今日も、学校には入れず、お昼頃、帰ってきました。

担任から電話で、
「学校に来られないなんて、病院は行っているのですか。
 スクールカウンセラーに相談したらどうでしょうか。」
と提案されました。

心配してくださっているのがうれしくて
スクールカウンセラーの相談予約を入れると返事をし
お礼を言いました。




話をしていくうちに、子供のせいだと言われているようで
釈然としない気持ちがわいてきました。

本来なら、「私(先生)たちは、こんなところに気を付けます。」
という心積もりを伺いたいところなのに、
病院に行かないのかとか、どこかに相談に行くといいとか、
自分たちには関係ないような口ぶりでした。
本気でそう思っていらっしゃるのでしょうか。
まだわかっていないの?
ほんの一瞬にいろんなことを考えていました。

ハッとして今言わないと、またわかってもらえないと思って担任に
「学校に行けないのは、たぶん、緘黙のことを遅刻の面談で注意されるのがつらいからなのではないかと思います。」
「緘黙の症状のある人には、”話をしない”(実際にはできない)という指摘はしてはいけないことなのですよ。」
と言いました。

(電話の相手は担任ですが)
学年主任の考えは、
緘黙のせいにするなんて、この親は甘い。そんなの関係ない。
ということなのだと思います。
その考えに他の教員も迎合しているのか無知なのかわかりませんが、従っているのでしょう。

このように緘黙の症状のあるひとに「話をしない」という指摘をすることは、
意地悪をするためや、
駆け引きに使うために
するような軽いものではありません

それどころか話をしないと本人に指摘する時点である意味犯罪だというものです。

しかも絶対的権力である大人であり教師がこんな幼稚なことをするのですから、悔しいです。

あなたたちのせいでどんなに苦しんだことか。
遅刻をしたら面談があるわけで、(遅刻の面談なのに)話をしないと叱られるのが嫌なのでしょう。

学校にたどり着けない原因がわかってないから、
まだ、子供に原因があると言わんばかりの発言をするのだと思います。


いま、文科省の人権問題対策委員に相談に行こうかと考えています。



報告書を書く前なのか後なのか、人権相談のタイミングがむずかしいところです。

今日話したことで学校を追い出されるのは必至でしょう。
お友達の中に入れるようになったのに残念です。

*前の記事と重複することばかりです。
備忘録にしたくて何度も書いてしまいます。お見苦しくてすみません。

****************


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 場面緘黙症へ

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-10-26 00:04 | 教育

毎朝、駅までそっと自転車でついていき
fが駅のエスカレーターを上がるのを見届けています。
今朝も間に合う時間に送り出しました。

しかし、2時間後、副担任から
「まだ登校していません。」
との電話連絡が入りました。

何度かfの携帯に連絡を入れるものの
電波が届かないとのメッセージが流れてしまいます。
念のため「少し遅れても今日は台風なので遅れても大丈夫だから登校してね。」
とラインを入れておきました。

学校の最寄駅からは携帯の電源を切らなくてはならないので
もう学校についたのかと希望的観測をしていました。

学校についた場合
学校からは連絡が来ないので
こちらから連絡するのですが、
今朝は、「きっと登校できた」と思って油断していました。

夕方、副担任の女性教師
「今日は結局、f君は来ませんでした。」
と連絡が入りました。

まだ帰っていなかったのでとても心配になりました。

女性教師は「心配ですから、戻りましたらf君から理由を聞いて報告してください。
明日、私も本人に聞きますので。」
とおっしゃいました。
(本当に心配なさっていらしたらもっと早く連絡をください。)

特に、
ただでさえ先生とは話ができない子に攻め寄るなんて
困ります。
緘黙のことをまだわかっていないと思ってしまいました。
ともすれば、明日を機に学校に行けなくなるかもしれないです。

