「人は見かけによらないもの。」

一般に予測できる範疇でよく使うことばです。
例えば、
可憐な少女が実は格闘技のチャンピオンである。
などという話。
それは、普通に想像できる「見かけによらない」なのですが、それをはるかに超えたことを知り、物の見方が大きく変わった事があります。

うちには、授業中聞いてなさそうに見えてきいているという少数派の子供たちがいます。
その経験上、世間一般よりは少しは「見かけによらない」の範囲が広いと思うのですが、そんな私でも、驚いたことであり、いまこの瞬間にも感謝の思いでいっぱいです。

*****

とても有名であり、今更かも知れませんが、作家の「東田直樹」さんのお話です。

もう5年も前になると思いますが、
彼の特集番組がテレビで放送されました。

東田さんは、当時20歳を超えた青年でした。
彼は自閉症で、外ではぴょんぴょんと大きく飛んだり、いきなり大きな声をあげたり、走って行ったり、いわゆる一般の人には見られない様子でした。

彼は、会話をしませんでした。
できないのかも知れません。
短い言葉を発することはできる様でした。

しかし、彼はパソコンのキーボードでは言葉を表現する事ができました。

記者からの質問にも、キーボードを通して答えていました。
それは、見事に流暢であり、彼の気持ちをわかりやすく表現されていました。

飛び跳ねている最中にも、彼の頭の中では、いろんなことを考えていて、
普通に過ごしている我々とも特に変わらないのだと思うと、
にわかには信じられないことでした。

「見かけとは違う」そのギャップの大きさは想像を超えています。

東田さんの存在によって、「自閉症の我が子の言葉が聞けた様に感じる」と涙を流す親御さんがたくさんいらっしゃるそうです。

私の教え子さんにも自閉症の子が数人います。
この一件を知ったことで、その子達が発する「おかしいです。」や「これは、何ですか。」などの一言の奥にたくさんの思考があるのだということを意識できる様になりました。

自閉症の方に対する誤解は根深いものだと意識せざるを得ません。

また、自閉症の方に対してのみでなく、
相手のことは、わかっている様で理解しきれていないのだと思うと、
一般にも、とても影響力のある方だと思います。

東田さんが示してくださったことは、人類にとっての宝です。

彼の著書は他にもありますが、この本をまずはご紹介します。
f0370147_11504962.jpg


**********
トレイに描きました。
f0370147_11504965.jpg


**********


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村





[PR]
by suzu62taha88 | 2017-05-25 09:51 | 書籍 | Comments(2)

f の通学バッグはものすごく重いです。

学校側も、各教科の資料集などは、個人のロッカーに置いといて良いとのことなのですが、f は全て家に持ち帰ってきます。
どんな強迫観念なのでしょうか。

中学ともなれば、各教科、教科書の他になんだかんだと本やノートがたくさんあります。
お弁当やスープや水筒もかなり重さを増やします。

勉強もしないので、家に持って帰るなら、いっそのこと学校に全部置いてきてもいいのにと思ってしまいます。

近くならそんなことはどうでもいいのですが、やはり、遠くに満員電車で通っていくと思うとあの重さはお気の毒というものです。
いつか、強迫観念から脱却して、要領よく支度をする術を身につけてほしいものです。

強迫観念といえば、
f は、しょっちゅう手を洗っています。
いつしか足まで水につけるようになりした。
こうしてストレスを発散しているようですが、こちらとしては、洗面所がびしょびしょになってしまうのは迷惑な話です。

「だったらいっそのことシャワーにしたら。」という私の提案で、シャワーを浴びるようになりました。
今は日に何度も。

はな歌を歌いながらシャワーを浴びていて、ストレス発散になっているとは思います。

*****

ケースの蓋に描いたウサギです。
f0370147_08121149.jpg


*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-05-23 07:41 | ふぅ | Comments(2)

私が役員会で学校に行くと、部活動をしている生徒たちや、カフェテラスで友達同士で賑わう生徒たちを目にします。
そこには、一人残らず友達との時間を共にする生徒さんたちがいます。
一人きりで残っている生徒の姿など見当たりません。
見逃しているのかもしれませんが、そんな風に感じてしまいます。

