私が教えている都内の教室

急に水曜日が定休日となった様で、今日は休みになりました。

依頼されて講師をお引き受けしている教室なのに、この連絡は、なんと、また聞きなのです。

先週、
生徒さんから定休日の変更の連絡をいただきましたが、
オーナーからは連絡がありません。

オーナーに確認してみると、
「生徒さんから聞いたとおもうけど…」
という返事。

こんな大事なこと、直接いうのが当たり前です。
適当に流して馬鹿にしてるのかしら。
さらに、
こちらの都合など考えもしないのかと呆れてしまいました。

個人的な遊びの約束だって、予定が変更になった時点で相手に直接連絡をするでしょうに。

未払いもあるほどいい加減なのはわかっていましたが。

*****


こんな大人の身勝手さを目の当たりにすると、
「大人だって、こんなことがまかり通ってしまうのですから、
教師たちは子供達が少しくらい間違ったからといってガンガンに怒って追い詰めるのはやめるべきです。」
なんて想いが、頭をかすめてしまいました。


定休日の話で、
私がガンガン怒る教師でオーナーが生徒だったとしたら、オーナーはガツンとされているところでしょう。
大人同士だから、そんなことにはならないですし、私自身がガンガン怒る教師ではないからこうはならないだけです。

なのに子供達は、絶対的権力の大人に叱られてしまうのです。

子供たちに教師役をさせると、生徒役を注意したりしませんか。💦
無意識にそう感じているのです。

そんなことを懸念して、
私がいままで、先生方にお話しして来たことは、

「できないことや、サボっているように見えることは、わざとじゃないとおもうので、叱るのではなく、教えてあげてください。」
ということです。

最近では、一般的に「わざとじゃない。」という言葉も耳慣れてきたものの、まだまだ、叱らずに教えてあげるという教育はなされていないでしょう。

実際に、できるのが当然のように思われがちな子であれば、
「わざとでしょ。」という感覚で見られてしまうでしょう。

その勘違いから、教育現場での
ギフテッドの悲劇
が始まったりもするのです。

この対応を変えるため、
教育者や周りの大人達への
ギフテッドの理解
を広めていきたいものです。

(ただし、ここに隠れる「わざと」も見逃すわけにはいきません。
それには、その子のメッセージが託してあります。)

さらに、その先には、得意を活かしていく目標があります。
子供達が、
好きなことを邪魔されずに、、
活き活きと学べ、
安心できる環境を確保してあげられることで、
得意が伸ばせると考えています。

ギフテッドの啓蒙とともに、親御さん達やお子さん達がホッとできる機会も設けていきたいものです。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-01-18 13:40 | 教育 | Comments(2)

よく行くカフェに深キョンのお母様とお友達だという60歳代の女性がいます。
ほとんどが深キョンの話で盛り上がってます。
もういいよっていうほど。(笑)
そうなると、私は深キョンの母の友達の知り合いってことになるんだわねぇ。
ホントかなぁ。(笑)

さて、先週から、
深キョン出演の、
金曜日10時のドラマ「下克上受験」
という番組が始まりました。

中卒の両親のもとに生まれた子が、
父親サポートの上、
最難関中学に合格するというお話です。

その第1話で、印象的だった父親の台詞で、
「人生は取り返しがつかないんだ。
(娘は)難関の中学に入って一流大学に行かないと惨めな思いをする…。」というのがありました。
(言葉が違うかもですが。)

話の流れ上、必要な台詞なのでしょうが、様々な学びの形がある中で、これはないかなと思います。

振り返ってみれば、確かに、成績優秀な子は族にいうステータスの高い職についています。
ただ、学歴が欲しいなら、何歳からでも何度でも取れる訳ですから、そう切羽詰ったものでもないでしょうね。
こう言い切られると焦ってしまう子も親もいると思うんですよ。

実際には、そんなに焦らなくても自分にあった学びの方法で目標に向かって行けばいいんじゃないでしょうか。

そうはいっても、このドラマは面白いです。
疑似体験ができて、達成感が味わえるかも。
一連の最後が水戸黄門的な感じで。

がんばれ!中学受験生。 by ママ能研

うちの f も、ほぼママ能研でした。

******

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-01-14 23:58 | 母の想い | Comments(0)