いやいや、それどころではなく、本人まだ帰ってきてないのですよ。

電話の向こうでは「それではよろしくお願いします。」とおっしゃってるじゃない。
心配って、学校側の進退の心配?
我に返った私は「心配です。」とつぶやいてしまいました。
教師は「事故とか、ダイヤの乱れとか、心配ですから、報告してくださらないと…」
私を説得するようにおっしゃいました

「心配じゃないのですか」だなんて説得されたくないです。
(まあ、言葉の綾というものでしょうが。)
しかし、親が心配するなんて当たり前という気持ちから、思わず、
「命を絶ったりしてないかと心配してました。」と言いました。

涙があふれ、言葉を続けて
緘黙のことも先生方がご理解してくださらないようで、苦しんでます。
明日こどもに聞くというのはやめていただきたいです。
緘黙という過酷な人生を歩んでいる子に対して話をしないなどと叱ることが理解してくださっていないと思うのです。…」
と言いました。

きっと、こんな母親の悲しみを受け止めてはくださらず、
私が話した「理解してくださらない」という言葉を会議で報告するのでしょう。

以前も、「話をしないことをご家庭でも注意してください。」とおっしゃり、
緘黙の説明をすると、そのことを主任に報告し、
そのあとの面談で主任が「話をしないのは失礼なことだ」と私に説教したということがありました。

今度も学年主任が「こどもをかばうダメ親だ」ということを理由に
お灸をすえるためにと面談を申し付けて来るかもしれません。

私だって「緘黙を理由に何事もできないからパスさせて」などと言っているのではありません。
教師は緘黙のせいにするなと説教してくるし、いつまでたっても平行線です。

これは被害妄想であってほしいのですが。

電話を切ると丁度fが帰宅しました。

生きて帰ってきてくれて本当に良かった。
(fの場合は私がつらさを共有しているので大丈夫だと信じています。)

ずっとfが学校にいると思いこんでいた自分が情けないです。

さて明日は、主任がどうこどもを攻めてくるのでしょう。
学校に行かせるのが嫌になりました。

現実問題、高校受験には不登校が響きます。」

こどもが攻められるのは私の被害妄想だと信じて、行かせるしかないです。


************
また、こんなことを授業中に書いて。
と、思う割りには笑ってしまう母です。
f0370147_12484541.jpg
究極のながら勉強。(笑)
得意科目なので、ながら勉強が役に立っているのかしら。(^。^)>
**********

ご覧いただきありがとうございます。
拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-10-24 01:00 | 場面緘黙

私立中高のフェアーでは
めぼしい学校のブースで個別相談をしてきました。

「提出物が出せない場合は、どのような方法で出させているのでしょうか。」
なんて、きっとドン引きな質問だったことでしょう。(^_^;)

しかし、ここで、どうおっしゃるか、何かの目安にできればと思って質問してまいりました。

普通に過ごしているごく普通の子が対象な世の中です。
普通の子が努力をすればできることを(根性で)やらせる。
という類のことが想定内の答えです。

それでも、相手にとって、どんな子なのか知らないのですから、
それはそれは何とかうまいことをおっしゃって安心させてはくださいます。

その「何とかします」という知恵を絞っておっしゃる努力には
本当に感謝感謝です。

思えば、私が高校生の時など、宿題を提出したという記憶さえもないほどどうってことでもなかったのに。

こういう特徴の子がいると、理解しようとしてくださる教師のいる学校はないのかと、不安になりました。

*一言加えれば、
努力してもできないなどということは思っていいないのです。
メンタル的に穏やかでいられることや、時間をかけることや、
そのほかの何がしらによって努力が実を結ぶと思います。

それを見守ってくださる教師のいる三年間を過ごせたらいいです。



************


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです
この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-10-23 01:47 | 教育


