今朝は、学校に送り出そうかと迷いましたが、休ませることにしました。

子供の精神的な負担は大きいのに、保健室登校は出席日数稼ぎにしかならないと思うと、環境の改善なきうちは、登校させるのはやめておこうと思いました。

学校に向かっていることを中断してしまうことは、よくないのかもしれないので、難しい問題です。

昨日の面談で、担任が、f 君がまだ付いていませんと連絡するのも大変です。と、相変わらず墓穴を掘る発言をしていましたが、迷惑なのが本音なのだと思います。
正直、申し訳ないとは思っていますが、改めて言われてしまうと、うんざりしてしまいました。


環境の改善というのは、
たったひとつ、
本人を安心させてあげることです。

原因が教員達の理不尽な対応によるものなので、教員に嫌悪感や恐怖心があるのです。

その恐怖心を拭うのは、教師達です。

昨日の面談の時に、私の方から、
教室で授業が受けられるのは、
先生方からの安心させる対処の後に可能になるので、
具体的にはどのようにしていただけるかを問いました。

カウンセラーが
支援の指示書が出来上がったらそれを先生方から本人に説明してあげるので、
それで良いのではないか
とおっしゃいました。


今朝、欠席の電話を担任に入れ、指示書の説明はいつかと質問しました。

担任は、なんですか?と返事をなさるので、昨日のはなしをしたところ、主任に確認しました。

当分の間、出来上がらないとのお返事でした。

当分の間…
fは、当分の間、教室に行けるかどうかのスタートをきれないということでもあります。

「土曜日は午前授業だから、行けるかもしれない。」
という頑張りを見せる f に向けて、
「私が支えてあげるよ」と心の中で呟きました。


**********
今読んでいる本です。
f0370147_08354890.jpg

f0370147_08355310.jpg


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-16 17:13 | 学校(中学3年)

学校で、カウンセラーと学年主任と担任と両親での
面談がありました。

カウンセラーからの合理的配慮の内容確認が目的でした。

今回は忘れずに録音機を作動させました。


録音は
胸にとどめるだけでは
悔しさでつぶされそうになるようなこと(理不尽な文句)
を記録したいのです。


主任が配慮の話の前にと、マイナス思考なことを話始めました
「…f君がクラスメイトといっしょにいるようになったといっても、
周りの子供たちも大人になってきていますから
話をしない子を相手にできなくなっています。…」

大人になってきたから、仲間外れにする???って、
支離滅裂なこじつけで、何がおっしゃりたいのかわかりません。
子供たちの仲間には入れてないから、安心するな、いい気になるな
とおっしゃりたいのでしょうか。
ますます意図がつかめませんでした。


合理的配慮について、カウンセラーからの話がありました。

その途中で学年主任は
「今はそういう配慮で行く方向ですが、高校に行ったらそうはいきませんから…」
とおっしゃいました。

本当にマイナス思考なことを挟んできます。

カウンセラーから「まあまあ、そういうことは今はおっしゃらないでください。」
止められていました

カウンセラーが説明するたびに
不服そうな顔をして、にこりともしません。

主任の気持ちのどこかに、親が甘やかしているから
話をしないとか提出物が出せないなどと
思っている思います。

だから、わざと追い詰めて子供に言うことをきかせればいいのだ
と思っているのでしょう。

甘やかして育ててあげられるほど
敏感な子の子育ては楽ではありません
こどもも結構、厳しくされています。
わかってないです。


主任から
「生徒たちは優しいから、受け入れられている部分もありますが
本人の努力ではありません
そういう子供たちの中では特につらくはないと思いますが。」
言われました


私は、
「優しい子たちには、感謝しています。
子供たちの中で辛くないかといえば、そうではないです。
何かを言われても反論できないのですから、
悔しい思いもさんざんしています
悔しくて家で荒れます。

孤立しているfを悪く言って、面白がっている子も見かけます
そんな時は、その子たちに声をかけ、名乗ったうえで
fが気分の悪いことをしていたら申し訳
ないです。ごめんなさい。」と謝っています。…」
と言いました。



カウンセラーから
「選択制緘黙症の治療というのも難しいのですが、
不安症がもとにあるので、これを投薬治療で安心を得ていくことが
社会参加の一歩につながると思います。

このところ、不安症が進んでしまったようですね。
もっと進めば、家から出られないようになってしまうかもしれないので
治療をお勧めします。」

ということでした。

はっきり言って、同席している学年主任からの追い詰めによって
不安症が進んでいるのです。

アメリカでのホームステイに備えて、
緘黙症の子を捕まえて、みっともないだなんだかんだと
繰り返し理不尽な罵声を浴びさせることに意味があったのでしょうか。
しかも親の前で言われたら、尊厳も何もないでしょうに。

私も学年主任の姿を見るだけで嫌悪感が湧いて
逃げ出したくなります。

fはこの人たちを相手にしなくてはならないなんて辛いことでしょう。


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-16 02:50 | 学校(中学3年)