困惑の中、塾の面談がありました。
失礼ながらfは情熱的な室長先生に少々引いているところがあって
面談の前は顔が青くなっていました。
正確には、顔いろは、青ピンク青ピンク青ピンク…の様に縦の縞模様。(笑)
いやいや笑いごとではありませんね(^_^;)。

室長は自信を無くしたfをとても心配してくださっていて、

「いいか、学校でどんな扱いをされても勘違いするなよ。
fは素晴らしい優れた人なんだぞ。
お前はどんなことだって、やろうと思ったことはできる人間なんだ。
コミュニケーションがとりづらい?
そんなのどうってことないよ。
それを取っ払ってもまだまだまだまだいっぱいfの優れたところがあるんだから大丈夫だ。
不得意なことなんて誰だってあるよ。
そんなことは一部だ。
できることで勝負できるんだから。」

「目標は何だ。
考えろ。
高校は通過点だよ。
目標に応じた選択をすればいいんだよ。
日本にいるのか、海外に行くのかも可能性として考えておくといい。
…」
と励ましてくださいました。
いつしか、fは縞模様の顔色も全体にピンク色に戻って笑顔を浮かべていました

帰りは、室長先生が後ろからfを抱きしめました。
fはびくっとし、「何?」的な反応に温度差があるというか
熱い思いに反応が薄い失礼なfでした

室長先生には申し訳ないながら笑いそうになりました。
私もほっとしていたからなのでしょう。


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-20 09:12 | 学校(中学3年)

学校で、カウンセラーと学年主任と担任と両親での
面談がありました。

カウンセラーからの合理的配慮の内容確認が目的でした。

今回は忘れずに録音機を作動させました。


録音は
胸にとどめるだけでは
悔しさでつぶされそうになるようなこと(理不尽な文句)
を記録したいのです。


主任が配慮の話の前にと、マイナス思考なことを話始めました
「…f君がクラスメイトといっしょにいるようになったといっても、
周りの子供たちも大人になってきていますから
話をしない子を相手にできなくなっています。…」

大人になってきたから、仲間外れにする???って、
支離滅裂なこじつけで、何がおっしゃりたいのかわかりません。
子供たちの仲間には入れてないから、安心するな、いい気になるな
とおっしゃりたいのでしょうか。
ますます意図がつかめませんでした。


合理的配慮について、カウンセラーからの話がありました。

その途中で学年主任は
「今はそういう配慮で行く方向ですが、高校に行ったらそうはいきませんから…」
とおっしゃいました。

本当にマイナス思考なことを挟んできます。

カウンセラーから「まあまあ、そういうことは今はおっしゃらないでください。」
止められていました

カウンセラーが説明するたびに
不服そうな顔をして、にこりともしません。

主任の気持ちのどこかに、親が甘やかしているから
話をしないとか提出物が出せないなどと
思っている思います。

だから、わざと追い詰めて子供に言うことをきかせればいいのだ
と思っているのでしょう。

甘やかして育ててあげられるほど
敏感な子の子育ては楽ではありません
こどもも結構、厳しくされています。
わかってないです。


主任から
「生徒たちは優しいから、受け入れられている部分もありますが
本人の努力ではありません
そういう子供たちの中では特につらくはないと思いますが。」
言われました


私は、
「優しい子たちには、感謝しています。
子供たちの中で辛くないかといえば、そうではないです。
何かを言われても反論できないのですから、
悔しい思いもさんざんしています
悔しくて家で荒れます。

孤立しているfを悪く言って、面白がっている子も見かけます
そんな時は、その子たちに声をかけ、名乗ったうえで
fが気分の悪いことをしていたら申し訳
ないです。ごめんなさい。」と謝っています。…」
と言いました。



カウンセラーから
「選択制緘黙症の治療というのも難しいのですが、
不安症がもとにあるので、これを投薬治療で安心を得ていくことが
社会参加の一歩につながると思います。

このところ、不安症が進んでしまったようですね。
もっと進めば、家から出られないようになってしまうかもしれないので
治療をお勧めします。」

ということでした。

はっきり言って、同席している学年主任からの追い詰めによって
不安症が進んでいるのです。

アメリカでのホームステイに備えて、
緘黙症の子を捕まえて、みっともないだなんだかんだと
繰り返し理不尽な罵声を浴びさせることに意味があったのでしょうか。
しかも親の前で言われたら、尊厳も何もないでしょうに。