福井県の中学二年の生徒が教師のいじめにより自殺したというニュースがありました。

そのお話を、ほかの筋からたどって行くと

提出物が出せないとか
返事ができないとか

苦手なことやできないことで叱っていたということです。

できないのなら、その子ができるシステムを考えてあげればいいのです。



この事件の教師たちは悪びれることもなく謝罪もせず教師を続けているとのことです。
fの学校の学年主任や数学女性教師は、この事件を知っても、
自分と重ね合わせることもなければ、自分たちが加害者だなんて自覚もないでしょう。

この事件や、私の言いたいことを綴った思いを、もっともっとたくさんの方に知っていただきたく思います。
教師に馬鹿にされののしられて苦しむ子供たちのことを知ってほしいです。




本人だって叱られたくありません。

できるのであれば、とっくにやっているでしょう。

叱っている教師は、「できないことで叱られ、死ぬほど苦しんでいるということ」を理解できないのでしょうか。


おとなしくしている親の子はどんどん教師にいじめられるという話もあります。

うちは私が我慢しているからどんどん罵られているのでしょうか。

何とかできるように方法を考えこどもと話し合い努力をしています。

そのうえで、何度も理解を求めていますが、

言えば言うほど子供が攻められているような気がします。

だから、おとなしくしていたけれど

とことん戦わなくては命は救えないということかもしれません。



「こどもを人質に取られているようなものですからおとなしくしているだけです。
いつでも訴える覚悟はあります。」(ボイスレコーダーでとってありますし)



こうして言葉も態度も選んで教師と接してきているのに、
そういう親の気持ちもわからず、ののしってくる教師はまっとうな人ではないとつくづく思います。


親と教師との信頼関係をもとに、子供の成長を見守るのが本来の教育ではないでしょうかね。
情けなくて、悔しくて、そういう教師の性の根を正してあげたいくらいです。

指導という名のもとに「特性」や「病気」に対して叱り、
弱い立場の子供をいじめることが、教師としての間違った責任感のように思えてなりません。

特性や病気に関して、励ますことはあっても、ののしるっておかしいでしょう。
それがわからない教師が実際にいること自体、私には魔訶不思議です。

弱者の立場になってみると見えなかった理不尽さが見えてきます。
教師というのはどこまで権力が強いのか。
特に日本の中学の教師は子供たちの進路のカギを握る強い立場なのです。
高校受験など進路に関しても、教師の変な特権がまかり通るシステムは見直すべきです。
そうすれば、少しは、えらい立場で威張って人を馬鹿にしてもよいのだという教師の勘違いはなくなると思います。

たとえ厳しかったとしても、温かい教育の場ってどこにあるのでしょう。

####  尚、ここで上げた教師とは一部の心無い教師のことです。
      子供の成長を見守ってくださる教師の皆様とは一線を画しますのでご了承ください。

*******************


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-10-21 20:00 | 教育

教室に通ってきてくれている小1のR君。

自由にやりたいことをさせてあげたい子です。

せっかく通っているのだから少しでも勉強になるようには工夫しているものの
教室のいろんなものを出してきては使ったりしてます。
でも、やることやらせないと、という思いからうまく乗せてやってもらってます。
結構、集中してできる子です。

先日、R君が、授業中に
包まれてもない裸のチョコレートを
ポケットから出してお兄さんに自慢をしていました。(笑)
私は、思わず「やだ、やめてよぉ」と言ってしまいました。

本当は行儀がよくないということになるのでしょうが、
そうじゃなくて、
溶けたチョコレートで汚れた手で、
あっちこっち触ってまわるので
どこが汚れたのか私が把握できなくなる恐怖があり
「やめておくれ~」
という気持ちになりました。

実際、汚れる云々がなくても
「授業中はお菓子を食べないでおきましょうよ。」
と提案はすると思いますが。

思えば、結構な割合で、お菓子を持ってくる子がいます。
「おなかがすいたら授業中に食べる。」と私に話した子もいて
「終わってからにしようね。」と言っておきました。

たった一時間と何十分かの授業なので
お茶以外はなくても大丈夫だと思うのですが、
腹ペコ危機を感じるのでしょうか。(#^^#)

