まずはじめに、
f の学校の電話のシステムが今年から変わりました。

担任がかけた電話の折り返しでかけると事務室の代表番号にかかるようになりました。

その事実を担任は知りません。
私も知りませんでした。

**********

f が登校していないと、10時過ぎた頃に学校から電話がありました。

担任が、
f と連絡がついたら、学校に欠席か遅刻の連絡を入れてください
とおっしゃいました。

帰ったメールが父親からあったので、すぐさま折り返しの番号で学校に電話をかけました。

すると、職員室ではなく事務室の代表の番号にかかりました。

授業中ということもあり、欠席の伝言をお願いしました。

夕方、担任から連絡がありました。
「事務室の方には連絡があり伝言をされていましたが、こちらも他の先生方も心配するのですから、直接連絡をください。
できれば、具合が悪くなった時点で本人から電話を入れさせてください。
明日本人にもそのところを話します。
こんなんでは、海外に行った時に困った時に声もあげられないです。それでは困りますから。…」
と、お叱りを受けました。

心配してくださったことには申し訳ないと思いました。

でも、なぜ事務室からかけるのかしら。
なんとなくな疑問が湧きました。

そして、
傷心な親に対して追い詰めないでよ。
などと思いながらも、ひたすらあやまるのみでした。

しかし、選択緘黙のf が電話をかけて話をするなんて、急にできないことで、とっさに反論をしてしまいました。
「本当に申し訳ないのですが、あの子が電話で話すことはできないのですが…」
担任は「でしたら、お母さんにでも連絡してもらって学校に連絡してもらえればいいです。…」

連絡したのに、連絡してくださいと言われて、頭が混乱し、思考停止のまま電話を切りました。

私はモヤモヤした気持ちのままでした。
機転が利かなくて、すぐには確信できなかった「モヤモヤの、腑に落ちない原因」にふと気付きました。

「担任からしてみれば、『先生たちの心配なども気にもせず、いい加減な親に対する怒り』だったのだと思います。
私が、職員室ではなく、故意に事務室に電話をかけ伝言という手段をとった。けしからん!と思ったのかもしれません。

**********

その1時間後、私は家に着き、学校に連絡を入れました。

「明日、子供を叱るということでしたが、私も伺います。
学校には行きたくないので腹痛を起こすことがあります。
電話ができないということで叱られては、学校にはいかなくなるかも知れません。
注意として話してほしいのです。
私も明日伺います。」

担任は、「甘くしてしまっては、本人のためにならないですから。海外で困りますから。」

話にならないので、応えるというより言いたいことだけ言いました。

「そのようにご心配してくださることにはとても感謝しています。
電話ができないのは病的な原因ですから申し訳ありません。」

それでも担任は海外では困りますね。と、まだ言い続けてました。
まあ、なんとかしてあげたいと思っての愛情なのだと思うことにしました。

本心は、きっと、母親は甘い!
いい加減なくせに。
なんて思っているのだと思います。

そうだ!これを言うために電話をしたと思って付け加えました。

「先ほどは、出先だったので、先生からの電話を折り返してかけたのですが、そうすると職員室ではなくて、事務室にかかってしまうのですね。」

と言いました。
担任は、「え、そうなんですか。」

「はい、そうなんです。
職員室なら先生に代わっていただいたのに、事務室だったので先生を呼び出すのも申し訳なくて伝言にさせていただきました。余計な気を回してかえって申し訳ありませんでした。」

担任は、「あ、そうでしたか。わかりました」

私の妄想かも知れませんが、
心配している先生にも気を使わず、連絡も直接しないいい加減な親』
という疑いは、はれたことでしょう。

完全に、私と f は人格を疑われていました。
これが晴れたのなら、わたしも先生を大目に見て、
「先生は、口下手で、話しているうちにくどくなり、つい言わなくてもいいことを口にしてしまった。その話があたかも説教しているかのように展開してしまい、本人も意図しない話になってしまった。」のだと思うことにしました。

これからもお世話になる先生には、いかに上手くやり取りできるかを考えていかなくてはなりません。

実際、お手数もかけることは間違いないですから。

本当に落ち込む1日でした。

*****
息子の描いた漫画

f0370147_23344586.jpg




**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村




[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-05-10 17:15 | 母の想い | Comments(6)

学校の担任から電話があり、f は、まだ学校についていないそうです。

また行方不明になっていまいました。


お仕事終わりましたが、午後も行かないといけないし、探しにもいけないです。

心配で、ブログを書いている場合じゃないけど落ち着かなくて。
連絡を待つしかないです。

追記
お仕事中もずっとハラハラしていました。

家にいた父親にメールをすると、しばらくして帰ってきたと返事がありました。





*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-05-10 11:07 | Comments(4)