しかし、それぞれのグループの中に f だけは、いることなど想像ができないでいます。
単に、私の被害妄想(?)が膨らんでいるからなのかも知れません。


思えば小学生の頃は、お友達の仲間に入れてもらえていました。
しかし、6年の時に仲良しだった子が仕返しにいじめっ子を誘って f に嫌がらせをしました。

仕返しというのは、仲良しだった子の弟君から休み時間にちょっかいを繰り返され、痛いことをされた時に咄嗟に押してしまったというものです。
「小さい子相手に何をしているのか」と私も叱ったのですが、その後の仕返しには、私も心が痛みました。

2人に嫌がらせをされ始め、休み時間は一人で玄関ホールで過ごしていました。見かけたときは切なく思ったものです。



中学入学で新しい環境になっても、その気持ちをトラウマのように引きずり、人の中にも入れずにいたのだと思います。

お友達のお母様方が、
「うちの子は f 君のことばかり話しています。」とか、
「 f 君とは話さなくても心が通じ合ってるんだ、と子供がいいます。」とか、
おっしゃってくださるのですが、想像もつかないのです。

***
【お友達がいるのかな?】

2年生の途中から、将棋のお友達や部活に誘ってくれるお友達のことや、たまに携帯をポケットに入れて帰ってくるところを見ると、お友達の影も感じるようになりました。

今日は、少し遅くなって帰ってきました。
「何食べたい?」と聞くと、
「いらない」というので、
「何か食べてきたの?学校で?」と聞くと、
「学校でラーメンを食べてきた。」といいました。
すかさず、「お友達と食べてきたのね。」

さりげなく「うん」とうなづく姿に私はとても嬉しく思いました。

誰もが普通にしていることですが、その普通が特別であり何より幸せです。

お友達とも少しは交流があるのなら、この上なくホッとしました。

*****

落ち着いた色でバラを描きました。

f0370147_23142217.jpg



*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村




[PR]
by suzu62taha88 | 2017-05-22 21:18 | 母の想い | Comments(4)

中学役員の部会があって、電車で移動中です。

部員の方々がいい方ばかりで、皆さんに会うのが楽しみです。
部のお仕事などほとんどしていないので何をしに行っているのか分かりません。(笑)

帰りにお茶をして帰るのが楽しみです。

そういえば、今朝、f の前髪がパッツンとまっすぐに短く切れていました。

自分で切っちゃってました。(^_^;)

******
ボックスに大理石模様を施しくるみボタンを描きました。
f0370147_14062757.jpg



*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村



*****



[PR]
by suzu62taha88 | 2017-05-20 13:50 | 母の想い | Comments(2)

昨日は、友人とランチをして帰宅すると、LINEに気づきました。
f が小学生の時のママ友達からのランチのお誘い。

時間が経っていたけど、「行くよー」と返信をすると、「待ってるよー」って入って来ました。

私が来やすいようにって、隣のファミレスにしたって、感動
・:*+.\(( °ω° ))/.:+

お久しぶりぶり。
ハイテンション^_^


皆さん、お子さんを地元の中学に進学させたママさん達で、地元のお話いっぱい聞かせていただきました。

私立に行った子達で転校して地元中に戻って来た子が10人弱いる。
という話や、
学校に来なくなった子たちの話も聞きました。

それぞれの人生ね。
ママさんたち、色々言ってたけど、
「前向きな決断よ。…」
私の話を聞いて、みなさん、捉え方が変わったって。
よかった。

学校に行かなくなった子達。

夜遊びしてる子。
万引きの命令した子。
お金をせびる子。
話を聞いてると、なぜか f に親切だった子が3人いました。
優しい子達なのに、悪く言われてる。
「感受性強くて、心に傷がついたのかな?」

「確かに、いい子の時と悪い子の時があった。」と、ママさん。

そうよ、人ってひとくくりじゃないのよね。

そう言ってやんわりとなごましたものの、やはり切ない。

元気でいてほしい f と仲良くしてくれた子達。
まだ子供なのに、孤独とかひとりで見えない敵と戦ってるのかな。
親御さんいらっしゃるし大丈夫よね。

*****

猫ちゃん、描きました💝
f0370147_22245252.jpg



*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村





[PR]
by suzu62taha88 | 2017-05-18 15:35 | 母の想い | Comments(2)