******************

さて、R君ですが、
来月から特別支援級の通級に通うそうです。
お母さまが送迎をしなくてはならないとのことで
慣れるまで教室はお休みされるということでした。

物理的に大変だから教室をお休みするというよりも
R君のママさんが精神的に参ってしまった節もあり、
「お休みの間、お話をしにでも来てください。」と
お話ししました。

R君のママ
「幼稚園の時よりはましになったのですが、
ほかのお母さんたちからいろいろ言われてつらかった…」


誰も悪くないのにね。



私はR君がのびのびできるようにと思って
2対1の個別対応をしています。

体験授業をしたときに感じたのは
しばらくの間、ほかの子とは別にして様子を見たいということです。
楽しみ半分、この子を伸ばしたいのが半分。

それで、個別指導のまま1年が過ぎました。

英会話も随分とできるようになってるし、
算数も得意で、能力的には素晴らしいのです。
学校でも、うまく教育されていくことを祈っています。

できれば教室に通い続けてもらって
R君が安心できる場として寄り添ってあげたいのですが
R君の生活は学校主体なわけですから
通級の生活にママさんが慣れるまで待っていようと思います。
(R君はそれとは関係なく教室に通いたいと思いますが(#^^#)>そ…うでもないか(笑))


R君のママ
「主人とは、Rの特徴をおしつけてやめさせたら、
RらしいRじゃなくなると言っているんです。通級に意味があるのか悩みます。」

その通り!(#^^#)
迷いますよね。

************



ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

f0370147_19301995.jpg
アメリカの教会


[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-10-18 21:59 | 教育

ほんの少しの安らぎ

学校では、先生からの圧力につらい日々を送っているのですが、
夏休みの宿題を出す一件が落ち着き
途中駅で具合が悪くなり遅刻する
ということも何とか回避できています。


「職員室に行けない」とか
「教員と話ができない」とか

こんなことで叱られて教員にはうんざりしてしまいますが、
ふぅはふぅで私に当たるし
いい加減にしてほしいです。

本人のストレスは計り知れず
今の態度は、もはや二次障害である「反抗性障害」ではないかと思ってしまうほどです。

いつか直るのであればそっとしておこうと思うのですが、
何せこちらがかっとしてしまうようなことを言います。
本当にかわいくないです。

つらいのは本人。
そう思ってあげようと思います。


*************

先日比較的近くの私立高校の説明会に
小学校で同じだった親子さんたち三家族で
行ってきました。

雨も降ってしまって
会場で座った時は、傘や脱いだ靴やバッグで荷物が多く
まとまり付かなくなっていました。

隣に座っていたふぅが
私の傘を自分のと一緒にまとめたり
私の靴を自分のと一緒に椅子の下においたり
私のバッグもふぅの膝の上において持ってくれたりして。
親切だった小さい頃のふぅを思い出してしまいました。

元の自分らしさを取り戻して
ほっこりする我が家になってほしいなと思ったり
あきらめたり…(笑)

面談がある学校が多いので
どうしたものか悩ましいです。
案外できるようになっているかもしれないと
信じるしかなさそうです。

とはいっても、他校受験をするかどうかは本人に任せます。

*********************

***********************

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-10-18 20:32 | 高校受験

安心した話

昨日は北の異端研Kさんのお話が伺えました。

知的ギフテッドは、
言語理解 > 処理速度
であるという説を唱えられています。
ここのところの凸凹に特徴が現れているということです。

この説については、臨床で見えてきたことなのでしょうが、
処理速度が言語理解と同じように高かったり、
言語理解 <処理速度
のギフテッドだっているのですから、
「先生は偏った見方をされているのではないのか」との不安を抱いていました。

