字を書くのが苦手なお子さんの保護者の方
が、お子さんのために、学校の授業においてのiPodの利用許可を学校側に交渉され許可されたそうです。

同じような問題が叫ばれるようになった昨今ですが、
それとは別に全ての子に配慮して学校側がiPodなどの使用を積極的に取り組んでいるところもあるようです。

黒板を携帯で写している場面をテレビで紹介しているのを見た時には、ある意味学びの多様性の理解がここまで広まったものかと思った次第です。

合理的にものを考える私としても、
結果的に子供達が習得できるなら、手段は選ばなくて良いと思ってしまいます。

しかし、道徳的に良し悪しの問題があり、この辺のぼんやりした境目に議論が分かれるところです。

また、他の子供たちや保護者がどう理解するかという問題もあります。

それには、合理的配慮という観点から説明をして理解してもらうということになります。
が、特別に配慮をするという位置付けをしなければもっと話はスムーズなのではないかと思います。

例えば、iPadの問題に関しては、「ユニバーサルデザイン的な発想」の元、全員に許可、もしくは授業で使う方針など、全員に対する合理的配慮として捉えたらいかがでしょうか。

書字に困っている子が黒板に書かれたものを書き写さず写真でとって良いのなら、普通に字が書ける子だってそうしたくもなるでしょう。

そういう配慮とされることを不便のない子達も体験していくうちに、時には書いた方がわかりやすいとか便利だとか思うかも知れません。

「書けることがいかに幸せなことなのか」ということに気付いた時、ハンディーキャップのある人の本当の意味での合理的配慮の必要性を知ることになると思います。

そればかりが目的で全員がiPadを使用したら良いということではありませんが、こういうところからも見えないものが見えてくるのではないかと思うのです。

ついでを申せば、
配慮ばかりをこわだかに言いたいわけでもありません。

いわゆる配慮をされないところにも得るものがあるかもしれません。

場面緘黙の子供に担任は「ハイやイイエで答えるのではなく、本人の言葉で説明して答えるような質問をする様にしています。」とおっしゃいます。(これも担任にすれば配慮なのですが。)

逆に「ハイやイイエで答えられる様な質問をしてコミュニケーションを図り自信を持たせましょう。」というのが一般的な配慮となります。

第一選択として、私自身もそうしてほしいと思っていたのですが、もしかしたら、話をさせようとする先生にお任せすることで何か違った進展があるかもしれないと思い、託すことにしました。

何が正解かわかりませんが、思いやりの上にそれぞれに対する配慮というものが成り立つ様に思います。

*****

授業ノートを提出させてそれも成績に含める方針の先生もいらっしゃいます。
そこには先生の学び方を真似してほしいという言わば思いやりがあるのだと思います。

しかし、その学び方が合わない子、つまり、授業中にノートをきれいにとっていたら内容に集中できない子にとっては、諦めて先生に合わせることになります。
字が書きづらい子は、先生のやり方に合わせることもできずダメな烙印を押されるだけです。

我が子の場合、ノートをうつさないほうが内容を得られるタイプであって、字が書けないわけではありません。
なので、無理をすれば合わせられるものの、学びにとってマイナスであるならば、いくら思いやりだとしても、どうなのかしらと思ったりもします。

テストの素点に加えるおまけ点なら良いのですが、実力からマイナスされるシステムは、お気の毒様です。
先生の決めたルールですから、何かを得られれば良いと思って見守るまでです。
^_^

f0370147_17124157.jpg

披露宴のボードを描かせてていただきました。
ご新婦は薔薇とラベンダーがお好きだそうで。

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村



[PR]
by suzu62taha88 | 2017-04-05 10:42 | 子育て | Comments(2)

ギフテッドの低達成

何かで読んだことがあるのですが、
ギフテッドの人は案外学歴がない(高校行かないとかの意味)場合があるとのこと。

016.gif< 「IQ高ければぁ、勉強できるしぃ、難関校に合格してぇ、職業にも恵まれるんじゃないのぉ。」

そんなふうに思いがちですが、ギフテッドの特徴を考えれば、なみ一通りにはいかない様です。

ある一面の特徴を極端に言えば
「興味のないものには振り向きもせず興味のあるものに没頭する。
他人の評価を得るためではなく知りたい欲求で研究する。」
のですから、
興味があるものが教科学習になければ、学力が高くついているとは限らないというものです。
できないと言っても平均くらいはできるのでしょうが、
そもそも持っている能力にはそぐわない結果ということにもなるのでしょう。
高い潜在能力にそぐわないくらいの低い達成度をギフテッドの低達成といいますね。
ありがちだと思います。

進学の話ではもう一つ。
そもそも学校の授業の域を超えているとか、
集団の中では能力が磨ききれないとかで、
学校を捨てるという選択をしている場合もあります。
したがって高校は行かないとなるわけです。

