タグ:子育て ( 196 ) タグの人気記事

体育祭前日の夜の失踪

前記事の翌日は体育祭

そして、午前中にカウンセラーとの面談がありました。

私も一緒で、運動場に出れば人の目もあるから問い詰められることもないと話し合い、
体育祭は出られました。


★前日の出来事
前日(予行演習の日)、夜8時からの塾の授業に出かけ塾に行かず失踪するというハプニングがありました。
私はハラハラしながら外を探し回りましたが、
午後11時30分頃に家に帰ってきたと父親から連絡があり、
ほっとしました。
夜遅くにいなくなるといろんなことを考えてしまいます。
本当にいてくれるだけでよいとつくづく思います。


前日は無理をさせてしまって、
学校はこの際どうでもいいかと思っていましたが、
教室に行けたことを良かったと単純に思っていました。

良いという価値観は、正しいのかわかりませんが、
見守る者が近くにいることだけで不安が和らいだことが
良かったということなのかもしれません。
明日のことはまた明日に考えようと思いました。



体育祭の競技の途中でカウンセラーとの面談の時刻になりました。
以前の担当だった方とは違う方がいらっしゃいました。




**************
f0370147_21082951.jpg


**************

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓


[PR]
by suzu62taha88 | 2017-10-30 20:07 | 中3の f

保健室登校③

前記事の翌日は、私も一緒に登校しました。
保健室に行って1.2時間目に自習をするということで
私は先に帰りました。

3間目以降の体育祭の予行演習も出席し、
6時間目まで学校にいました



保健室の先生からの電話では、
本日の報告がありました。
そして、恐縮ながらとおっしゃったうえで、
保健室への登校は、業務に支障が出るので、学年からの指示がないとできない旨を告げられました。

業務に支障が出るなら仕方がないことです。

しかし、
そうはいっても、行くしかないときは行かせます。(#^^#)
看ていただく立場で恐縮ですが、
生徒の健康をフォローするのも業務だと思うので
利用させていただこうと思いました。

信用できると思った方の考えなら
またまた人間不信になりそうですが、
学校の決まりでそう言わざるを得ないのでしょう。
決まりって、困っている生徒と保護者にとっては厳しいです

「勝手に来ちゃだめよ。」的に言われているのに、
保健室登校は続きます。101.png

**************

f0370147_21065203.jpg

**************

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓


[PR]
by suzu62taha88 | 2017-10-30 18:21 | 教育

保健室登校②

続きです。

fが下校して私だけが保健室に残って担任を待っていると
担任がいらっしゃいました

そこで話されたことですが、

担任「f君は、何を聞いても、うなづくだけですよね。」

私「それはその場から逃げ出したいという気持ちの表れでしょう。」

養護教諭「今日は、いいえという意思表示をしてましたよ。はい。」

私のフォローをしてくださる方がいらしただけで心強くなりました。



担任「来られなくなった原因は、遅刻が多くなったからでしょうかね。」

私「いいえ、そもそも、遅刻をすること自体、ストレスが原因ですから、
遅刻が原因というのは意味が分かりません。
遅刻をすると面談があって、
そこでまた”話をしないこと”を叱られることが、
原因ということもありますが。

(話をしないと罵ったり、
提出物が出せないとその原因があることも無視して追い詰めていることが原因です。
つまり先生たちからのいじめが原因です。)


私「緘黙の人に話をしないというのはしてはいけないことです。
ましてや、それを罵ったり叱ったりされたのですから、本人は傷つき苦しんでます。
緘黙という過酷な人生を歩んでいる人を余計に苦しめて何になるのかわかりません。
まるで悪いことをしているように反省を促すのは違っています。…」

担任は養護教諭の手前だからなのか「はあはあ」と聞いていらっしゃいました。
このあと、学年主任の助けを求めるのでしょう。
いつもそうです。





ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓


[PR]
by suzu62taha88 | 2017-10-27 12:41 | 不登校

保健室登校①

昨日も学校近くまで行ったものの
学校には入れず、帰宅しました。

言っている場合ではないのですが、
考えたら先生方からのいじめから登校できなくなったのに、
欠席が多くて進路を絶たれるのは
踏んだり蹴ったりです。

今日は出席扱いにしていただこうと思いまいました。

帰宅後すぐに私が引率して家を出発し、保健室登校をしてきました。
fは長距離2往復です。(#^^#)