とはいえ、初めてお目にかかったわけではないので、人となりは素晴らしいと思っていました。


今回は事例などからのお話で、支援していた子供達がこうして大人になっていったというお話が伺えました。

そこでは、診断名などを見て人を判断するのではなく、その人のことは、ひとりの個性として見ていくべきであるとのお話がありました。

ギフテッドの定義的の
◯>△の理論は、
確率的な結果であって、
目の前の「ギフテッドらしき子の支援」は、個々の特性に応じておこなっていらっしゃるのだと知りました。

影響力のある方の認識でこの国の認識が広まるなら、恐ろしいとさえ思った説(言語理解>処理速度)でしたが、個々のニーズに合わせた支援をするということですから、ギフテッドであってもそうじゃなくても同じ支援が成り立つわけです。

そして、長い目で見てくださるさらなる安心感もあり、「日本のギフテッドの研究者もすてたものではない」と思いました。(生意気な言い方ですみません。^_^>)

居住地的にも支援をしていただけるわけでもないのですが、
そういう意識を継承される方々が近くにいらしたらどんなに良いかと思い、
いらっしゃるかどうかの質問を駄目元でしようと思った矢先、
今後、そういう役目の人を配置するような働きをしていきたいとのご意見をくださいました。

それから、もうひとつ
「支援は本人がどう困ってどうして欲しいのか」が大切だということもおっしゃっていました。

当たり前ではありますが、ともすれば、学校への要望が、本人が困らないための予測として、親が教師に相談して、本人不在になりがちになります。
頑張って学校に相談に行かなくても、本人がこう支援して欲しいと具体的に要望することを相談していけばいいのだと思うと、余計なことをしなくて済むのだと肩の荷が下りた気がしました。


今日は定期試験だというのに学校にたどり着いてないと電話がありました。

試験だけは受けておいで〜
がんばれ!^_^

*****
*****




ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-10-11 07:43

 fの学校の名前をネットで検索するとその教師の名前がくっついた項目が出てきていました。
昨年のことなので、相当嫌な思いをされた方がいるのだと何気に思っていました。

また、「その教員を恨んでいる。」とか
「そこまで言わなくてもいいんじゃないって思うことを言われてへこみました。」
おっしゃるお母さま方がいらっしゃり
私も今年の一連の圧力を経験し、そのお気持ちがよくわかります。


この教師は、同じことを屈折させておっしゃる癖もおありかと思うと
ホストファミリーからのクレームのことも、
うちではなく学校に対するものではないかと思いました。

うちに対するクレームというのは私としては、信じられないからです。
あんなにお優しい言葉をメールでかけてくださったホストマザーさんが
学校にfのことでクレームをつけているとなれば、人間不信になりそうです。
信用していただけに、クレームだとしたらショックで号泣しそうです。
(はい、本当にご迷惑をかけているかもしれませんが。)


ホストファミリーからのクレームについてどういうことなのかと教師に話をしてみました。

教師「こんなに話をしない子を、
この学校はよくもホストファミリーに渡したものだとおっしゃっています。
病院に連れていくべきだとおっしゃってました。
f君のせいでホストファミリーを失うでしょう。
やはり迷惑をかけたようです。…」
とおっしゃいました。

帰国後、本人は英語で話した内容を嬉しそうに話していました。
実は緘黙も学校以外では緩くなる傾向があります。
表情豊かになり、少しはお話もできます。

ホストファミリーとのメールでは
私も緘黙のことをお話しし、
マザーさんも、詳しく教えてくださいとおっしゃるのでお話をしました。
マザーさん「ご心配かと思いますが、私の母からも
親御さんは心配なのだから、どんな子であっても安心させてあげなさいと言われてます。
心配な子ほど気にかけてあげたいと思います。
一言でも話してくれたらいいと思うので頑張ります。
緘黙のことでご心配なら病院で治療を受けるなりしてもいいですね。」
ということをおっしゃってくださいました。

