タグ:子育て ( 221 ) タグの人気記事

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-02-06 21:16 | 中2のF

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-02-06 20:16 | 母の想い

先日、f の「緘黙」の診断書をもらいにクリニックに行きました。

英検の二次の面接では【発話の配慮】というものがあります。

『応え始めるのに躊躇してしまうとか声が小さいとか』という場合に、
《こういう特徴があるから相手の教官が気構える》というだけのものではあります。

逆に、「この人は、面談などできないから取りつく島もないわ」となって
相手にもされないのではないかという不安もあります。

おととい、一次合格発表があり、面接試験を待つ身となりました。

以前から、面接試験への不安がありました。
なんとか二次も合格して来たのですが、こういう配慮があるならしていただこうと今回は診断書を提出してみました。

余計なことだったかな。
*****

英検対策に小学一年生の時の担任が講習会を週一回2ヶ月ほどやってくださいました。
参加できるのは、元そのクラスの子でこれまで継続して参加している子だけ。
英検のレベルも幅があると面倒見切れないとのことです。
参加者は、6人。
1人は帰国子女。

f はといえば、先生の心生徒知らずで、拒否してばかりいました。
「面倒だなんで言ってるんじゃないよ!」
といつもそういうことを言って追い出してました。
失踪すること半分でしたが。

これも中途半端
家でも問題集1つ開いたこともない。

なのに合格できてしまうことが、不思議です。
(興味があるのかな。)

欲がないから、「こんなのなんで受けるんだ。」と来たものですが。
確かに、既に合格している1つ前の級で大学の推薦条件をクリアーしているので、必要がないといえばないのですが。

社会で受け入れてもらうための1つのラベルに過ぎないんだけど、本人にも、こういう資格試験の大切さを受け入れてほしいものです。
実は、私もこういうものに本来は興味ないのですが。
(^^)

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2017-02-05 10:08 | 中2のF | Comments(3)

昨日は、場面緘黙(選択性緘黙)の診断書を書いてもらうために、心療内科に行ってきました。

医師がおっしゃるには、

『これだけ知的に高い人は、
人にはみえないところまでみえてしまったり、
感じ取ってしまいます。

普通の人とは違う世界に住んでいる
と理解したほうがいいでしょう。

自分が周りのことを
細かなことまで察知してしまうので、
逆に、
自分のことも他の人に感じ取られてしまう
と感じているのかもしれません。

あまり言葉や行動で表現しないのは、
ひっそりと自分を隠したいという
自己防衛とも言われています。

周りの人たちに、知られないようにする自己防衛をしているのでしょう。』


緘黙のメカニズムはミステリーですが、
この様な一説を説明してもらうと実感としてわかります。


自己防衛…
おもうに、
自分のキャパシティを超えないように自己防衛するのはいいのだけれど、
その代償が過酷だなと思います。
それが障害として認識されることもあるでしょう。
緘黙や
記憶喪失や
多重人格などは、
自己防衛の代償だと思います。

自分の心を守るために自分の影を隠す緘黙。
思い出したくない記憶をそのほかのこともも含めてごっそりと記憶を消してしまう記憶喪失。
自分自身でいることが辛すぎて、違う人になってしまう多重人格。

これらの自己防衛の代償の過酷さを考えると、
鈍感力を身につけたほうが幸せだと思います。
それを身につけるって、これまた難しいでことですが。

そういえは、私も最近の物忘れは、潜在意識が記憶を消したくて消しているのかも。
辛いことも多いからねぇ。
いいえ!脳の老化です。すみません。

***************

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2017-02-02 20:17 | 母の想い | Comments(2)

