fが学校には入れなくて登校時間に間に合わないときに
担任が「まだ来てません。」と電話をしてくださいます。

保健室に登校した場合は担任が保健室に顔を出してくださいます。

このようにお手数をかけるのは申し訳ないと思っています。

先日、担任からも言われたように学年主任からも
「電話をしたり、保健室に行くのは担任も業務に支障をきたします。忙しいので大変です。
と言われました。

私にとっても気が引けることです。

気が引けるので今までも先にこちらから
就業前の時間内に「何時に家を出た」と電話を入れたり
学校に送って行ったりしていました。

あらためてそう言われると
「迷惑なこともわからないな人」
と思われている様で、複雑な思いです。
(気が引けているので後ろ向き)

今日、学年主任から話がありました。
今後は保護者がGPSで子供の居場所を把握し
担任からは連絡をしない。
保健室登校をしてそのまま帰る場合は
養護教員から自宅に電話を入れる。
ということでした。

いちいち迷惑だと思われているのもつらかったので
ある意味、ほっとしました。

正直、どなたのせいでこうなったのかとか、
担任の「面倒だ」って言葉もどうかなという思いもありますが、
迷惑をかけることになるのは本意ではないので、よかったと受け止めています。



さて、fは今日も保健室から教室には行けず帰ってきました

養護の先生から早退のご報告がありました。
今日は、fが学食でお茶を飲んでいたら
それを見かけた子が
慌てて学年主任に連絡に行ってくれたそうです。
「f君が学食にいます。」と。(#^^#)

そのあと心配していたお友達が
クラスでほかの子たちに伝え
ちょっとした騒ぎ(?というほどでもないと思いますが)
になったとのことでした。

とてもうれしくて、お友達には感謝の気持ちでいっぱいです。
*******
食いしん坊なもので、写真を撮る前に完食してしまいました(^◇^;)
テーブルのみの撮影です。
f0370147_23214281.jpg

*******

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-29 23:14 | ギフテッド

合理的な理解の仕方

「土曜日は午前中だけだから、授業が受けられるね。」とたかをくくっていましたが、結局、保健室登校でした。

保健室の先生がその旨、連絡をくださいました。

1、2時間目は保健室で小テストをしてくださったそうです。
保健室の先生が、
f は授業を受けていないのにできることをお話しされ、
「すごいですね。お勉強は心配ないですね。」と、一応褒めてくださいました。

いえいえ、授業で勉強はほぼ完結なので、授業を受けてないと知識がなくなります。
心配なくないですよお。(^◇^;)

ただ、数学の教科書は、手にしたその日にパラパラとひと通り見てましたから、理解してはいると思います。

この辺の理解の仕方は、不思議なもので、さらっと見たら理解ができているのです。

私は数学好きな凡人ですから、ひとつひとつ理解しながら、やっとこさっと理解ができ、練習問題を解いて身につけるので、あれでわかってしまうなんてうらやましいと思うのです。

理解の仕方は人それぞれで、優劣はないと思いますが、
この学び方は合理的なので、ひとつの特技だと思います。

 こういう合理的な理解の仕方は、ギフテッドのお子さん達は多かれ少なかれしているのかと思うのです。

よく耳にするのが、「勉強が簡単すぎてつまらないから学校に行きたくない。」ということです。

行きたくない訳とは、
理解度が早すぎて、余った時間を持て余すということもひとつなのでしょう。

合理的な理解の仕方をしている子が授業を面倒に思うのも頷けます。

ふぅの場合、授業が退屈だったなら、ノートに絵を描いて対戦ゲームをやったりして、案外、暇ではなさそうですが。
(^◇^;)


(普通の人である)学校の先生には、合理的な理解の仕方は経験がなく、受け入れなれないかもしれません。

放っといてくだされば問題ないのですが、
ギフテッドの要素のあるお子さんたちが、怠けているとか、できた気になってサボっている
と思われたら、叱責につながり困ったことになりそうです。

*****
東京湾でクルージングをしてきました。
f0370147_01180389.jpg

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-19 19:36 | ギフテッド

fが所属するFクラブ(仮名)は、
体験を通しチャレンジすることで
自分の可能性と良さを発見するというものです。


Fクラブの広報に
ものを見る視点についての記事がありました。
fのことをご紹介くださりながらの記事なので
恐縮しながら読みました。

Fクラブの先生とfが山に登った時のことです。

fがひざまづいて試写体を見上げながら
カメラを構えているところの写真が載っていました。

試写体を様々な角度でとらえようとするfのものの見方は
以前にもクラブの先生がほめてくださった感性です。

それを素敵なことだと気づいてくださるFクラブの先生もまた
ひとりの子供をその子の輝く角度から見てくださるのだと思いました。

fの学校の一部の先生方
自分のいる方向から動かずに子供をとらえて
この子はダメだと認識するのではなく、
ひとりひとりの輝くところが見られる方向から
子供を見られたら合格です。

がんばれ!学校の先生

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-18 10:38 | ギフテッド

最近、fのことでは、
緘黙症状で家以外ではあまり話せないとか
苦手なことばかりを気にしていました。

あーちゃんママさんには、
しつこくしてしまって申し訳ないのですが、
あーちゃんママさんの
カルテックのいたずら という記事では、
fの特徴をよい方向からとらえてくださり、ありがたいばかりです。

私も、fのことをその様に捉えようという気持ちになりました。

fは、元々見せていた
ユーモアのセンスや
リーダーシップの気質
今は緘黙の陰に隠れてしまっています。

しかし、そういったものは、
発話の不便さ制約された行動だけで
発揮され無くなるのではなく、
それ以外のコミュニケーションツールによっても
発揮される可能性もあるものだと思います。

fが活動しているクラブの先生が、
fは、話はあまりしなくても、
おとなしいわけじゃないんですよね。
と、おっしゃいました。

それを親として主張することはあっても、
人から言われるとは、
目からうろこのこと
おっしゃってくださいました。


おもしろくて、活発だ。」と言われると
心の中まで見てくださっているのだと思い
うれしくなりました。


fは、学校の一部の先生のように
足を引っ張る大人に翻弄されず

こうして理解のある方々の方を向いて
歩んでいけばいいのです。

物事は前向きにとらえることで、
それが良い方向に進みます。

思考の現実化というお話です。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-10 02:28 | ギフテッド