差別意識

前に記事にした大学院の理不尽な出来事です。

彼女は、大学の研究室に所属しています。
この春からは、引き続き院生として研究の続きをされることになっていたのですが…。

そちらの教授から合格取り消しを言い渡されました。

彼女は意味もわからず、でっち上げられた形で追い出されることになりそうです。

ご主人や弁護士とともに原因も追及しているそうです。

どうも、他の院生が、
彼女が医者でもないのに、肩を並べて研究をするのが面白くないということらしいのです。

そんなところかと見当はついてましたが、本当にバカらしい理由です。

その院生たちは自意識過剰で恥ずかしいと思いますけど。

天狗のプライドを大事にする体制がまかり通っていると、彼女のように能力と目的のある人を潰してしまいます。

実力以外の部分で人の価値を決めようとしたり、優遇したり、そんな窮屈で馬鹿げた考え方が、自称上流階級のものたちの中に根付いているのでしょう。


医療業界のカースト制。
白い巨塔。
よくない体制を思い出します。

これだから、知的財産が海外に流出してしまうのでしょう。

ギフテッドにも、また、それと限らず、
子供達に関しても重なるところがあります。
大人たち、特に先生方が、
人と一緒のことをしてない子に
「だめ」というレッテルを貼ることで、
メンタルからもその子を潰してしまうわけです。
どの子もそれぞれに素晴らしい可能性を持っています。
育ちの段階で自信を削ぐことは教育とは言えないです。

ギフテッドの様々な特性から、
「勝手なことをしている。」
などと、誤解をされることが懸念されます。
それによって大人から潰される危険を感じてしまいます。

思いは一つ。

ラベルや見かけで判断して無視するのではなく、隠れているかもしれない長けたものは大事に育てていきたいですね。

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村



[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-01-13 13:53 | Comments(3)

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-01-10 15:00 | 中2のF

理不尽すぎる事実。

この国の大学ははこんなことがまかり通っているのかと、驚きました。

元高校教師の友人が、次の探求のため数年前に国立法人の大学に入りました。
卒業後、他の大学に研究をしながら身を置き、そちらの大学院の医学部を受験し合格しました。
脳科学からのギフテッドの研究をしたいとの志でのことです。

そのまま引き続き研究をしながら春の入学を待っていました。

すると、研究チームの先生達の何人かから、いちゃもんをつけられるようになりました。
くだらないいちゃもんなのですが、
友人を追い出すためでしょうか。
本人も訳がわからないと困っていました。
何に置いてもしっかりきっちりなさっていて、人の足を引っ張るようなドジなどせず、そういう意味では邪魔なはずはないのですが、嫉妬なのでしょうか。
はたまた女性差別なのかしら。

本当に真面目で、小学生のお子さんたち2人の子育てをしながら、寝る時間を惜しんで研究や勉強をしていたのです。
我が子の中学受験のフォローをする時間を削っても研究室で仕事をしていました。

なのに、なんてことなのか私もわかりません。
その後、研究チームの先生方が結託して、彼女に、入学取り消しと言ってきました。
入学金と受験料を渡されて、はい、さようなら、なんて酷いです。
開業医のご主人もその場に行き、泣きながら抗議したのですが、聞き入れずにそのままになっています。

理不尽すぎると思います。

こんなことあり得るのかと耳を疑いました。

ここの国の大学院にはそういうことがまかり通っているのでしょうか。
恐ろしい現実です。


*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-01-10 02:01 | Comments(2)

英才児教育の小学校

本日夜7時からの番組です。
見てくださいという感じでもないのですが、私にとっては思い入れのある小学校の様子が放映されます。

幼児教室で、f を担当してくださった先生がご紹介くださった小学校が、この学校です。

夏期講習に行き、I.Qをとったりして、校長面接をしました。

入試のペーパーテストは知能検査ですから、有利なことは間違いありませんでした。

結局のところ、こちらに通う運びとなりましたが、あまりにも遠いので、悩み、入学は断念しました。

正直ここに行っていたらよかったのかなあと思うこともありました。

実際は、
中学受験の時期になれば、
この学校のお子さんたちもそれ一色になります。

既存の教育システムでは、結局は、世間体の上に成り立つのでしょう。

とはいえ、楽しそうですよ。
ギフテッドの教育にある意味、いいところもある学校です。


そこにお子さんを行かせていたママさんからのお話で、
内情も、漏れ伺っていますが、驚きなこともいっぱい。
公言できませんがね。

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/furutachisan/index.html" target="_blank">


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-01-08 17:49 | 母の想い | Comments(2)

f と担任の事で心を痛め、
思い悩んでいた頃に、
mathkidさんのブログを拝見し、
ギフテッドという概念を知りました。
どれだけホッとしたことか。
お名前勝手に出してすみません。

