タグ:教育 ( 131 ) タグの人気記事

くだらないお話ですみません。

前置きですが。
私は人の自慢話を聞くのは嫌いではありません。
お互いに認め合えるっていいと思うのです。
話している人は、脳内幸せ物質がでてきて、幸せになるのですもの、どんどん聞かせて欲しいと思っています。
なので自慢話を否定しているのではないことだけご理解ください。
*****

8月のある日、ある女性たちと会話をしていました。

ある方が「姉の家族がアメリカから15年ぶりに帰国してくるんです。姪が都立〇〇高校の転入試験に合格したんです。すごいんですよ。」とおっしゃいました。

話の流れから、その高校は難関校らしいので、
私の頭の中では
「いい学校に入れてよかったですね。真面目に取り組めるしっかりされたお子さんなのでしょうね。英語ができてうらやましい。すごいです。」と色々と考えていて、感心していました。

そして、「おめでとうございます。すごいですね。」と心を込めて言いました。

しかし、私のリアクションは薄かったようで彼女は気分を害したようでした。
「えーっ、すごい!」と大声で叫び気の利いた言葉を発せばよかったのでしょうが、
「凄いわ」というところから思考が次々と繋がって、それがいろんな言葉に変換されていきました。

そしたらかえって言葉にしたものが簡単すぎてしまいました。

私が驚いていないと言わんばかりに
「息子さんが優秀だから驚かないと思いますが、すごいんですよ。〇〇高校のレベル、知らないかもしれないけど超難関校なんです。」と。

彼女はうちの息子が優秀か優秀じゃないかご存知ないと思うのですが、
こんなこと言われちゃって、このあとどうしていいのかわからず、
思わず叫ぶように「いえいえ、驚いたんですよ。すごいですよ。」と言いました。
焦りましたぁ。

そうしたら、凄いと思う気持ちから離れてしまって、この方の喜びポイントは学歴かなとか、違うことを考えてしまいました。

正直、高校のレベルには関心はないのですが。
(すみません。)
気を抜いちゃいけませんね💦

*****


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村




[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-18 13:42 | Comments(0)

f 7歳からの出題

f が7歳の時に作った問題です。

微分積分の∮ や△dや三角関数のsinΘcosΘtanΘみたいなブラックボックスです。
f0370147_09031108.jpg


一番上の説明
まず5数は5が奇数なので”奇数”である事と5を除くという意味
よって、(10までの数で5を除く奇数の合計) + 4
    =(1+3+7+9)+4
    =20+4
    =24
だそうです。

ちなみに3番目の問題は
   (12までの数で7を除く奇数の合計) + (14までの数で9を除く奇数の合計)
 =(1+3+5+9+11) + (1+3+5+7+11+13)
 =29 + 40
 =49
そして次の行は
3行めの答えの49 + (7数のほうで抜けた数は何種類か) + (9数のほうで抜けた数は何種類か)
             = 49 + 1 + 1
             = 51

です。

お付き合いをありがとうございました。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-16 08:52 | 幼少期 F | Comments(0)

f が小5 の時の絵

f が小5の時。

鏡を見ないで、手で顔を触って、自画像を描いてもらいました。

絵の具は三色と白黒(赤、青、黄、白、黒)
を混ぜて作ってもらいました。

なかなか味のある絵になりました。
触れて感じるものを描いて欲しいと思いました。

f0370147_02042195.jpg

f0370147_02042168.jpg

f0370147_02042298.jpg


f0370147_02042205.jpg

メガネは目が悪いのにかけないので、絵でもかけておりませんねぇ。




♪*****♪

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-16 04:40 | Comments(4)

今朝は学校の担任から電話がありました。

fが夏休みの宿題の5教科を提出してなくて、明後日までに出せなければまた新たな宿題がでます。という連絡です。

課題は自分で出すまでが課題なんでしょう。
しかし、毎日頑張ったのに出せずにいたのです。

やれたら出させて見てあげよう!
なんて、愛情深く構えて欲しいんだけどね。
そんな本質を見てくださる合理的で優しい先生はいらっしゃらない様です。


fは全部仕上げたのに出せないのが現実です。

そうなることがわかっているからこそ、先生には「出せない子なので出せていなかったら出させてください。」ということを丁重にお願いしているのです。

今回も先週、私が学校に行って、出せていないものが毎日持ち帰っているので出させてくださいとお願いしてきたのです。
その時は担任がいらっしゃらなかったのですが昨年の担任がいらしてその方にお願いしてきました。