養護教諭がfの顔を見るなり「よく来たね。」とおっしゃってくださいました。

その言葉を聞いた瞬間、うれしくてほっとしました。
まるで、目の前のカーテンが開いたように
明るくあたたかな日差しを迎え入れたようでした。
なんだか懐かしいと思うほど今の状況は冷たく厳しいものです。

その言葉を聞いたfは、
ふっと息を吐き、
こわばった顔が緩んで、
わずかに笑みを浮かべました。

この一言がありがたかったです。


担任は6時間目がちょうど休みなので保健室に来てもらいましょう。」とご提案いただき
そのようにしていただきました。

もう少しで担任が来るころ
fは落ち着かなくなってきました。
口が少し開いたおちょぼ口になり口角が下がり、
見るからに、ひきつった時の顔つきになっていました。

私は「帰っていいよ。」と言いました。
出席扱いになるとか否かなんてどうでもいいと思いました。

養護教諭は「んー、やっぱり会いたくないか。でもここまで来てくれて頑張ったね。」
とおっしゃってくださいました。

fには、駅で待っているように言って見送りました。

ここに心があることに感謝しました。



学年での話し合いで、今後も含めて
保健室登校が認められるのかはわからないとのことです。
保健室もあまり頼れないのが残念です。



**************

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓


[PR]
by suzu62taha88 | 2017-10-27 11:50 | 教育

毎朝、駅までそっと自転車でついていき
fが駅のエスカレーターを上がるのを見届けています。
今朝も間に合う時間に送り出しました。

しかし、2時間後、副担任から
「まだ登校していません。」
との電話連絡が入りました。

何度かfの携帯に連絡を入れるものの
電波が届かないとのメッセージが流れてしまいます。
念のため「少し遅れても今日は台風なので遅れても大丈夫だから登校してね。」
とラインを入れておきました。

学校の最寄駅からは携帯の電源を切らなくてはならないので
もう学校についたのかと希望的観測をしていました。

学校についた場合
学校からは連絡が来ないので
こちらから連絡するのですが、
今朝は、「きっと登校できた」と思って油断していました。

夕方、副担任の女性教師
「今日は結局、f君は来ませんでした。」
と連絡が入りました。

まだ帰っていなかったのでとても心配になりました。

女性教師は「心配ですから、戻りましたらf君から理由を聞いて報告してください。
明日、私も本人に聞きますので。」
とおっしゃいました。
(本当に心配なさっていらしたらもっと早く連絡をください。)

特に、
ただでさえ先生とは話ができない子に攻め寄るなんて
困ります。
緘黙のことをまだわかっていないと思ってしまいました。
ともすれば、明日を機に学校に行けなくなるかもしれないです。

いやいや、それどころではなく、本人まだ帰ってきてないのですよ。

電話の向こうでは「それではよろしくお願いします。」とおっしゃってるじゃない。
心配って、学校側の進退の心配?
我に返った私は「心配です。」とつぶやいてしまいました。
教師は「事故とか、ダイヤの乱れとか、心配ですから、報告してくださらないと…」
私を説得するようにおっしゃいました

「心配じゃないのですか」だなんて説得されたくないです。
(まあ、言葉の綾というものでしょうが。)
しかし、親が心配するなんて当たり前という気持ちから、思わず、
「命を絶ったりしてないかと心配してました。」と言いました。

涙があふれ、言葉を続けて
緘黙のことも先生方がご理解してくださらないようで、苦しんでます。
明日こどもに聞くというのはやめていただきたいです。
緘黙という過酷な人生を歩んでいる子に対して話をしないなどと叱ることが理解してくださっていないと思うのです。…」
と言いました。

きっと、こんな母親の悲しみを受け止めてはくださらず、
私が話した「理解してくださらない」という言葉を会議で報告するのでしょう。

以前も、「話をしないことをご家庭でも注意してください。」とおっしゃり、
緘黙の説明をすると、そのことを主任に報告し、
そのあとの面談で主任が「話をしないのは失礼なことだ」と私に説教したということがありました。