「IQ高いのに、勉強もそんなにできなくて、能力を伸ばせなかったのは親のせいだわぁ😰」
などと、引け目を感じたり、ブルーになってしまいがちな親御さんも、落ち込まないで欲しいのです。

焦らなくていいと思います。
中高難関校になんて入ってないギフテッドなんてわんさかいますから。
(昨日、近所の学歴大好きおばさんと立ち話をしてしまって、低達成のことをかんがえてしまいました。)

その子の興味や得意がなんなのかで道が違ってきますが、その道で必ず一流になる子!だと楽しみにしていればいいと思います。

得意が
お勉強かもしれないし、
お魚関係かもしれないし。
きっと何かは一流だから。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-25 08:15 | 子育て | Comments(2)

家庭におけるgifted教育と題して書いてはみたものの、本当に良い教育など全然できてないのが現実です。
「ここでいう学力とは、学校の試験ができることを言っているのではない。」のです。

しかし、結局、わたしがしていることは
学校に行っている子供の学力は学校の試験で測り、社会に合わせようとしているだけな気がします。

本当のところの本人の能力を育てているのではなく、
学校のシステム、強いては先生の方針に合うようにしているのではないのかと思います。

学校の物差しは絶対ではないのに。

*****

fの学校の英語のRという教科の事です。
リスニング、リーディングの授業なのですが、この分野は、fは得意です。
英検でもリスニングの正答率は90%を超えていました。

昨年の担当の先生の定期試験では、fは100点満点を4回、98点を1回でした。
他の人と比べるわけではないのですが、学年1位です。

今年度はその先生は海外にご留学され、代わってG文法の先生が兼任しています。
1学期期末試験の点数は60点で、文法の試験結果よりも低い得点でした。
でも、fはこの分野が得意なので、私としては別段がっかりはしていません。


fが急にリスニングができなくなるというのも考えにくいのです。
外部の英語の試験でもリスニングはできているのです。
この先生の試験は、本当にリスニングの力を測れるものなのかと疑問を持ってしまいました。

この事が物語るように、
「学校の評価の物差しは信用できるものではない。」と思えてならないのです。

学校で教えていただけることと、試験をしていただけることはいいことだと思うのです。が、それを持って評価をなされることには意味を感じません。

学校の試験のためだけに勉強をするのでは不十分だと思うのです。

そこにプラス、外部試験で確かに通用する勉強も必要だと思っています。
逆に外部試験で通用する勉強のほうが簡単なのかもしれません。
そちらを完璧にできているなら、学校の試験のためにだけやる勉強はいらないのではないかと思ってしまうのです。
*****

と、思いはつきませんが、学校を捨てさせてあげられないでいる情けない母は、学校のシステムの中でそれに合わせて勉強をさせ、「お勉強のできる子」を演じさせるしかできずにいます。
時間がもったいない気がしてならない。

昨年の夏休みは、宿題を仕上げるだけで時間がなくなって何もさせてあげられなかったので、今年は冒険のキャンプやプログラミングのキャンプにも参加させてあげました。
その結果、学校の宿題が終わりそうもなくなり、登校日にfは残され、私も先生から電話で注意を受けてしまいました。
(保護者談→残された子は50人程いたみたいです。)

実は、
本来はそれ(宿題がギリギリおわるかどうか)ではダメなのでしょうが、この夏休みにたくさんの経験をさせてあげられたことは昨年よりはよっぽど良いと思っています。

学校の試験に合わせるのではなく、学力はつけていくべきだと思うと、個人的に勉強させて、好きなことを伸ばしてあげたいなと思うのです。

高い授業料を払ってこの学校に行かせている意味がわからなくなります。

でも仕方ないのです。
母には学校を捨てさせてあげる自信がないから。
情けないわ。

☆☆☆
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村










[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-11 18:52 | 子育て | Comments(0)

感受性がつよくて、同じことを何倍にも強く感じるのです。

外からのものあたりが物凄く刺激的に感じたならば、それを我慢するというコントロールなど効かないことでしょう。

しかし、その子供を慰めるためについ「そんなの気にしないでいいのよ。」とか「なんでそんなことで怒るのよ。」などと言ってしまいます。なんとも的外れです。わかっているけどやめられないのよねぇ。

当人達は、並外れた感受性に苦しめられているのです。
我慢できないレベルなので耳をふさいだり怒り出したり逃げたりするのです。
感情のコントロールができるレベルではないのです。
ここのところの理解はなかなかされず、誤解されてしまうところなのです。

つまり、感情のコントロールに問題があるのではなく、敏感に感じてしまうところに問題があるのです。

我慢できないことにスポットライトを当てるのではなく、敏感なところにそれを当てれば理にかなうのです。

わがままなんかじゃなくて、
敏感に刺激をキャッチできてしまうので
我慢できずにその反射(反応)をしてしまう
というわけですね。

例えば、皮膚に塩をすりこんでもなんともないけれど、傷口に塩をもみこんだなら悲鳴をあげるほどの痛みが走ります。
こういったことだと理解すればその子の理解ができることでしょう。