でも、結局は出せていませんでした。
いつものことですが、がっかりします。
本人を甘やかせているなどと思うのはもうやめて欲しいです。
私は苦しいです。
本人もどれだけ私に叱られているかご存じない先生方は甘やかしていると思うのでしょう。悲しいです。

出せていればとっくに出しているんですよね。
もちろん自分で出せる様にしたいと思って本人とも作戦を考えているのですが、いざとなると対面で渡せなくなる様です。

話が逸れるかも知れませんが…。
そもそも宿題の量が多すぎます。
ただ大変なだけです。
ほとんどの子が終わらず答えをうつしているようなやっつけ仕事の宿題はいらないんじゃないかと思っています。

なんて、ついでに愚痴ります。
出させてもらえないならいっその事夏休みの宿題なんてなければいいのにって思ってしまいます。💦


間に合わなかった理科のテキストの夏休みの宿題は答えをうつしました。
その課題の中から出題の課題テストの答案が今日返され、満点でした。
結局、やらなくてもできるというわけです。

この子には宿題はいらなかったということですから、結局は苦痛でしかなかったのです。
わからないものがあったら個人的に夏にやればいいだけなんですよね。
fには合わない監視システム(?)です。
f0370147_00081347.jpg



f0370147_00081418.jpg


*****
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-14 21:28 | 中2のF | Comments(2)

fの幼少期に作った問題

「僕には数字が絵に見える」という本がありましたが、人によっては思いもよらぬかずの捉え方をしています。
一般的な認識では計り知れない不思議な認知をしている人もいて、私はそれを個性と捉えています。

幼少期のfは数を楽しんでいました。

例えば、fが小学1年生の時に何気なく並べた数字を見ていたら、フィボナッチ数列であることに気づいて、よく物を考える子だと思いました。

そんなfは、問題を考えるのも好きで、幼稚園に入る前からあらゆる問題を考えては毎日誰かに出題をしていました。

幼稚園ではママさんたちが「さて問題です。」とfの真似をしてくださったものです。

下の写真はfが幼稚園児の頃に作った問題ですが、ぐちゃぐちゃしてよくわからないと思います。
またの機会に書いてみますので、その時はどうぞ解いてあげてくださいませ。
ブラックボックス付きの方程式があったりしてとても面白い問題です。

f0370147_02355792.jpg
f0370147_02355837.jpg

f0370147_02355979.jpg

f0370147_02360054.jpg

f0370147_02360159.jpg

f0370147_02360177.jpg

f0370147_02360211.jpg

f0370147_02360379.jpg

f0370147_02360434.jpg

f0370147_02360528.jpg




*****
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-14 06:42 | 母の想い | Comments(0)

fは小学2年から中学受験の1ヶ月前までピアノの先生に習っていました。
音感がよくて、新しい曲は案外すぐに弾ける様になります。
厳しい先生なのでそれでいいわけではなく、毎日のレッスンは大変でした。
中学受験勉強はfの場合、小4途中から小5途中の一年間と、(半年以上お休みをして)小6の9月から入試直前までの正味1年半だけだったのですが、
ピアノ教室と塾が重なる1年半は毎日が大変でした。
下校後は学校の宿題、塾の宿題、ピアノの練習。そこにピアノ教室と塾通い毎日が大変でした。
ピアノと受験塾との同時進行は本当によく頑張りました。

中学受験が終わったら復帰する予定でしたが、fはピアノ教室に通わない選択をしました。

ピアノはプロになるほどじゃないのはわかっていますが、もったいないなぁと思いました。
私の事で恐縮ですが、私と同じ歳のいとこは小さい頃、私よりもピアノが下手だったのですが、ずっと続けてあの東京芸大で学び今や日本のトップとは言わないけれど、そのレベルで演奏者になっています。
続けることも才能です。
学歴が言いたいわけじゃないですよ。
それがなくても一流になれる方が真の芸術家だと思います。
それは百千万億那由他のうちの一握りで語るに至りません。(^_^;



下の記事は忙しく過ごしていた頃のfのことです。

*****
今日(小5当時)は、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)の

 ステップという試験がありました。

 
前日の先生からの
「演奏時間変更による演奏箇所の変更メール」で、私がパニックになったものの
本日、無事、間違わずに演奏できました。

 一曲目はソロ

二曲目は先生との連弾でした。

 
写真は一番下です。



 

