【悩んだ挙句】
夏休みの間にFの性格を担任にとって良い子にしなくてはならないことになりました。

そもそも授業は暇なのですから、違う事を考えずにいられるはずはありません。
脳が活発で好奇心旺盛なんですから簡単でつまらない授業に出ているだけでつらいですもの。なんならもっと食いつきたくなるような面白みのある授業をして欲しいものです。

さてさて、どうしようかと悩んだ挙句、身内に相談したところ、教育委員会の相談窓口に連絡してみることになりました。

そこで話したことが校長に連絡され、校長から呼び出されました。

事情を話したら、担任に口添えしていただくことになりました。

2学期になり、直ぐに担任に会いに行きました。

家庭訪問の時の無愛想で不機嫌な態度とは一変し、ごまをするような態度と化していました。

担任の態度は変わっても、
その後Fは場面緘黙になりました。
そして今でも治りません。

その後、小3の担任がケアーをしてくださって、クラスみんなで支えてくれたので、その学年はみんながお友達でいてくれました。


中学は新しい環境で知り合いもいなくひとりぼっちのままです。
言葉が出ないから悔しいことばかりで、心を閉ざしお友達もできません。
お弁当も食べてきません。
休み時間もですが、教室にいられないから。

手をずっと洗っていたり
チックがあったり
発症した二次障害。

なんとか阻止できなかったかと後悔ばかりです。



%°%…%°%…%°%…%°%…%°%…%°%…%°%
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-04 03:21 | 小2の担任からのいじめ

【自分でげんこつさせてほめる担任】

Fが授業中に筆箱を持って飛行機が飛ぶようなしぐさをするので頭がおかしいんじゃないかと思ったとおっしゃいました。
Fのチックの真似をして首を横にふり「何これ」と馬鹿にしました。

普段大人としてありえない、にわかには信じられない言動です。

先生は「親に言ってやりたい感満載」の言葉を吐き出しました。
しかし、こちらは今後の事があるからと思って穏便に事を済ませようとしていました。
私は、話を合わせてハイハイと言って先生のご機嫌を取っていたのです。
この後もお世話になるのですから仕方がないと思っていました。

先生がにこりともせず、にらんだような顔つきで文句を言っていたので、なんとか気持ちを沈めさせたくて、
「先生にお任せしますので、言う事聞かなかったらちょっとくらい叩いても大丈夫ですよ。(なんてひどい親なんでしょう(涙))」と言いました。
先生は「私は殴りません。自分でげんこつさせてますから。」とおっしゃるのです。
続けてFに、「ねえ、F君がクラスで一番げんこつしてるんだよね。いい音するんだよねえ。」
Fはそこで初めて嬉しそうな顔をしました。
そして、げんこつをやって見せました。
顔は笑って、褒めてもらえた事を喜んでいるかのように。
私は、Fの表情が和らいだので、嬉しい事のような錯覚を起こして微笑んでしまいました。が、急に悲しくなって泣きそうになりました。

その後、担任が「その変な性格を夏休みの間に直しといてください。」とおっしゃいました。
ハイと返事をしてしまって、直っていなかったら、もっといじめられると思い
「夏休みの間には間に合わないかもしれませんが、直るように努力します。」といいました。
すると担任は「それじゃ困ります。直してくださいね。」と怒ったように言いました。

帰りはFにエレベーターまで先生を送らせました。

そしてその後、私は夏の間悩んでしまいました。

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-04 02:50 | 小2の担任からのいじめ

【悪口を言いたい放題の担任】

小2の担任の先生は、ニコリともしませんでした。

私の斜め前に先生が座りました。
私の隣で先生の真向かいにFが座りました。

Fは、引きつった顔で、話をしている先生の方をみていました。
先生は、Fが人と同じタイミングで同じ事ができない事に不機嫌な様子で話していました。
「体操着に着替えて外に出るのも一番後だし、
給食の用意をするのも一番後だし、
何もかも一番ダメ。…」
などなど、言いたい放題でした。
私も話を合わせてしまいました。
Fは怖かったと思います。
自分が悪いと思っていたと思います。
大人2人がいっている事は絶対的な圧力ですから。

固まった表情のまま先生の方を見ていたFに向かって先生は、「F君はダメなんだよねー。」と言いました。
Fのかたまったままの様子を先生は顎で指して、「ほらいつもこんな顔してるんですよ。(呆れたように)何を、考えているんだか…つかみどころがないっていうか…」
と怪訝な顔で言いました。
(そんなに憎いのか!)

続きます。



[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-04 02:27 | 小2の担任からのいじめ

【家庭訪問、先生をお迎えしたところ】

Fは小学2年になってから、夜驚症やチックが起こるようになりました。
口数が少なくなり、やたらに歩き回るようにもなりました。

1学期の間、こんな異変を感じながらも、原因については何も気づいてあげられませんでした。

Fの小学校は夏休みに入ってから家庭訪問がありました。
この家庭訪問の時に担任の先生からのいじめがある事がわかりました。

ちなみに、担任の先生は…
当時55〜6の女の人
やたら細かい
学年主任
積極的だとか好みの子だけは可愛がる

家庭訪問で家に上がるや否や、「歳の離れたお兄さんがいるんですよね。可愛がられて育ったんですね。甘やかされて育つと自律できないんですよね。」ときました。

私の頭の中は思考停止状態になりました。
まさか、よその人に開口一番悪口を言われるなんて事、ありえないですから。
先生ってえらいのですね。

この時から先生は敵意を向けてきたのでした。
でも、私は先生に失礼のないようにと気が張っていて、和やかに話をする気でいました。

続きます。

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村


[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-04 01:48 | 小2の担任からのいじめ