追い詰められて中2自殺、教師たちからのいじめ


福井県の中学二年の生徒が教師のいじめにより自殺したというニュースがありました。

そのお話を、ほかの筋からたどって行くと

提出物が出せないとか
返事ができないとか

苦手なことやできないことで叱っていたということです。

できないのなら、その子ができるシステムを考えてあげればいいのです。



この事件の教師たちは悪びれることもなく謝罪もせず教師を続けているとのことです。
fの学校の学年主任や数学女性教師は、この事件を知っても、
自分と重ね合わせることもなければ、自分たちが加害者だなんて自覚もないでしょう。

この事件や、私の言いたいことを綴った思いを、もっともっとたくさんの方に知っていただきたく思います。
教師に馬鹿にされののしられて苦しむ子供たちのことを知ってほしいです。




本人だって叱られたくありません。

できるのであれば、とっくにやっているでしょう。

叱っている教師は、「できないことで叱られ、死ぬほど苦しんでいるということ」を理解できないのでしょうか。


おとなしくしている親の子はどんどん教師にいじめられるという話もあります。

うちは私が我慢しているからどんどん罵られているのでしょうか。

何とかできるように方法を考えこどもと話し合い努力をしています。

そのうえで、何度も理解を求めていますが、

言えば言うほど子供が攻められているような気がします。

だから、おとなしくしていたけれど

とことん戦わなくては命は救えないということかもしれません。



「こどもを人質に取られているようなものですからおとなしくしているだけです。
いつでも訴える覚悟はあります。」(ボイスレコーダーでとってありますし)



こうして言葉も態度も選んで教師と接してきているのに、
そういう親の気持ちもわからず、ののしってくる教師はまっとうな人ではないとつくづく思います。


親と教師との信頼関係をもとに、子供の成長を見守るのが本来の教育ではないでしょうかね。
情けなくて、悔しくて、そういう教師の性の根を正してあげたいくらいです。

指導という名のもとに「特性」や「病気」に対して叱り、
弱い立場の子供をいじめることが、教師としての間違った責任感のように思えてなりません。

特性や病気に関して、励ますことはあっても、ののしるっておかしいでしょう。
それがわからない教師が実際にいること自体、私には魔訶不思議です。

弱者の立場になってみると見えなかった理不尽さが見えてきます。
教師というのはどこまで権力が強いのか。
特に日本の中学の教師は子供たちの進路のカギを握る強い立場なのです。
高校受験など進路に関しても、教師の変な特権がまかり通るシステムは見直すべきです。
そうすれば、少しは、えらい立場で威張って人を馬鹿にしてもよいのだという教師の勘違いはなくなると思います。

たとえ厳しかったとしても、温かい教育の場ってどこにあるのでしょう。

####  尚、ここで上げた教師とは一部の心無い教師のことです。
      子供の成長を見守ってくださる教師の皆様とは一線を画しますのでご了承ください。

*******************


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-10-21 20:00 | 教育