緘黙についての理解

今年ももうすぐ終わります。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

今年を振り返ると、たくさんの方達と出会いました。
ブログも再開し、しばらくお話をしていなかった方達ともお話ができました。
とてもありがたい事です。

ブログに寄せていただいたコメントを読み返してみて
(そんな暗いことをしてんのぉ、気持ち悪いと言わないでね。(笑))
温かいお気遣いに込み上げてくるものがあります。

コメントを残してくださった方、また、ご覧くださり支えてくださった皆様、ありがとうございました。

♫♫♫♫♫

子供のことや思いを書いていると、ギフテッドのことから離れ、いつの間にか困り感満載の愚痴っぽくなってしまいます。

なんの向上心もない情けないブログは、非公開で書いときなさいよという天の声が聞こえて来そうです。

そんな事さえも気にするほどでもない、低次元のブログですが、今後ともよろしくお願いいたします。

♫♫♫♫♫

場面緘黙の事で、ご心配くださった方達から、温かいメッセージをいただいております。
その中で「ご存知だと思いますが。」というお気遣いの前置きをされて緘黙についてのサイトをご紹介くださいました。
⬇︎
緘黙について

自分だけ分かっていても仕方がないということを改めて思い起こしました。

まだまだ認知が薄い緘黙のことをたくさんの方々に知っていただくことが必要なことです。
強いては、学校の先生方に「教えてあげなくては」いけないことです。

f の学校のスクールカウンセラーは、緘黙についてご存知なのかどうなのかわかりませんが、守秘義務を盾に教員側には説明もしませんでした。

スクールカウンセラーで話が止まってしまったら支援にも理解にもつながりませんでした。

担任はお忙しいだろうと遠慮してスクールカウンセラーに相談したわけですが、結局は、担任には、別途相談することになりました。

担任が緘黙のことをご存知だという前提でお話ししたのですが、結局はご存知なかったようで、「はいやいいえで答えられる質問ではなく、なるべく言葉で答える質問をしています。…」とおっしゃっていました。
私としては、それって違う?という想いでいながらも、先生のおっしゃることで良くなるという希望的観測の中、お任せしていました。
本音を言えば、はいやいいえで答えられることから慣れていったほうがいいのになと思っていました。

結局は、担任も分かっていなかったようです。

順番が違いました。
改めて緘黙についての資料を渡そうかと思っています。

担任とはもう何ヶ月もお付き合いをしているわけで、今更渡すと皮肉っぽくなるんじゃないかとか、余計なことを考えてしまいます。


*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村


[PR]
by suzu62taha88 | 2016-12-31 14:15 | 中2のF | Comments(0)

f は、試験休みに引き続き冬休みになりました。

毎日、私が帰ってくる夕方、まだ f は眠っています。

この現実が辛いです。

また、4時からの授業にも出なくてはならず、起こしてすぐに出なくてはなりません。

例えば、子供の特性は親の育て方のせいではないとの認識がなされるようになりました。

しかし、f の場合、私のせいだと落ち込んでしまいます。

こうして昼夜逆転してしまうとか、
緘黙だとか、
ノートに書きうつさないとか、
途中式を書かないとか、
ゲームばかりしているとか、
○×△◻︎%〆?…。
色々あるよくない癖は、
私がダラダラとした性格だから管理できず、好き勝手にさせてしまっているからなのかと思ってしまいます。

帰宅後、眠っている f をみた途端、
激怒して絶叫!

「どうして自分を管理できないの。💢」

勉強もしなくて成り立つのは今のうちだけ。
今後はそうもいかないでしょう。
なのにやろうとしない。
やらせようとすれば、がっつり反抗してくるし、
私の悪口言っているし。
悪口を言われれば、私もカッとして、声を荒げて叱りつけてしまいます。
疲れます。
なのに、改善されず、どうにもなりません。
勉強はいいとしても、昼夜逆転は先が思いやられます。

