この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-06-15 09:07 | ふぅ

帰宅拒否

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-06-14 20:52

かなしばり

昨日は、久しぶりに「金縛り」にあいました。

ひとりで寝ているのですが、隣に誰かがいました。

体が動かせず、誰なのか確かめようがありません。
これは本物の人間なのか幻なのか必死で考えていました。
自分の中では、匂いを感じないから、人ではないことを確信しました。

とにかく、私は幻など見たくないと自分に言い聞かせ、何を考えたのかわかりませんが、声を出しておきてるアピールをしたくなりました。

犬が寝ぼけているときの様な声しか出せず、必死に「うおぉ。うう〜。うおー。」と唸っていました。

目は開けられるので足元に目をやるとそこにも人が立っていました。
私は、ある意味ホッとしていました。
横にいるのは幻だという証拠の足元の幻です。
これは、夢と現実との狭間にいるものです。

唸っているうちにフッと体が動く様になりました。

ホッとしました。
横を向いて落ち着いてじっとしていました。

昨夜、f のお友達との嬉しいお話を伺ったので相当興奮していたのでしょうか。

辛い子育ても、嬉しいことがあると、こんなにも幸せなのかとも思います。

精神の興奮状態というものは、良いこともよくないことも関係なく、エネルギーが高まります。

脳の錯乱状態を起こしてしまうほどの衝撃なのでしょう。

脳は疲れます。

ブログで他の方へのコメントも、言葉の使い方が上手くない私は、書いてから誤解されてしまいそうだと思うことが良くあります。

人とのつながりが広がるに付け、自爆的に落ち込むこともあります。

そんなこともあり、脳が疲れているのかもしれないなと、色んなことを考えさせられました。

もっと気をつけて生きていかなくてはいけません。

金縛り一つで考えが広がっていきました。

*****

カトラリーケースにクマを描きました。
片面

f0370147_22565078.jpg


*****
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

場面緘黙カテゴリー

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 場面緘黙症へ
にほんブログ村

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-06-06 22:56

ホッとする言葉

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-06-05 01:28 | 母の想い

限定記事

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-06-05 00:35

「人は見かけによらないもの。」

一般に予測できる範疇でよく使うことばです。
例えば、
可憐な少女が実は格闘技のチャンピオンである。
などという話。
それは、普通に想像できる「見かけによらない」なのですが、それをはるかに超えたことを知り、物の見方が大きく変わった事があります。

うちには、授業中聞いてなさそうに見えてきいているという少数派の子供たちがいます。
その経験上、世間一般よりは少しは「見かけによらない」の範囲が広いと思うのですが、そんな私でも、驚いたことであり、いまこの瞬間にも感謝の思いでいっぱいです。

*****

とても有名であり、今更かも知れませんが、作家の「東田直樹」さんのお話です。

もう5年も前になると思いますが、
彼の特集番組がテレビで放送されました。

東田さんは、当時20歳を超えた青年でした。
彼は自閉症で、外ではぴょんぴょんと大きく飛んだり、いきなり大きな声をあげたり、走って行ったり、いわゆる一般の人には見られない様子でした。

彼は、会話をしませんでした。
できないのかも知れません。
短い言葉を発することはできる様でした。

しかし、彼はパソコンのキーボードでは言葉を表現する事ができました。

記者からの質問にも、キーボードを通して答えていました。
それは、見事に流暢であり、彼の気持ちをわかりやすく表現されていました。

飛び跳ねている最中にも、彼の頭の中では、いろんなことを考えていて、
普通に過ごしている我々とも特に変わらないのだと思うと、
にわかには信じられないことでした。

「見かけとは違う」そのギャップの大きさは想像を超えています。

東田さんの存在によって、「自閉症の我が子の言葉が聞けた様に感じる」と涙を流す親御さんがたくさんいらっしゃるそうです。

私の教え子さんにも自閉症の子が数人います。
この一件を知ったことで、その子達が発する「おかしいです。」や「これは、何ですか。」などの一言の奥にたくさんの思考があるのだということを意識できる様になりました。

自閉症の方に対する誤解は根深いものだと意識せざるを得ません。

また、自閉症の方に対してのみでなく、
相手のことは、わかっている様で理解しきれていないのだと思うと、
一般にも、とても影響力のある方だと思います。

東田さんが示してくださったことは、人類にとっての宝です。

彼の著書は他にもありますが、この本をまずはご紹介します。
f0370147_11504962.jpg


**********
トレイに描きました。
f0370147_11504965.jpg


**********


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村





[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-05-25 09:51 | 書籍

中学役員の部会があって、電車で移動中です。

部員の方々がいい方ばかりで、皆さんに会うのが楽しみです。
部のお仕事などほとんどしていないので何をしに行っているのか分かりません。(笑)

帰りにお茶をして帰るのが楽しみです。

そういえば、今朝、f の前髪がパッツンとまっすぐに短く切れていました。

自分で切っちゃってました。(^_^;)

