通級に通うことになったそうで。

教室に通ってきてくれている小1のR君。

自由にやりたいことをさせてあげたい子です。

せっかく通っているのだから少しでも勉強になるようには工夫しているものの
教室のいろんなものを出してきては使ったりしてます。
でも、やることやらせないと、という思いからうまく乗せてやってもらってます。
結構、集中してできる子です。

先日、R君が、授業中に
包まれてもない裸のチョコレートを
ポケットから出してお兄さんに自慢をしていました。(笑)
私は、思わず「やだ、やめてよぉ」と言ってしまいました。

本当は行儀がよくないということになるのでしょうが、
そうじゃなくて、
溶けたチョコレートで汚れた手で、
あっちこっち触ってまわるので
どこが汚れたのか私が把握できなくなる恐怖があり
「やめておくれ~」
という気持ちになりました。

実際、汚れる云々がなくても
「授業中はお菓子を食べないでおきましょうよ。」
と提案はすると思いますが。

思えば、結構な割合で、お菓子を持ってくる子がいます。
「おなかがすいたら授業中に食べる。」と私に話した子もいて
「終わってからにしようね。」と言っておきました。

たった一時間と何十分かの授業なので
お茶以外はなくても大丈夫だと思うのですが、
腹ペコ危機を感じるのでしょうか。(#^^#)

******************

さて、R君ですが、
来月から特別支援級の通級に通うそうです。
お母さまが送迎をしなくてはならないとのことで
慣れるまで教室はお休みされるということでした。

物理的に大変だから教室をお休みするというよりも
R君のママさんが精神的に参ってしまった節もあり、
「お休みの間、お話をしにでも来てください。」と
お話ししました。

R君のママ
「幼稚園の時よりはましになったのですが、
ほかのお母さんたちからいろいろ言われてつらかった…」


誰も悪くないのにね。



私はR君がのびのびできるようにと思って
2対1の個別対応をしています。

体験授業をしたときに感じたのは
しばらくの間、ほかの子とは別にして様子を見たいということです。
楽しみ半分、この子を伸ばしたいのが半分。

それで、個別指導のまま1年が過ぎました。

英会話も随分とできるようになってるし、
算数も得意で、能力的には素晴らしいのです。
学校でも、うまく教育されていくことを祈っています。

できれば教室に通い続けてもらって
R君が安心できる場として寄り添ってあげたいのですが
R君の生活は学校主体なわけですから
通級の生活にママさんが慣れるまで待っていようと思います。
(R君はそれとは関係なく教室に通いたいと思いますが(#^^#)>そ…うでもないか(笑))


R君のママ
「主人とは、Rの特徴をおしつけてやめさせたら、
RらしいRじゃなくなると言っているんです。通級に意味があるのか悩みます。」

その通り!(#^^#)
迷いますよね。

************



ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

f0370147_19301995.jpg
アメリカの教会


[PR]
by suzu62taha88 | 2017-10-18 21:59 | 教育