2017年 04月 12日 ( 1 )

後悔の念

私は、昨日、電車を乗り継ぎ、治療中の歯の不具合をなおしに歯科医院に行って来ました。

わざわざ遠くの歯科医院に行くようになったのは、近くの歯医者で、無理な形に治された歯の根っこが治療終了直後に割れてしまったので歯科医院を変えたためです。

そちらは、全ての治療が自費診療の歯科医院で、特殊な治療も可能です。
自分の歯を残せたのでホッとしています。

そこに行く路線には、f が進学を希望していて、受かったのに、手続きをしそびれた学校があります。
前代未聞の痛恨のミス。

締め切りの日、夫の勝手な理解で手続きに行かなかったことを知った時には、私は方針状態で、その後、泣き崩れてしまいました。
子供の成果を無駄にしてしまいました。何より本人が行きたかった学校です。

そこの学生が乗っていたのですが、その光景を見て血の気が引くほど落ち込んでしまいました。

本人の成果を無駄にした私たち両親は罪深いと思います。
完全に私のトラウマになっています。

実力主義の私が学歴的なことを言ってしまうのも変なのですが、f が頑張った成果なのに。
いつまでも後悔が拭えてなくて。

ご縁のあった学校に感謝して、その先には、本人の希望が叶うことを願うばかりです。
この希望というのは学校という意味だけではなく。

f 、ごめんなさい。
前を向いてたつもりだったのに。

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-04-12 10:38 | 母の想い | Comments(7)