交流しない我が子たち

f は、些細なことを気にしてしまうのですが、ことさら兄に対して被害妄想的なところがあります。

f の兄は、出版社の担当者もいて、期限付きのものを書いていることが多いです。

考えているときに f が口笛を吹いたのを、「静かにして。」と注意をしたこともあって、
注意をされることにも敏感になってしまいました。

そして、気を使っているのか、気にしながら生活しているうちに、兄に対する被害妄想的な感情が湧いてしまったようです。
兄をあの人と呼ぶ弟 f です。

兄は f とは違って、人のせいにして怒ったこともなく、人のいい性格なので、f が心を開けばwelcomeなのに。

兄は、f が傷ついてないかと気にもしていますし、f とはもっと仲良くしてあげたいと思っている様です。

しかし、なかなか f は心を開かずあまり良い関係ではありません。

兄ももっと上手に関われたらいいのですが、何せ、繊細で気難しい f には手を余してしまっています。
天真爛漫でフレンドリーな良い子だったらどんなに仲良くなれているのかと思ってしまいます。


昨日は、f がいないときに f の兄がf とのことを気にして相談してきました。

f が自分(兄)のことを誤解しているので心を開けずにいるから、これからどう誤解を解いてあげればよいか考えているようでした。

話しているうちに、考えもまとまったようでした。

私が出かけ、家に帰ると、

f が好きなゲームを一緒にやっていました。

いい感じで、長い時間やっていました。

2人が楽しそうに笑う声に私は嬉しかったです。

遅い時間までやっていたので、
惜しいと思いながらも、
私が辞めることを促しました。

片付けながら、兄がf に、
自分はいつも f のとこを怒ってなんかないんだよ。
きにしなくていいよ。
と、言って肩をポンポンと叩いてました。

f も、わかったとうなづいてました。
何度かこうしてきたのにすぐに心を閉ざす f です。

だんだん大人になってきているので、学んできているかも知れません。
少しは期待して、兄に託していかないと。
なまじっか兄弟がいて、仲が悪いのは不幸です。
私がいなくなる前に良い関係を築いて欲しいです。

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2017-01-31 08:52 | 母の想い | Comments(2)

今朝は、担任から f が来てないとの電話がありました。

いつもと同じ時刻に出て行ったのに。
遅刻のお知らせでした。

帰宅後、本人に尋ねると、
お腹が痛くなった。とのこと。


合計がペナルティー数に達したので、罰が待っています

孤独でつまらないであろう学校に
頑張って行っているので、
それだけで褒めてあげたいと思っているのですが、
世間様は厳しいです。


寝坊してるのではなくて、
登校途中でのトラブルが原因です。
お腹が痛いとか、
電車から降りられなかったとか。
お気の毒様です。

「ルールだから仕方がないのですが、
罰を受けるルール、入学してみないとわからないです。」


罰は↓

中高のお偉い先生と学年主任と担任と本人と保護者との5者面談

その後、2週に渡り1時間前に登校してお掃除をします。

私にとっての罰は、早起き😰
お弁当も作らないといけないので五時起きです。😭
f も私も寝付けないたち。
睡眠時間がますますなくなります。
不安です。

電車から降りるときに、
「降ります」と、無理してでも言える子なら遅刻しなかったのに。

(どこうとしない人に邪魔をされて電車から出られなかったそうです。)


####

ここからは一般論ですが。

こういう指導の問題でもっと心配なのは、

指導(罰)によって、
子供の自尊心が傷つけられることです。

正義感が強ければ、自分のしたことが悪いことで自分は悪い人間だと思い込むかもしれません。
恥ずかしい人間だなんて思わせたくないです。

大人たち、そして、教師たちは、指導の仕方を考えなくてはなりません。
そして、その延長線上にある指導死の問題を考えるべきです。





違う!
悪い人なんかじゃないですよ。
恥ずかしい人なんかじゃないですよ。
完璧な人なんていません。
しくじってもいいですよ。
みんなは今、成長の段階ですから、失敗して当たり前です。


*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2017-01-30 20:27 | 中2のF | Comments(4)

最近少し下校が遅い f 。

放課後、
教室で将棋をやっている子達がいるようで、それを見てきているようです。
「遅かったね。どうしたの?」
という私の問いに、f は
「将棋を見てた。」
と言っていました。
多くを語らないので、何がどうなのかってわからないのですが、
よかったねぇと思って見守っています。