あーちゃんママさんがブログを書かれて7年との記事を拝読しました。
当初のことを思い起こすと感謝の気持ちでいっぱいになります。

ちょうどあーちゃんがホームスクールを始めると決意されたという頃に出会ったブログでした。
あのあどけなく可愛らしいあーちゃんももう直ぐ大学生になろうとしています。
遠くでご成長を見守っていた私にとっても感慨深いものです。

ご紹介いただいたあーちゃんのご様子やママさんの思い、そしてあらゆる情報を得られたことは、私にとって何事にも変えがたい貴重な体験となりました。

そしてそれは、今なお変わりなくありがたい貴重なそれとなっています。

あーちゃんママさんのブログがなかったら、傷ついた心も癒せぬまま、ひとり路頭に迷っていたことでしょう。
表現する言葉が見つからないほど感謝しています。


あの頃の話ですが、
f は幼い頃から、好奇心旺盛でたくさんのことに取り組み考える子供でした。
そんな f は、研究熱心でものをよく考え、親としても頼もしく思っていました。
上の子もやはり能力の高い子供だったので、さらに f にも同じように楽しませてもらえると思っていました。

幼稚園の先生も小1の時の担任もお友達のお母様方も f の自由かつ面白い発想を褒めることはあっても非難することはありませんでした。
なので私もプラスにしか思っていなかったのです。

小2の担任から、例のいじめにあってしまって精神的影響を受けたのですが、
そのときになぜそんなことをされなくてはいけないのかと、その原因を探り始めました。
上の子が担任やお友達に言われていた「授業中、聞いてないみたいなのに、先生に差されるときちんと答えられる。」という言葉も、きっと f にも言えることで、そのようなことから、先生がヘソを曲げたことから、始まったいじめなんだろうということは、私も予測できたことでした。
では、どうして授業中聞いているのに聞いてなく見えるのか。
その辺から探って見つけたギフテッドのワード。
アメリカでは、もっともっと前から知られていたことでした。
あーちゃんママさんのブログでいろんな事実を知りました。

アメリカでも見解の分かれるところのようですし、日本で知ってもらうには難しいのかもしれないけれど、私は、少しでも、日本で周りの人からギフテッドのことを伝えていこうと思いました。

少しずつですが、知っている人が増えてきました。
まずは教育者には知ってほしいと思っています。
実際に話さなくては何も進みません。

自分の子だけをフォローすべきという方もいらっしゃいますが、ギフテッドを広めたその先には、我が子の理解も深まり立ち位置さえも変わっていくと思うので、是非、広めて行ってほしいと思います。

もちろん私の勝手な思いであって、誰かに強要しようと思うものではないので、非難してほしくないなと思っています。

あーちゃんママさんに救われた私のように日本の地盤が固まれば助かるかたたちもいらっしゃることでしょう。
そんな日は来るのでしょうか。💦

ギフテッドの情報を交換する中でも発達障害の情報が頻出するのが事実です。

ギフテッドが発達障害の中の一部ではなく違う問題であるとの認識は伝えられるのか危惧されるところです。
発達障害もある場合は、その障害において理解され人として尊ばれるというものですが、それのない場合、ギフテッドの理解の上に尊ばれるというものです。

ひとには色々な側面があるわけですから、その認識のある上で他の障害などを絡めるのは自然なことだと思います。
だからこそ、その前に、その認識が定着していることが必須に思うのです。

広めるとなるとみんなで力を合わせてなどとは行きませんが、地道にやって行きます。

自分の受けた恩恵は、他の方に伝えたい。それだけです。

まだまだ中途半端な子供がいますから、この子のことをしっかり見ていくことが一番ですね。


最後に、あの方が森から出られて安穏に暮らせていることを祈ります。


キッチンの棚の上のものを相当前に描いたものです。

f0370147_14151756.jpg


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

**********

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-05-07 11:06 | 母の想い | Comments(10)

ゴールデンウィークで、私は仕事以外は家でまったり過ごしています。
渋滞や混んでいるところには行きたくないたちなので、連休が終わったら、どこかに一人で(寂しい?笑)フラッと行こうとかと思っています。
さて、休みが取れるかが問題ですが。💦

これから午後は、友人たちにうちに来てもらって、お茶をしながらそれぞれ好きな手芸をしようということになってます。
地域のコミュニティサロンを運営する仲間たちです。
公的助成金もいただけるので有意義な会にしたいと思い月一回こうして話し合いをしています。
この時間も私にとっては癒しの時間です。

###

さて、f ですが、ゴールデンウィークの宿題もたくさんあります。
いつものことながら、自分で思い立ってやってほしいので任せているのですが、母が口を出さずに辛抱するのは辛いものです。💦


