まずはじめに、
f の学校の電話のシステムが今年から変わりました。

担任がかけた電話の折り返しでかけると事務室の代表番号にかかるようになりました。

その事実を担任は知りません。
私も知りませんでした。

**********

f が登校していないと、10時過ぎた頃に学校から電話がありました。

担任が、
f と連絡がついたら、学校に欠席か遅刻の連絡を入れてください
とおっしゃいました。

帰ったメールが父親からあったので、すぐさま折り返しの番号で学校に電話をかけました。

すると、職員室ではなく事務室の代表の番号にかかりました。

授業中ということもあり、欠席の伝言をお願いしました。

夕方、担任から連絡がありました。
「事務室の方には連絡があり伝言をされていましたが、こちらも他の先生方も心配するのですから、直接連絡をください。
できれば、具合が悪くなった時点で本人から電話を入れさせてください。
明日本人にもそのところを話します。
こんなんでは、海外に行った時に困った時に声もあげられないです。それでは困りますから。…」
と、お叱りを受けました。

心配してくださったことには申し訳ないと思いました。

でも、なぜ事務室からかけるのかしら。
なんとなくな疑問が湧きました。

そして、
傷心な親に対して追い詰めないでよ。
などと思いながらも、ひたすらあやまるのみでした。

しかし、選択緘黙のf が電話をかけて話をするなんて、急にできないことで、とっさに反論をしてしまいました。
「本当に申し訳ないのですが、あの子が電話で話すことはできないのですが…」
担任は「でしたら、お母さんにでも連絡してもらって学校に連絡してもらえればいいです。…」

連絡したのに、連絡してくださいと言われて、頭が混乱し、思考停止のまま電話を切りました。

私はモヤモヤした気持ちのままでした。
機転が利かなくて、すぐには確信できなかった「モヤモヤの、腑に落ちない原因」にふと気付きました。

「担任からしてみれば、『先生たちの心配なども気にもせず、いい加減な親に対する怒り』だったのだと思います。
私が、職員室ではなく、故意に事務室に電話をかけ伝言という手段をとった。けしからん!と思ったのかもしれません。

**********

その1時間後、私は家に着き、学校に連絡を入れました。

「明日、子供を叱るということでしたが、私も伺います。
学校には行きたくないので腹痛を起こすことがあります。
電話ができないということで叱られては、学校にはいかなくなるかも知れません。
注意として話してほしいのです。
私も明日伺います。」

担任は、「甘くしてしまっては、本人のためにならないですから。海外で困りますから。」

話にならないので、応えるというより言いたいことだけ言いました。

「そのようにご心配してくださることにはとても感謝しています。
電話ができないのは病的な原因ですから申し訳ありません。」

それでも担任は海外では困りますね。と、まだ言い続けてました。
まあ、なんとかしてあげたいと思っての愛情なのだと思うことにしました。

本心は、きっと、母親は甘い!
いい加減なくせに。
なんて思っているのだと思います。

そうだ!これを言うために電話をしたと思って付け加えました。

「先ほどは、出先だったので、先生からの電話を折り返してかけたのですが、そうすると職員室ではなくて、事務室にかかってしまうのですね。」

と言いました。
担任は、「え、そうなんですか。」

「はい、そうなんです。
職員室なら先生に代わっていただいたのに、事務室だったので先生を呼び出すのも申し訳なくて伝言にさせていただきました。余計な気を回してかえって申し訳ありませんでした。」

担任は、「あ、そうでしたか。わかりました」

私の妄想かも知れませんが、
心配している先生にも気を使わず、連絡も直接しないいい加減な親』
という疑いは、はれたことでしょう。

完全に、私と f は人格を疑われていました。
これが晴れたのなら、わたしも先生を大目に見て、
「先生は、口下手で、話しているうちにくどくなり、つい言わなくてもいいことを口にしてしまった。その話があたかも説教しているかのように展開してしまい、本人も意図しない話になってしまった。」のだと思うことにしました。

これからもお世話になる先生には、いかに上手くやり取りできるかを考えていかなくてはなりません。

実際、お手数もかけることは間違いないですから。

本当に落ち込む1日でした。

*****
息子の描いた漫画

f0370147_23344586.jpg




**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村




[PR]
by suzu62taha88 | 2017-05-10 17:15 | 母の想い | Comments(6)

学校の担任から電話があり、f は、まだ学校についていないそうです。

また行方不明になっていまいました。


お仕事終わりましたが、午後も行かないといけないし、探しにもいけないです。

心配で、ブログを書いている場合じゃないけど落ち着かなくて。
連絡を待つしかないです。

追記
お仕事中もずっとハラハラしていました。

家にいた父親にメールをすると、しばらくして帰ってきたと返事がありました。





*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-05-10 11:07 | Comments(4)