しかし、まだ、周りでは、ギフテッドの事など知られていなく、啓蒙もままなりませんでした。

この話をした時に、「私の方が先に活動していた。」ということをおっしゃった方がいましたが、
先に知っていたということが言いたいのではないのです。
ギフテッドなんていう言葉を知る人も無く、孤独だったのだと言いたいのです。
それだけの話です。



もちろん、その時点でギフテッドの事をご存知だった方もいらしたと思います。
後に、月刊障害児教育という雑誌で、その何年か前に書かれたギフテッド当事者の話が載っていたのを読みましたし。
広く見渡せば私だけでもなかったと思います。

お話戻りまして。
私としては、せっかく知ったギフテッドの事なのに、
「これを持って子供をどう救ってあげられるのか。」
「いかに理解を広めていこうか。」
などと、迷いさまよっていた状態でした。


何年かのブランクの末、ギフテッド関連のことをネットでサーフィンしてみましたら、
大学の先生やら、
クリニックやら、
心理士さんやら、
友の会やら、
ブログやら、
FBやら、
あの頃には全くというほどなかったところの
ギフテッドの名前を含んだワードが
たくさん出て来ました。
とても嬉しくワクワクしてしまいました。

そして、親御さんや当事者の会がいくつかできてました。

そういうものが閉鎖的でなく、たくさんできることは喜ばしいことです。
みなさんの志に敬意を評します。

いつしか共感し合える世の中になり、感慨深く思います。

言ってしまえば。
何を隠そう、私はたったひとりの親の会を発足してます。^_^
いやいや、そういう心持ちなだけですが。

気負いなく、そのくらいの気持ちで、どなたが旗をあげてもいいですね。

ブロ友さんのきらり君ママさんも会を発足されました。

きらり君ママさんと同じように素敵な方たちが集まって来られることでしょうね。


*****

例えば、事故で家族を亡くしてしまった方達が心落ち着けるのは、同じ体験をした方達と支えあえた時だそうです。

マイペースで一匹狼的な私も、
同じご苦労をされている方たちに実際にお会いしたり、ブログやFCでお話しさせて頂けるととても救われる思いになります。

安心してお話のできる方達との繋がりは心の支えです。心が丈夫になります。

地に足をつけて物を考えるためには、丈夫な心が必要です。

共感し合える出会いに救われます。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村












[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-01-07 09:46 | 母の想い | Comments(2)

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

「挨拶は人として基本だ。」
「挨拶しても無視する人は最低だわ。」
と、思ってきた私。

挨拶ができるのにわざとしない人は相変わらず感じ悪いとは思いますが…,。
緘黙の子を持って、「挨拶をしたくてもできない人」もいることがわかりました。

f は、頭をコクリと下げ、もごもごっと言葉を付け加えて挨拶をします。
彼にとっては最高の挨拶です。
今朝もお年玉を渡したら、ぺこりと頭を下げ、「ありがとうございます。」と、もごもご言ってました。(笑)
家ではもっとはっきり話すのに、よそに行った時みたいによそよそしい緘黙ぶり。
なせだっ(笑)

それにしても、人には難解な「もごもご」も、挨拶をしたいという気持ちを表せるようになれたことはとても嬉しいことです。

これもできないという緘黙のお子さんと親御さん。
「挨拶する気持ちがあるんだよ。」ってわかってもらえるように、
共に「緘黙の理解」を広めて行きましょう。

さて、我が家も、おせち料理とお雑煮で幕を開けました。

そして、早速、「今日の分の宿題をやってね。」と f に言葉をかけました。
そんなこと言いたくないのに落ち込みますよ。

宿題がびっくりするほど多いです。
宿題の多い学校って何を考えてるのでしょうかね。
何より、やる気のない子の親は大変ですよ。

しかも、f は、
私がネットで調達した面白みのある問題や、
数検の問題を、休みの前半でやり、
そちらに時間を使ってしまいました。
残念。

残りの時間で宿題をがんばって。
本人には言わないけれど、正直、無意味な宿題(笑)

*****
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村


[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-01-01 14:44 | 母の想い | Comments(10)

緘黙についての理解

今年ももうすぐ終わります。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年を振り返ると、たくさんの方達と出会いました。
ブログも再開し、しばらくお話をしていなかった方達ともお話ができました。
とてもありがたい事です。

ブログに寄せていただいたコメントを読み返してみて
(そんな暗いことをしてんのぉ、気持ち悪いと言わないでね。(笑))
温かいお気遣いに込み上げてくるものがあります。