今度も学年主任が「こどもをかばうダメ親だ」ということを理由に
お灸をすえるためにと面談を申し付けて来るかもしれません。

私だって「緘黙を理由に何事もできないからパスさせて」などと言っているのではありません。
教師は緘黙のせいにするなと説教してくるし、いつまでたっても平行線です。

これは被害妄想であってほしいのですが。

電話を切ると丁度fが帰宅しました。

生きて帰ってきてくれて本当に良かった。
(fの場合は私がつらさを共有しているので大丈夫だと信じています。)

ずっとfが学校にいると思いこんでいた自分が情けないです。

さて明日は、主任がどうこどもを攻めてくるのでしょう。
学校に行かせるのが嫌になりました。

現実問題、高校受験には不登校が響きます。」

こどもが攻められるのは私の被害妄想だと信じて、行かせるしかないです。


************
また、こんなことを授業中に書いて。
と、思う割りには笑ってしまう母です。
f0370147_12484541.jpg
究極のながら勉強。(笑)
得意科目なので、ながら勉強が役に立っているのかしら。(^。^)>
**********

ご覧いただきありがとうございます。
拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-10-24 01:00 | 場面緘黙


福井県の中学二年の生徒が教師のいじめにより自殺したというニュースがありました。

そのお話を、ほかの筋からたどって行くと

提出物が出せないとか
返事ができないとか

苦手なことやできないことで叱っていたということです。

できないのなら、その子ができるシステムを考えてあげればいいのです。



この事件の教師たちは悪びれることもなく謝罪もせず教師を続けているとのことです。
fの学校の学年主任や数学女性教師は、この事件を知っても、
自分と重ね合わせることもなければ、自分たちが加害者だなんて自覚もないでしょう。

この事件や、私の言いたいことを綴った思いを、もっともっとたくさんの方に知っていただきたく思います。
教師に馬鹿にされののしられて苦しむ子供たちのことを知ってほしいです。




本人だって叱られたくありません。

できるのであれば、とっくにやっているでしょう。

叱っている教師は、「できないことで叱られ、死ぬほど苦しんでいるということ」を理解できないのでしょうか。


おとなしくしている親の子はどんどん教師にいじめられるという話もあります。

うちは私が我慢しているからどんどん罵られているのでしょうか。

何とかできるように方法を考えこどもと話し合い努力をしています。

そのうえで、何度も理解を求めていますが、

言えば言うほど子供が攻められているような気がします。

だから、おとなしくしていたけれど

とことん戦わなくては命は救えないということかもしれません。



「こどもを人質に取られているようなものですからおとなしくしているだけです。
いつでも訴える覚悟はあります。」(ボイスレコーダーでとってありますし)



こうして言葉も態度も選んで教師と接してきているのに、
そういう親の気持ちもわからず、ののしってくる教師はまっとうな人ではないとつくづく思います。


親と教師との信頼関係をもとに、子供の成長を見守るのが本来の教育ではないでしょうかね。
情けなくて、悔しくて、そういう教師の性の根を正してあげたいくらいです。

指導という名のもとに「特性」や「病気」に対して叱り、
弱い立場の子供をいじめることが、教師としての間違った責任感のように思えてなりません。

特性や病気に関して、励ますことはあっても、ののしるっておかしいでしょう。
それがわからない教師が実際にいること自体、私には魔訶不思議です。

弱者の立場になってみると見えなかった理不尽さが見えてきます。
教師というのはどこまで権力が強いのか。
特に日本の中学の教師は子供たちの進路のカギを握る強い立場なのです。
高校受験など進路に関しても、教師の変な特権がまかり通るシステムは見直すべきです。
そうすれば、少しは、えらい立場で威張って人を馬鹿にしてもよいのだという教師の勘違いはなくなると思います。

