとの触れ合いの記憶を薄めてしまったということなのでしょう。

私が記した記録を読み直すと少しずつ温もりが蘇ってきます。
問いかけに答えるふぅの姿まで。

*****

自信をつけてあげたいです。
f0370147_23343077.jpg
**************

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-27 21:13 | ふぅ

f が中二の時に、学校のHRMでなりたいものを用紙に書きました。

それには、
何かを教える人
と書いてありました。

お話できないのにそういう人になりたいなんて、どういうつもりなのかと思っていました

私のそういうマイナスな思い込みが、
子供の可能性を阻むことになります。

もしかしたら、人と普通に話せるようになるかもしれません。
その様に本人が無意識に思っているのならば、
私はなんて失礼な事を思ったのでしょう。

考えてみれば、人に教えることすでにできることなのです。

fは、先日の様にお友達に将棋を人に教えるときは、躊躇なく説明をしています
自分の撮った写真を見ながらここはこんなところでどうだったとお友達に説明していました

緘黙であっても、この様に人に説明することなら話ができます。

そういうことに気づき、すごくうれしく思いました
これは、本人がすでに自覚していることなのですね。
そのことが一番嬉しいことです

親としては心配で、できないことばかりを気にしてしまいますが、
できないと思っていた類のことでも
案外できることってあるものだと思います。

普段、話せないから説明もできない。
のではなく
普段、話せなくても説明ならできる。


灯台下暗しとはこういうことも言うのかもしれません。

**********
紅一点。
友人のライブに行ってきました。

f0370147_00000918.jpg



**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-23 22:52 | 学校(中学3年)

投薬治療について考える

普段の、追い詰められる対応はもとより、何をもって学年主任から傷つけられるのかというと、
自尊心を傷つけるような言葉を投げかけられるからです。

直せることでも、辛いのに
ましてや、生まれつきなど、
自分の意思でコントロールできないことを馬鹿にされるのは
とてもつらいことです。

それを親の前で先生に罵られて、どんなに恥ずかしかったか、どんなに苦しかったかわかりません。

悪いことをしているならまだしも、コンプレックスを悪いことをしている様に言われるなんてたまったものではありません。

逆に「親には叱られてばかりだけど、先生にはこんなにほめられるのだ。自分も捨てたものではないから安心してよお母さん」ということを子供は思いたくなるものでしょう。

自尊心を傷つけることは、
決してしてはいけないことですね。



f は、学校に入れなくなりましたが、
他校受験のことを考えたら、
出席日数だけでも稼がなくてはいけません。
そのためだけに保健室登校を引率しながらし始めました。

私は春からの数回の(いちゃもん)面談を経て、こんなに苦しめられた先生に会いたくない気持ちが痛いほどわかります。

なので学校には入れないのは仕方がないと思っています。

カウンセラーを含めた面談で、
不安が募って学校には入れなくなったという判断のもと(学校に入るための)投薬治療のために病院を紹介されました。

その流れで、薬で学校に入れるものならと、投薬治療の話になり乗り気になっていたのですが、
まてよ
と思いました。


私だって、あんな意地悪な人に会いたくないです。

薬で学校にいける様にするって、おかしいです。

薬でリラックスしたって、あんな人たちと会いたくもないと思います。

主任達が子供に謝って、子供が辛くない場所になればいいだけです。

投薬治療をするのは意地悪な主任の方です。

***

昨日、同じ学校の保護者さん達から、アフタヌーンティーに誘われて行ってまいりました。

その中のおひとりがそっと、
お知り合いから聞かされたことをお話ししてくださいました。

おなまえは伏せた上でお知り合いの方は、
海外ホームステイの行かせたくない人面談で、ひどいことを言われ、その場でご立腹され、行かない選択をしたそうです。

主任は、いったい何人、理不尽に追い詰めて行かせない様にしたのだろうと呆れてしまいました。

教頭だってその場にいたであろうに。
感じのいい演技が上手い学年主任に完全に騙されているのでしょうか。

子供の楽しみを奪う愚かな先生達です。

だから、「ネットで学校名を検索すると主任の名前が出てくるのだわ」と思うのです。


主任はマイナス思考であるため、
子供を指して
「今のあなたがこんなポンコツだから、将来も、クズにしかならない。」
と、断言するのです。

*投薬治療についての考えを書いていたのに、いろいろ書いてしまいました。
長文、お付き合いいただきありがとうございます。

*****

アフタヌーンティーにfの学校のママ友さん達7人で行っていました。
写真に写ってないのですが、私はスコーンが大好き💕
スコーンは、何度でも注文できるので食べ過ぎちゃいました。

f0370147_09424235.jpg

スカイツリーと、東京タワーが見えます。


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-23 09:38 | 学校(中学3年)