******
ボックスに大理石模様を施しくるみボタンを描きました。
f0370147_14062757.jpg



*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村



*****



[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-05-20 13:50 | 母の想い

昨日は、友人とランチをして帰宅すると、LINEに気づきました。
f が小学生の時のママ友達からのランチのお誘い。

時間が経っていたけど、「行くよー」と返信をすると、「待ってるよー」って入って来ました。

私が来やすいようにって、隣のファミレスにしたって、感動
・:*+.\(( °ω° ))/.:+

お久しぶりぶり。
ハイテンション^_^


皆さん、お子さんを地元の中学に進学させたママさん達で、地元のお話いっぱい聞かせていただきました。

私立に行った子達で転校して地元中に戻って来た子が10人弱いる。
という話や、
学校に来なくなった子たちの話も聞きました。

それぞれの人生ね。
ママさんたち、色々言ってたけど、
「前向きな決断よ。…」
私の話を聞いて、みなさん、捉え方が変わったって。
よかった。

学校に行かなくなった子達。

夜遊びしてる子。
万引きの命令した子。
お金をせびる子。
話を聞いてると、なぜか f に親切だった子が3人いました。
優しい子達なのに、悪く言われてる。
「感受性強くて、心に傷がついたのかな?」

「確かに、いい子の時と悪い子の時があった。」と、ママさん。

そうよ、人ってひとくくりじゃないのよね。

そう言ってやんわりとなごましたものの、やはり切ない。

元気でいてほしい f と仲良くしてくれた子達。
まだ子供なのに、孤独とかひとりで見えない敵と戦ってるのかな。
親御さんいらっしゃるし大丈夫よね。

*****

猫ちゃん、描きました💝
f0370147_22245252.jpg



*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村





[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-05-18 15:35 | 母の想い

f は耳の周りや襟足に触れられるのがとても嫌で、髪を切るのに一苦労です。

美容院では我慢しては吹き出したり、首を引っ込めたり、よけてしまったり、じっと切らせていることなく、美容師さんにご迷惑をかけるので、長いこと私が切っています。

それはもう、なかなか大変で、少し切っては「もういい、もういい。」と言って、抵抗してきます。
そんなわけにはいかないからと、なんとか時間をかけて仕上げるのですが。


油断していると切る前に学校の頭髪検査があって、注意を受けているようです。

注意を受けた日には、自分で勝手にパチンとハサミを入れてしまうので、ワカメちゃんカットになっています。

あの面白い頭はやめて欲しいな。
(^_^;)>

「切るよ」っていうと素直に応じるのですが、何せあの抵抗、私が億劫になるのです。
とにかくあの過敏さは、こちらへの迷惑はさておき、お気の毒です。
そう考えると迷惑だなんだと言うのもかわいそうなのだと思います。

バリカンを買って欲しいと何度か言われていました。
明日にでも切ろうと思っていたのですが、その事をすっかり忘れていました。
早速買わないと。

*****

レシピボックスに、レースといちごを描きました。
ご覧いただきありがとうございます。

f0370147_22064643.jpg



*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-05-16 21:27 | ふぅ

【ジーニアス:世界の天才 アインシュタイン】

面白そうです。
すでに1回目スタートしてます。😰


【アマデウス】というモーツアルトの映画がありましたが、
f の幼児教室の先生が「アマデウスの映画のモーツァルトは、f 君と重なるのよ。」とおっしゃいました。

そのときは、「作曲の才能は恐れ多いものの、映画のあの形相を思い出すと、突然笑い出したり奇行が横行してたのを重なるって。えぇ〜。」
と、一瞬思っていまいました。

当時、恐れ多くも、アインシュタインのことも、同じ様なことを言ってくださってて、先生にとっては、お気に入りの f に対する最高の褒め言葉のおつもりだったのだと思います。

思えば、当時、先生は、ギフテッドという言葉をご存じなく、当然その言葉は使わなかったものの、ギフテッドの特徴らしきものを教えてくださっていました。


先生の言葉の中で、ある意味心の支えとなる言葉があります。
それは、
「 f 君みたいな(褒め言葉が満載で恐縮)お子さんは、普通の学校教育の中では褒められるべきところも叱られたりして、変わり者扱いされたりするかもしれないのですが、そういうものですから、気にしないでくださいね。
誰がなんと言おうと、尊敬して育ててください。」
という様なものでした。

「そういうものですから」
(^。^)
なんて的確で安心させてくれる言葉でしょうか。
そういうものだと保護者が自分に言い聞かせるとき、その子にはアインシュタインやモーツァルトの素晴らしい才能が、違う色と形で潜んでいるのかも知れないと、喜ぶべきなのかもしれません。

大変な子育てをなさっている保護者の方々の心の支えにもなるかも知れません。

メンタルを整えてあげるのでいっぱいいっぱいなうちの場合など、才能など考えていられない状況ですが、
(世界の偉人とは程遠いものの)その様な言葉を思い出すと、将来が楽しみにもなってきます。

f に関していえば、先生が面倒だと思ったかもしれませんが、変わり者だとまではいかないので、まだまだというところなのでしょう。(^。^)>

*****
息子の漫画です。
f0370147_11265488.jpg



*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村




[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-05-14 10:39 | 母の想い