昨日の夕方から、コメント欄が開けないというシステム的な不具合があるようです。

読んですぐに書きたかったことも、忘れてしまいますよぉ。(^_^;)



[PR]
by suzu62taha88 | 2017-05-18 08:35 | Comments(0)

f は耳の周りや襟足に触れられるのがとても嫌で、髪を切るのに一苦労です。

美容院では我慢しては吹き出したり、首を引っ込めたり、よけてしまったり、じっと切らせていることなく、美容師さんにご迷惑をかけるので、長いこと私が切っています。

それはもう、なかなか大変で、少し切っては「もういい、もういい。」と言って、抵抗してきます。
そんなわけにはいかないからと、なんとか時間をかけて仕上げるのですが。


油断していると切る前に学校の頭髪検査があって、注意を受けているようです。

注意を受けた日には、自分で勝手にパチンとハサミを入れてしまうので、ワカメちゃんカットになっています。

あの面白い頭はやめて欲しいな。
(^_^;)>

「切るよ」っていうと素直に応じるのですが、何せあの抵抗、私が億劫になるのです。
とにかくあの過敏さは、こちらへの迷惑はさておき、お気の毒です。
そう考えると迷惑だなんだと言うのもかわいそうなのだと思います。

バリカンを買って欲しいと何度か言われていました。
明日にでも切ろうと思っていたのですが、その事をすっかり忘れていました。
早速買わないと。

*****

レシピボックスに、レースといちごを描きました。
ご覧いただきありがとうございます。

f0370147_22064643.jpg



*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-05-16 21:27 | ふぅ | Comments(7)

【人それぞれのやり方】

f の中学校も中間試験の時期となりました。

相変わらず勉強もしない様に見えるのですが、時々教科書を見ているのでいいのかと思っています。

ノートにまとめたり、書いて練習したり、普通のやり方じゃないことに不安を感じてしまいます。

しかし、この自主的に勉強しているという事実には安堵の思いが得られました。

書かずに単語を覚えたり数学の問題を解いたりというやり方をしている方も他にもいるとは思います。
そういうタイプなのだと思います。

例えば、フラッシュ暗算をされている方を見た時など、只々感心するばかりです。

そのメカニズムなど想像もつかず自分の常識では図れないものがあるのだと思い知らされます。

フラッシュ暗算から能力について考えるならば。
それは誰でもできることではなく、その素質が備わった方が、たまたまフラッシュ暗算の訓練をしてできる様になったと推測します。

素質と鍛錬の種類という、この「たまたま」な一致を探すことと実践することもある意味才能だと思います。
運でもあるかな。

「たまたま」ということで言えば。
「子供の頃にピアノを習っていたら才能を発揮していたかも知れない。」「テニスをやっていたら…」「バレエをやっていたら…」「… 」

そんな話を友人たちとしていた時に、
「それに気づいて始めるのも才能のうちってことよね。」
という話で笑いに収まったということもありました。
「たまたま」のご縁、掴めなかった我々の負け惜しみでした。(笑)

*****

人それぞれなのですが…。
同じ勉強をするのでも、持ち合わせた素質と身につけるアプローチの仕方は人それぞれなのは理解できます。
が、子供の勉強の仕方には、自分と違う場合、にわかには安心できないです。


先日、欠席して抜けてしまった授業のあたりの事ですが。
昨日は、試しにその範囲の簡単な数学の問題を口頭で出してみました。
「72の約数の個数と総和はそれぞれいくつ?」

すると、空間に視線をやって少し考えて、「12個」
また同様に考えて、
「195」
と答えました。

なぜ書かないのだろう?
「それでできるのもすごいわ」と思う反面、「複雑な問題なら、ミスしてしまうではないのか」とも思ってしまいます。

少しほっとするのは、
証明の範囲の定期試験は、書くことがすなわち答えなので、しっかりと書いていました。

必要に応じて書くのかな?

