タグ:ギフテッド ( 220 ) タグの人気記事

【家庭訪問、先生をお迎えしたところ】

Fは小学2年になってから、夜驚症やチックが起こるようになりました。
口数が少なくなり、やたらに歩き回るようにもなりました。

1学期の間、こんな異変を感じながらも、原因については何も気づいてあげられませんでした。

Fの小学校は夏休みに入ってから家庭訪問がありました。
この家庭訪問の時に担任の先生からのいじめがある事がわかりました。

ちなみに、担任の先生は…
当時55〜6の女の人
やたら細かい
学年主任
積極的だとか好みの子だけは可愛がる

家庭訪問で家に上がるや否や、「歳の離れたお兄さんがいるんですよね。可愛がられて育ったんですね。甘やかされて育つと自律できないんですよね。」ときました。

私の頭の中は思考停止状態になりました。
まさか、よその人に開口一番悪口を言われるなんて事、ありえないですから。
先生ってえらいのですね。

この時から先生は敵意を向けてきたのでした。
でも、私は先生に失礼のないようにと気が張っていて、和やかに話をする気でいました。

続きます。

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村


[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-04 01:48 | 小2の担任からのいじめ | Comments(6)

昨日の宿題は、
「説明文をかく題材を考えてきましょう。」
でした。
「ぼくは、チェスの遊び方にしようっと。」とうれしそうに言っていました。

******************
今日、学校から帰って来て、
「今日はチェスの説明文はかけたの?」
と聞くと
「う~ん。」と首を傾げました。

ちょっとあやふやな返事に「どっちよ?」と思いながら話はそのままになってしまいました。

気になっていたので夜になってから、「今日は学校でチェスの説明書は書けたの?」と聞くと
「チェス・・・だよね~。チェス・・・。」
「ん?」と思いながらも、深く追求せず、もう冬休みだし、書かないかな?と勝手な推測をしてこの話は終わりにしました。

ふうが眠ってしまってから、ランドセルの中身をチェックすると、
説明文らしき紙が入っていました。

「折り紙の金魚の折り方・・・。」ですって。
「チェスの説明書が書きたかったのに、書かせてもらえなかったのかな~。」と妄想にふけってしまいました。

あくまでも妄想です。・・・
先生:「皆さん説明書を書いてもらいますよ。
考えてきましたか。
それでは紙を配りますから書いてください。」

ふう:(皆さんか。ぼくは皆さんじゃないよね。ぼくはいつ書くんだろう。)
ボーっとしているようにしか見えないふうに先生が、
先生:「考えてこなかったの?ふう君。なんでもいいから書きなさい。お祭りで班でやった折り紙の金魚すくいの金魚の作り方でもいいんじゃない。」

何も言えないふうは、先生の言ったとおりにおりがみの金魚の折り方の説明書を書くことになりました。

ってところでしょう。

ああ~、完全なる被害妄想

しかし、あたらずとも遠からずでしょう。

今回の事はさておき、いちいち、先生に報告しないといけないですね。
うるさい母親と思われるでしょうね~。



°%…%°%…%°%…%°%…%°%…%°%…%°
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願い致します。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-04 01:33 | 小2のF | Comments(0)

合格する事ができました。

曲目は
トンプソン・はさみとぎ
バスティン・おばけ


先生からのコメント

A先生
腕の良い職人さんがいっしょうけんめいはさみをといでいるすがたを思いうかべながら聴いていました。
おばけ・・・こわ~い雰囲気でていましたね。
でも、ちょっぴりかわいいおばけだったみたい。これからもいっぱ~い練習してくださいね。



B先生
1.構成を考えてひかれています。
2.こわそ~うにひけています。
フレーズの山
どの音が一番ひょうげんんしたいですか?
どこまで一息でひいたらいいかしら
フレーズのお勉強をふやしていこうネ


C先生
1.2回めに同じフレーズがでてきたときによわくやさしくひいてエコーにしていたところがとても良かったです。
2.心の中でうたいながらきかせてもらいました。スタッカートとスラーのちがいをステキに表現できています。


お辞儀も上手に出来ました。
演奏も上手でした。

強弱・スタッカートもОK。
全身で弾いている感じで楽しそうに見えました。




[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-04 01:30 | 小2のF | Comments(0)

