カテゴリ:小2のF( 22 )

小さな幸せ。

中学役員のママLINEに
三者面談になったという方たちがカミングアウト。
「うちもです。黙っているのがズルい気がして…。」などという言葉をつけてアップされていました。

三者面談は、意外と多いのかしら。
本来保護者と担任との面談です。
試験の結果、赤点があると本人を含めた三者面談になってしまいます。

赤点を取らせてしまう授業もどうなのかと思ってしまいます。
赤点を取る子がいる授業担当者にマイナスポイントがつくとなれば、担当の先生も必死になるかなと、一人妄想に浸るのでした。


みなさんの言葉ですが、「親の悩みは成績のことだけよね。」

本音を言えば、とても羨ましい。
こんなことを言うと、棘がありそうですが、本当に羨ましいです。

緘黙で自己主張したくてもできない。
お話できないし、人と関わる中で話せないと言うのは、トラブルがあれば辛いばかりです。
自己防衛はみんなを避けること。
みんなを避けてしまうようだとなかなかお友達もできないわけです。

いじめられてしまったこともあり、
理解されずに悔しい思いをしたり。

こんな辛い特性を持つ子供を持つと、
悩みは成績だけだなんて、とっても羨ましいのです。

試験の話ですが、試験中に爪をパチパチさせるお隣の子を恨んでいるf。
(恨むなっちゅうの。)

そのせいにして(?)空欄が目立つ答案用紙が返ってきました。
トップ維持だなんてどこ吹く風。
点数だけを見れば、他のお母様方は心を痛めることでしょう。

しかし、私も全然気にならないのです。
本人の能力を信じているからなのでしょうかね。
めでたい母です。

面談で、先生が、
「随分と表情が明るくなったように感じます。
本人に聞いたら、Y君とO君とは、話すことがあるようです。」

などと嬉しいご報告がありました。
そういう何気ないことが、幸せなのです。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-12-24 18:32 | 小2のF | Comments(2)

ふぅ(当時小2)の出題です。
解いてあげてください。
こちらも必死で考えました。
問題の成り立ちはなかなか深いです。
2番目はフィボナッチ数列になっています。

f0370147_08552113.jpg

答え ↓
f0370147_08552132.jpg

f0370147_08552245.jpg



次はバナナ方程式🍌です。

f0370147_08552323.jpg

答えは
王様バナナは🍌1つです。



*********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-12-02 08:32 | 小2のF | Comments(0)

よく問題を作っていた幼少期のf。
当時の出題です。


ふうは今日も学校を欠席中です。

暇らしく、問題を作っていました。

どこで知ったか平方根もありました。

 一枚目の一番下の答えは、「ほしいものがある。」です。ちがう=NОだそうで、駄洒落好きのふうらしい発想です。

先取り学習は特に必要ないとは思っていますが、知りたいのであれば先の学年の参考書でも与えようかと思っています。

 


f0370147_17060977.jpg

f0370147_17061033.jpg



以上です。
*********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-11-30 09:29 | 小2のF | Comments(0)

(小2 3月 ) 震災の後

全記事とは前後します。

2年生の時の担任の先生には、
親子ともども辛い思いをさせられた。

校長とのお話をしていただい、また、ふうの特性についてのお話をさせていただいた後は、先生も柔らかく丸くなってくださるのだと安心していました。

********************

年配女性

口の利き方を知らないのかも

とっても細かい

笑顔が無い

言葉に棘がある

軍人さんのようにきちんとしないと怒る

・・・・・・・・・

*******************
連絡帳への連絡事項のむすびに、

「地震があるたびに

先生がおっしゃっていた事を忠実に守って、

家でも防災頭巾をかぶって

机の下に避難するんですよ。」

と連絡帳に書いたら、

「家でもしなさいなんて言ってないのですが・・・。」

と返事が書いてありました。

違うわよ~!先生を信頼してのほほえましさを書いたんだけど、そうくるか。


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-15 11:37 | 小2のF | Comments(0)

ふうが「何とか列ってあったよね。」

ふうが続ける。「あのさー、なんとかれつだよ。ほらー。」

私:「イオン化傾向かな?」

ふう:「屋根にあるのなんだっけ」

夫:「煙突。」

ふう:「違うの。」

夫:「かわら」

ふう:「あっ、それみたいの。
   金属みたいなもの。
   それと、海水を浸した綿と
   銅の塊で
   電気が通るんだよね。」

 私:「そうかー、電気化学列のお話をしてたのね。屋根にあるってトタン屋根のアルミね。」

うれしそうなふう

アルミという言葉が出てこなかったようで、

問題解決してほっとしているふうでした。

ふうは、アレッサンドロ・ボルタが発見した電気化学列のことをどこかで見たようです。

***************************

こういう流れで、ふうの聞きたいことが分かると苛々も少なくなると思うのですが、

ふうの聞きたいことがこういった、変化球並みの思いもよらないところから来る事があり

分かってあげられないことばかりです。

いつも何かを考えているふうは、ふとどこかで知ったなにかを思い出し、

何だっけという具合に聞いてくるのです。

ふつう、突然「あれなんだっけ?」って言うのは、分かりませんから!

