中学受験を振り返って③

前記事の個別指導塾は、1ヶ月弱で辞めました。
その半年後、その塾は潰れてしまいました。
夜逃げ状態だったようです。
もちろん、私のせいではないですよ。(^^;

夏休みに行われていた進学フェアに行って来ました。

偏差値にはこだわらず、先入観もフラットにして学校を見て回ると、
それぞれの特徴を知ることができ、
なかなか実のあるものになりました。

いくつかの学校を候補にしました。
残り半年で、正直時間がないので、過去問にかけました。

1年間通った大手塾では、スパイラル方式。
中学受験の範囲として最低の一巡はしてます。
社会の公民以外は受講していることになります。
一度でも触れていれば、基本は身についていると信じ、過去問にかけました。

9月にはいり、大手塾の個別指導塾で、過去問講座を受けました。

本人は、過去問を解くことにはまりました。

解いているうちに傾向が読めてきたようです。

年末あたりには、
小さい頃の熱心に自ら学ぶ f
が帰ってきたようでした。

家でも、自分で時間を計って過去問をやっていました。

塾では、人気校の算数は満点をとりました。
これで満点を取れる子を見たことがないと先生におだてられ、私も f 、すごい!と思ってしまいました。

図形でとても難しいものが出ます。
私も、数学を教えていたというのに、
これ何?って考えてしまい、必死に解きました。💦

(言い訳ですが、複雑な形が込み入った図を回転さた体積を求める問題は難しいです。
中にあいた空間を取り除くとか、角にちょっとだけ突起がある分を足すのにその分を求めるのは、小学生では無理なんじゃないかと思ってしまいます。)

方程式を使わず、三平方の定理も使わず、PやCを使わずに確率を求めたり、
算数の応用が解ける小学生は、すごいんだよねぇ。
頭が柔らかいから、子供のうちに触れるって大切なのかも知れません。
受験をしなくてもやらせてみるといいと思います。


「ピアノがダメな子はお勉強もダメよね。」
というピアノの先生のプレッシャーとも私が戦い💦
ピアノもしっかりやりながら頑張りました。

ピアノの先生は、ピアノの生徒たちの部活動も決めるというグレイトティーチャーです。
この教室で、コンテスト総なめのすごいところ。
親も追い詰められ、ある方は、海外に逃走したという、経験しないとわからない逃げ場のない精神状態になります。
f の志望校をいうと、
「あそこは、レベル高いでしょ。」
と、無理だという意味で言い放つつわものです。
先生の息子さんは最難関校生なんですよ。
そこに比べれば全然レベル高くないのですから、みくびったものです。

端折りますが、

複数の試験当日、
やめてしまった大手塾のバッグを背負って行きました。

そこの腕章をつけた先生たちが大勢いました。
他の受験生同様、そのバッグを背負った f と握手をしました。
テンションの高い先生とテンションの低く見える f 。

ある学校の時には、f は、その団体を避けて逃げるように会場に入って行きました。

せっかく応援してくれてるのに。
大手塾生ではないけど。(笑)

結果は、受けた8校➕東京隣接県校、全部うかりました。

喜べないオチがあるのですが、前にも書いたのでおしまいとします。

これから本番の受験生たち、とりあえず頑張ってね。
どこに進んでも、この後また身の振りを考えればいいのです。

いまだに悩む母の実感です。

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2017-01-28 12:28

中学受験を振り返って②

f は小4の途中から小5の途中まで約1年間、大手塾にお世話になりました。


上の子も同じ塾でお世話になったので、f は入塾金が免除になりました。

上の子は小6の1年間だけしか塾に行っていないので、結局、ふたりで一人分の費用で済んだというリーズナブル兄弟です。
(笑)

