一学期に、9月のホームステイに連れて行くことに問題のある生徒に対する指名制の面談がありました。

(過去記事にも、大まかなことを記しましたので、重複し、なん度も煩わしいと思いますが少し触れさせてください。)

うちの場合、ホストファミリーには、「緘黙症状があります。
気持ちは反応していても、うまく表現できないだけで、無視をしているのではありません。
おどおどした感じですが、お話は聞けいてますので反応が薄くても普通に接してください。」
と伝えて欲しい旨、旅行会社の方に、(たまたまそのコースの担当の担任の前で)言いました。

旅行会社の方がたは、
「そういうのがあるのですか。私たちも勉強してホストファミリーさんの方に連絡します。」とおっしゃってくださり、ホッとしていました。

担任は、その事を主任に話し、その後、問題ありとして面談(教頭、学年主任、クラス担任、私と子供の、5者面談)となりました。

緘黙のことなど、入学当初から学校にはお伝えし、今年度の担任にも、リーフレットと診断書も渡してあります。

それなのに、
「そんな事知らなかった」
という自分たちの落ち度など落ち度だと思いもせず、
「必要なことも話せないようなふざけた生徒は連れて行きたくない。」
「学校でもひとと話をしなくて、休み時間にひとりで廊下を歩いている様な人が、アメリカの大学で同じ事をされたらみっともないです。学校の恥です。迷子になったらみんなが迷惑です。…」
などと主張され、子供が悪い事をしていると罵る様な面談となりました。

本人は、引きつった顔と背中を丸めて小さくなっていました。
もちろん、子供の特性であって、悪い事をしているのではありません。
話せないのですから、何かトラブルがある事を恐れ、休み時間にきょうしつにはいられなくて、ろうかをあるいているだけです。
それさえも、主任は、フラフラと歩き回ってみっともないと罵倒しました。

「こんな話もしない様な失礼な人は、ホストファミリーにも迷惑をかけます。
途中で帰国することになります。
先生達は忙しいのですから、飛行場になど連れて行けません。
ご家族かお知り合いの方に迎えにきていただく事を条件に連れて行くかどうかを検討します。」
と、言われました。

その面談の中で、教頭が席を外した後、
学年主任が言いたい放題で、話をしないみっともなさや失礼さを激論してました。
私は、とんでもないいじめの言葉の数々を制止したい!理不尽な言い分だと正したい!と、反論したい衝動を抑えていたので、ストレスでたまらず嗚咽してしまいました。

子供が人質だと思ったといえ、守ってあげられなかったことが今でも悔しいです。

3月の池田中の生徒が自殺してしまった悲しいことがありました。
その子と全く同じ事を普段、一部の先生方からされていました。

主任やK氏は、一生許せない人達だと思います。
担任は、無責任なボケた人なので、百歩譲れば主任に操られていのかとも思います。本人も怖がっていないのでよしとしています。(提出物出せなくても言い訳できる人はいいけれど言い訳できないからfはダメだと、ボケたこともおっしゃってましたし)


先日、この話を聞いていただいた学校外のクラブの先生から、メールが届きました。

「許せない人間でも、それを許して、前向きに人生を進んで行くことが大切です。
学校ではなく、クラブでは、自分の存在は素晴らしいと実感できればいいのです。
自分は、いつもf の味方です。」
と、メッセージをいただきました。

今の私には、それらを許すことはできません。
でも、こうして、皆様に聞いていただき、励ましていただいて、心の整理をつけています。
先生方がひどい事をしてきた事を分かってくださる方々がいらしてくださる事で、気持ちが軽くなっています。

許すとかそうじゃないとか、今は考えもつきませんが、
指導と称して、間違った理解の元、子供をいじめる事を正義だと思っている人達を、人の痛みの分かる人にしていきたいと思います。

なぜなら、こんな悲しく悔しく恥ずかしい思いを誰にもして欲しくないから。

(喉元過ぎれば熱さを忘れるところもあるので、心の整理がつけば、前向きに捉えていきます。)

