反抗期は親孝行?

メンタルも感覚も敏感で、心も閉ざし気味な f に、いかに良い日々を過ごさせてあげられるのかとかんがえてしまいます。

あちらの山に良い草が生えていると聞けば探しに行き、こちらの川で顔を洗えば美人になると聞けば洗いに行く。(違うわね。(笑))
親というものは子供の可能性と辛さをなんとかしてあげたいと頑張ってしまいます。

この度も、凸凹さんの活かし方的な講演会があり、お話を伺ってきました。

素敵なママさんたちとの出会いもあり、「行って良かった。」と幸せな気分で帰ってまいりました。
実は、帰りの電車で物思いにふけり乗り越してしまったという失態!
我ながら「馬鹿ですねぇ。」


帰宅して。
f の顔を見て、「今日はどうだった?」と聞いたでしょうか。

思春期の反抗というものには、困ったものです。
その後に私が心を乱されたおかげで、正直なんて言葉をかけたのか覚えていません。💦


f は、私にむかって罵ります。
「汚い」
「くさい」
「なんでここにいるの?」
いつものことながら、カッとしてしまいました。

続いて私も
「宿題終わったんでしょうね。
パソコンばっかりやってないわよね。
暇つぶしばかりしてるんじゃない!…」
と、普段言わないようにしている禁句を怒濤の如く浴びせました。
わぁ、大人気ない。

私は気分良く帰ってきたので、つい声をかけてしまったのが間違いの始まりでした。
(早く反抗期が終わって欲しいわぁ。)

f には構ってられないと思い、自分のことをして昨夜の幕を閉じました。

朝起きるとf がおきまりの洗面所でパッドをやっていました。

私が眠っていた5時間の間、少しはf も眠ったのでしょうか。
どうなのかわかりませんが、そのまま準備をして登校していきました。

子供の思春期で、こちらが腹立たしくさせられることは、心配しすぎないために、ある意味親孝行なのかも知れません。

そうそう、今年度はf の自律のための年と位置付けたんだったわ。
私が色々と手を出すのは控えなければ。

本人が気づけない環境を整えること(=私が講習会に行くとか、メンターに会わせるとか)は別ですが、(これもあまいのかしら)見守らなければ。

見守る方が手を貸してあげるより辛いのですが、親も成長すべしですね。

それにしても、f は寝不足ね。
学校で居眠りしてたら頑張って行った意味ないわよねぇ。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-28 15:49 | 中2のF

ギフテッドの低達成

何かで読んだことがあるのですが、
ギフテッドの人は案外学歴がない(高校行かないとかの意味)場合があるとのこと。

016.gif< 「IQ高ければぁ、勉強できるしぃ、難関校に合格してぇ、職業にも恵まれるんじゃないのぉ。」

そんなふうに思いがちですが、ギフテッドの特徴を考えれば、なみ一通りにはいかない様です。

ある一面の特徴を極端に言えば
「興味のないものには振り向きもせず興味のあるものに没頭する。
他人の評価を得るためではなく知りたい欲求で研究する。」
のですから、
興味があるものが教科学習になければ、学力が高くついているとは限らないというものです。
できないと言っても平均くらいはできるのでしょうが、
そもそも持っている能力にはそぐわない結果ということにもなるのでしょう。
高い潜在能力にそぐわないくらいの低い達成度をギフテッドの低達成といいますね。
ありがちだと思います。

進学の話ではもう一つ。
そもそも学校の授業の域を超えているとか、
集団の中では能力が磨ききれないとかで、
学校を捨てるという選択をしている場合もあります。
したがって高校は行かないとなるわけです。

「IQ高いのに、勉強もそんなにできなくて、能力を伸ばせなかったのは親のせいだわぁ😰」
などと、引け目を感じたり、ブルーになってしまいがちな親御さんも、落ち込まないで欲しいのです。