今日は帰宅した時に、心なしか機嫌が良く見えました。

そして、「将棋…」というので
聞き入ると、
「将棋をやってきた。」
「ふぅも入れてもらったの?やれたの?…」
なんだか嬉しくて、たくさん質問してしまいました。
将棋をやってきた。
その事実だけで十分なんですけど、その先が聴きたくなってしまいます。
欲張りですね。
本人が楽しかったのなら、それでいいの。
嬉しそうな顔して帰ってきて、ホッとしました。

中学に入ってから、お友達と楽しそうにしているところは見たことがないので、想像がつかなかったのですが、
クラスの保護者の方とお話しすると、相手の方から、ホッとする話が聞けることがあります。

「f は、話はしないけど、俺とは話をしなくても通じてるんだよ。って、Kは言ってるのよ。」

「f は、すごいんだよ。…って、Hは自分の自慢のように話してますよ。」

などと、私に気遣って話してくださいます。
にわかには信じられずに半信半疑で聞いてはいるのですが、心が温まります。

本人が話をしなくて人を避けているから怪しくみえるのですよね。
だから、コソコソと悪口を言っていた子もいましたし、
そうそう待遇が良くもないけれど、
少しずつ、居場所を見つけているのかな。



*****
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2017-01-28 14:38 | 中2のF | Comments(4)

中学受験を振り返って。

都内の私立中学の受験もいよいよ来週に始まります。

もう終わっている地域の方々、お疲れ様でした。

九州地方の友人からも、朗報が入りました。
最難関合格。
小学生なのにそんなハードル超えるほど頑張るなんて素晴らしいです。
私だっら、そんなに勉強したくないなぁ。
本当にすごいな、小学生。

*****

f が受験したときは、倍率のを気にしていなかったのですが、
「どこも倍率すごいよね。」という学校役員ママさんたちの話を聞いて、
N能研の倍率を見てみました。

f が受けたMARCHI付属は13.4倍で、よく受かったものです。言い方悪いけどお試し受験です。

第一希望に受かったのに違う学校に手続きする羽目になったり、考えられない事態になりました。

私立に行くかどうかの届け出をするか否か迷いました。

本当に馬鹿げたお話ですが。
本人が入りたいところを親が勝手に蹴ってしまった罪悪感を払拭し、親の私自身を慰めるためにこじつけるとすれば。

行きたかった学校の方じゃないので迷いなく、辞めさせることができるという状態になれました。
神様がそういう選択をしてくださったのでしょう。
後になってみれば気が楽で良かったのかもしれません。
あくまでも、本人が行きたくなくなったらの先の話です。💦

それでは、
なぜ、私立中学を受験したのでしょうか。
それは、
ご存知のように、日本は高校受験の時に内申書も点数になります。
その内申書は不確かなものです。
なぜなら、素点以外の点数は先生の好みというか、提出物が出しているとか、発表を積極的にやっているとか、そういうあやふやなところを点数化します。
『先生のご機嫌が取れれば良い点が取れる』
という皮肉を言う人までいるほど不確かなものです。

f など、要領が悪いので、せっかく素点が良かったとしても、結局は、内申点が悪くなって、ちょうどよい学校には受からないのだろうと思ってしまいました。

それならば中学から高校が付いてくる学校に入っちゃえばいいんじゃない。
って、安易な考えで受験させてしまいました。

これも、あくまでも、6年間、辞めないことが前提です。

辞めることも想定していれば、地元中学に行き、その後のことは、おいおい考えれば良い、と、なったことでしょう。

家でお勉強に取りかかれない子供は、学校に行っているのがスムーズです。

もしも、小さい頃のように、ばりばりお勉強をしてくれたなら、ホームスクールの形態がベストでしょう。


うまく行かないものです。


*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-01-26 23:59 | 母の想い | Comments(2)

