思わぬ贈り物

ようやく夏休みとなり、毎日のんびり暮らしています。

なんてホッとするのでしょうか。

他のママさんたちの中には、
夏休みは子供が邪魔だから早く終わって欲しい、
なんて贅沢な悩みを仰るかたもいらっしゃいます。

学校に出すことを、
それほど心配もなく、
逆に学校に行かせてせいせいすると言えるなんて
羨ましい限りです。

とはいえ、先日、ブロ友のrobo君ママさんがおっしゃっていたように、
「生まれ変わってもこの子の親になりたい」
という意味も含め、
この子が我が子でラッキーという気持ちがあります。
言葉にできない複雑な幸福感です。
(^_^)?
💦?

*****

f のホームステイのホストファミリーが決まりました。

旅行社の方との相談会で、
「場面緘黙症だとホストファミリーに伝えて欲しい」とお願いしました。

同席していた担任は、
「問題児を連れて行くかどうかの職員会議」
にかけたということをみても
迷惑な言い分だったようです。

脱線しますが、
昨日の親睦会で聞いた話によると、
「英語ができないので連れて行けません」
と言われた子が数名いたということでした。
「この学校に英語が話せる子がいるんかい!」
と突っ込みたくなりました。

お話、戻ります。

ホストファミリーは、
奥様は日本人で心理士さん
ご主人は、英語の教師

これは、偶然とも思えず、旅行社の方のご配慮で決めてくださったのだと思います。
学校の冷たい対応の後、こんな優しいご対応があるとは。
思わぬ贈り物となりました。

温かいご対応に泣けてきました。

*****
オススメの本と言われて買ってみたものの
読むのに何年掛かることか。💦

f0370147_22443522.jpg

*****

ご覧いただきありがとうございます。


拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 場面緘黙症へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-07-23 21:48 | 母の想い