焦らなくていいと思います。
中高難関校になんて入ってないギフテッドなんてわんさかいますから。
(昨日、近所の学歴大好きおばさんと立ち話をしてしまって、低達成のことをかんがえてしまいました。)

その子の興味や得意がなんなのかで道が違ってきますが、その道で必ず一流になる子!だと楽しみにしていればいいと思います。

得意が
お勉強かもしれないし、
お魚関係かもしれないし。
きっと何かは一流だから。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-25 08:15

小5 f の描いた模写

↓このしゃしんを見ながら、f が小5の時に描いた絵が下の絵です。
f0370147_16103110.jpg


f が小5の時に描いた絵↓
f0370147_16103236.jpg


私が見ていないうちに描いていたので
どうやって描いたのか知りたいと思っていました。
色も上手に作り出していて、私が習いたいと思ってしまいました。(笑)

もっと絵を描いて欲しいなぁ。
出来れば芸術で爆発して欲しい母です。
(笑)

この記事、二度目の方、すみません。

*****
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村


[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-20 15:59 | 小5のf

小3の2月の記事です。
インフルエンザに罹って異常行動を起こしたことがありました。
夜驚症は意識のない中の出来事ですが、
インフルエンザの異常行動はそうではありませんでした。

起きている時に急に
「あ、大変、頭が変になる〜、助けて、あ、あ、あ〜。」と、
不安そうにパニックになり、
「わ〜〜。」と叫びながらバタバタと逃げ回ることもありました。

起きている時にこうなることってあまり聞かないので、レアなケースでしょうか。

頭に電流が流れている様な、何者かに動かされているような感じです。

異常行動をおこす人の傾向ってあるのかしら。


回想記事(2012.2.28火曜日)ふぅ(f)小3の記事です。

⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎
残念ながら、ふぅはインフルB型にかかってしまいました。

夜中の異常行動には、怖くなり、また切なくなりました。

************

異常行動

苦しく寝つけず、たまに少しだけ眠りに入ります。

ときどき泣きべそをかいたり、唸り声をあげたりして、とにかく落ち着いては眠っていませんでした。

目を覚まして、洗面所にいた私に近づいてきて、ふぅが私の顔を見て、にこっと無理やり笑顔を作りました。

そのあと、布団に戻ったので様子を見に行くと

足をバタバタとさせ、全身硬直したように突っ張って唸っていました。

その後、手をこわばらせ震えだしました。

その力が抜けた、と思ったら起き上がってギャーッと泣きだし走り出しました。

ドタバタと走りおびえた表情でした。

ここまではいつもの夜驚症の発作と同じようなものでした。

(いつもなら一通り走り回ってで寝床に着くとすぐに眠りにつく。)

そのあと、泣いているグチャグチャな顔で「病院に行く」と言い出し

泣きじゃくりながら着替えをしてドアを開けようとするので

夫が抑え込みました。

ふぅは、「いくんだ。」と、ギャーギャーと言い張りまたドアに突進しました。

力いっぱいで捕まえる夫も必死でした。

その間、私は夜間救急診療に電話をしました。

電話が終わって一緒にリビングまで連れていきました。

まだドタバタと恐怖の表情で暴れました。

と、思ったら、ふと我に返って、本を読み始めました。

私「え???」

と同時にホッとしました。

電話に出た看護士が「夜間診療はインフルの検査はできませんよ。」とおっしゃっていました。

この発作には驚きましたが、
治まったいま、
「検査ができないと治療もできない」というのなら、
夜間診療には意味がないと判断し、キャンセルをしました。

ただし、「この異常行動は2日間は繰り返すこともあるので見張っているように。」と看護師からのご忠告がありました。
それならば検査して治療すればいいのにと思いました。
法的な決まりってあるの?
国民の安全って何?
愚痴っても仕方ないですね。
きまりらしいので。
************