さて、大手塾でのクラスですが。
スタートは、二番手のクラス。
半年後、トップクラスに移動。
そして、その半年後、二番手のクラスに移動。

成績は微妙なところで、普通は移動しないんじゃないのかなとおもいます。

何が悪いのか?
宿題をあまりやらないから他の子に悪影響
を及ぼすらしい。
担当者がそういうことを言ってましたね。
悪影響って…,。

試験の成績がそのクラスで3位以内に入ると優秀賞としてノートがもらえます。
なのでいつも f はノートをもらってきていました。
お得だわ。って、ちがうちがう。💦

その後、
緘黙なことを知らない社会の先生が、さしても答えず、返事もしない f にキレて外に立たせたこともありました。

隣の子が悪口を言ってその子とその友達3人がいじめていた時期もありました。

感受性が強いのに緘黙で何も言えないので辛かったとおもいます。

この辛さはずっとつきまとうことでしょうが、地元中で今とはあまり環境を変えない方がいいのかな。
宿題をやらせてるのも疲れるし。
ということで、塾をやめさせました。

それから半年以上、
下校後はのんびり、
友達と遊びに行ったり、
パソコンをやったり、
受験とは無縁の生活をしていました。

小6の夏休み前に受験勉強を再開。
講師に学生はいないという小さな個別指導塾にお世話になりました。

ここが最悪!
私がお迎えに行った時に、
中年のヒステリーな女主任は、
f のチックをバカにして、
「首をいちいち振って、後ろに霊でも見えるのでしょうか。まともに話せないのは甘やかしてるからじゃないですか。」と言いました。

また、その数日後、
(私の指示で、)f がノートに線を引いておいたのが気にいらず、そのノートを破いたのです。

私は、線で式と計算のエリアを分けさせたのですが、
主任は見開き左半分全部を計算のエリアだと指導したらしいのです。
主任は、「違う!」と怒ってノートを破りました。

「さすがに人の物を壊すのはいけないでしょう。」
と、思って電話で問い合わせると、
「計算用紙がないので、ノートを切って使ってもらいました。」と、とぼけました。
誤魔化すんじゃないよっ。

N研の社会の担当や個別の主任のように、
話しかけてもしっかり反応できない f のような子を
目の敵にする呆れた大人が、塾なのにいるんですね。

無視してると思ってるんだから呆れます。

その子の様子を見れば、
答えられない子だってわかると思うのですが、
わからない大人もいるんですね。
しかも、塾の講師で。

もちろんここは、辞めました。

親の目の届かないところで、
絶対的権力のある大人から子供がいじめられるのは、もう勘弁してほしいです。
私は、また、子供を守ってあげられませんでした。

あの頃、f が緘黙だということを伝えていたらよかったのですが、
私は、緘黙だとわかっていながら、
これを伝えることが重要なのだと気づいていませんでした。


夏休みも、のんびり過ごした f でした。


*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2017-01-27 22:01 | 中2のF

キーワードは
「respect」

思春期男子の心理と上手な接し方についての講習会に行ってきました。

●なぜ葛藤が生じるのか。(保護者)
・子供を分かろうとしすぎてしまう
・分かろうとしない(思い込み)
・コントロールしようとしている
・手を出しすぎてしまう
☆保護者自身の傷つきが子供によって刺激される場合がある。

●なぜ葛藤が生じるのか。(子供)
・急速な変化についていけず多くの不安や戸惑いを抱いている
・親には悟られたくないと感じる
☆大人に理解されたと感じると逆に支配されたと思い自立が脅かされたとおびえそんな自分を隠そうとして反抗する場合がある。

(子ども)しかし、本当は
・まだ親には甘え依存したい
・干渉されたくない気持ちもある
・子ども自身が十分に葛藤をしている
理解しすぎようとすると子供を脅かすことになり自立を妨げることを理解する。
結局のところ、
尊重することを念頭に置いて話をすると良いそうです。】

☆☆☆☆☆☆

例えば、下の例の親の言葉は良くないそうですが、理想的な言動を考えてみてください。


①何度も繰り返す行動に、「何度言ったらわかるの?」と言ってしまった。
*では、どう言えば理想的でしょうか。考えてみてください。



①の問題の解答例
例えば、
『これは大事なことだからあなたが覚えてくれると助かる。』
と言うそうです。(^^)


②試験で良い点を取り「すごいね」と言った。
*では、どう言えば理想的でしょうか。考えてみてください。



②の問題の解答例
例えば、
『あなたが頑張ったこととっても嬉しい。』
と言うそうです。
(点数取れなかったらすごくないという自己否定をしてしまうからすごいでは良くないそうです。)