明日は、カウンセラーを含めての面談です。

ガツンと言ってスッキリしたいところですが、
緘黙の説明が書いてあるものを読んでいただくことと、
しては欲しくないことを、伝えて、
あとは、合理的配慮の話をしてこようと思います。

子供達の尊厳と命を守るため、
今後も我々が受けてきた事実を小出しにしていきたいと思います。

成功への道!といきたいところですが、
大したことのない将来でしょうし、ごめんなさい。
^_^

しかし、その人なりの幸せな人生が送れることが一番なので、なにかの力になれたらと思います。

いえいえ、
私が皆様に支えていただいているのに、何を言っているのでしょう。笑

いつもありがとうございます。


**********

**********
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-11-14 07:37 | 母の想い

昨日、f は、学校に行き授業にも出席したようです。

以前のように、良かったと、手放しで喜べない今、どんな思いで過ごしたのかと、悲しみに似た感情が出て来ます。

頑張らせていることに戸惑いがありますが、「頑張ったね」と、言っておきました。

私は、通信制高校の説明会に行き、帰宅が遅くなったので、fは、すでに帰っていました。

シャワーを浴びていたfは、バスルームのドアをガンガン殴っていました。

学校に行った日は、そこでスッキリするのが日課で、
「スッキリしてねぇ。
ストレスをシャワーで流しておいで」
と、fに気持ちだけでエールを送りました。

進路の選択は、もうすぐそこまで迫り、
本人の気持ちがなかなか聞けていません。

本人は、受験するとも、ここにとどまるも、その辺を意識しているようには思えず、胸の内を聞かせてくれないので、困っています。
そのままになって、そこがダメなら、他に移ればいいのかなとも思うので、気楽に説明会に出ています。
話せないって、どこに行っても不安が尽きないですから。

この学校のように、障害や病気や気質をバカにする先生達がタッグを組み、弱い立場の子供をコテンパに傷つける学校などなどないと、思いたいです。

願いを込めて。

f0370147_11315739.jpg



*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-11-12 11:12 | 場面緘黙

いままでは、
「授業を聞かないと勉強に遅れてしまう。」
「二学期の成績が悪ければ、こちらが附属に行かないと選ぶ前に、堂々と附属推薦はできないと言われてしまう」
「志望校では、調査書を見ただけで落とされてしまう。」
という不安があって、

「できれば授業にも出て来てね。」
と、言ってしまってました。

しかし、昨日の夜、
「もう学校に行かなくても大丈夫。
f は、話したくてもできなくなってしまったのに、それをバカにする先生がいるところなんて行かなくていいよ。
悔しかったでしょ。
辛かったね。
私も言われてて悔しかったから、もっともっと f が辛いと思うと胸が張り裂けそうだったよ。」
と、改めて言いました。

いつもは、
慰めても、「わかった、わかった」と言って、その場を去ってしまう子でしたが、
昨日は、自分のお茶を入れながら、私の分も入れて、私の前に来て、自分が入れたお茶を指をさしました。

「私に入れてくれたの?
ありがとう。」
そう言うと、少し安心してくれたかなとホッとしました。
幼稚園の頃は、よく、私のために飲み物を持って来てくれたななどと、そう言う何気ないことを思い出してました。

先は長いので、いまは、こうして、この子の心を癒してあげるのが大切な時だと思います。
勉強が遅れるなんて思いなど、どうってことないと思いました。

東京の高校受験生のためのvという模試を受けてみたら、偏差値が68ありました。
受験勉強をしてないにしては、上出来です。
まぐれか?