救われた思い

中学校にて、f への合理的配慮の説明面談があってから1週間がたちました。

その時に、「f が、教室に行くためには、まず、不安を和らげてあげることです。」と申し入れ、その具体案が、
「配慮の事項を本人に読み上げてあげて聞かせる。」ということになりました。

(過去記事に記した通り)
後日、
いつになったらその具合案が施行されるのかと担任に伺ったところ、
1週間後の職員会議で学年の先生方に確認した後だということでした。

その職員会議が本日行われるようで、やっと、f に「安心させる言葉」をかけられる運びとなります。

まだ運んでいないわけですが、
安心させる言葉をかけるのに、なぜこんなに待たせるのか。

辛い思いをさせてしまってごめんなさい。
とか、
(話をしないなどと)相手が苦手なことをわざわざ恥をかかせるように話題にしてしまったことを反省します。
君は安心して授業を受けてください。
とか、
一言声をかけるだけで良くない?
と、疑問を持ちながらも、またむし返せば主任が機嫌を悪くして面倒なので、言うのはやめておきました。

どんなに理不尽なことでも、子供が人質だと思うとなかなか対等にはなれません。

勇気のある誠実な親御さんはそうではないでしょう。

それでも、相手の先生に横柄な気持ちがあれば、「モン・ペ」ということになります。

悔しいことです。

***

先生って基本的に敵ではないのです。

先月、上の子がお世話になった高校の説明会に行ってきました。

たまたま当時の担任の先生がいらして、お話をさせていただきました。
上の子のつもるお話はあるものの、

f は、あまり話ができないので面接が不安です。

ということなどを相談しました。

誠実な方で、調子のいいことをおっしゃるタイプではないので、「大丈夫ですよ。」などと確信のないことはおっしゃりませんが、
私が子供を心配している気持ちを心配してくださりました。
そして、横にいる f をみて、にっこり頷いてくださいました。


おととい、その先生がメールをくださり、
「お子さんのことご心配のことと思います。
我が校は入試相談もしておりますので、ご心配のことを入試担当にお話にいらしてください。
おまちしております。」

と、ありました。

ありがたい気持ちをお伝えし、
まだ、高校入試をするかどうかも決まらないところです。
ということと
その高校の入試には、学力が達していない旨もお伝えしました。

先生からの悩みで凹んでいる時に、懐かしい先生からの優しいお言葉に、ホロリときてしまいました。

袖触れ合っただけですが、
この先生との出会いに、f の人生も捨てたものではないと、救われた気持ちになりました。

*****
天使ちゃんを描きました。
f0370147_20434258.jpg


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-21 08:50 | 高校受験

いつも気にしてくださるクラスメイトA君
「fが学校に来ていない」と心配してくださって
fにメールを送ったそうです。

しかし、返事がないので余計に
心配しているとのことでした。

そのことで、
A君ママさんからメールをいただきました。

A君とは三年間同じクラスです。
A君は、
「fは、あまり話をしないけれど、いたずらをしてくるところが面白い。」
とか、
「自分のところに来てくれるのがうれしいんだ。」
と言ってくれます。

そして、もう一つ
「話をするようになったfも好きだと思うけれど、
話をしない今のままのf君が好きなんだ。」
とおっしゃっているようです。

こんなことを言ってくれるお友達がいることがとてもうれしいです。



また、クラスメイトのS君も本人にメールをしているそうで、
S君ママさんからもメールがありました。

実はクラスにもう一人学校に来られない子がいるのですが、
「その子とfが学校に来ないから、自分もいきたくないと駄々をこねて、けんかした」というお話も伺いました。
もちろん皮肉ではなく、お子さんの素直な気持ちを話してくださいました。

ブログのお友達や、クラスの方達には感謝いたします。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-19 00:45 | 学校(中学3年)