カテゴリ:幼少期 F( 24 )

観察好き

f は、些細なことに気づくというのか、いちいちチェックを入れています。

そんなのいいんじゃないとも思うのですが何より、ごまかせないところがこちらにとっては難点です。

もっとおおらかになってくれてもいいのですけど。

家の中にあるいろんな食品の消費期限や賞味期限を把握しているので、ごまかせなくて。(笑)

普通、こんなことごまかさないわね。
すみません。

f は、賞味期限だけではなく説明書や薬の効能書を読むのも好きです。

未就園児の頃から三年生くらいまで、毎年おせち料理のカタログから、おせちを選んで丸をつけていました。
宅配の食品のカタログにも、f が丸をつけてました。
食通だからではなく、見比べて、チョイスするのが趣味なんですね。

そのうち競馬の馬を選ぶようになったりして。004.gif

観察するのが好きなんでしょうかね。

学校で書いた将来の夢が、
研究者
教える人
となっていました。

将来の夢があるって、初めて知りました。
書かなきゃならないから書いたのかもしれませんが、もし、本当にそう考えてるなら観察癖が活かせていいかもしれません。
037.gif

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
















[PR]
by suzu62taha88 | 2017-03-24 12:21 | 幼少期 F | Comments(2)

先日の受診の時に f が小さい頃を聞かれて、一言で言って「遊びの中心にいました。」と、答えたのですが、どんな子だったかなと思い起こしてみれば、飄々として面白かったと思います。

公園に行くと、たくさん持って行った自分のおもちゃをまわりの子に配ってました。
それぞれの子がママの元で少し遊んだ後、ふぅが「こっちだよぉ〜」とみんなを手招きました。
みんなが集まってふぅを囲んだ感じで遊んでいることが多かったように思います。


ある時、スーパーで f が知らない子に声をかけ、一緒に歩いていたかと思うと、取っ手のついた油のボトルをひとつその子に渡し、自分も持って手を繋いで歩き始めました。
そして、「おかあさーん」と声を発していました。

どうも、相手の子が迷子だったようで、探し始めたようでした。
そんな風に相手を気遣って行動していたなぁって思います。

今は、人前で言葉も行動も表現しなくなってしまいましたが、本来は世話好きな親分肌だったのだと思います。

こういうところを見て、私の友人は、「 f 親分」と呼んでいました。(笑)

トラウマが自分を出せない様に f を変えてしまった気がしてなりません。

子供は、大人の態度に敏感に反応してしまうのでしょう。
子供のトラウマは、自分を否定してしまうのです。

躾との兼ね合いもあって難しいのですが、大人は子供を傷つけるような言動には、気をつけて行きたいものです。

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2017-02-15 20:21 | 幼少期 F | Comments(4)

f0370147_14503828.jpg

f0370147_14503978.jpg

f0370147_14503945.jpg

f0370147_14504036.jpg


ふうの幼稚園は園バスがなく

保護者が送り迎えをする幼稚園だった。

それが理由で選んだわけではない。

満員電車でつぶされながら、

3年間の電車通園をがんばってくれたふう。

通常保育が終わると園庭が開放され、

広い公園のように遊び場になり、ママさんたちの社交場になる。

結果的に、みんな他人じゃないような関係になれた。

こういう関係だから、

ふうのことも暖かく見守ってくれた。

ママさんたちに絡むふうに、「やったなふう。」って相手をしてくれた。

「こどもらしくてかわいいね。」って、いたずらっ子のふうをあたたかい目で見てくれていた。

こんなあったかい人達の中で

ふうが特別だなんてそれほど考えなくてすんだ。

**************
小学校に入って、驚いた。

事務的に耳に入ってくる情報が

冷たく響く。

ふうがちょっかいを出したことなど、

「悪いやつがいるみたいなうわさ」

その子への親近感がないと

こんなにも冷たいものになるんだなって思う。

************

悪いことをすればもちろん親として気になる。

相手がいれば申し訳ないと思う。

今までだって普通にそう思っている。

だから、人のせいではないけれど、

悪意がないこと、分かってはもらえない距離感が寂しい。

以上、回想です。

*********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-11-28 14:45 | 幼少期 F | Comments(2)

f 7歳からの出題

f が7歳の時に作った問題です。

微分積分の∮ や△dや三角関数のsinΘcosΘtanΘみたいなブラックボックスです。
f0370147_09031108.jpg


一番上の説明
まず5数は5が奇数なので”奇数”である事と5を除くという意味
よって、(10までの数で5を除く奇数の合計) + 4
    =(1+3+7+9)+4
    =20+4
    =24
だそうです。