学習システムを見つけ、
申し込んでみました。

小中学生の、英語・算数数学・国語を本人の学年に関係なく進められるというシステムになっています。
毎月コンスタントに教材が送られてくるものとは違って、自主的にさっさと進められるところに魅力を感じます。
毎月送られてくるシステムは、毎日何時間やった何ページやったなどという満足感が得られこつこつタイプの子には、満足なシステムです。

しかし、やっている事への満足感よりも、やっている内容をさらに進めもっと知りたいと思うタイプの人間には、こういった自分のペースで先に進められるシステムがありがたいです。

とにかく、基本の学習は楽しいと思える範囲で終わらせ、好きな事をもっと掘り下げて勉強し学ぶ事の楽しさを本能の赴くままにやらせてあげたいという思いがあります。

本日は帰って来てすぐ30分ほどやって、スイミングにいき、その帰りにお友達と6時30分くらいまで真っ暗な公園で遊び、家に帰って来てその後食事もせずに3時間半ほど勉強していました。

本日始めた2年生算数は全クリし、ふうのキャラクター(命名:キューブロック)は進化しました。
今日の算数は、授業の分を読んでか読まずかさっさとクリックし、問題を解いて、それの解説もすばやくクリック。(読んでいないのか、速読できているのか、疑問です。)

この繰り返しで、たった4時間で2年算数全部クリアーしました。

もっとのんびりやりましょうね。
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-03 23:37 | 小2のF | Comments(0)

共通のおデコ

f0370147_23340608.jpg


おでこが鼻筋にかけて丸くなっています。

半球のつるっとしたきれいなおでこ。

周りではあまり見かけません。

かわいいおでこちゃん・・・なのに、染色体異常なのかと物凄く心配をして、マイナスにかんがえてました。

でも、
このブログを始めてから気づきました。

偶然かもしれませんが、ギフテッドのお子さんや自閉症スペクトラムのお子さんに、同じようなかわいいおでこちゃんが多いことに・・・。(偶然かな~???)

いっぱい働いている脳みその特徴かも。

と、今は安心しています。

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-03 23:31 | 幼少期 F | Comments(0)


今日、私がお出かけから帰ってくると
Fが、小さいパーツのブロックを組み立てていました。
パパさんに買ってもらったんだそうです。

ひと目が小豆くらいのちいさなブロックで、「うわっ、めんどくさっ。」と一瞬思いました。
細かいことが好きな私でも、これを設計図どおりにやるのはちょっと。

「そうか、設計図どおりにやるのが面倒なのかも。」と、かってに空想分析をする私でした。

f0370147_23105682.jpg


f0370147_23105714.jpg

f0370147_23105743.jpg

ノイシュバンシュタイン城(ドイツ)

ナノブロックのひとつのぽっちはわずか4mm×4mmの超ミニサイズブロック。大人が没頭して楽しめる、とことん作品の完成度を追求できる、まったく新しい大人のホビーです。そんなナノブロックで作るドイツの観光名所「ノイシュバンシュタイン城」は、手のひらに収まるコンパクトサイズで、机のなどにも上に気軽に飾っておくことが出来ます。自分で作ったその作品を眺めながら、世界旅行を楽しんでみては?


[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-03 23:06 | 小2のF | Comments(0)

細かい絵はこの後中2のいまに至るまで続いています。

写真は
年少
年少
年中
の順です。
f0370147_22482045.jpg




[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-03 21:55 | 幼少期 F | Comments(0)

プリントを仕上げてあるのですがチェックがされていないので、また、うっかり提出しなかったのかと思いました。
 
Fの今日の連絡帳にその旨を書いて持たせました。
 
下校後、返事が書いてありました。
 
(答えにはなっていない、というか私が文句をつけたと思われたのでしょうか。いや、考えすぎ!)
 
