合理的な理解の仕方

「土曜日は午前中だけだから、授業が受けられるね。」とたかをくくっていましたが、結局、保健室登校でした。

保健室の先生がその旨、連絡をくださいました。

1、2時間目は保健室で小テストをしてくださったそうです。
保健室の先生が、
f は授業を受けていないのにできることをお話しされ、
「すごいですね。お勉強は心配ないですね。」と、一応褒めてくださいました。

いえいえ、授業で勉強はほぼ完結なので、授業を受けてないと知識がなくなります。
心配なくないですよお。(^◇^;)

ただ、数学の教科書は、手にしたその日にパラパラとひと通り見てましたから、理解してはいると思います。

この辺の理解の仕方は、不思議なもので、さらっと見たら理解ができているのです。

私は数学好きな凡人ですから、ひとつひとつ理解しながら、やっとこさっと理解ができ、練習問題を解いて身につけるので、あれでわかってしまうなんてうらやましいと思うのです。

理解の仕方は人それぞれで、優劣はないと思いますが、
この学び方は合理的なので、ひとつの特技だと思います。

 こういう合理的な理解の仕方は、ギフテッドのお子さん達は多かれ少なかれしているのかと思うのです。

よく耳にするのが、「勉強が簡単すぎてつまらないから学校に行きたくない。」ということです。

行きたくない訳とは、
理解度が早すぎて、余った時間を持て余すということもひとつなのでしょう。

合理的な理解の仕方をしている子が授業を面倒に思うのも頷けます。

ふぅの場合、授業が退屈だったなら、ノートに絵を描いて対戦ゲームをやったりして、案外、暇ではなさそうですが。
(^◇^;)


(普通の人である)学校の先生には、合理的な理解の仕方は経験がなく、受け入れなれないかもしれません。

放っといてくだされば問題ないのですが、
ギフテッドの要素のあるお子さんたちが、怠けているとか、できた気になってサボっている
と思われたら、叱責につながり困ったことになりそうです。

*****
東京湾でクルージングをしてきました。
f0370147_01180389.jpg

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-11-19 19:36 | ギフテッド