そう思いながらも気になって、f の部屋を開けてみたら、床に座ってくうに視線を向けてじっとしていました。

シャーペンを手にし、その下には社会科のプリントが置いてありました。

「あっ、考えてる。」

あまり文字を書かずに答えを出すことが多い f の考える姿でした。(笑)

宿題をやっていることに気がついた私は、邪魔をしないように部屋に入らずそっとドアを閉じました。

「やった。♫」

少ししてから、調子に乗った私は、リビングに置いてあった理科の宿題の問題集を「見開き2ページだけやってみて」と言いながら渡しました。

少ししてから部屋を覗くと終わっていました。
「次の見開き2ページもやっとてみて。」
そして、その次も
「次の…」
と言いかけると、「え、まだ? だけ ってどこまでが だけ なの?」

私の策略は、バレてしまいました。
(笑)

あっという間にできてしまうのだったら、さっさとやればいいのにと思ってしまいます。

こうして問題を解くのも読むのも早いのですが、模試などでは、なにかに囚われてか先に進めないことがあります。

どんなところにとらわれてしまうのかと、何度となく探ってきました。
理由などあまり言わないのですが、探ってきた中でこの子らしい話がありました。

「質問が半端だからどう答えていいのか迷う」ということでした。
「こういう場合はこうだけど、
こういう場合はこうである。
したがって、場合の条件がないと答えられない。」
と問題を見ながら説明してくれた時に、「確かに」と、私も納得しました。

とはいえ、次からもこんなことでは困るという思いから、
「だから、練習問題を解いて答え方の練習をしなさいって言ってるの。
今、この学年で問われている範囲は決まってるの。
条件なんてなくても、その範囲でこたえればいいのよ。」
と叱ってしまいました。

試験中でも、質問のできる子であれば対応してもらえるのかもしれないのですが、できないので一人悩んでしまうのでしょう。

「いいから飛ばしなさい」と言ってはみたものの無理でしょう。
私も、目の前の問題が解決しないと次に進めないタイプなので、気持ちもわかります。
そう言われたところで飛ばせないでしょう。💦

要するに、コツコツと勉強をするということは、答え方のパターンを身につけるということです。

余計な(?)ことまでわかっているとかえって答えを出すには邪魔な知識になってしまいます。

余計なことが微妙に間違っていたりもしましたので、これまたビミョーなのですけどね。

やはり、型にはまっていることが、ひとつの武器となるわけです。

###

小4の時の f の絵

f0370147_11412157.jpg




**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-05-05 09:21 | ふぅ | Comments(5)

f の元クラスメイトのS君のママさんが、時々メールをしてきてくださいます。

昨日は、
「息子は○○部から○○○部に転部しました。」と。

仲良しママさんにご報告という感じで嬉しいです。
意味不明のときもありますが、お子さんのことを話したいのでしょう。聞きましょう。(笑)

S君ママさんの事は私は気に入っていますし、ほっこりするのですが、S君は、昨年、同じクラスで、f とすれ違うたびに舌をチッと鳴らしたり「んだよ。」と呟いたりする、f にとっては悪意を感じる相手でした。

家で彼を思い出すと、物に当たってストレス解消していたくらいです。

今年度は彼ともクラスが離れて喉元も過ぎて穏便に暮らしています。
先日は、S君ママさんからのメール「Sは神経質で、学校にいけないと言って休んでしまいました。」というご報告がありました。
f にそのことを話すと「神経が細かいのかな。心配だね。」と心配しているような口ぶりでした。

罪を憎んで人を憎まずなのでしょうか。
悔しいと思うことを忘れるはずもないのに、どうしてその様に捉えられるのかと考えてしまいました。

自分に重なるところなのかも知れません。

自分が辛いと思う様な事は
相手が誰であろうと感情移入をしてしまって心配になるのかもしれません。

S君のママさんも私を好意的に思ってくださっているし、
クラスが変わって関わっていないぶん、f もS君のことを遠目で見られているようで、親子それぞれの関係もさりげなく保ててよかったです。

このまま普通に何事もなく時が流れていくといいのですが、f は、周りの人の細かい心の動きをキャッチしてしまうので、お友達を受け入れられなくなったりします。

学校に送り出すたびに傷ついて帰ってくるんじゃないかとハラハラしています。

学校のおやすみ続きで、この数日は私も心穏やかです。


♫ロシアの数え人形
なるべく人相悪く描きました。
f0370147_01254107.jpg



**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-05-04 00:42 | 母の想い | Comments(0)

富士山近くの景色

f が写真を撮ってきてくれました。

そういえば、母乳を飲む自分の姿を携帯で撮っていたこともありました。
一歳過ぎてもちちばなれしていなかったので、感想言ってたりして、思い出すと面白いことが結構あります。



f0370147_20555417.jpg

f0370147_20555547.jpg

f0370147_20555566.jpg

f0370147_20555600.jpg

f0370147_20555635.jpg

f0370147_20555620.jpg

f0370147_20555743.jpg

f0370147_20555784.jpg

f0370147_20555742.jpg


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-05-02 20:26 | ふぅ | Comments(5)