たとえ厳しかったとしても、温かい教育の場ってどこにあるのでしょう。

####  尚、ここで上げた教師とは一部の心無い教師のことです。
      子供の成長を見守ってくださる教師の皆様とは一線を画しますのでご了承ください。

*******************


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-10-21 20:00 | 教育

教室に通ってきてくれている小1のR君。

自由にやりたいことをさせてあげたい子です。

せっかく通っているのだから少しでも勉強になるようには工夫しているものの
教室のいろんなものを出してきては使ったりしてます。
でも、やることやらせないと、という思いからうまく乗せてやってもらってます。
結構、集中してできる子です。

先日、R君が、授業中に
包まれてもない裸のチョコレートを
ポケットから出してお兄さんに自慢をしていました。(笑)
私は、思わず「やだ、やめてよぉ」と言ってしまいました。

本当は行儀がよくないということになるのでしょうが、
そうじゃなくて、
溶けたチョコレートで汚れた手で、
あっちこっち触ってまわるので
どこが汚れたのか私が把握できなくなる恐怖があり
「やめておくれ~」
という気持ちになりました。

実際、汚れる云々がなくても
「授業中はお菓子を食べないでおきましょうよ。」
と提案はすると思いますが。

思えば、結構な割合で、お菓子を持ってくる子がいます。
「おなかがすいたら授業中に食べる。」と私に話した子もいて
「終わってからにしようね。」と言っておきました。

たった一時間と何十分かの授業なので
お茶以外はなくても大丈夫だと思うのですが、
腹ペコ危機を感じるのでしょうか。(#^^#)

******************

さて、R君ですが、
来月から特別支援級の通級に通うそうです。
お母さまが送迎をしなくてはならないとのことで
慣れるまで教室はお休みされるということでした。

物理的に大変だから教室をお休みするというよりも
R君のママさんが精神的に参ってしまった節もあり、
「お休みの間、お話をしにでも来てください。」と
お話ししました。

R君のママ
「幼稚園の時よりはましになったのですが、
ほかのお母さんたちからいろいろ言われてつらかった…」


誰も悪くないのにね。



私はR君がのびのびできるようにと思って
2対1の個別対応をしています。

体験授業をしたときに感じたのは
しばらくの間、ほかの子とは別にして様子を見たいということです。
楽しみ半分、この子を伸ばしたいのが半分。

それで、個別指導のまま1年が過ぎました。

英会話も随分とできるようになってるし、
算数も得意で、能力的には素晴らしいのです。
学校でも、うまく教育されていくことを祈っています。

できれば教室に通い続けてもらって
R君が安心できる場として寄り添ってあげたいのですが
R君の生活は学校主体なわけですから
通級の生活にママさんが慣れるまで待っていようと思います。
(R君はそれとは関係なく教室に通いたいと思いますが(#^^#)>そ…うでもないか(笑))


R君のママ
「主人とは、Rの特徴をおしつけてやめさせたら、
RらしいRじゃなくなると言っているんです。通級に意味があるのか悩みます。」

その通り!(#^^#)
迷いますよね。

************



ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

f0370147_19301995.jpg
アメリカの教会


[PR]
by suzu62taha88 | 2017-10-18 21:59 | 教育

ほんの少しの安らぎ

学校では、先生からの圧力につらい日々を送っているのですが、
夏休みの宿題を出す一件が落ち着き
途中駅で具合が悪くなり遅刻する
ということも何とか回避できています。


「職員室に行けない」とか
「教員と話ができない」とか

こんなことで叱られて教員にはうんざりしてしまいますが、
ふぅはふぅで私に当たるし
いい加減にしてほしいです。

本人のストレスは計り知れず
今の態度は、もはや二次障害である「反抗性障害」ではないかと思ってしまうほどです。

いつか直るのであればそっとしておこうと思うのですが、
何せこちらがかっとしてしまうようなことを言います。
本当にかわいくないです。

つらいのは本人。
そう思ってあげようと思います。


*************

先日比較的近くの私立高校の説明会に
小学校で同じだった親子さんたち三家族で
行ってきました。

雨も降ってしまって
会場で座った時は、傘や脱いだ靴やバッグで荷物が多く
まとまり付かなくなっていました。

隣に座っていたふぅが
私の傘を自分のと一緒にまとめたり
私の靴を自分のと一緒に椅子の下においたり
私のバッグもふぅの膝の上において持ってくれたりして。
親切だった小さい頃のふぅを思い出してしまいました。