この過敏さはすなわち脳のどこかがとっても発達していると考えられるのです。
それならばGiftedな子供達が何かしらに異常に敏感なのは頷けます。

「感情起伏の激しい奴だ。」
と、相手が思って、相手に馬鹿にされてしまえば、そのあと、からかいやいじめの対象となるかもしれません。

「この人は、こんなに苦しいと感じている。」という理解がされているだけでもこの人の解釈も変わっていくことだと思います。(希望的観測でしょうか。)

それから、
他への理解のみならず、本人の受け止め方も変えていきたいものです。
この子達に必要なのは「鈍感力」です。
持って生まれた過敏さを払拭するなど、簡単なことではないのですが、
「脳内革命」とやらが必要なのかもしれません。
(本の宣伝か?(笑))

fの場合は、友達がぶつかってきたのに謝らない。とか、気に入らないというようなことを言います。
被害妄想かとも思ってこちらもイライラして、「相手だって悪気ないでしょ。許す気持ちも大切なのよ。そのくらいでなにいってるの。」と言ってしまうのが現実です。

まずは寄り添い「それは辛かったね。」と受容することが第一歩なんでしょうね。
そのあとはあったことを振り返り、頭の整理をしていく。
本人が冷静に気づくことがあればいいというものです。
理想と現実は違いますね。

後々、自分が過敏であり、一般的には少しばかり周りの方は薄く感じるんだと受け入れ、
感じたことにこだわりすぎず流せる強い精神を鍛えていけたらいいのですが。
鈍感力、鈍感力。

普通のストレス解消と同じように、
嫌なことはお話しして軽いものにしてしまうのもひとつです。

結局のところ、
受け入れて考えさせる。
に尽きると思います。
話し相手になってあげることが一番のサポート。
まずは、敏感なんだと広めることも前提にです。








*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-09 14:25 | 子育て | Comments(0)

自身をコントロールできて成功されていれば悩むことはないので、そういった場合を除きます。



親の働きかけで子供を伸ばすのが一番簡単な方法なんだと思います。

とはいえ、相手にも意思がある訳で、これがまた、バトルの元だったり子供を傷つけたりしてうまくいかないのです。
子供が小さい頃はやれるのですが。


そもそもGifted教育の必要な子は、なにかしらの高い能力を持っていて、そこを上手に伸ばしていきたい存在です。

生まれ持ったこの高い能力は一生持っているものです。

なのでいくつになっても手遅れではありません。
いつかきっと。
その思いを胸に、社会で活躍できる子供の姿を描きながらサポートしていきたいものです。

現在、好きで夢中になっていることや、能力を認められつつあるものがあればそれを軸にレッスンを続けていくことで活かせられることでしょう。
自信につながりもっと突き進めることができることでしょう。

特に探せていなければどうでしょう。

小さい頃に得意だったことは何でしょうか。
その原点に戻ってそのヒントを元にその子の得意につながるものを体験させ、興味に結びつけるのはいかがでしょうか。
いつからでも遅くないと思います。

060.gif060.gif060.gif
子供3人を女手一つで育てたという知り合いがいます。
習い事もやらせてあげられなかったのですが、長女ちゃんは中学で吹奏楽部に入りました。
今まで本格的にやったことのなかった音楽ですが、持っていた感の良さを発揮して、高校生の時のクラッシック音楽コンクールで見事な成績を収めました。
トロンボールのソロです。
その後、先生たちの援助もありフランスに音楽留学し、現在はプロとして活躍されています。
能力を見つけ出せたなら、幼少期に始めていないものだってそこまでになれると実感しました。
遅くない!大丈夫です。


それから、
得意な教科の勉強をしっかりやらせるといいでしょう。
勉強?
少しずれるとおもわれそうですが、
高い能力を活かすためには、まずは学力って、ある意味手っ取り早いと思います。

本人たちは、きっと、順位なんて気にもしないと思います。
もちろんそういった一般的にいう「学年で1位になれ。」ということではなく、その教科を学習してできる限りの能力を発揮できればいいということです。
学校であればケアレスミスさえしなければ満点は取れるでしょう。

実際問題、社会の中で認められるには、これは手っ取り早いです。
もっと言えば、この際、学校の先生のおかしな私見が入る評価など気にすることはないのです。
定期試験や資格試験で発揮させてみましょう。

低達成児になりやすいGiftedの子供達に、それ相応の実力を持たせたいと願っています。

そうもいかないと思うでしょう。
うまくいかないことばかりです。
しかし、信じてください。
Giftedなのですから。
尊敬できるほどの能力を持っています。


*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-08 09:56 | 子育て | Comments(0)