私も学年主任の姿を見るだけで嫌悪感が湧いて
逃げ出したくなります。

fはこの人たちを相手にしなくてはならないなんて辛いことでしょう。


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-16 02:50 | 学校(中学3年)

毎朝、駅までそっと自転車でついていき
fが駅のエスカレーターを上がるのを見届けています。
今朝も間に合う時間に送り出しました。

しかし、2時間後、副担任から
「まだ登校していません。」
との電話連絡が入りました。

何度かfの携帯に連絡を入れるものの
電波が届かないとのメッセージが流れてしまいます。
念のため「少し遅れても今日は台風なので遅れても大丈夫だから登校してね。」
とラインを入れておきました。

学校の最寄駅からは携帯の電源を切らなくてはならないので
もう学校についたのかと希望的観測をしていました。

学校についた場合
学校からは連絡が来ないので
こちらから連絡するのですが、
今朝は、「きっと登校できた」と思って油断していました。

夕方、副担任の女性教師
「今日は結局、f君は来ませんでした。」
と連絡が入りました。

まだ帰っていなかったのでとても心配になりました。

女性教師は「心配ですから、戻りましたらf君から理由を聞いて報告してください。
明日、私も本人に聞きますので。」
とおっしゃいました。
(本当に心配なさっていらしたらもっと早く連絡をください。)

特に、
ただでさえ先生とは話ができない子に攻め寄るなんて
困ります。
緘黙のことをまだわかっていないと思ってしまいました。
ともすれば、明日を機に学校に行けなくなるかもしれないです。

いやいや、それどころではなく、本人まだ帰ってきてないのですよ。

電話の向こうでは「それではよろしくお願いします。」とおっしゃってるじゃない。
心配って、学校側の進退の心配?
我に返った私は「心配です。」とつぶやいてしまいました。
教師は「事故とか、ダイヤの乱れとか、心配ですから、報告してくださらないと…」
私を説得するようにおっしゃいました

「心配じゃないのですか」だなんて説得されたくないです。
(まあ、言葉の綾というものでしょうが。)
しかし、親が心配するなんて当たり前という気持ちから、思わず、
「命を絶ったりしてないかと心配してました。」と言いました。

涙があふれ、言葉を続けて
緘黙のことも先生方がご理解してくださらないようで、苦しんでます。
明日こどもに聞くというのはやめていただきたいです。
緘黙という過酷な人生を歩んでいる子に対して話をしないなどと叱ることが理解してくださっていないと思うのです。…」
と言いました。

きっと、こんな母親の悲しみを受け止めてはくださらず、
私が話した「理解してくださらない」という言葉を会議で報告するのでしょう。

以前も、「話をしないことをご家庭でも注意してください。」とおっしゃり、
緘黙の説明をすると、そのことを主任に報告し、
そのあとの面談で主任が「話をしないのは失礼なことだ」と私に説教したということがありました。

今度も学年主任が「こどもをかばうダメ親だ」ということを理由に
お灸をすえるためにと面談を申し付けて来るかもしれません。

私だって「緘黙を理由に何事もできないからパスさせて」などと言っているのではありません。
教師は緘黙のせいにするなと説教してくるし、いつまでたっても平行線です。

これは被害妄想であってほしいのですが。

電話を切ると丁度fが帰宅しました。

生きて帰ってきてくれて本当に良かった。
(fの場合は私がつらさを共有しているので大丈夫だと信じています。)

ずっとfが学校にいると思いこんでいた自分が情けないです。

さて明日は、主任がどうこどもを攻めてくるのでしょう。
学校に行かせるのが嫌になりました。

現実問題、高校受験には不登校が響きます。」

こどもが攻められるのは私の被害妄想だと信じて、行かせるしかないです。


************
また、こんなことを授業中に書いて。
と、思う割りには笑ってしまう母です。
f0370147_12484541.jpg
究極のながら勉強。(笑)
得意科目なので、ながら勉強が役に立っているのかしら。(^。^)>
**********