数学の課題

冬休みの大量の宿題の中に
数学代数において、本を読んでレポートを書くというものがありました。
選択肢の中から、
「数学ガールの秘密ノート整数で遊ぼう」
という数学的な問題を盛り込んだものにさせました。


f0370147_09542255.jpg

f0370147_09542397.jpg


選択肢は
数の悪魔
博士の愛した数式
算法少女
天地明瞭
お任せ数学屋さん
青の数学
数学ガール 整数で遊ぼう
数学ガール 式とグラフ

数学ガールの中味は、
小学校高学年の子が読んで、
数学に興味を持つ為には良い
という感じでしょうか。

とはいえ、
子供から大人まで楽しめるので
手に取るのもいいと思います。

f はといえば、一気に読んでました。
この類のものは、小学校に入る前から理解できるタイプだったので、
目新しいわけではないのですが、
やはり、こういう本は好きなのですね。
数学って面白いです。

レポートにしなさいってなれば嫌いになる子がいないかと心配しちゃいますが。


**********
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村



[PR]
by suzu62taha88 | 2017-01-24 09:05 | 母の想い | Comments(4)

思春期男子の接し方の講演会での心理士の話で、
接し方などは二の次になり、
メンタルをやられてしまいました。

思春期の特徴を話された時に、
f もその内の1人のはずなのに、
まるで蚊帳の外になってしまっているかのように感じていました。
帰ってきてから、そのことを考えると f が気の毒になり、じわりじわりと悲しくなってしまいました。

それが↓
●思春期とは
の、一節。↓
#############
・同年代の友人と不安を共有し安心できる場所を探し、保護者からの自立へと歩みだす時期。
#############

同年代の友人が学校にいるとは、思えなくて。
いつ見てもひとりぼっち。
不安や安心の場を探し、親から離れることを共有できる友達がいないと、どうなるのかと悲しくなりました。
場面緘黙とは、過酷だと思いました。

と言うのも、
その前日に、同じPTA役員でクラスの子のお母様とお話したのですが、
「うちのMが、 f 君はすごくおとなしくて誰かが話しかけた時も反応ないって言ってた。」
Mママが、f ってどんな子か聞いてくださったのだと思います。
そのことを嬉しく思いました。

反応ないというくだりに、
1人でも多くの人に
緘黙の理解をしていただけたら
と思ってお話をしました。

「f は、場面緘黙なの。
家族の様に親しくなれないと
反応を表出できない場合がほとんどなのね。
緘黙って、言葉を返せなかったり無反応に見えるんだけど、
みんなと同じように言葉を理解しているし反応したいの。
反応しなくても、よく分かってるし嬉しいので、どんどん話しかけてくださいってお伝えください。」
と話しました。
でも、その反応は、フーンという感じなだけ。
伝えてもらうことがこちらにとって一番の願いなのですが、
相手にとってはなんでもないこと。
相手を悪くは思ってないのですが、これが現実だと感じた瞬間でした。

こんなこともあって、わたし自身も孤独を感じたばかりだったので、落ち込んでしまいました。

地元の小学校では、お母様達が協力をしてくださったところもあって、助けられたなって思い出しては、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

今の中学でも、お一人だけ、姉御肌のママさんが手回しをしてくれたことがあって、希望はありますが。

人に依存したいのではなく、世間の実態を考えると、現実は厳しいなって思いました。

緘黙に生まれた(なった?) f は過酷な運命を背負っていると思い、おちこんでしまいました。
でも、緘黙は治るから大丈夫!と思い起こしました。
「緘黙は治りますよ」という言葉をブログのコメントでいただいたように、
治る可能性もあります。
中学で環境が変わり、症状が悪くなってしまったので、治るイメージが薄くてわからないのですが、主任の先生の「最近はニコニコした表情を見かけます。」という言葉を信じて、希望に変えようと思います。

こうして書く事で、何とか落ち込みから、脱する事になれそうです。

f も語れる人ができるといいな。



**********
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2017-01-23 07:54 | Comments(5)