元の自分らしさを取り戻して
ほっこりする我が家になってほしいなと思ったり
あきらめたり…(笑)

面談がある学校が多いので
どうしたものか悩ましいです。
案外できるようになっているかもしれないと
信じるしかなさそうです。

とはいっても、他校受験をするかどうかは本人に任せます。

*********************

***********************

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-10-18 20:32 | 高校受験

場面緘黙症に関することです。

症例の少ない場面緘黙です。
したがって、認知度も低いと思います。

不安症の中の一つの症状です。

自分が何かをすることによって、叱られてしまうのなら、何もしなければ叱られません。
自己防衛として起こる症状と言われています。

「それを自己コントロールして話さない」というならば問題ないのですが、
話さないということを自分でもコントロールできない」のです。

つまり、「話せないのが緘黙です。」

話せないのは、その人の意思ではなく本能的に脳が決めた、
いわば脳の掟というわけです。

脳の掟を元に戻していくことは、それほど簡単ではないのです。

だからこそ、周囲の理解の必要性があるのです。


緘黙の場合、「緘動」といって、身を隠す様な症状があります。
人目につかないようにしている
という表現で伝わりやすいでしょうか。


例えば、f は、
家から一歩外に出ると、こちらが会話を仕掛けると迷惑がり、
「シー」と、薬指を立てて「黙って」というジェスチャーをします。


不安症、緘黙症は、経験を重ねるうちに身を守る手段として、
自分の存在をかくしてしまっているということになると思います。

しかも、自らのそうしようとしているのではなく、脳の掟がそうさせているのです。

金縛りにあっているようなものですから、
「話せ」と言われたからと言って話せるものもではないのです。


理解者が増えることで世の中の認知が広がり、
当事者も生きやすくなることを願っております。

***************

f0370147_18564309.jpg




















***************



ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-09-30 19:01 | 場面緘黙

「潜在能力を引き出して伸ばしてあげよう」

ギフテッドの子を持つ親御さんが思われていることだと思います。

思うに、私は子供の潜在能力を伸ばしてあげられていません。
(そもそも、自律できていれば私のちからはいらないのですが。)

我が子を見て、学校の教科の例えば数学や英語は、「ほう、よくできている。」とは思いますが、
「あーちゃんのように数学をとことん追求し業績を残している」わけでもないわけですから、
定期試験や全国模試ができているところで、潜在能力が発揮できているということでもありません。

私は数学を教えている身でもありますし、今のところは張り合える(笑)のですが、
ふぅの得意な幾何や物理学に関しては、これが才能というものなのかと思うことがあり、
到底歯が立たないと思います。

まあ、私を基準にしてますから、世の中の「できるママさん」には笑われるかもしれません。
それを覚悟でお話すれば、この物理学的な才能もなんの形にもなっていません。
それはそれでいいのですが、これでは「潜在能力を引き出して伸ばしてあげられていない」ということなので、もどかしさも募ります。

自分を慰めて言ってみれば、
「こういった学問に関しては、ある程度の学力をつけていれば、いつか役に立つ」
と身構えている程度でよいのかもしれません。(焦ることはないわね。けど一生このままかぁ。笑)

結局、いつもの様に、「本人が好きを原動力にやる気を出さなきゃそれは才能ではない」ということであきらめてしまいそうです。

書籍にもなっているパーフェクトに見える立派なギフテッドの少年と同じくらいIQが高いというのに
くすぶり続けるスーパーアンダーアーチバーです。

けれども、この子の場合、場面緘黙(不安症)なので、正直、そちらのケアーのほうで頭がいっぱいです。
(ギフテッドであるが故の)

とはいえ、同じ一人の人間ですから、同時進行で、両方大切です。


反抗的なのは、年齢的なものなのか、外での話ができない(or 行動ができない)というストレスを私にぶつけているのか。
今の反抗的な子供に付いて何かをさせるのも無理です。
今は、何をするにも本人に任せるしかないようです。
メンタルのケアーだけでもさせてほしいです。

***********
ふぅ撮影
f0370147_09195913.jpg


***********


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-09-29 09:13 | ふぅ