③息子が返事をしない時に「返事をしなさい。全くもう!」と言ってしまった。
*では、どう言えば理想的でしょうか。考えてみてください。



③の問題の解答例
例えば、
『今日はどうしたの?』
と言うそうです。

いかがでしたでしょうか。


上記のような対応がよろしいそうです。
臨機応変にという感じですが。

######

親にしてみれば、
子供の失敗を温かく見守るというよりも、
二度と失敗を繰り返さないでほしいと心配になり、うるさく注意してしまうのです。

子供にしてみれば、
責められているとか、うるさいとか、マイナスの感情を抱いてしまいます。

相手がよそ様であれば、
十分に気遣い、慰めたり、大丈夫だと励ましたりします。
子供にもそうすればいいのです。

よそ様に対する言動は、
今の状態への思いやりであり、相手の心に寄り添う理想的なものです。

自分の子供だと思う気持ちを一旦無しにして、1人の人として、声をかけるとうまくいくものなのでしょう。
乱れた感情をフラットにして子供に向き合うって難しいです。

さて、この講習会は役に立つのでしょうか。(笑)
よほど温厚な人じゃないと、ねぇ。
しかし、心がけが大切ということで、身にしみました。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村


[PR]
by suzu62taha88 | 2017-01-22 09:57 | 母の想い

見極めることの大切さ。

5年も前に見つけた記事なのでご存知の方も多いかと思いますが、
迷っている方に読んでいただけたらなぁという思いで、アップします。

寒い時に温かいココアを飲んだ時のような安堵感を得たものです。
入り口としてはとてもしっくりいくものではないでしょうか。

少々、表現に気になるところがありますが、分かりやすくするためだと納得しています。

下のリンクをクリックしてください。
⬇︎


人口の2%になってしまった人へ

原本は英語のサイトにありました。
英語で読まれた方がしっかりとした意味が伝わるのかなと思いますので、英語がお得意な方はそちらの方がよろしいでしょうか。

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-01-20 10:18

私が教えている都内の教室

急に水曜日が定休日となった様で、今日は休みになりました。

依頼されて講師をお引き受けしている教室なのに、この連絡は、なんと、また聞きなのです。

先週、
生徒さんから定休日の変更の連絡をいただきましたが、
オーナーからは連絡がありません。

オーナーに確認してみると、
「生徒さんから聞いたとおもうけど…」
という返事。

こんな大事なこと、直接いうのが当たり前です。
適当に流して馬鹿にしてるのかしら。
さらに、
こちらの都合など考えもしないのかと呆れてしまいました。

個人的な遊びの約束だって、予定が変更になった時点で相手に直接連絡をするでしょうに。

未払いもあるほどいい加減なのはわかっていましたが。

*****


こんな大人の身勝手さを目の当たりにすると、
「大人だって、こんなことがまかり通ってしまうのですから、
教師たちは子供達が少しくらい間違ったからといってガンガンに怒って追い詰めるのはやめるべきです。」
なんて想いが、頭をかすめてしまいました。


定休日の話で、
私がガンガン怒る教師でオーナーが生徒だったとしたら、オーナーはガツンとされているところでしょう。
大人同士だから、そんなことにはならないですし、私自身がガンガン怒る教師ではないからこうはならないだけです。

なのに子供達は、絶対的権力の大人に叱られてしまうのです。

子供たちに教師役をさせると、生徒役を注意したりしませんか。💦
無意識にそう感じているのです。

そんなことを懸念して、
私がいままで、先生方にお話しして来たことは、

「できないことや、サボっているように見えることは、わざとじゃないとおもうので、叱るのではなく、教えてあげてください。」
ということです。

最近では、一般的に「わざとじゃない。」という言葉も耳慣れてきたものの、まだまだ、叱らずに教えてあげるという教育はなされていないでしょう。

実際に、できるのが当然のように思われがちな子であれば、
「わざとでしょ。」という感覚で見られてしまうでしょう。

その勘違いから、教育現場での
ギフテッドの悲劇
が始まったりもするのです。

この対応を変えるため、
教育者や周りの大人達への
ギフテッドの理解
を広めていきたいものです。

(ただし、ここに隠れる「わざと」も見逃すわけにはいきません。
それには、その子のメッセージが託してあります。)