これだけで、なんだか、勉強が遅れるなんて思わなくていいんだと、自分に言い聞かせ、今のfを大切にしてあげようと思います。

勉強が好きではないから、放っておけば
ますます程堕落になりそうですが。

今日もそろそろ電話がかかって来そうです。

**********
今読んでいる本です。
f0370147_09372144.jpg
**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-11-11 09:07

それでいいのですか。

昨日は、朝9時過ぎに担任から「まだ学校に来てません。」と、電話がありました。
その後、10時過ぎに f は、学校には入れなかった様で帰宅しました。

学校にすぐ電話を入れ、担任が授業中ということで、帰宅した旨とその理由の伝言をお願いしました。

1時過ぎにまた担任から、まだ来てませんと電話がありました。

すでに学校に連絡を入れ、伝言した旨を伝えました。

伝言ミスなど、お忙しい先生方なのだから、仕方のない話です。

とは思うものの、
伝言できてないことが多くて、
他の方も欠席の連絡をしたのに、
伝わってなくて、
「無断欠席だと思われて電話がかかって来たことがある」とおっしゃってました。
そこにいた方達がうちもうちもとおっしゃっていたので、結構こういうことがある様です。

私が、すでに連絡をしたということを話したら、そうですかというだけで、謝る気持ちなどない様です。
先生という立場は、上から目線なのでしょうかね。

そういうことがあれば、通常であれば申し訳ない気持ちになって、謝るものですが、それはないのです。しかし、子供達が、そんなことをしたのであれば、攻め立てて追い詰めるのでしょうから、勝手極まりないと思ってしまいます。

f なんて、緘黙症で話ができなくなることを、悪いことをしているのではないのに罵って追い詰めましたからね。

先生ってどういうつもりなのか、未だに意味がわかりません。

今日は土曜日で午前中だけだから、授業に出られると思うって、本人は、出かけて行きました。

何か理由をつけて、自分に言い聞かせていた様です。

無理しなくて良いと思いながら、「あー、そうなのね。午前だけなら少し気が楽ね。いってらっしゃい。」と、にっこり送り出しました。
本人は、「(見送ってくれるのは、)玄関までていいよ。大丈夫。」といって出かけて行きました。

**********
以前にもご紹介した本です。
彼が思慮深いことを、見た目では、想像もできないと思います。
NHKのドキュメントで拝見した時は、本当に驚きそして感動しました。

f0370147_09302508.jpg
**********
**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-11-11 08:04

最近、fのことでは、
緘黙症状で家以外ではあまり話せないとか
苦手なことばかりを気にしていました。

あーちゃんママさんには、
しつこくしてしまって申し訳ないのですが、
あーちゃんママさんの
カルテックのいたずら という記事では、
fの特徴をよい方向からとらえてくださり、ありがたいばかりです。

私も、fのことをその様に捉えようという気持ちになりました。

fは、元々見せていた
ユーモアのセンスや
リーダーシップの気質
今は緘黙の陰に隠れてしまっています。

しかし、そういったものは、
発話の不便さ制約された行動だけで
発揮され無くなるのではなく、
それ以外のコミュニケーションツールによっても
発揮される可能性もあるものだと思います。

fが活動しているクラブの先生が、
fは、話はあまりしなくても、
おとなしいわけじゃないんですよね。
と、おっしゃいました。

それを親として主張することはあっても、
人から言われるとは、
目からうろこのこと
おっしゃってくださいました。


おもしろくて、活発だ。」と言われると
心の中まで見てくださっているのだと思い
うれしくなりました。


fは、学校の一部の先生のように
足を引っ張る大人に翻弄されず

こうして理解のある方々の方を向いて
歩んでいけばいいのです。

物事は前向きにとらえることで、
それが良い方向に進みます。

思考の現実化というお話です。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-11-10 02:28 | ギフテッド

今朝も学校から電話があるかもしれないと
びくびくしながら過ごしています。

正直、担任と、話をしたくないという気持ちもあります。

そして、f が学校に着いてないことを自覚させられ、
複雑な思いになります。

f が、休みたいのだろうなと思うと、
家を出さずにいればいいのですが、
もしかしたら、私の一言で、
どうしようかとの迷いが
休むと決まってしまうと思うと、
とりあえずは、お弁当をもたせて駅まで見送って来ます。

