今朝、学校に行っていないという連絡が副担任からありました。

そのあと、11時過ぎに、学校から連絡が入り、
f は、保健室に来たということでした。
そして、学校に残らず、そのまま帰宅したという事でした。


緘黙に対する先生たちの叱責や嫌味を私も目の当たりにし
その先生たちの授業など受けられない恐怖があることを
理解できるので、学校に、入れただけで良かったと思います。



fは、朝、休むとは言いません
6時半には、家を出て学校に向かいます。
途中で腹痛を起こすこともしばしばです。
このところのfは、学校には入れずにそのまま帰ってきました。

しかし、私と一緒に保健室登校をしてから、
保健室に行くなら学校には入れると感じたのだと思います。

なので、保健室に行けてよかったと思えます。

今日も、一応出席できました。



私が、先生方の方針が変わるといったところで不安は解消できないと思います。
少しでも気が楽になれるように、
スクールカウンセラーに、子供のカウンセリングを申し込んで
先生方の方針の話をしていただこうと思います。
授業に出られるようになれるといいな。


私自身先生方の、
人を馬鹿にするような苦言に対して
言い返すことなく我慢をし、
悔しくて胸がはち切れそうになりました


そして、
この先生方から、子供が、話をしないこと悪く言われ
私は今まで味わったことのない屈辱を味わいました。

それはそうです。
他人様が、我が子の辛さに対しては、
いたわってくれることはありますが、
逆に悪く言うなんてありませんでした。
人を思いやるというのは、そういう事だと思います。

一つ一つの言葉を思い出しただけで
震えるほど悔しいです。

コントロールなどできないことに対し、
こじつけな意地悪を言うのは、
ありえないと思います。

緘黙や緘動はわざとではないということ
先生方にはご理解乞うていました。

なので、わざと意地悪を言ってまで厳しくし、
親子をぎゃふんと言わせようという作戦なら
意地が悪いにもほどがあります

先生方が、緘黙症は、わざとで話さないのではない理解できないわけがありません
それでも、子供をかばう過保護な親だという思い込みを捨てずに
「甘くしてなるものか」と、私たち親子を絞めたのでしょう。


この人たちを恐怖に思う子供の気持ち
痛いほどわかります。

私にも皮肉や意地悪を先生方が言ってこられたことで、
かえって子供の辛さがわかり、ある意味良かったと思います。
**********
場面緘黙について、簡単明瞭に書いてあります。
分かりやすくまとめてあります。
f0370147_22180293.jpg


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-06 21:06

今朝も、登校してない。

今朝も、6時後半に家を出て行きましたが、
登校してないと副担任から電話がありました。

この電話の着信はストレスがかかります。
それでも今日は、電話がありそうな気もしていたので、
「気にしない気にしない」と、自分に言い聞かせて応答しました。

先週、せっかく保健室に行けたのに、
養護の先生がいらっしゃらず、ついてなかったです。

保健室に行くという事にも不安になってしまったのでしょうか。
逆戻り。
明日は一緒に登校してあげようかと思います。

子供にも私にも、緘黙が悪いことと怒鳴った女性教師の授業が1時間目って嫌でしょう

緘黙のことを罵る先生のいらっしゃる学校って他にあるのかしら?

私が、先生方の言い分に
おとなしく従っていたから
馬鹿にされてるのでしょうか。

おとなしくというのか
はむかってはいけないという
大人な対応(勝手に思っているだけでした。)
をとっていたなだけなのですが。


本人も、長い間傷つけられてきたのですから、
「接し方を変えてもらう」と言ったところで
すぐには心穏やかにはなれないですね。

今日は、学校には行かなくてもいいので、
とりあえず早く帰宅してほしいです。

焦る気持ちをブログを書きながら抑えていますが、やはり、見つけに走ります。

*****
筑波山の帰りは、浅草寺に寄りました。
f0370147_09375257.jpg
*****



**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-06 09:05 | 場面緘黙