さらに、その先には、得意を活かしていく目標があります。
子供達が、
好きなことを邪魔されずに、、
活き活きと学べ、
安心できる環境を確保してあげられることで、
得意が伸ばせると考えています。

ギフテッドの啓蒙とともに、親御さん達やお子さん達がホッとできる機会も設けていきたいものです。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-01-18 13:40 | 教育

よく行くカフェに深キョンのお母様とお友達だという60歳代の女性がいます。
ほとんどが深キョンの話で盛り上がってます。
もういいよっていうほど。(笑)
そうなると、私は深キョンの母の友達の知り合いってことになるんだわねぇ。
ホントかなぁ。(笑)

さて、先週から、
深キョン出演の、
金曜日10時のドラマ「下克上受験」
という番組が始まりました。

中卒の両親のもとに生まれた子が、
父親サポートの上、
最難関中学に合格するというお話です。

その第1話で、印象的だった父親の台詞で、
「人生は取り返しがつかないんだ。
(娘は)難関の中学に入って一流大学に行かないと惨めな思いをする…。」というのがありました。
(言葉が違うかもですが。)

話の流れ上、必要な台詞なのでしょうが、様々な学びの形がある中で、これはないかなと思います。

振り返ってみれば、確かに、成績優秀な子は族にいうステータスの高い職についています。
ただ、学歴が欲しいなら、何歳からでも何度でも取れる訳ですから、そう切羽詰ったものでもないでしょうね。
こう言い切られると焦ってしまう子も親もいると思うんですよ。

実際には、そんなに焦らなくても自分にあった学びの方法で目標に向かって行けばいいんじゃないでしょうか。

そうはいっても、このドラマは面白いです。
疑似体験ができて、達成感が味わえるかも。
一連の最後が水戸黄門的な感じで。

がんばれ!中学受験生。 by ママ能研

うちの f も、ほぼママ能研でした。

******

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2017-01-14 23:58 | 母の想い

英才児教育の小学校

本日夜7時からの番組です。
見てくださいという感じでもないのですが、私にとっては思い入れのある小学校の様子が放映されます。

幼児教室で、f を担当してくださった先生がご紹介くださった小学校が、この学校です。

夏期講習に行き、I.Qをとったりして、校長面接をしました。

入試のペーパーテストは知能検査ですから、有利なことは間違いありませんでした。

結局のところ、こちらに通う運びとなりましたが、あまりにも遠いので、悩み、入学は断念しました。

正直ここに行っていたらよかったのかなあと思うこともありました。

実際は、
中学受験の時期になれば、
この学校のお子さんたちもそれ一色になります。

既存の教育システムでは、結局は、世間体の上に成り立つのでしょう。

とはいえ、楽しそうですよ。
ギフテッドの教育にある意味、いいところもある学校です。


そこにお子さんを行かせていたママさんからのお話で、
内情も、漏れ伺っていますが、驚きなこともいっぱい。
公言できませんがね。

http://www.fujitv.co.jp/b_hp/furutachisan/index.html" target="_blank">


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2017-01-08 17:49 | 母の想い

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

「挨拶は人として基本だ。」
「挨拶しても無視する人は最低だわ。」
と、思ってきた私。

挨拶ができるのにわざとしない人は相変わらず感じ悪いとは思いますが…,。
緘黙の子を持って、「挨拶をしたくてもできない人」もいることがわかりました。

f は、頭をコクリと下げ、もごもごっと言葉を付け加えて挨拶をします。
彼にとっては最高の挨拶です。
今朝もお年玉を渡したら、ぺこりと頭を下げ、「ありがとうございます。」と、もごもご言ってました。(笑)
家ではもっとはっきり話すのに、よそに行った時みたいによそよそしい緘黙ぶり。
なぜだっ(笑)

それにしても、人には難解な「もごもご」も、挨拶をしたいという気持ちを表せるようになれたことはとても嬉しいことです。

これもできないという緘黙のお子さんと親御さん。
「挨拶する気持ちがあるんだよ。」ってわかってもらえるように、
共に「緘黙の理解」を広めて行きましょう。

さて、我が家も、おせち料理とお雑煮で幕を開けました。

*****
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村


[PR]
by suzu62taha88 | 2017-01-01 14:44 | 母の想い