コメントを残してくださった方、また、ご覧くださり支えてくださった皆様、ありがとうございました。

♫♫♫♫♫

子供のことや思いを書いていると、ギフテッドのことから離れ、いつの間にか困り感満載の愚痴っぽくなってしまいます。

なんの向上心もない情けないブログは、非公開で書いときなさいよという天の声が聞こえて来そうです。

そんな事さえも気にするほどでもない、低次元のブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。

♫♫♫♫♫

場面緘黙の事で、ご心配くださった方達から、温かいメッセージをいただいております。
その中で「ご存知だと思いますが。」というお気遣いの前置きをされて緘黙についてのサイトをご紹介くださいました。
⬇︎
緘黙について

自分だけ分かっていても仕方がないということを改めて思い起こしました。

まだまだ認知が薄い緘黙のことをたくさんの方々に知っていただくことが必要なことです。
強いては、学校の先生方に「教えてあげなくては」いけないことです。

f の学校のスクールカウンセラーは、緘黙についてご存知なのかどうなのかわかりませんが、守秘義務を盾に教員側には説明もしませんでした。

スクールカウンセラーで話が止まってしまったら支援にも理解にもつながりませんでした。

担任はお忙しいだろうと遠慮してスクールカウンセラーに相談したわけですが、結局は、担任には、別途相談することになりました。

担任が緘黙のことをご存知だという前提でお話ししたのですが、結局はご存知なかったようで、「はいやいいえで答えられる質問ではなく、なるべく言葉で答える質問をしています。…」とおっしゃっていました。
私としては、それって違う?という想いでいながらも、先生のおっしゃることで良くなるという希望的観測の中、お任せしていました。
本音を言えば、はいやいいえで答えられることから慣れていったほうがいいのになと思っていました。

結局は、担任も分かっていなかったようです。

順番が違いました。
改めて緘黙についての資料を渡そうかと思っています。

担任とはもう何ヶ月もお付き合いをしているわけで、今更渡すと皮肉っぽくなるんじゃないかとか、余計なことを考えてしまいます。


*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村


[PR]
# by suzu62taha88 | 2016-12-31 14:15 | 中2のF | Comments(0)

f は、試験休みに引き続き冬休みになりました。

毎日、私が帰ってくる夕方、まだ f は眠っています。

この現実が辛いです。

また、4時からの授業にも出なくてはならず、起こしてすぐに出なくてはなりません。

例えば、子供の特性は親の育て方のせいではないとの認識がなされるようになりました。

しかし、f の場合、私のせいだと落ち込んでしまいます。

こうして昼夜逆転してしまうとか、
緘黙だとか、
ノートに書きうつさないとか、
途中式を書かないとか、
ゲームばかりしているとか、
○×△◻︎%〆?…。
色々あるよくない癖は、
私がダラダラとした性格だから管理できず、好き勝手にさせてしまっているからなのかと思ってしまいます。

帰宅後、眠っている f をみた途端、
激怒して絶叫!

「どうして自分を管理できないの。💢」

勉強もしなくて成り立つのは今のうちだけ。
今後はそうもいかないでしょう。
なのにやろうとしない。
やらせようとすれば、がっつり反抗してくるし、
私の悪口言っているし。
悪口を言われれば、私もカッとして、声を荒げて叱りつけてしまいます。
疲れます。
なのに、改善されず、どうにもなりません。
勉強はいいとしても、昼夜逆転は先が思いやられます。

夜も「早く寝なさい!」と言っては、監視してますが、私も明日があり、夜中の3時には眠らないと起きられないと思って焦って眠ります。

寝たふりしてい f は、その後、お風呂にしのびこみ、そこでパッドをやっているようです。
もちろん見つけると、叱ります。

朝は、f を起こして私が出かけて行けばいいのですが、
冬休みに入って、毎朝バタバタと大変だった日々から解放されて、つい。
起こさず、自分の支度をして出かけていきます。
やっぱり、私のせいです。
いや、f のせいなのは、そうなのですが、こどもを管理できない自分が恨めしいです。

学校がある時も、遅くまで眠らないので最悪です。
3時間くらいしか眠らずに登校していく f。
どうなるのかしら。

不安ばかりです。

勉強はいいとして、とは言ってしまいましたが、たくさんある宿題はやらせないといけないし。
気が重いです。

私は躾のできない、だらしない親です。

*****
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村



[PR]
# by suzu62taha88 | 2016-12-28 23:19 | 中2のF | Comments(9)