「みんながやっている事をいっしょに出来なくてこちらも困惑しています。」と書かれていました。
 
何度も担任の先生から言われている事です。
そのたびに謝っています。
この問答を繰り返し、進展のないやり取りです。
 
そう言われても、その場にいなきゃ教えてもあげられず、困惑しています
 


[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-03 21:16 | 小2のF | Comments(0)


小さい時に、こんな遊びが好きだったという「あーちゃん」のお写真を見て
ふうも同じような写真があったと思って探しました。
でも、そっくりなのがあったのに見つからなかったので、がっかり。
カードのアルファベットを並べて遊んでました。

図鑑や本が好きだったり、PCが好きだったりで・・・。

f0370147_18232848.jpg




右の様な絵
面白いです。
これはにんべん(?)を人で書いてます。
きへんが木だったり・・・。
f0370147_18232881.jpg


f0370147_18232938.jpg

知ってる漢字を使った文章を辞典で探しています。

f0370147_18232940.jpg


前にも搭載
一句詠んだのつもり

制作漢字













[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-03 18:14 | 幼少期 F | Comments(0)

giftedに辿りついたのは、とてつもなく不安な時期でした。

幼少期には知的好奇心の旺盛な子で、親喜ばせエピソードを繰り広げました。
親バカと思われるのも癪なので、誰に言うでもなく密かにほくそ笑むママでした。

幼少期にとある幼児教室の先生から、これまたとある英才児教育の小学校を紹介されました。先生曰く、「IQ高い子は変わっていると言われるけど気にしないでくださいね。普通の学校だと不当な扱いを受けるかもしれないです。そこでご提案。F君にぴったりの学校があるのですよ。是非、考えてみてください。」と。
その時点では笑い話にしか感じていなかったのです。しかし、ここには深い意味がありました。

夏期講習を受け、教頭面談もうけて、その学校にいかけるつもりでしたが、遠いので諦めました。

結局、地域の公立小学校に入学しました。
一年の担任はとってもあったかいリタイア直前の先生で幸せでした。

問題は2年の先生。
この担任にFはいじめられてしまったのです。

長い間、辛い思いをしていたF。
夜驚症やチックが始まりました。
場面緘黙も極めて強く感じられました。
いま思えば緘黙というほどではないにしろ、お話はする方ではなかったのは確かです。
でも、確かにお友達と楽しそうに触れ合い、ギャグを飛ばしたり誘ったりと言葉も使っていたのです。
様子が変でも知らなかった事実。
夏休みの家庭訪問で知ったのです。
精神病になるほどの辛い日々を救ってあげられませんでした。
Fはどんなに辛かったことか。
精神疾患はいまにも至っています。

自由人で個性的だけど、叱られていたなんて青天の霹靂です。
とても几帳面で細かい中年の女の担任には、憎いほどのダメ人間だったのでしょう。
こういったことを知り、なぜこんな目に合わなくてはいけないのかと悩みました。
ネットをぐぐり、本を読んでさぐりました。
そしてようやくたどり着いたのがgiftedという概念。正確には概念じゃないのかしら。
そして、あーちゃんはmathkidというブログを見つけた時は感動して泣けてきました。
たくさんの事を教えていただき、たくさんの言葉をくださったあーちゃんのママさんには今なお感謝しています。

そして、日本でも皆さんに知って欲しいという思いでgiftedの啓蒙に勤しんでいましたが、いつしかそれを続けられなくなりました。

日本gifted教育など受け入れられないと感じ、絶望的になりました。
少なくともFが教育を受けている年数で日本が変わるとは到底思えず、諦めてしまったのです。
障害児教育には、giftedとか、自閉症スペクトラムの子を伸ばすといった、その辺一帯の教育というものが触れられていたので、こうなったら、障碍児教育でもなんでものっていこうと思いました。

でも違う!という気持ちを誤魔化してまいりましたが、昨今、日本でもgiftedに理解のある人々が増えてきたではありませんか。
このことで私の元気が復活しました。

教育ならならまかせときぃ。(どんだけの自信?笑)
そういった風が吹いてきたならば、逃すまい。
Fには遅いかもしれないけれど、いやまだ可能性があります。
私の気持ちが萎えないうちに、がっつりいきまっせ。
(giftedらしき人々の(*^_^*)>)教育改革!

こっそり覗いていた神ブログも今日は堂々とポチッとしてきました。

さて、Fは相変わらずパソコンにかぶりつき。
何を見ていることやら。




[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-03 03:55 | 母の想い | Comments(2)