夜も「早く寝なさい!」と言っては、監視してますが、私も明日があり、夜中の3時には眠らないと起きられないと思って焦って眠ります。

寝たふりしてい f は、その後、お風呂にしのびこみ、そこでパッドをやっているようです。
もちろん見つけると、叱ります。

朝は、f を起こして私が出かけて行けばいいのですが、
冬休みに入って、毎朝バタバタと大変だった日々から解放されて、つい。
起こさず、自分の支度をして出かけていきます。
やっぱり、私のせいです。
いや、f のせいなのは、そうなのですが、こどもを管理できない自分が恨めしいです。

学校がある時も、遅くまで眠らないので最悪です。
3時間くらいしか眠らずに登校していく f。
どうなるのかしら。

不安ばかりです。

勉強はいいとして、とは言ってしまいましたが、たくさんある宿題はやらせないといけないし。
気が重いです。

私は躾のできない、だらしない親です。

*****
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村



[PR]
by suzu62taha88 | 2016-12-28 23:19 | 中2のF | Comments(9)

f が英検の二次の面接試験を初めて受けたのが小3の時です。
小学生の勢いで合格したのですが、その後、人と話せないことが益々酷くなり、面接試験のことが気になって受験を控えていました。
数年後、次の級も合格できました。
面接試験も合格しましたが、
「積極的に会話をしようとしている」という項目は最低点でした。
緘黙であるということが試験管が知らなければ当たり前な評価です。

今度受ける級は大学入試程度です。
本人は相変わらず英語も勉強はしてませんが、英語は勉強というよりも言葉だからでしょうか。
いつの間にやらこれを受ける順になっていました。
そんなレベルになっているのか怪しいですが。

緘黙の子は面接試験は不利だと思います。
スクールカウンセラーも去年の担任も、
「残念ですね。」(お気の毒に)というだけでした。

何気に、募集要項の障害者特別処置というものがあるので見て見たら、
発話の配慮
というものがありました。
『小さい声で話す』
『話し始めるのに少し時間がかかる』
ということが試験管に知らされ、そういう人だという気構えで面接をして下さるそうです。
点数がよくなるというわけではありませんが、口ごもってもわからないからではないとわかってもらえます。

医師の診断書と報告書を提出します。

f が、発達検査をしていただいたクリニックに連絡をしてみました。

しかし、
受付の方からのお話では、
「場面緘黙は専門ではないので診断書がかけません。」とのことでした。

素人にでも明らかにわかる緘黙の症状ですが、知らないってなんなのでしょうか。

責任取れないということなのでしょうか。

責任なんてとらなくていいのに、何のための医師なのかわからないです。

その医師が
「緘黙なら、作文教室に行けばいいと思います。」とおっしゃったのには、
確かにわかっていないと思いました。
(このくらい勉強してほしいです。)

緘黙は、人と話ができないのであって、
話を構築できないのではないのです。

児童精神科を標榜する医師が支えてくださらないのなら、どなたにかかれば良いのでしょうか。

本当に親身になってくださる医師はどこにいらっしゃるのかと思います。

うちは、緘黙に関して、漂流中です。

いつ英検を受けるのわかりませんが、英検に備えて、他のクリニックに予約を取りました。

ps.
英検の面接試験には、養護の配慮がありますので、申請できる方はご利用なさるといいと思います。


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-12-26 16:13 | 中2のF | Comments(7)

気になる子との出会い。

私のお仕事でのことです。
今日は冬休みの特別授業でした。

参加してくださった中学生の男の子。
お父様と一緒に2時間かけていらっしゃってくださいました。
おとなしいその子は、f そっくりで、他人とは思えず、ずっと気に掛けてました。
マスクを外さず、話しかけるとボソッと一言二言話します。
テキストを見て、さりげなく課題を終わらせていたりして、このさりげなく終わってリアクションもないところが f のようでした。
f と同じく、緘黙なところがあるのでしょう。
とても賢いお子さんでした。
爪がとっても長くなっていたので、もしかしたら、学校に行ってないのかもしれません。

気になるというか、心配なのです。

片道2時間もかかるので通えないけれど、またきて欲しいな。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-12-26 00:14 | 母の想い | Comments(0)