ちなみに3番目の問題は
   (12までの数で7を除く奇数の合計) + (14までの数で9を除く奇数の合計)
 =(1+3+5+9+11) + (1+3+5+7+11+13)
 =29 + 40
 =49
そして次の行は
3行めの答えの49 + (7数のほうで抜けた数は何種類か) + (9数のほうで抜けた数は何種類か)
             = 49 + 1 + 1
             = 51

です。

お付き合いをありがとうございました。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-16 08:52 | 幼少期 F | Comments(0)

紳士的な幼児期

ふぅが未収園児の頃、よく公園で遊ばせてました。

ひとりぼっちな今の姿とは違って、
他の子たちの中心にいる子でした。

周りの子の様子を見回して、おもちゃを持っていなければ、自分の持ってきたミニカーを渡してきたりしました。

ふぅが動き出すと他の子たちが付いてきて、ふぅのアイデアで遊んだりしていました。

あの頃は、どうしてああだったのかと思い出しています。

懐かしい親分(紳士的)なふぅでした。(*^_^*)>

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-15 09:40 | 幼少期 F | Comments(0)

場面緘黙になってしまったのは小学2年の担任からのいじめを受けてからです。
そうなる前のことで、
お友達と楽しくやっていたときのことを記します。

とある緘黙の子の本来の姿です。
緘黙の子とご縁があったら、たとえ言葉が返ってこなくとも、表情を変えずに無視して見えたとしても、話しかけたりして接してあげてください。

幼少期も口数は少なかったものの人との関わり合いを好んでいました。
お友達と楽しくはしゃぐのが好きなふぅにとっては今の緘黙の状況はとても寂しいものです
 
*************
さて、幼稚園のときのお友達のこととふぅの様子です。
 
T君・・・シャイでおとなしい子。
ママは人気のある大学の英語の講師。(関係ないお話ですが。T君ママは私に、一緒に塾を開きましょうとさそってくださいました。母親どうしも仲良しでした♫)

T君はママと同じように行儀のよい優しくてよい子。
でも、ふぅのハチャメチャに見えるところがものめずらしかったのか、いつもふぅの後についていっていたずらをまねしていたそうです。

ママは「今まで、幼稚園がつまらないって言っていたんだけど、年長さんでふぅ君と同じクラスになってからは、朝になると”やったー、ふぅ君と今日も遊べる~。”って、園に向かうのよ。」とおっしゃってくださいました。

あるときT君が私にお手紙をくれました。
       ↓↓↓↓↓
「ふぅのお母様へ。
いつも、ふぅとあそばせてくださって
ありがとうございます。
Tより。」
 
このお手紙は私の宝物です。
 
そして、T君はミッション系の小学校に行きました。
実は、T君のママとT君のお誘いでふぅもこの学校を受験しました。
約6倍の競争率で、ふぅは補欠でした。
お行儀重視の学校で、入れなかったことが不幸中の幸いだったかもしれません。

ペーパーテストはふぅはお得意です。
模擬テストでは受験校別で1番の成績だったので問題なくそれだけなら合格なんですが、問題はお行儀か親かです。
落ちたのが気にならないほどの狭き門ですから、受けたこと自体が笑い話です。(笑)