ご覧いただきありがとうございます。
拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-10-24 01:00 | 場面緘黙

なぜか、fの学校の主任と女性教師は
できないことを逆手にとって傷つくことをおっしゃいます。

そもそも、担任が面倒くさがりなりなため、
こちらから「子供理解」の相談には応じることなく、
主任に丸投げしていることからことが大きくなるという縮図です。
面倒ならば、そっとしておいてくださればよいことです。


できないことをわざとではないことさえわかってくださり、
傷つけるような言動をされなければ、それでいいのです。

子供は子供なりに成長していきます。
緘黙という過酷な人生を歩んでいる子供を
たとえいたわらなくとも、悪く言って叱るなんてことをしてほしくない。
それだけです。

****************



****************

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-10-09 12:33 | 場面緘黙

場面緘黙症に関することです。

症例の少ない場面緘黙です。
したがって、認知度も低いと思います。

不安症の中の一つの症状です。

自分が何かをすることによって、叱られてしまうのなら、何もしなければ叱られません。
自己防衛として起こる症状と言われています。

「それを自己コントロールして話さない」というならば問題ないのですが、
話さないということを自分でもコントロールできない」のです。

つまり、「話せないのが緘黙です。」

話せないのは、その人の意思ではなく本能的に脳が決めた、
いわば脳の掟というわけです。

脳の掟を元に戻していくことは、それほど簡単ではないのです。

だからこそ、周囲の理解の必要性があるのです。


緘黙の場合、「緘動」といって、身を隠す様な症状があります。
人目につかないようにしている
という表現で伝わりやすいでしょうか。


例えば、f は、
家から一歩外に出ると、こちらが会話を仕掛けると迷惑がり、
「シー」と、薬指を立てて「黙って」というジェスチャーをします。


不安症、緘黙症は、経験を重ねるうちに身を守る手段として、
自分の存在をかくしてしまっているということになると思います。

しかも、自らのそうしようとしているのではなく、脳の掟がそうさせているのです。

金縛りにあっているようなものですから、
「話せ」と言われたからと言って話せるものもではないのです。


理解者が増えることで世の中の認知が広がり、
当事者も生きやすくなることを願っております。

***************

f0370147_18564309.jpg




















***************



ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-09-30 19:01 | 場面緘黙

勧誘

昨晩、ふぅと二人でファミレスで食事をしました。

隣の席には、二人の中年と年配の女性がいました。

中年の女性が通る声で宗教の勧誘をしていました。

相手は引いている感じでしたが、大きな声で話も止まず、勘弁してという感じでした。

「臨終の時のざまが、信仰している人とそうではない人では違う」とか言っていて、最近なくなった有名人を引き合いに出していました。
聞くに耐えない事でした。

こういう時に、亡くなった有名人をつりにするってとんでもないと思いました。

震災の時の話も格好のネタになっていて、聞こえてくる話がたまらなく嫌でした。

「2年後にはすべての人々がこれを信仰することになる」そうです。あらら。

他に勧誘されたことがあると年配の方が言うと
すかさず「うわっ、危ない危ない。
はいらないでくれてよかったわ。」と勧誘の人が言いました。

いやいや、あなたも?

勧誘している女性が、「○○さんは、まだ頑なに拒否しているけれど…」と言うと、

年配の女性は、「頑なにって!」と、心外のようでした。

なので、
【そのまま帰っちゃうといいわよ。】
と思ってしまいました。


青少年の皆様、こういうのにお気をつけください。

*****

ふぅが大量の漢字の宿題をやっている間に
速読で一冊読めました。

f0370147_01532853.jpg


*****

ご覧いただきありがとうございます。


拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 場面緘黙症へ
にほんブログ村


[PR]
by suzu62taha88 | 2017-07-16 23:57

温かく見守る

私の務める塾の保護者の方から、
「うちの子発達障害なんです…。」
と、ご相談される事が割と多くあります。

アルバイトさんが、
「最近は発達障害の子が増えましたね。
食べ物のせいでしょうか。」
と、おっしゃいました。

真実はわからないのですが、私は、

「食べ物というわけじゃないと思うわ。
その数が増えたわけではないともおもうの。

今まで理不尽に叱られてきた一定の子供達が、なぜそうなったかの原因がわかってきて、その子達を親ごさんが救うために【発達障害】のラベルを貼ってあげているのも1つの理由だと思うのよ。」

