10時過ぎに、担任からの電話でまだ学校に来ていないと連絡がありました。

f は携帯の電源を切っているようで繋がりません。

面談で、担任からは、
家を出ているのになかなか学校に来ない場合、
2回も電話をかけるのは大変だと迷惑がられているので、そのことも気になる所でした。

私は入院している母の所に行かなければならず、今朝は学校まで引率できませんでした。
私が病院に行っていて家にはいないのでタイミング良く f の帰宅を知ることもできません。


電話の向こうの担任は、
「この時間になれば帰宅できるはずですが。」
「GPSはつけてないんですか。」
「どこに行ってるのですか。」
などと質問して来ますが、私には責め立てられているとしか思えず、無言になってしまいました。
f が何も言えなくなるのと同じ状況なんだと思います。
何かを答えれば、あの時こう言ったと言われて来てますから、もう何も言えなくなります。

私の一言で f が後で叱られるかもしれません。
(被害妄想でしょうか。)

私は、担任が何度も電話をかけるのが迷惑だとおっしゃるのだから、申し訳ないと思っています。

そのことでハラハラしてましたが、一方では、f が行方不明なことが気になっていました。

教室には入れなくても、学校には向かう f の気持ちは嬉しいのですが、
悪いことを考えては、こんなにハラハラするのなら、私が引率できない時には登校させたくないと思ってしまいます。

私は子供が行方不明なのが心配なのですが、担任は電話を2回もかけるのは大変だという事が開口一番ですから、面倒臭がりな担任は正直すぎます。💦
心配していただくのも申し訳ないので心配じゃないのはかえって気が楽かもしれません。

12時過ぎに家に帰ったら、f は帰宅していました。

無事でよかったとホッとしました。
時々、駅のベンチに座っていると目撃されるようなので、今日もしばらく座っていたのかもしれません。

*****
街で見かけたクリスマスツリーです。
f0370147_01344922.jpg

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-25 00:57 | 学校(中学3年)

今日も、学校には入れず、お昼頃、帰ってきました。

担任から電話で、
「学校に来られないなんて、病院は行っているのですか。
 スクールカウンセラーに相談したらどうでしょうか。」
と提案されました。

心配してくださっているのがうれしくて
スクールカウンセラーの相談予約を入れると返事をし
お礼を言いました。




話をしていくうちに、子供のせいだと言われているようで
釈然としない気持ちがわいてきました。

本来なら、「私(先生)たちは、こんなところに気を付けます。」
という心積もりを伺いたいところなのに、
病院に行かないのかとか、どこかに相談に行くといいとか、
自分たちには関係ないような口ぶりでした。
本気でそう思っていらっしゃるのでしょうか。
まだわかっていないの?
ほんの一瞬にいろんなことを考えていました。

ハッとして今言わないと、またわかってもらえないと思って担任に
「学校に行けないのは、たぶん、緘黙のことを遅刻の面談で注意されるのがつらいからなのではないかと思います。」
「緘黙の症状のある人には、”話をしない”(実際にはできない)という指摘はしてはいけないことなのですよ。」
と言いました。

(電話の相手は担任ですが)
学年主任の考えは、
緘黙のせいにするなんて、この親は甘い。そんなの関係ない。
ということなのだと思います。
その考えに他の教員も迎合しているのか無知なのかわかりませんが、従っているのでしょう。

