通信制高校の話

先週、f の小学校の時のママ友達と居酒屋に行きました。

みなさん高校受験の話で持ちきりです。

公立に落ちたら通信制高校に行かせるとおっしゃる方がいらっしゃいました。

しかし、通信制高校は、様々な学びのスタイルのひとつなので、一般の入試とは違う価値観で選ぶことができます。

入学許可を得るのも学力試験がなかったり、面接や論文で許可が得られるかが決まったりするため、学力不信となった時の受け皿と考える方がいてもいいわけですね。

いろいろな理由で通信制高校に入学して来るわけですが、この仕組みをうまく利用すると、合理的で自分が活かせる教育スタイルなのだと思うのです。

通信制高校の魅力を見逃すのももったいないと思い、7月のはじめに通信制高校の合同相談会に行きました。

そこで相談したN高等学校とクラーク記念国際高等学校の説明会と相談会に行ってみることにしました。

本人は、なにそれ?という程度の認識なので、私のお付き合いという、本人にとっては意味不明な参加になりますが、もしかしたら良い出会いがあるかもしれませんし、「今のままでいいのぉ」という押しで行ってみようと思います。

自分主体の教育の場をさがせるチャンスなのかもしれませんね。

*****
今、f が読んでいる本です。
夏休み中に4冊読んで簡単に感想文を書くのです。
そんな余裕ないよね。という割には、あまり宿題も進んでいなくのんびり過ごしていますが。^_^天国〜

最後まずいんと違いますか。^_^

f0370147_21274882.jpg

*****


ご覧いただきありがとうございます。


拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 場面緘黙症へ
にほんブログ村




[PR]
by suzu62taha88 | 2017-08-10 19:56 | 教育