インフルエンザって、苦しそうで脳も過敏に反応するので、ほんと怖いです。

⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-20 00:18 | 小3のふぅ

反抗期

上の子が高校生の時、三者面談があり学校に行きました。

面談が終わって、廊下に出た時に見かけたのですが、隣の隣のクラスの親子さんが廊下で待っていたのです。

その男子生徒は母親にプイと背を向け近づくなとばかりに手で払いのけました。
お母さんは困った顔をして少し離れ、少年が乱暴に投げたハンカチを拾っていました。

その時、私は、子供からあんな反抗をされたら辛いだろうなと思いました。

これは、いまの私にとってとても意味のある光景となりました。

*****


上の子は反抗期に、無視をするという静かな反抗でした。
それでも今までとは違う様子に寂しさを感じていましたが、今のf とは違ってこちらに当たってくることもなく孤立するという形で反抗期は過ぎて行きました。

*****

f は中学に入ってからすぐ、反抗をし始めました。

新しい環境の中、緘黙で余計に辛いのだと思い、そのストレスを私にぶつけているのであるということでそれほど悩みもしませんでした。

しかし、いまも続く反抗に時にこちらも腹が立ちます。
いつも、まともに話もしないし、口を開けば私の悪口です。
上の子に比べたら、直球でガンガンな反抗です。

もし、あの光景に出会わなければ、こんなに不幸な母親はいないと思い悩んでしまったことでしょう。

辛い時にあの光景を思い出し、f が特別な訳でもなく、案外そんなものかと思えるのです。

*****

人と比べるものではないけれど、
他の子供達のことも見たり聞いたりして、うちの子だけが特別変なのではないことを知ることも、子育てには必要だと思いました。

これが母の精神安定剤だと思えます。

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-18 18:21 | 母の想い

f 7歳からの出題

f が7歳の時に作った問題です。

微分積分の∮ や△dや三角関数のsinΘcosΘtanΘみたいなブラックボックスです。
f0370147_09031108.jpg


一番上の説明
まず5数は5が奇数なので”奇数”である事と5を除くという意味
よって、(10までの数で5を除く奇数の合計) + 4
    =(1+3+7+9)+4
    =20+4
    =24
だそうです。

ちなみに3番目の問題は
   (12までの数で7を除く奇数の合計) + (14までの数で9を除く奇数の合計)
 =(1+3+5+9+11) + (1+3+5+7+11+13)
 =29 + 40
 =49
そして次の行は
3行めの答えの49 + (7数のほうで抜けた数は何種類か) + (9数のほうで抜けた数は何種類か)
             = 49 + 1 + 1
             = 51

です。

お付き合いをありがとうございました。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-16 08:52 | 幼少期 F

f が小5 の時の絵

f が小5の時。

鏡を見ないで、手で顔を触って、自画像を描いてもらいました。

絵の具は三色と白黒(赤、青、黄、白、黒)
を混ぜて作ってもらいました。

なかなか味のある絵になりました。
触れて感じるものを描いて欲しいと思いました。

f0370147_02042195.jpg

f0370147_02042168.jpg

f0370147_02042298.jpg


f0370147_02042205.jpg

メガネは目が悪いのにかけないので、絵でもかけておりませんねぇ。




♪*****♪

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-16 04:40

fの幼少期に作った問題

「僕には数字が絵に見える」という本がありましたが、人によっては思いもよらぬかずの捉え方をしています。
一般的な認識では計り知れない不思議な認知をしている人もいて、私はそれを個性と捉えています。

幼少期のfは数を楽しんでいました。

例えば、fが小学1年生の時に何気なく並べた数字を見ていたら、フィボナッチ数列であることに気づいて、よく物を考える子だと思いました。

そんなfは、問題を考えるのも好きで、幼稚園に入る前からあらゆる問題を考えては毎日誰かに出題をしていました。

幼稚園ではママさんたちが「さて問題です。」とfの真似をしてくださったものです。

下の写真はfが幼稚園児の頃に作った問題ですが、ぐちゃぐちゃしてよくわからないと思います。
またの機会に書いてみますので、その時はどうぞ解いてあげてくださいませ。
ブラックボックス付きの方程式があったりしてとても面白い問題です。