受験といえば、
その6年後のこと。
中学受験で受けに行ったある学校でT君親子と偶然に会いました。
人気校のため、人がごった返す中の再会にご縁を感じました。

結果は、480人くらい受けて89人合格で、ふぅは合格しました。
算数は、幾何の応用問題が難しい男子校なので、かえってここで差をつけられたのでしょう。数学を教えていた私でさえどう解こうかと迷ってしまうほどの難問でした。
正直、数学より算数の受験問題のほうが難しいのではないのかと思ってしまいます。ましてや、小学生が説くわけですから凄いですよね、中学受験生って。

5年の途中で受験塾を辞めて、
ほぼ受験生ではない生活を
していたふぅが受かったことは算数の力の賜物です。
理科も模試の平均偏差値が68でしたから、理数力で社会と国語をカバーしたのです。
受験塾で応用の訓練がなされてなくても駆使できるあたりがgiftedたる所以だということなのです。
giftedとはなんぞやと思われますが、
「こういった、複雑なものを考えその先を発見できる能力を生まれながらに備えている」ということも1つの特徴だと捉えていただけると理解できると思います。

お話が戻りますが
こちらの中学に手続きしなかったことで後に後悔することになるのでした。007.gif


*****

緘黙の子はお話しせず、人によっては目も合わせず無反応な子もいますが、そのときの状況をよく考えています。
思考まで無反応と誤解されやすいのですが、こんなにものを深く考えています。
いないものとせず接してあげてください。






ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援いただければ幸いです。
下のボタンをクリックでよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-12 09:09 | 幼少期 F | Comments(2)

ふぅが3歳くらいのころ。
時々日本地図を眺めていました。
年中さんのときにテレビで都道府県の形を見せて、「これはどこ」と出題しているクイズ番組を見ていたふうはさらっと答えていました。

地図には都道県の境界線がかいてありますが、これは形として捉えるほどはっきりと見えないのによく捉えられたと思います。
また、この線が都道県の形だということに気づいたところに勘の良さを感じます。

その後、公文の日本地図のパズルをかって来ました。
普通にパズルとしてはめ込むだけでは物足りないだろうということで、見ないで手の感触だけで名前を言ってもらいました。
これを答えられるのです。
これをどういった認知というのかわかりません。
特殊能力はこの一連の中のどれかしらと思うのです。
すでに〇〇能力と名のついていることの傾向がどこかにあのでしょう。
こういったことを分析していったら面白いと思います。
うちの子もこれできます!とか、そういう話題をしたいです。

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-11 19:30 | 幼少期 F | Comments(0)

共通のおデコ

f0370147_23340608.jpg


おでこが鼻筋にかけて丸くなっています。

半球のつるっとしたきれいなおでこ。

周りではあまり見かけません。

かわいいおでこちゃん・・・なのに、染色体異常なのかと物凄く心配をして、マイナスにかんがえてました。

でも、
このブログを始めてから気づきました。

偶然かもしれませんが、ギフテッドのお子さんや自閉症スペクトラムのお子さんに、同じようなかわいいおでこちゃんが多いことに・・・。(偶然かな~???)

いっぱい働いている脳みその特徴かも。

と、今は安心しています。

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-03 23:31 | 幼少期 F | Comments(0)

細かい絵はこの後中2のいまに至るまで続いています。

写真は
年少
年少
年中
の順です。
f0370147_22482045.jpg




[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-03 21:55 | 幼少期 F | Comments(0)

3歳のFのカードゲーム


Fが、幼稚園に入る前におもちゃ屋さんで気に入って放さないので買ったカードです。
このカードでお魚の名前と漢字を覚えて・・・。
(遊びはしつこいですから、大人も覚えたい事があったら、ゲームにしてふうの相手をすればばっちり覚えられますよ。あはは)

デパ地下の魚屋さんのオブジェを見て、「このしろ、あわび、すずき・・・」と漢字を読んでいると、
魚屋のおばさんが「魚好きなんだね~。」と声をかけてくださった。
つい、「は、はい。」と答えましたが、
魚が好きってわけじゃ~・・・
まあいいや~ね。

これぞ痴呆防止にも良いです。(笑)
魚魚あわせ(ととあわせ)

私の教室の受講生は、おばあちゃまにプレゼントされたそうです。



[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-03 21:42 | 幼少期 F | Comments(0)