本人が、行かないと決めたなら
帰って来ればいいと思っています。
行こうと決めたなら、それで良いと思います。
帰ったと聞いてホッとする瞬間もあります。
我慢しなくてすむねっていう気持ちです。

一方で、
勉強は、授業で頭に入れるタイプなので、
できれば授業も出て欲しいと密かには思います。
^_^

沸々といろんなことを考えていますが、
電話が鳴るのが怖いです。





余談ですが、
擬態語と擬音語
ひらがなで書くのはどちらでしたっけ?
気にしない作戦でいきます。^_^>

*****

オーラルケアの乳酸菌です。
f0370147_09292440.jpg

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-11-09 09:20 | 場面緘黙

今どきは、脳科学者がテレビのバラエティー番組に出演され、
脳の不思議な働きについて興味深く述べられています。

そのような番組を、まるで占い番組を見るかのようなワクワク感を抱きながら
つい、見入ってしまいます。

脳の働きは本当に面白いと思います。

以前にあーちゃんママさんのブログ
脳についての記事を拝読し、
脳の発達の仕方や仕組みを知ることで
ギフテッドの特徴が見えてきたと思ったのです。


脳のそれぞれの部位は、どのような働きをするのか
を知ることで、
脳の発達のアンバランスさにより、
どんなことが起こり得るのかがわかってくると思います。

そういう疑問も、理屈ではなく事実として、受け止めることができます。

人気ブログのご紹介など恐縮ですが、
その時に読ませていただいた記事を含む
あーちゃんママさんの記事をご紹介させていただきます。

   それがこちら
      ↓

是非是非、皆さんに読んでいただきたい記事です。


さて、ギフテッドは非同期だ、と、よく耳にしますが、
当初、非同期って言葉がどういうことなのかピンと来ませんでした。

今、あえて意識するならば、

脳のあらゆる部位においての発達が、
同時期に同程度で進行しないということを、
指すものだ。

ということくらいですかね。
脳の発達時期のアンバランスということでしょうか。

いつかは凹みが凸に追いついてくるという希望的な意味があるのなら
発達の凸凹よりもうれしい表現です。

このアンバランスさによって
いろいろな弊害や、誤解をされるようなことが起こり
生きづらさにもつながるのだと思います。
(ギフテッドの生きづらさはそれだけではなく、
OEに関することなど様々ですが、ここでは置いておきます。)

前頭前野は、感情のコントロールや実行機能をつかさどる場所です。

ギフテッドの人の脳は、後頭葉、側頭葉などが相当発達していても、
前頭葉は、その発達の時期がずれ、
発達がとぼとぼと後からついてくる様なものです。


このアンバランスさは、
人(子供)はこうあるべきだ!
という思い込みのある人からは、なかなか理解されないと思います。


子供はこうあるべきだ!という思い込みのある小2の担任には
ギフテッドのこういった特徴を理解されず、
追い詰められて、
二次障害として夜驚症やチックや場面緘黙
を引き起こすことになりました。
(場面緘黙に関して言えば、
もともと脳の偏桃体が敏感だという
緘黙の傾向があると思います。
小2そのころを境に、
緘黙が冗長されることになってしまいました。
以前はみんなに話をしていました。)


これは、
こうあるべきだという先生に、
理解されなかったゆえ、叱責された悲劇でした。

それまで、素敵な先生たちに出会っていたので
意味のわからない侮辱などさせられたこともありませんでした。

fは、いたずら好きがたまにきずで、
そういうところを
人懐こいととるのか、
無礼ととるのかで、
対応が違ってくると思います。
(これ、非同期とは関係ないかしら?)