審査員の先生からのアドバイス

f0370147_10170684.jpg

f0370147_10170701.jpg

f0370147_10170768.jpg




 この後、時間に間に合わないと無理やり塾に行かせました。

 

すぐには結果をしらなかったふぅに

 いい知らせを伝えられました。



 

***********

後日、審査員の先生のリサイタルがあり、行ってまいりました。
ピアノのさとうせんせいです。
f0370147_10170869.jpg

fの演奏風景。二曲目は先生とのれんだん↓

f0370147_10181639.jpg


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-13 09:00 | 小5のf | Comments(0)

家庭におけるgifted教育と題して書いてはみたものの、本当に良い教育など全然できてないのが現実です。
「ここでいう学力とは、学校の試験ができることを言っているのではない。」のです。

しかし、結局、わたしがしていることは
学校に行っている子供の学力は学校の試験で測り、社会に合わせようとしているだけな気がします。

本当のところの本人の能力を育てているのではなく、
学校のシステム、強いては先生の方針に合うようにしているのではないのかと思います。

学校の物差しは絶対ではないのに。

*****

fの学校の英語のRという教科の事です。
リスニング、リーディングの授業なのですが、この分野は、fは得意です。
英検でもリスニングの正答率は90%を超えていました。

昨年の担当の先生の定期試験では、fは100点満点を4回、98点を1回でした。
他の人と比べるわけではないのですが、学年1位です。

今年度はその先生は海外にご留学され、代わってG文法の先生が兼任しています。
1学期期末試験の点数は60点で、文法の試験結果よりも低い得点でした。
でも、fはこの分野が得意なので、私としては別段がっかりはしていません。


fが急にリスニングができなくなるというのも考えにくいのです。
外部の英語の試験でもリスニングはできているのです。
この先生の試験は、本当にリスニングの力を測れるものなのかと疑問を持ってしまいました。

この事が物語るように、
「学校の評価の物差しは信用できるものではない。」と思えてならないのです。

学校で教えていただけることと、試験をしていただけることはいいことだと思うのです。が、それを持って評価をなされることには意味を感じません。

学校の試験のためだけに勉強をするのでは不十分だと思うのです。

そこにプラス、外部試験で確かに通用する勉強も必要だと思っています。
逆に外部試験で通用する勉強のほうが簡単なのかもしれません。
そちらを完璧にできているなら、学校の試験のためにだけやる勉強はいらないのではないかと思ってしまうのです。
*****

と、思いはつきませんが、学校を捨てさせてあげられないでいる情けない母は、学校のシステムの中でそれに合わせて勉強をさせ、「お勉強のできる子」を演じさせるしかできずにいます。
時間がもったいない気がしてならない。

昨年の夏休みは、宿題を仕上げるだけで時間がなくなって何もさせてあげられなかったので、今年は冒険のキャンプやプログラミングのキャンプにも参加させてあげました。
その結果、学校の宿題が終わりそうもなくなり、登校日にfは残され、私も先生から電話で注意を受けてしまいました。
(保護者談→残された子は50人程いたみたいです。)

実は、
本来はそれ(宿題がギリギリおわるかどうか)ではダメなのでしょうが、この夏休みにたくさんの経験をさせてあげられたことは昨年よりはよっぽど良いと思っています。

学校の試験に合わせるのではなく、学力はつけていくべきだと思うと、個人的に勉強させて、好きなことを伸ばしてあげたいなと思うのです。

高い授業料を払ってこの学校に行かせている意味がわからなくなります。

でも仕方ないのです。
母には学校を捨てさせてあげる自信がないから。
情けないわ。

☆☆☆
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村










[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-11 18:52 | 子育て | Comments(0)

fはどういうわけか宿題をやっていても提出してこないのです。

平たく言えば、褒めてもらいたいという発想がないからなのでしょうか。
はたまた、単に実行機能の欠如というものなのでしょうか。

せっかく課題をやったのに出してなくて評価も下げられるのです。
私としては、その当たり前のように繰り広げられる評価の仕方には疑問があり、評価自体に疑問が残るのです。
宿題を提出していないからその教科ができないという事になるのです。
それはおかしい。
この教科の内容ができていればそれで良いと思うのです。
宿題は、理解するためにあるのですから、たとえやらなくてもテストができればいいと思います。
やったか否かを点数に足したり引いたりするのはおかしいです。