将棋をした罰

f は、昨年度のクラスで、三学期初めから学年末までクラスメイトと将棋をしていました。
見ていた方が多かったのかな?
^_^

なんとなく仲間に入れてもらっていたようで、本人も嬉しそうに帰宅していました。

私もほっと安心し、お友達と一緒に居られるなんて将棋様様だと思っていました。

学年末でそのクラスでの将棋はおしまいとなり残念だったのですが、
将棋に入れてくれたAくんと今年度も同じクラスになり、また将棋ができるのかなと私も期待していました。

しかし、そんな期待を裏切ってというのか、本日、驚きの事実を知りました。

私が f に「将棋はまだやらないの?」
と聞くと、f が「将棋をやったら叱られて罰に掃除をさせられたんだけど、どう思う?」というのです。

え"〜
そんなことって…
驚きました。‼️

学校というものは、そういうものなのですね。
勉強に関係しないものは持って来てはいけないということなのかしら。
そういうくくりで物を言えばそうなりますが、罰せられるほど悪いことなのですかねぇ。

f にとってのせっかくのコミュニケーションツールを奪われてしまいました。

また1人で過ごすことになるのかしら。
残念です。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村




[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-05-01 01:16 | 母の想い

年に5回、学校で「英単語と熟語のコンテスト」があります。

f は、毎回ほぼ満点が取れるので昨年も年間の成績がトップでした。

学年ごとにテキストがあるのでそれを勉強して臨むのが望ましいところです。

ネイティブの方や英語が身についている方にとっては簡単な問題でしょうが、コテコテの日本語人にとっては、そこそこ勉強してないと分からないとおもわれるものです。

スペルなんて正しく覚えているとも限らず、私としては少しくらい書いて覚える工程を踏んでほしいと思ってしまいます。

このコンテストの前はいつも f に対して、
「コンテストの勉強をしたら」と、つい愚痴ってしまいます。

今回も、同じ小言を私が言ったので、f は「やったよ。」と言いました。
私が「書いている形跡ないけど」と言うと「みたよ。もういいんだよ、わかってるんだから。」と返して来ました。

こんなイライラをさせられるのですが、私が勝手にイライラしているだけなんですよね。
結局今回も満点の答案用紙をカバンの中から発見しました。

見ただけで単語や熟語を覚えるって羨ましいところでもあります。


昨年度に受けた「ベンダーゲシュタルテストⅡ」の検査結果の考察にも

「記憶再生の力が高く、WISK-Ⅳの資格認知の力の高さと共通するところだ…」

「見たものを記憶に留めて再生する力は高く、同年齢の平均の約2倍の数を再生されました。」

とあったように、
「見るだけで覚えられる」のも事実のようです。

f0370147_07461489.jpg



それにしても、私には見るだけでスペルを覚えてしまうなんて不思議です。

だから余計に書かなくなっちゃったのかと思うと、ノートの提出があって、それがそこそこ評価に含まれてしまう既存の教育現場では、マイナスな現象になってしまって、複雑です。

ノートを綺麗に整理しておく能力にも欠けるし、コツコツ感の無さに、母は焦ってしまうのですよ。


私としては、
理解できていればいいという妥協点により、ノートに関してはおおらかに受け止めていますが、
世間(教科担当など学校側)にとっては、
風当たりも厳しいものです。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-04-30 07:07 | 現在の f

さりげない幸せ

先日、神戸の友人が遊びに来てくれて、関西限定のぷっちょを買って来てくださいました。

丸い粒なのですが、その中にレアの💛と⭐️の形のものが入っていたようで、f がニコニコして持って来ました。
こういうの、何気に嬉しいです。^_^

ニコニコして私の所に来るなんて久しぶりです。
ついでに「宿題、やってね。」の言葉が喉まで出かかったけれどグッと飲み込みました。
せっかくの穏やかな瞬間、幸せな気分に浸りました。

それにしても、ゴールデンウイークの宿題、多すぎです。💦

やだわぁ、優秀になっちゃうじゃない(笑)

f0370147_06394952.jpg


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-04-30 06:29 | ふぅ | Comments(0)

子育てママさんの話題で時々出るプレジデントファミリーです。

f も2度ほど載せていただきました。

それなりに子供に関わってきた形跡だと思うことにしています。

今、反抗期で近寄るのにも躊躇してしまい、関われない状況を反省中です。

時々、堪忍袋の尾が切れて、怒鳴ってしまいます。
おばちゃんなのに声変わりをしてしまいました。💦




******

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-04-29 19:37