このように緘黙の症状のあるひとに「話をしない」という指摘をすることは、
意地悪をするためや、
駆け引きに使うために
するような軽いものではありません

それどころか話をしないと本人に指摘する時点である意味犯罪だというものです。

しかも絶対的権力である大人であり教師がこんな幼稚なことをするのですから、悔しいです。

あなたたちのせいでどんなに苦しんだことか。
遅刻をしたら面談があるわけで、(遅刻の面談なのに)話をしないと叱られるのが嫌なのでしょう。

学校にたどり着けない原因がわかってないから、
まだ、子供に原因があると言わんばかりの発言をするのだと思います。


いま、文科省の人権問題対策委員に相談に行こうかと考えています。



報告書を書く前なのか後なのか、人権相談のタイミングがむずかしいところです。

今日話したことで学校を追い出されるのは必至でしょう。
お友達の中に入れるようになったのに残念です。

*前の記事と重複することばかりです。
備忘録にしたくて何度も書いてしまいます。お見苦しくてすみません。

****************


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 場面緘黙症へ

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-10-26 00:04 | 教育

私立中高のフェアーでは
めぼしい学校のブースで個別相談をしてきました。

「提出物が出せない場合は、どのような方法で出させているのでしょうか。」
なんて、きっとドン引きな質問だったことでしょう。(^_^;)

しかし、ここで、どうおっしゃるか、何かの目安にできればと思って質問してまいりました。

普通に過ごしているごく普通の子が対象な世の中です。
普通の子が努力をすればできることを(根性で)やらせる。
という類のことが想定内の答えです。

それでも、相手にとって、どんな子なのか知らないのですから、
それはそれは何とかうまいことをおっしゃって安心させてはくださいます。

その「何とかします」という知恵を絞っておっしゃる努力には
本当に感謝感謝です。

思えば、私が高校生の時など、宿題を提出したという記憶さえもないほどどうってことでもなかったのに。

こういう特徴の子がいると、理解しようとしてくださる教師のいる学校はないのかと、不安になりました。

*一言加えれば、
努力してもできないなどということは思っていいないのです。
メンタル的に穏やかでいられることや、時間をかけることや、
そのほかの何がしらによって努力が実を結ぶと思います。

それを見守ってくださる教師のいる三年間を過ごせたらいいです。



************


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです
この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-10-23 01:47 | 教育


福井県の中学二年の生徒が教師のいじめにより自殺したというニュースがありました。

そのお話を、ほかの筋からたどって行くと

提出物が出せないとか
返事ができないとか

苦手なことやできないことで叱っていたということです。

できないのなら、その子ができるシステムを考えてあげればいいのです。



この事件の教師たちは悪びれることもなく謝罪もせず教師を続けているとのことです。
fの学校の学年主任や数学女性教師は、この事件を知っても、
自分と重ね合わせることもなければ、自分たちが加害者だなんて自覚もないでしょう。

この事件や、私の言いたいことを綴った思いを、もっともっとたくさんの方に知っていただきたく思います。
教師に馬鹿にされののしられて苦しむ子供たちのことを知ってほしいです。




本人だって叱られたくありません。

できるのであれば、とっくにやっているでしょう。

叱っている教師は、「できないことで叱られ、死ぬほど苦しんでいるということ」を理解できないのでしょうか。


おとなしくしている親の子はどんどん教師にいじめられるという話もあります。

うちは私が我慢しているからどんどん罵られているのでしょうか。

何とかできるように方法を考えこどもと話し合い努力をしています。

そのうえで、何度も理解を求めていますが、

言えば言うほど子供が攻められているような気がします。

だから、おとなしくしていたけれど

とことん戦わなくては命は救えないということかもしれません。



「こどもを人質に取られているようなものですからおとなしくしているだけです。
いつでも訴える覚悟はあります。」(ボイスレコーダーでとってありますし)



こうして言葉も態度も選んで教師と接してきているのに、
そういう親の気持ちもわからず、ののしってくる教師はまっとうな人ではないとつくづく思います。


親と教師との信頼関係をもとに、子供の成長を見守るのが本来の教育ではないでしょうかね。
情けなくて、悔しくて、そういう教師の性の根を正してあげたいくらいです。

指導という名のもとに「特性」や「病気」に対して叱り、
弱い立場の子供をいじめることが、教師としての間違った責任感のように思えてなりません。

特性や病気に関して、励ますことはあっても、ののしるっておかしいでしょう。
それがわからない教師が実際にいること自体、私には魔訶不思議です。

弱者の立場になってみると見えなかった理不尽さが見えてきます。
教師というのはどこまで権力が強いのか。
特に日本の中学の教師は子供たちの進路のカギを握る強い立場なのです。
高校受験など進路に関しても、教師の変な特権がまかり通るシステムは見直すべきです。
そうすれば、少しは、えらい立場で威張って人を馬鹿にしてもよいのだという教師の勘違いはなくなると思います。