非同期由来といえば、
robo君ママさんのブログに書かれていたように
勉強は聞いているのに
指示は抜けている
という、こともそうなのかもしれません。

それはどういう仕組みなのか???
もう少し脳のことを知ると分かってくるのかもしれません。(*''▽'')>

脳の組みを知ることは
とても役に立つものです。


次は、3年生時の担任の先生が素晴らしくご対応くださった旨を
お話しできたらと思います。

たくさんの教員の皆さんに
この先生を見習ってほしいと何度も思ったものです。

追記:非同期を非同期発達と訂正したほうが意味が通ります。

**********
おととい、お仕事関係でお世話になったカフェのサブの入り口です。
ナチュラルさが素敵です。
f0370147_07073260.jpg

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-11-09 07:18 | ギフテッド

保健室登校では、朝、担任が面会して出席となるそうで、
わざわざ顔を出していただくのが申し訳ないと思っています。



昨日の保健室への面会は、担任ではなく、主任と副担任だったようで、

そのまま、教室に連れていかれ、授業に参加したようです。


今朝は、保健室にも登校していないと連絡がありました。
今どこにいるのかと心配です。

たまに駅のベンチに座っていいるようなので
今、どこかの駅で座っているのでしょうか。

家では、fが反抗的な態度をとるので
私も容赦なく叱ったりします。
なので家にも帰りたくはないのかしら。

そのうち帰ってくると思います。

私は母の状態もよくないのでその心配もあって
身が持ちません。

などと言っている場合じゃないですね。
今日も一日頑張ります!
どう頑張る(笑)

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-11-08 10:49 | 場面緘黙

「場面緘黙症」のことを取り上げたNHKの番組のご紹介です。

読んでいただけるとありがたいです。



**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-11-07 09:43 | 場面緘黙

今朝、学校に行っていないという連絡が副担任からありました。

そのあと、11時過ぎに、学校から連絡が入り、
f は、保健室に来たということでした。
そして、学校に残らず、そのまま帰宅したという事でした。


緘黙に対する先生たちの叱責や嫌味を私も目の当たりにし
その先生たちの授業など受けられない恐怖があることを
理解できるので、学校に、入れただけで良かったと思います。



fは、朝、休むとは言いません
6時半には、家を出て学校に向かいます。
途中で腹痛を起こすこともしばしばです。
このところのfは、学校には入れずにそのまま帰ってきました。

しかし、私と一緒に保健室登校をしてから、
保健室に行くなら学校には入れると感じたのだと思います。

なので、保健室に行けてよかったと思えます。

今日も、一応出席できました。



私が、先生方の方針が変わるといったところで不安は解消できないと思います。
少しでも気が楽になれるように、
スクールカウンセラーに、子供のカウンセリングを申し込んで
先生方の方針の話をしていただこうと思います。
授業に出られるようになれるといいな。


私自身先生方の、
人を馬鹿にするような苦言に対して
言い返すことなく我慢をし、
悔しくて胸がはち切れそうになりました


そして、
この先生方から、子供が、話をしないこと悪く言われ
私は今まで味わったことのない屈辱を味わいました。

それはそうです。
他人様が、我が子の辛さに対しては、
いたわってくれることはありますが、
逆に悪く言うなんてありませんでした。
人を思いやるというのは、そういう事だと思います。

一つ一つの言葉を思い出しただけで
震えるほど悔しいです。

コントロールなどできないことに対し、
こじつけな意地悪を言うのは、
ありえないと思います。

緘黙や緘動はわざとではないということ
先生方にはご理解乞うていました。

なので、わざと意地悪を言ってまで厳しくし、
親子をぎゃふんと言わせようという作戦なら
意地が悪いにもほどがあります

先生方が、緘黙症は、わざとで話さないのではない理解できないわけがありません
それでも、子供をかばう過保護な親だという思い込みを捨てずに
「甘くしてなるものか」と、私たち親子を絞めたのでしょう。


この人たちを恐怖に思う子供の気持ち
痛いほどわかります。

私にも皮肉や意地悪を先生方が言ってこられたことで、
かえって子供の辛さがわかり、ある意味良かったと思います。
**********
場面緘黙について、簡単明瞭に書いてあります。
分かりやすくまとめてあります。
f0370147_22180293.jpg


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
# by suzu62taha88 | 2017-11-06 21:06