小さな幸せ。

中学役員のママLINEに
三者面談になったという方たちがカミングアウト。
「うちもです。黙っているのがズルい気がして…。」などという言葉をつけてアップされていました。

三者面談は、意外と多いのかしら。
本来保護者と担任との面談です。
試験の結果、赤点があると本人を含めた三者面談になってしまいます。

赤点を取らせてしまう授業もどうなのかと思ってしまいます。
赤点を取る子がいる授業担当者にマイナスポイントがつくとなれば、担当の先生も必死になるかなと、一人妄想に浸るのでした。


みなさんの言葉ですが、「親の悩みは成績のことだけよね。」

本音を言えば、とても羨ましい。
こんなことを言うと、棘がありそうですが、本当に羨ましいです。

緘黙で自己主張したくてもできない。
お話できないし、人と関わる中で話せないと言うのは、トラブルがあれば辛いばかりです。
自己防衛はみんなを避けること。
みんなを避けてしまうようだとなかなかお友達もできないわけです。

いじめられてしまったこともあり、
理解されずに悔しい思いをしたり。

こんな辛い特性を持つ子供を持つと、
悩みは成績だけだなんて、とっても羨ましいのです。

試験の話ですが、試験中に爪をパチパチさせるお隣の子を恨んでいるf。
(恨むなっちゅうの。)

そのせいにして(?)空欄が目立つ答案用紙が返ってきました。
トップ維持だなんてどこ吹く風。
点数だけを見れば、他のお母様方は心を痛めることでしょう。

しかし、私も全然気にならないのです。
本人の能力を信じているからなのでしょうかね。
めでたい母です。

面談で、先生が、
「随分と表情が明るくなったように感じます。
本人に聞いたら、Y君とO君とは、話すことがあるようです。」

などと嬉しいご報告がありました。
そういう何気ないことが、幸せなのです。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-12-24 18:32 | 小2のF | Comments(2)

今日から、f は冬休みが始まりました。
実際には、試験休みになって10日にもなりますが。

宿題はどっさり出ています。
この課題をやって、冬休み明けに課題テストがあります。
意味があるかどうかは別として、それに備えて頑張ってほしいところです。

その前に、期末テストの間違え直しが終わってません。
提出するわけではありませんが、全部直せたら満点と同じ。
次に進めるというものです。

*****

期末テスト中、隣の席の子が相変わらず爪をパチパチしていたそうで、それが気になる f は、テスト期間、帰ってくるたびに怒っていました。

「それを理由にできなかったってことにしないでね。」
というと、
「へー、隣の人がうるさいのに。」
何が言いたいのか。
多くを語りませんが、私に八つ当たりな態度をとりました。
やれやれ、付き合ってられないです。

返された答案用紙は、ほとんどの教科に空欄がありました。

点数はどうであれ、内容を理解していることが大事ですから、テスト直しは必要です。
早くやれー。(^。^)

とりあえず、
数学幾何学、数学代数、英語文法、英語長文読解ヒヤリング、理解(物理化学)、国語文法、国語読解
が、終わりました。
あと残すところ5教科。

*****

テスト休み中に担任との面談がありました。

試験中、お隣の子が爪をパチパチさせていて、気が散るようです。
うちに帰ってくるとそのことで荒れます。
と言っておきました。

でも、集中できないことを人のせいにするなって話です。

耳栓はうっとおしいらしいのでヘッドギアーか。(笑)

*********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村









[PR]
by suzu62taha88 | 2016-12-24 00:50 | 中2のF | Comments(2)

とっても混んでいましたが、見に行けて嬉しいです。
f0370147_03334746.jpg

f0370147_03334850.jpg

*********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-12-18 03:28 | ご紹介 | Comments(4)

f には、数検でも受けさせようかと思い、高一範囲の、準二級の過去問を見て見ました。

中身は簡単なものでした。
とはいえ、f は先取り学習はしてないので
まだやっていない単元があります。

なので、
三角関数

数列のPの記号
を教えてあげました。

教えてあげたと言っても、幼稚園児にもわかるような単純なルールです。
少なくとも本人は、小さい頃に勝手なルールを作って数字遊びをしていたので、根は好きなのです。

三角関数のsinθとかに付随する三角形の長さの比を書いてあげたら、
ふぅが「そういえばそれを使った問題があるよ。」と言って学校のプリント出してきました。

自分から机に向かうなんて珍しいので撮っときました。(笑)