と、話を返しました。

発達障害という事が認知されてきて、どれだけの人たちが救われてきたでしょう。
その点では、何より良かったと思います。

発達障害であろうがなかろうが、子供の成長は、温かく見守れば良いだけです。

将来は、どう折り合いをつけていけばいいのか、まだまだ課題はありますが、
子供時代に傷つく事が少なくなったことは、本当に喜ばしいことだと思います。

あとは、
ぜひ、物事を無理だと決めつけず、チャレンジして、自分の得意だと思えることを見つけて欲しいです。


*****

テーブルセンターのマットのキルトを作りました。
f0370147_18261009.jpg


*****

ご覧いただきありがとうございます。


拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 場面緘黙症へ
にほんブログ村



[PR]
by suzu62taha88 | 2017-07-12 17:48 | 教育

ホッとする言葉

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-06-05 01:28 | 母の想い

昨日は、場面緘黙(選択性緘黙)の診断書を書いてもらうために、心療内科に行ってきました。

医師がおっしゃるには、

『これだけ知的に高い人は、
人にはみえないところまでみえてしまったり、
感じ取ってしまいます。

普通の人とは違う世界に住んでいる
と理解したほうがいいでしょう。

自分が周りのことを
細かなことまで察知してしまうので、
逆に、
自分のことも他の人に感じ取られてしまう
と感じているのかもしれません。

あまり言葉や行動で表現しないのは、
ひっそりと自分を隠したいという
自己防衛とも言われています。

周りの人たちに、知られないようにする自己防衛をしているのでしょう。』


緘黙のメカニズムはミステリーですが、
この様な一説を説明してもらうと実感としてわかります。


自己防衛…
おもうに、
自分のキャパシティを超えないように自己防衛するのはいいのだけれど、
その代償が過酷だなと思います。
それが障害として認識されることもあるでしょう。
緘黙や
記憶喪失や
多重人格などは、
自己防衛の代償だと思います。

自分の心を守るために自分の影を隠す緘黙。
思い出したくない記憶をそのほかのこともも含めてごっそりと記憶を消してしまう記憶喪失。
自分自身でいることが辛すぎて、違う人になってしまう多重人格。

これらの自己防衛の代償の過酷さを考えると、
鈍感力を身につけたほうが幸せだと思います。
それを身につけるって、これまた難しいでことですが。

そういえは、私も最近の物忘れは、潜在意識が記憶を消したくて消しているのかも。
辛いことも多いからねぇ。
いいえ!脳の老化です。すみません。

***************

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2017-02-02 20:17 | 母の想い

緘黙についての理解

今年ももうすぐ終わります。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年を振り返ると、たくさんの方達と出会いました。
ブログも再開し、しばらくお話をしていなかった方達ともお話ができました。
とてもありがたい事です。

ブログに寄せていただいたコメントを読み返してみて
(そんな暗いことをしてんのぉ、気持ち悪いと言わないでね。(笑))
温かいお気遣いに込み上げてくるものがあります。

コメントを残してくださった方、また、ご覧くださり支えてくださった皆様、ありがとうございました。

♫♫♫♫♫

子供のことや思いを書いていると、ギフテッドのことから離れ、いつの間にか困り感満載のブログになってしまいました。

なんの向上心もない情けないブログは、非公開で書いときなさいよという天の声が聞こえて来そうです。

そんな事さえも気にするほどでもない、低次元のブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。

♫♫♫♫♫

場面緘黙の事で、ご心配くださった方達から、温かいメッセージをいただいております。
その中で「ご存知だと思いますが。」というお気遣いの前置きをされて緘黙についてのサイトをご紹介くださいました。
⬇︎
緘黙について

自分だけ分かっていても仕方がないということを改めて思い起こしました。

まだまだ認知が薄い緘黙のことをたくさんの方々に知っていただくことが必要なことです。



*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村


[PR]
by suzu62taha88 | 2016-12-31 14:15 | 中2のF