だから、余計に「クレームが来ました。」という教師の言葉がショックでした。


本当にクレームかもしれませんが、
私にはマザーさんのおっしゃった意味が分かります。

親が心配に思って直接連絡をしてきた緘黙のことを、
学校はホストファミリーに何も知らせずにいたことにクレームをつけたのだと思います。
こんなに不安に思っていても何もしない学校に対し、
病院を紹介するなど力になってあげてほしい。とおっしゃったのだと思います。
(もちろん、私は学校にはそこまで望んでいませんが。)

人というものは、そんなに情けないものだと思えません。

私の希望的観測なのでしょうか。

f0370147_00150609.jpg

************


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-10-09 14:29 | 教育

弱き者は排除する姿勢

学校では
ホームステイへの参加に問題がある場合、
審査のため面談があります。

理由も聞かされず、担任から電話でその面談に指名された旨を知らされました。
理由を訊ねると「そういうことも含めて面談します。」とおっしゃいました。

理由など見当たらず、私は、教師側が何らかのことを心配されたためと理解したものの
実際、面談を受けてみると
「(緘黙や緘動の影響で)できないことへの非難や誹謗中傷にしか思えない言葉の数々」を投げかけられました。
「できないことを卑下され叱られ」ひきつった顔をするfが不憫でなりませんでした。

緘黙のことで問題になり審査されるなど思ってもみなかったので、
降ってわいたような事態に、情けなさを感じました。

そのあと、次から次へと不利に追い込まれる状況に困惑しています。
一般に、弱きはフォローすべきと思う私の考えとは反し、
弱き者は排除する姿勢に、この世にはそういう差別的な考えが存在することを思い知らされました。

子供の将来のために注意をしてくださっている。
そう思おうと、意識するものの、実際あの非情な言葉を思い出すとそうは思えないというものです。
「f山は、わかってることも話さないんですよ。」と怒鳴る女性教師の様子が腹立たしさとともによみがえります。
そのあと、「あまり話しかけてあげたのは、損した感じですけど。」と続けられました。
中年ともなれば、こんな幼稚な言葉は慎んでほしいものですが。
私がおとなしくしているのでずに乗っているのでしょうか。

提出物が出せていないことや、
遅刻をしてしまうことは事実ですから、お叱りも然りです。
が、子供のことを理解して下されば解決の糸口がつくものです。
だからこそ、アイデアも添えてお願いしています。
しかしそれは言い訳にしか受け止められていないようで、
そういったことで余計に風当たりを強くする始末です。
(面倒という気なら、追い詰めないでくだされば、支援もしていただかなくて構わないのです。)

言わなきゃ気づかない。
言えば、甘やかすなとののしる。
ではどうすればよいのかと悩みます。

普通の子であればよかったのに。
街で見かける同年代のお子さんたちを見かけてはうらやましくなります。
教師からこんなことで責められなくて済むのだろうと。

尽くした手立ても実を結びませんが、
まだまだあきらめません。

**********
f が帰国して、随分とニキビができていました。
今飲んでいる薬です。
ニキビはほぼなくなりました。

上の子が高校生の時のニキビ治療の際、クリニックの抗生剤では良くならなかったのですが、他のクリニックに変え処方されたこの漢方で、短期間で良くなりました。
f0370147_13144579.jpg



**********


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-10-09 12:58 | 教育

なぜか、fの学校の主任と女性教師は
できないことを逆手にとって傷つくことをおっしゃいます。

そもそも、担任が面倒くさがりなりなため、
こちらから「子供理解」の相談には応じることなく、
主任に丸投げしていることからことが大きくなるという縮図です。
面倒ならば、そっとしておいてくださればよいことです。


できないことをわざとではないことさえわかってくださり、
傷つけるような言動をされなければ、それでいいのです。

子供は子供なりに成長していきます。
緘黙という過酷な人生を歩んでいる子供を
たとえいたわらなくとも、悪く言って叱るなんてことをしてほしくない。
それだけです。

****************



****************

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-10-09 12:33 | 場面緘黙