図形は私より数段上です。

しかし、「あっているかどうかわからない。」と言っていました。(笑)
f0370147_01042302.jpg
f0370147_01042447.jpg
*********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村



[PR]
by suzu62taha88 | 2016-12-16 01:07 | 中2のF | Comments(2)

f の定期試験は、出席番号順の席で行われます。

隣の子が爪をパチパチと鳴らす癖があり、
今回も試験の期間中、
隣の人がうるさい!
と、f は文句を言っていました。

前回の中間試験は、耳栓をしたのですが、
今回は、それも邪魔なんだといってやりませんでした。

解答用紙が返ってきました。
数学と理科(物理、化学分野)と英語は数問だけ無解答でしたが、やってあるところはほぼ全問できていたので良かったとは思います。
しかし、文章など文字を書くのが遅い f は、歴史や国語は、結構な数を無解答でした。
隣の子のパチパチに気が散って、ずっと気になって手につかなかったんだろうなと思います。
私が「終わらなかったの。」と聞いただけで悔しがって不機嫌に「隣の人が…」といっていました。

こちらもカッとしてしまって「人のせいにしないで…」

叱ったものの、それは辛いと思います。
気になり出したら頭の中はそればかりになりますから。

冷静になったところで、
「テストの結果なんて気にしなくていいわよ。f が理解していればそれでOK。自力でテストを直して完璧ならば満点よ。」
と言ってあげました。

本人、落ち着いたらしく、テストの直しにかかり、レポートに仕上げてました。

やるときゃやるじゃない。(^_^)v

その後、お風呂から「うるさいうるさ〜い」と、怒鳴る声が聞こえてきましたけど。(笑)

それから、数学代数の女の先生からのお知らせが入っていました。
試験の点数以外の評価の点数です。
提出物は、200点満点中20点。
あちゃ〜。
素晴らしい解答を書いた場合は加点され、分母よりも点数が多くなることもあります。
ですって。
【約束守れたよ。】とか【アピールできたよ。】とか、数学ができるかどうかと関係ない点数って、どうなのかって思うのです。
世の中こういうものだから、と、我慢してますが、いつからこうなったのかしら。
【先生にゴマをすることも実力】と皮肉を言う人もいるくらいに変な習慣、万国共通なのかしら。

*********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村







[PR]
by suzu62taha88 | 2016-12-13 01:18 | 中2のF | Comments(0)

ご機嫌でした。

土曜日。
学校は午前中のはずが、f は、なかなか帰ってこなくて、
7時を過ぎて、帰宅しました。

数学の問題集が再提出になっていた人が居残りでやらされていたようです。

普段、
パッドの問題と
予習のノートと
問題集2冊と
教科書の問題が
毎日の宿題で
数学代数だけでも
半端なく多いです。

そんなに必要ないわよねぇ。

f は、溜まりに溜まっています。
やらないチャンピオンです。
学校での信用はなくなります。(~_~;)

こんなこともあろうかと、念のため数学一式は持たせていました。



それが、なぜか機嫌よく帰ってきました。

バッグを下に置くと、両目をつぶり両手を広げて片足で立っていました。(笑)

しばらくして目を開け、「どうだった?」と聞いて来ました。

質問は意味不明でしたが
「長く立ってたね。」
と答えました。

f はニコニコしていました。

私が、「残って数学をやってたの?」と聞くと、
「そう」という返事。
やっぱりね。

私 「誰か他にいたの?」
f 「いたよ。Y君とか。」

Y君は、ごくたまに声をかけてくれる子です。緘黙の f にとって、話しかけてくれる子は神様。

多くは語らないので、何があったのかわかりませんが、幸せそうでした。

*********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-12-12 19:38 | 中2のF | Comments(0)