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-15 10:28 | 小2のF | Comments(0)

ふうは2年になって少しして、よその人と会話をしたり自分の気持ちを説明したり全くできなくなりました。

私には、自分の遊びたいことや自分のアイデアの説明は機関銃のように話します。
遊びの相手には夢中になっているときに話しています。
でも、問いかけられての会話(言葉のキャッチボール)はほとんどできなくなりました。
(家族とはふつうにできます。)

昨日は夜の教室が自宅であったのですが、
生徒さんがいらっしゃって
ふうに
Hさんが、「おはよう。」(夜なのに(笑))と挨拶をしました。

いつもは聞こえていない様子で自分のしていることを続けるので、
私があいさつをうながすのですが、
昨日は(夜なので)
ふうが、「こんばんは」と挨拶を返しました。

ちょっと感激しました。

***************

別の生徒さんKさんとも会話をしました。
いつもなら、反応なしだったり、ちょっかいで返事を返したり(ごまかしたり)するのですが、昨日は家族と話しているように言葉で返しました。
Kさん:「ふうちゃん、食べ物で、何が好きなの?」
ふう:「たまご、温泉たまご。とろーりしておいしいの。」
Kさん:「そうなの。大涌谷の黒卵、今度買ってきてあげるね。」
ふう「なに???黒卵?・・・」

私が入らず、普通に返答をしたことに驚きました。
家という場所が良かったのでしょうか。
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-15 09:20 | 小2のF | Comments(0)

小2 2月
ふうが英会話教室に行き始めて半年強です。
英会話教室でもすっかり無口になってしまったふぅ。
問いかけには目をそらして答えず復唱もかすかに口を動かすという様子でした。

英会話教室での新学期クラスが決まりました。ふぅは新3年生になります。

実際は
4月から小学三年生
英検4級に合格しています。

新クラスは
・ネイティブ(の先生の)クラス・・・
低学年(1.2年生)クラス
・文法クラス・・・
英検5級受験クラス
になりました。

いやいや、違うんじゃないの。💦
ふうは日本語でもお話をしません。
知っていても答えられないので、できないと思われているのでしょうか。

ふぅは入会して3ヶ月、小2で英検4級に合格しました。
できるとの認識持ってもらえそうなものなのに、まぐれって思われてるのかしら。

2ランク下のクラスってどうなの。

先生曰く、教室での問題の答えを書かないので、練習のために5級受験クラスで少しやってもらってできるようになったらすぐにクラスを上げるのだそうです。
書きの練習も大切なので、できないとかわいそうだと思ってくださったのかもしれません。
もう一つふぅの理解を遠くしているのが、ふぅはできることをアピールしないのです。

ふうは同じ授業の繰り返しだと、苦痛を感じるタイプなので、大丈夫かしら。

表現しないって理解されないわね。

とにかくそれに従って、楽しく学んでね。

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-14 10:02 | 小2のF | Comments(0)

小2
ふうは、眠るのが11時過ぎです。
日にちをまたぐこともあります。

朝はつらいと思うのですが、毎日遅く寝てはやくおきています。

私もダラダラしているので、気を抜くと、「お薬も飲ませていなかった。」なんてこともあって、ふうのお世話ができていません。
ふうも、自分のことがきちんとできていない子で、いちいち指示したりお世話をしないと一日の生活がままなりません。