*****
私の作品です。
布と金属の質感が出せたかな(^。^)
f0370147_09371764.jpg



*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2017-05-15 07:37 | 母の想い | Comments(2)

【ジーニアス:世界の天才 アインシュタイン】

面白そうです。
すでに1回目スタートしてます。😰


【アマデウス】というモーツアルトの映画がありましたが、
f の幼児教室の先生が「アマデウスの映画のモーツァルトは、f 君と重なるのよ。」とおっしゃいました。

そのときは、「作曲の才能は恐れ多いものの、映画のあの形相を思い出すと、突然笑い出したり奇行が横行してたのを重なるって。えぇ〜。」
と、一瞬思っていまいました。

当時、恐れ多くも、アインシュタインのことも、同じ様なことを言ってくださってて、先生にとっては、お気に入りの f に対する最高の褒め言葉のおつもりだったのだと思います。

思えば、当時、先生は、ギフテッドという言葉をご存じなく、当然その言葉は使わなかったものの、ギフテッドの特徴らしきものを教えてくださっていました。


先生の言葉の中で、ある意味心の支えとなる言葉があります。
それは、
「 f 君みたいな(褒め言葉が満載で恐縮)お子さんは、普通の学校教育の中では褒められるべきところも叱られたりして、変わり者扱いされたりするかもしれないのですが、そういうものですから、気にしないでくださいね。
誰がなんと言おうと、尊敬して育ててください。」
という様なものでした。

「そういうものですから」
(^。^)
なんて的確で安心させてくれる言葉でしょうか。
そういうものだと保護者が自分に言い聞かせるとき、その子にはアインシュタインやモーツァルトの素晴らしい才能が、違う色と形で潜んでいるのかも知れないと、喜ぶべきなのかもしれません。

大変な子育てをなさっている保護者の方々の心の支えにもなるかも知れません。

メンタルを整えてあげるのでいっぱいいっぱいなうちの場合など、才能など考えていられない状況ですが、
(世界の偉人とは程遠いものの)その様な言葉を思い出すと、将来が楽しみにもなってきます。

f に関していえば、先生が面倒だと思ったかもしれませんが、変わり者だとまではいかないので、まだまだというところなのでしょう。(^。^)>

*****
息子の漫画です。
f0370147_11265488.jpg



*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村




[PR]
by suzu62taha88 | 2017-05-14 10:39 | 母の想い | Comments(4)

先日、登校途中でお腹が痛くなって家に帰ってきた f 。

夫は、f が家にいたのに学校には連絡をしなかった。

夫は私にメールをしてきていたのだが、私は仕事中で気づかなかった。

メールに気付き、私から学校に電話。
事務室に着信のため欠席と理由を伝言。

夕方、担任から着信。
皮肉を言われ、緘黙の子なのにこういう場合は電話をしなさいと言っておくようにと。

ここまでは、端折っての話。

*****

担任からのお達しでは、次の日、f は、担任に叱られることになっていた。

学校に行きたくないのに電話をしないことを叱られるのは困る。

過度にかばっているのではなく当然のことが言いたかった。
そうしないでほしいことを匂わせる。
でも、伝わってなかった。
聞く耳は持っていなかった。

そもそも、緘黙の子に電話ができると思っているのは、理解できない。
子供に携わる教員なのに。
少しは勉強しとくべきじゃないのか。

この学校は、いや、他の学校も?こんな教員が多いから、親が戦わなくてはならなくなる。

f は、叱られたようで機嫌が悪い。
電話をしろと叱られたなんて、私の言っていることが理解できないのか。
緘黙の子が電話をしろと叱られるなんて酷い話だ。

話したいのに話せないのだ。
話せないのに「話さないのは、けしからん!」と叱られたということである。
そのこと自体も反論できないのだ。

f は、この悔しさを私にぶつける。

夫も連絡すればよかったのに、するはずはない。
そういう人だから。

叱るなら、夫を叱ってほしいくらいだ。

この辺にしておこう。

書いて、私だけでも楽になろう。

f のメンタルを癒してあげよう。
どうしたらいいのかわからないが、電話はしなくていいよ。私にメールをしてね。
というくらいだけど。

担任には、少なくとも来月の面談の時には、緘黙の診断書を持って説明してこよう。

教えてあげないと。

*****

高島屋で展示した時の写真

f0370147_22415090.jpg



*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村





[PR]
by suzu62taha88 | 2017-05-12 22:09 | 母の想い | Comments(5)