【アルベルトやアマデウスに繋がる話】

【ジーニアス:世界の天才 アインシュタイン】

面白そうです。
すでに1回目スタートしてます。😰


【アマデウス】というモーツアルトの映画がありましたが、
f の幼児教室の先生が「アマデウスの映画のモーツァルトは、f 君と重なるのよ。」とおっしゃいました。

そのときは、「作曲の才能は恐れ多いものの、映画のあの形相を思い出すと、突然笑い出したり奇行が横行してたのを重なるって。えぇ〜。」
と、一瞬思っていまいました。

当時、恐れ多くも、アインシュタインのことも、同じ様なことを言ってくださってて、先生にとっては、お気に入りの f に対する最高の褒め言葉のおつもりだったのだと思います。

思えば、当時、先生は、ギフテッドという言葉をご存じなく、当然その言葉は使わなかったものの、ギフテッドの特徴らしきものを教えてくださっていました。


先生の言葉の中で、ある意味心の支えとなる言葉があります。
それは、
「 f 君みたいな(褒め言葉が満載で恐縮)お子さんは、普通の学校教育の中では褒められるべきところも叱られたりして、変わり者扱いされたりするかもしれないのですが、そういうものですから、気にしないでくださいね。
誰がなんと言おうと、尊敬して育ててください。」
という様なものでした。

「そういうものですから」
(^。^)
なんて的確で安心させてくれる言葉でしょうか。
そういうものだと保護者が自分に言い聞かせるとき、その子にはアインシュタインやモーツァルトの素晴らしい才能が、違う色と形で潜んでいるのかも知れないと、喜ぶべきなのかもしれません。

大変な子育てをなさっている保護者の方々の心の支えにもなるかも知れません。

メンタルを整えてあげるのでいっぱいいっぱいなうちの場合など、才能など考えていられない状況ですが、
(世界の偉人とは程遠いものの)その様な言葉を思い出すと、将来が楽しみにもなってきます。

f に関していえば、先生が面倒だと思ったかもしれませんが、変わり者だとまではいかないので、まだまだというところなのでしょう。(^。^)>

*****
息子の漫画です。
f0370147_11265488.jpg



*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村




[PR]
Commented by robo223 at 2017-05-14 12:43
幼児教育の先生のおっしゃる通りだと思います。まさに、「褒められるべきところも叱られ」ですよね。私もふぅ君の将来が楽しみになって来ます。

お兄さんもママさんの遺伝子を受け継いでいらっしゃるのでしょうか、絵がすごく上手いのですね。驚くばかりです😱❗
Commented by suzu62taha88 at 2017-05-14 13:17
robo君ママさん
コメントをありがとうございます。

褒められることも叱られることの原因を考えてることがありました。
叱られるといおお元は、
人に対して迷惑になることと
本人に関しては危険を伴うこと
に対しての指導ということになると思うのです。

子供が毎日叱られてダメージを食らってしまった頃については、
「たくさんの子供達の相手でご苦労のある先生には申し訳ないですが、先生が面倒なだけだったのではないか」と思うのです。
そういうことで先生が感情をこめ、心身ともに暴力を加えたのは、叱る意味が納得できなくなります。
集中することは、本来褒めるべきところだと思うのですが、
みんなに遅れたからと言って、7歳の子をさし、「ひとりだけまだやってない人がいます。日本語がわからない様です。」などとみんなの前でバカにしていじめを助長することではないと当時を振り返って情けなくなります。
私も、当時は、先生にご迷惑をかけてるうちの子が悪いからと謝ってましたが。

先生にも余裕がないからなのかなも知れないですね。

息子の絵も褒めてくださってありがとうございます。😊
Commented by robo223 at 2017-05-14 16:32
どんな理由があろうとも、子供に対して大人が名指しで特定の子供に対して「日本語がわからない様です。」などと言うことは、絶対に許されないことだと思います。

まして、教師がですよ。ふぅ君がどんなに辛い思いをしたことかと胸が痛みます。

実は私も小学校の低学年の頃、担任の先生から集中的に非難され、とても傷付いたことがあり、その先生の名前は今でもはっきり覚えています。十代の頃までは、もし、その先生にもう一度会ったら、あの時の気持ちを伝えたい、と思っていました。

おまけに私の場合は面談のたびに、私の悪い所ばかり先生に言われるため、母からも集中的に非難されていたので、同情した姉が「自分が優等生だからいけないのでは。」と密かに胸を痛める程でした。私の場合は、無能無才で私が悪かった部分も大きかったのですが💦


ふぅ君ママさんは聡明でいらして、幼児教育の先生がおっしゃった通り、ふぅ君のことを尊重してらっしゃいます。良き理解者であるママさんがいらっしゃるので、ふぅ君には心強いことだと思います。

ふぅ君の成長過程においては、周囲の無理解などと戦わなければならず、大変なこともおありかと思います。でも、ふぅ君の素晴らしさを尊敬し大切にされていれば、必ず明るい未来が開けてくると思います。
Commented by suzu62taha88 at 2017-05-14 19:14
robo君ママさん
温かいお気遣いをありがとうございます。

robo君ママさんも、先生からの心無い非難に随分お辛い思いをされましたね。
担任から話をされれば親としても信じ、子供をなんとか良い方向に導き出そうとして注意をされたのでしょうね。
そうはいっても、小さな胸を傷めてお辛かったことと思います。
今でも忘れられない辛い思い出までお話くださってありがとうございます。

担任からふぅへの仕打ちは、後になってクラスの女の子たちのお母さんを通して知ることになりました。
教科書が出てないからと、怒った先生がふぅのカバンをひっくり返して中身を全部出したという話もありました。
机の中に中身を移してないのもいけないのですが、衝撃的です。
これを見た女の子が怖がって学校行きたくないと言ったそうです。

担任から、育て方が悪いのではないのかと聞かれた時には、必死で言い訳しました。
考えると、「子供が出来損ないだ」と決めつけているわけですから、失礼な話です。
そういうあなたは?とはいえませんが、思うだけはいいでしょうか。

実際には、私も、わかってあげているつもりでも、ヒステリックに叱ってしまいます。

子供のしつけは感情的にならずにすべきですが、なかなかそうもいかず、修行が足りないということですね。


by suzu62taha88 | 2017-05-14 10:39 | 母の想い | Comments(4)