ふうは、私の睡眠障害に影響されての睡眠障害なのでしょう。ごめんなさい。

それから、睡眠中のことです。
その日、2夜連続(ドラマの番宣か)で
ふうは、夜驚症の発作を起こしました。

幼稚園の時まででおさまっていたのに2年生になって再発し始めた夜驚症の発作です。
夜驚症は通常就学前に治るものだそうです。再発して、切ないばかりです。

担任からのトラウマで再発したのだと後になって確信しました。

*****************
その時の様子です。

寝付いてから1時間から2時間後に
急に起き上がり、
おびえたように泣き出し、
走りまわり、家を一周します。

布団にポーンと飛び乗りまた同じことを繰り返します。

不快な身体状況をなにか払拭させてあげたくて、
トイレに連れて行きます。

そのあとまた1周して

眠りにつきます。

*****

もともと感受性が強くて、敏感な子ですから、「こんなことでいちいち癇癪起こしていたら身が持たないでしょうに。」なんてよく思ったものです。
感覚の過敏さは、ひとによってちがうのですから、当然ながらその人になってみないとわからないのです。
担任からのいじめのような対応はどんなに辛かったことか。
みんなの前で自尊心も傷つけられて。
そんなことを6年経った今、考えています。

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-14 09:22 | 小2のF | Comments(2)

授業参観と保護者会の日のことです。

書初め大会のときの作品(2年生はフェルトペン)がうしろに貼ってあり、ふうの作品に金色の紙が貼ってありました。
校内の賞で、おおげさに喜ぶのもなんなのですが、

ふう、書初め金賞、おめでとう。

他のみんなのもお上手でした。

先生が「書初めはみんな上手で、選ぶのが大変でした。他のクラスの先生にも見ていただいて最後は、あえて言えばバランスが良くないかなとかの消去法で決めました。」とおっしゃいました。

写真を撮ってきたかったのですが、さすがに他の人の手前それは出か来ませんでした。

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-14 09:09 | 小2のF | Comments(0)

右脳塾のK先生との出会いは、ふぅの学び方を知る原点となりました。
そしてふぅを理解し後にふぅを守る術を主張する確かな根拠となりました。

K先生は、入会した年中さんのときから年長さんまで個人レッスンでみてくださった先生です。
この2年間で先生には自信と勇気をつけていただきました。

ふぅは、よく物を考える子なので、何かを引き出せたらいいと思っていました。
何が良いのかもわからずこちらの教室に来てみたのでした。

こちらでは、IQ140を目標に知能を伸ばすということでした。
私的にはIQって伸びるものなのかと疑問が湧きましたが、
まあいいかという程度の期待感でした。

ただ、昔見た「天才奇才」の能力を見せびらかす(いや元へ)披露する番組に出ていたお子さんたちがこちらで訓練されていたので、
きっと何かあるとの期待はしていました。

さて、ふぅはといえば、入会してすぐのIQテストで例の140を超えていました。
なので先生が
「ふうくんは、指導しなくても大丈夫みたいですね。
ご両親が必要ないと思われたらご遠慮なく退会されても構わないですから。」
とおっしゃってくださいました。
もちろん、そのまま続けさせていただきました。

先生はその後、
「ふぅ君は他の子と一緒の集団授業では意味を持たないから。」とおっしゃって
K先生が担当で 個人レッスンをしていただくことになりました。

毎回私か夫が一緒に教室に入り授業を受けました。

授業中は相変わらず落ち着きがなく、
先生がお話を読んでいる最中も
立ち上がってあっちへフラフラ~こっちへフラフラ~としていました。
しかし、その読み聞かせた物語の細部にわたる質問に、全て明確に答えるふぅを見て驚きました。

私は、じっと耳を傾けてきいていたのに、長いストーリーやら登場人物やらが頭の中で散らかってしまいました。

先生が
「ふぅ君には驚かれたと思いますが、これがふぅ君のリラックスした聞き方なんです。
お行儀よくしなさいと言ってじっと座らせて聞かせたら、きっとふぅ君は違うほうに気持ちが行って半分は聞けなくなると思います。
お行儀はお家で訓練してください。
ここではこのスタイルでいきましょう。
学びに関しては、ふぅ君にとってお行儀などは余計な事です。
いちいち叱らないで下さい。」
とおっしゃいました。

こちらでの一番の収穫は、K先生と出会えたことです。
ふうの学びのスタイルがどんなものかという事を知り、見掛けよりも実を取る教育というものは初めて知りました。

これがギフテッドの育て方の原点なのかもしれません。

先生が、
「こういう頭の回転の速い子は落ち着きがなかったり、人の話しなんか聞いていないようなそぶりをしますが、気にしないで下さい。
人の話は実はよく聞いています。
落ち着かないのは脳が物凄く働いているのですから当たり前なんですよ。」
とおっしゃっていました。
まさにギフテッドの子を指す言葉だったのだと思います。
既存の教育スタイルに乗れない子にはそれに合った教育があってもいいと思います。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックで、お願い致します。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-11 02:37 | 小2のF | Comments(0)