たとえ厳しかったとしても、温かい教育の場ってどこにあるのでしょう。

####  尚、ここで上げた教師とは一部の心無い教師のことです。
      子供の成長を見守ってくださる教師の皆様とは一線を画しますのでご了承ください。

*******************


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-10-21 20:00 | 教育

先日の受診の時に f が小さい頃を聞かれて、一言で言って「遊びの中心にいました。」と、答えたのですが、どんな子だったかなと思い起こしてみれば、飄々として面白かったと思います。

公園に行くと、たくさん持って行った自分のおもちゃをまわりの子に配ってました。
それぞれの子がママの元で少し遊んだ後、ふぅが「こっちだよぉ〜」とみんなを手招きました。
みんなが集まってふぅを囲んだ感じで遊んでいることが多かったように思います。


ある時、スーパーで f が知らない子に声をかけ、一緒に歩いていたかと思うと、取っ手のついた油のボトルをひとつその子に渡し、自分も持って手を繋いで歩き始めました。
そして、「おかあさーん」と声を発していました。

どうも、相手の子が迷子だったようで、探し始めたようでした。
そんな風に相手を気遣って行動していたなぁって思います。

今は、人前で言葉も行動も表現しなくなってしまいましたが、本来は世話好きな親分肌だったのだと思います。

こういうところを見て、私の友人は、「 f 親分」と呼んでいました。(笑)

トラウマが自分を出せない様に f を変えてしまった気がしてなりません。

子供は、大人の態度に敏感に反応してしまうのでしょう。
子供のトラウマは、自分を否定してしまうのです。

躾との兼ね合いもあって難しいのですが、大人は子供を傷つけるような言動には、気をつけて行きたいものです。

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2017-02-15 20:21 | 幼少期 F

ここにいていいのよ。

夏休みももうすぐ終わります。
新学期が始まった学校もあるとのことです。
この時期、憂鬱になる人も多いと思います。

子供の頃、私も学校が始まることがとても嫌でした。
なので気持ちがよくわかります。
今日は我が子も登校日で不機嫌に家を出て行きました。
私も動揺を隠し、何事もないかのように送り出しましたが、心の中では「途中で帰ってきてもいいよ。」と複雑な思いを抱いていました。

また、度を超えた問題のある場合はとくに、いかない選択もあると思います。
それは、大事な考え方だと思っています。
生きていればそれだけでいい。
病まないでほしい。
この原点に戻って受け入れます。
大丈夫よ。




ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-25 06:54 | 母の想い

ふぅがノートに書いて遊んでいるゲームです。

やたら、HPがいくつで、pwがいくつで、買い物をして、植物を育てて、戦って・・・と言ってました。

 

消しゴムで消して移動させて同じキャラを書いて、「消さなくてもいいんじゃないの。」って思っても、消して移動していくんです。

 

*****************

なるほど、子供はゆっくりPCさせてもらえないから、

 

自分なりに頭に描いたゲームをノートに書いてゆっくりやっていたのですね。

 

*****************

やっぱりふぅは、こういうものの魅力にはまってしまうタイプなんですね~。

 *******************


イメージ 1
横向きです。

ひとますに何回も繰り返し消しては書き込んでます。


イメージ 2
ショップ?

 


イメージ 3
全体図?