一方では、宿題をやったかどうかはさる事ながら、それを提出するという事は、社会において約束を果たすという意味で大切な事となるのです。

これが「あと10%の欠如。」として、
ここをなんとかしたいと思っています。

カバンの中でゆくえ不明になっていれば出そうにも出せないかと思って、宿題をクリアーファイルに入れて毎回もたせています。
本人がどの教科でも、まずはそのファイルを確かめて出せれば問題ないかと思います。
しかし、それが無理で今に至ります。

社会人としてやっていけないぞ!

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-11 01:19 | 教育 | Comments(0)

高校生クイズ inフロリダ

高校生クイズ、準決勝。
いま、放送中です。

勝ち残り5校

fが中学受験で受かったけど行かなかった学校チームが勝ち残っているので応援してます。^_^

数年後、こんなのに挑戦して欲しいな。

年長さんだったか、一年生だったか、fは高校生クイズの決勝問題に正解しました。
孟浩然の漢詩だったかをたまたま丸暗記していたものでした。
こういうことってあるんだと、fの運の良さを感じました。

私もその時に達成感をえた問題がありました。

E=mc2乗で計算



PS.優勝は大逆転で灘高校でした。
高校生達、本当によくいろんなことを知っていて、素晴らしいです。
こういったいろんなものに興味を持てることも才能ですね。



ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-09 22:20 | ご紹介 | Comments(0)

自身をコントロールできて成功されていれば悩むことはないので、そういった場合を除きます。



親の働きかけで子供を伸ばすのが一番簡単な方法なんだと思います。

とはいえ、相手にも意思がある訳で、これがまた、バトルの元だったり子供を傷つけたりしてうまくいかないのです。
子供が小さい頃はやれるのですが。


そもそもGifted教育の必要な子は、なにかしらの高い能力を持っていて、そこを上手に伸ばしていきたい存在です。

生まれ持ったこの高い能力は一生持っているものです。

なのでいくつになっても手遅れではありません。
いつかきっと。
その思いを胸に、社会で活躍できる子供の姿を描きながらサポートしていきたいものです。

現在、好きで夢中になっていることや、能力を認められつつあるものがあればそれを軸にレッスンを続けていくことで活かせられることでしょう。
自信につながりもっと突き進めることができることでしょう。

特に探せていなければどうでしょう。

小さい頃に得意だったことは何でしょうか。
その原点に戻ってそのヒントを元にその子の得意につながるものを体験させ、興味に結びつけるのはいかがでしょうか。
いつからでも遅くないと思います。

060.gif060.gif060.gif
子供3人を女手一つで育てたという知り合いがいます。
習い事もやらせてあげられなかったのですが、長女ちゃんは中学で吹奏楽部に入りました。
今まで本格的にやったことのなかった音楽ですが、持っていた感の良さを発揮して、高校生の時のクラッシック音楽コンクールで見事な成績を収めました。
トロンボールのソロです。
その後、先生たちの援助もありフランスに音楽留学し、現在はプロとして活躍されています。
能力を見つけ出せたなら、幼少期に始めていないものだってそこまでになれると実感しました。
遅くない!大丈夫です。


それから、
得意な教科の勉強をしっかりやらせるといいでしょう。
勉強?
少しずれるとおもわれそうですが、
高い能力を活かすためには、まずは学力って、ある意味手っ取り早いと思います。

本人たちは、きっと、順位なんて気にもしないと思います。
もちろんそういった一般的にいう「学年で1位になれ。」ということではなく、その教科を学習してできる限りの能力を発揮できればいいということです。
学校であればケアレスミスさえしなければ満点は取れるでしょう。

実際問題、社会の中で認められるには、これは手っ取り早いです。
もっと言えば、この際、学校の先生のおかしな私見が入る評価など気にすることはないのです。
定期試験や資格試験で発揮させてみましょう。

低達成児になりやすいGiftedの子供達に、それ相応の実力を持たせたいと願っています。

そうもいかないと思うでしょう。
うまくいかないことばかりです。
しかし、信じてください。
Giftedなのですから。
尊敬できるほどの能力を持っています。


*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-08 09:56 | 子育て | Comments(0)