救われた思いを救いに変えたい希望を持って。

あーちゃんママさんがブログを書かれて7年との記事を拝読しました。
当初のことを思い起こすと感謝の気持ちでいっぱいになります。

ちょうどあーちゃんがホームスクールを始めると決意されたという頃に出会ったブログでした。
あのあどけなく可愛らしいあーちゃんももう直ぐ大学生になろうとしています。
遠くでご成長を見守っていた私にとっても感慨深いものです。

ご紹介いただいたあーちゃんのご様子やママさんの思い、そしてあらゆる情報を得られたことは、私にとって何事にも変えがたい貴重な体験となりました。

そしてそれは、今なお変わりなくありがたい貴重なそれとなっています。

あーちゃんママさんのブログがなかったら、傷ついた心も癒せぬまま、ひとり路頭に迷っていたことでしょう。
表現する言葉が見つからないほど感謝しています。


あの頃の話ですが、
f は幼い頃から、好奇心旺盛でたくさんのことに取り組み考える子供でした。
そんな f は、研究熱心でものをよく考え、親としても頼もしく思っていました。
上の子もやはり能力の高い子供だったので、さらに f にも同じように楽しませてもらえると思っていました。

幼稚園の先生も小1の時の担任もお友達のお母様方も f の自由かつ面白い発想を褒めることはあっても非難することはありませんでした。
なので私もプラスにしか思っていなかったのです。

小2の担任から、例のいじめにあってしまって精神的影響を受けたのですが、
そのときになぜそんなことをされなくてはいけないのかと、その原因を探り始めました。
上の子が担任やお友達に言われていた「授業中、聞いてないみたいなのに、先生に差されるときちんと答えられる。」という言葉も、きっと f にも言えることで、そのようなことから、先生がヘソを曲げたことから、始まったいじめなんだろうということは、私も予測できたことでした。
では、どうして授業中聞いているのに聞いてなく見えるのか。
その辺から探って見つけたギフテッドのワード。
アメリカでは、もっともっと前から知られていたことでした。
あーちゃんママさんのブログでいろんな事実を知りました。

アメリカでも見解の分かれるところのようですし、日本で知ってもらうには難しいのかもしれないけれど、私は、少しでも、日本で周りの人からギフテッドのことを伝えていこうと思いました。

少しずつですが、知っている人が増えてきました。
まずは教育者には知ってほしいと思っています。
実際に話さなくては何も進みません。

自分の子だけをフォローすべきという方もいらっしゃいますが、ギフテッドを広めたその先には、我が子の理解も深まり立ち位置さえも変わっていくと思うので、是非、広めて行ってほしいと思います。

もちろん私の勝手な思いであって、誰かに強要しようと思うものではないので、非難してほしくないなと思っています。

あーちゃんママさんに救われた私のように日本の地盤が固まれば助かるかたたちもいらっしゃることでしょう。
そんな日は来るのでしょうか。💦

ギフテッドの情報を交換する中でも発達障害の情報が頻出するのが事実です。

ギフテッドが発達障害の中の一部ではなく違う問題であるとの認識は伝えられるのか危惧されるところです。
発達障害もある場合は、その障害において理解され人として尊ばれるというものですが、それのない場合、ギフテッドの理解の上に尊ばれるというものです。

ひとには色々な側面があるわけですから、その認識のある上で他の障害などを絡めるのは自然なことだと思います。
だからこそ、その前に、その認識が定着していることが必須に思うのです。

広めるとなるとみんなで力を合わせてなどとは行きませんが、地道にやって行きます。

自分の受けた恩恵は、他の方に伝えたい。それだけです。

まだまだ中途半端な子供がいますから、この子のことをしっかり見ていくことが一番ですね。


最後に、あの方が森から出られて安穏に暮らせていることを祈ります。


キッチンの棚の上のものを相当前に描いたものです。

f0370147_14151756.jpg


**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

**********

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-05-07 11:06 | 母の想い