 


イメージ 4
横向き

 

まさに夢はゲームクリエーター

 

 


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-19 01:51 | 小3のふぅ

前記事の「先生のお話」の内容です。

リンク元記事(前記事)はこちら→「小3の担任に助けられました」

以下、先生のお話です。

**********

通知表を渡す時に
「先生は、ふぅ君がすごい力を持っていることは知っているよ。
課題に取り組んだり
感想文出したりしたら
もっと評価が上がるから頑張ってね」って言って渡しました。

クラスのお友達はふぅ君のことを受け入れてくれていて、
お友達もただ怒らずに
「こんなふうに嫌だったよ」とか教える感じで接してます。

○○さんはお母さんにも
「ふぅ君は、こんなこともできるんだよ」って時々報告しているようで
気にかけてくれているみたいです。
(お友達はふぅを遅れている子的な扱いながら、とても温かくありがたいばかりです。)

「お掃除しないの?」って聞いたら
「めんどくさい。」っていうので
「誰もがそういってやらなかったらどうするの?」って言ったら、「困るからやる。」って言ってお掃除をしました。

お楽しみ会の時・・・グループのメンバーを決め、何をするかを決めたときにふぅ君はお休みでした。
なので、どこのグループにも入っていなかったふう君が着席したまま悲しそうな顔をしていたら、
それに気づいたお友達が私に教えてくれて、
「気づかなくてごめんね。」って言ったら、「ここに入っていいよ。」って子がいて、ほかの子たちも「こっちに来ていいよ。」って言ってくれて全部の班の子がふう君に「こっちに入って。」って言ってくれてました。
そして、ふぅ君が入ったグループでは手品のトランプをひく役をやってくれました。

縄跳びを忘れた子がいたのですが、
ふう君が何も言わないんですけど、2つ持っているってジェスチャーをしてくれたので、「貸してくれるの。」って聞いたら、その子に渡しに行ってくれました。

時間がないときに、つい怒鳴ったり威嚇してしかってしまうんですけど、よくないなって反省しています。

などなど、温かい言葉の数々でした。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-17 15:42 | 小3のふぅ

以前の記事の中から選び、その記事を端折ってこちらに移しているのと、
以前の記事を参考に書いたのがありますが、こちらは後者です。

*****

学校の階段でつまづいて
足を捻挫したことがありました。
3週間、ギブスの生活をしていたというものです。

担任の先生からの連絡もなかったので、連絡帳でお伝えしました。

**********

コメントを頂いた範囲においては
緘黙の子だけではなく、普段、話はしていても「先生への報告」となると説明できないお子さんもいるようでした。
そういったご意見がいくつかありました。
例えば、怪我をしても言えなくて目撃していた他の子が先生に報告してくださったとか。

やはり説明できないと、心配は尽きません。

喧嘩になったとか、いじめられているとか、何かにつけ言い分があるのに言えないわけですから心配が尽きません。

怪我した時と同じようにその状況や言い分を先生や周りの人に知っていただけないのは辛いですからなんとかその術を考えていきたいものです。

気づいてもらえる程度のアピールができるといいのですが。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-17 09:26 | 小3のふぅ

2011/4 当時の記事

**********

まだまだ、先は見えないのですが、

子供がリラックスしているところをみているとホッとします。

気づくと、最近、夜驚症が見られなくなりました。

乳幼児期・・・毎晩。
・・・・・・・・・・・足の親指側を左右を力いっぱいこすり合わせて毎回豆がつぶれたように皮がずるっとむけてました。
どうすることもできず、激しい泣き声とかわいそうに思う気持ちと疲労で、私は気が狂いそうになってしまいました。

幼稚園児期・・・月に2回くらい発作を起こしました。

1年生時・・・この頃になると最後はいつだったか思い出せないくらいいつの間にか発作を起こさなくなりました。
やっと卒業したと安堵しました。

2年生時・・・新学期が始まってすぐ、急に発症を起こしました。
二日に一回。
後半は週一回くらい。

(3年に進級する)春休み以降本日まで・・・一度も発作が起こっていません。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-15 20:06 | 小3のふぅ