f0370147_02355792.jpg
f0370147_02355837.jpg

f0370147_02355979.jpg

f0370147_02360054.jpg

f0370147_02360159.jpg

f0370147_02360177.jpg

f0370147_02360211.jpg

f0370147_02360379.jpg

f0370147_02360434.jpg

f0370147_02360528.jpg




*****
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-14 06:42 | 母の想い

fは小学2年から中学受験の1ヶ月前までピアノの先生に習っていました。
音感がよくて、新しい曲は案外すぐに弾ける様になります。
厳しい先生なのでそれでいいわけではなく、毎日のレッスンは大変でした。
中学受験勉強はfの場合、小4途中から小5途中の一年間と、(半年以上お休みをして)小6の9月から入試直前までの正味1年半だけだったのですが、
ピアノ教室と塾が重なる1年半は毎日が大変でした。
下校後は学校の宿題、塾の宿題、ピアノの練習。そこにピアノ教室と塾通い毎日が大変でした。
ピアノと受験塾との同時進行は本当によく頑張りました。

中学受験が終わったら復帰する予定でしたが、fはピアノ教室に通わない選択をしました。

ピアノはプロになるほどじゃないのはわかっていますが、もったいないなぁと思いました。
私の事で恐縮ですが、私と同じ歳のいとこは小さい頃、私よりもピアノが下手だったのですが、ずっと続けてあの東京芸大で学び今や日本のトップとは言わないけれど、そのレベルで演奏者になっています。
続けることも才能です。
学歴が言いたいわけじゃないですよ。
それがなくても一流になれる方が真の芸術家だと思います。
それは百千万億那由他のうちの一握りで語るに至りません。(^_^;



下の記事は忙しく過ごしていた頃のfのことです。

*****
今日(小5当時)は、ピティナ(全日本ピアノ指導者協会)の

 ステップという試験がありました。

 
前日の先生からの
「演奏時間変更による演奏箇所の変更メール」で、私がパニックになったものの
本日、無事、間違わずに演奏できました。

 一曲目はソロ

二曲目は先生との連弾でした。

 
写真は一番下です。



 

審査員の先生からのアドバイス

f0370147_10170684.jpg

f0370147_10170701.jpg

f0370147_10170768.jpg




 この後、時間に間に合わないと無理やり塾に行かせました。

 

すぐには結果をしらなかったふぅに

 いい知らせを伝えられました。



 

***********

後日、審査員の先生のリサイタルがあり、行ってまいりました。
ピアノのさとうせんせいです。
f0370147_10170869.jpg

fの演奏風景。二曲目は先生とのれんだん↓

f0370147_10181639.jpg


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-13 09:00 | 小5のf

fはどういうわけか宿題をやっていても提出してこないのです。

平たく言えば、褒めてもらいたいという発想がないからなのでしょうか。
はたまた、単に実行機能の欠如というものなのでしょうか。

せっかく課題をやったのに出してなくて評価も下げられるのです。
私としては、その当たり前のように繰り広げられる評価の仕方には疑問があり、評価自体に疑問が残るのです。
宿題を提出していないからその教科ができないという事になるのです。
それはおかしい。
この教科の内容ができていればそれで良いと思うのです。
宿題は、理解するためにあるのですから、たとえやらなくてもテストができればいいと思います。
やったか否かを点数に足したり引いたりするのはおかしいです。

一方では、宿題をやったかどうかはさる事ながら、それを提出するという事は、社会において約束を果たすという意味で大切な事となるのです。

これが「あと10%の欠如。」として、
ここをなんとかしたいと思っています。

カバンの中でゆくえ不明になっていれば出そうにも出せないかと思って、宿題をクリアーファイルに入れて毎回もたせています。
本人がどの教科でも、まずはそのファイルを確かめて出せれば問題ないかと思います。
しかし、それが無理で今に至ります。

社会人としてやっていけないぞ!

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-11 01:19 | 教育