後悔の念

私は、昨日、電車を乗り継ぎ、治療中の歯の不具合をなおしに歯科医院に行って来ました。

わざわざ遠くの歯科医院に行くようになったのは、近くの歯医者で、無理な形に治された歯の根っこが治療終了直後に割れてしまったので歯科医院を変えたためです。

そちらは、全ての治療が自費診療の歯科医院で、特殊な治療も可能です。
自分の歯を残せたのでホッとしています。

そこに行く路線には、f が進学を希望していて、受かったのに、手続きをしそびれた学校があります。
前代未聞の痛恨のミス。

締め切りの日、夫の勝手な理解で手続きに行かなかったことを知った時には、私は方針状態で、その後、泣き崩れてしまいました。
子供の成果を無駄にしてしまいました。何より本人が行きたかった学校です。

そこの学生が乗っていたのですが、その光景を見て血の気が引くほど落ち込んでしまいました。

本人の成果を無駄にした私たち両親は罪深いと思います。
完全に私のトラウマになっています。

実力主義の私が学歴的なことを言ってしまうのも変なのですが、f が頑張った成果なのに。
いつまでも後悔が拭えてなくて。

ご縁のあった学校に感謝して、その先には、本人の希望が叶うことを願うばかりです。
この希望というのは学校という意味だけではなく。

f 、ごめんなさい。
前を向いてたつもりだったのに。

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
Commented by robo223 at 2017-04-12 18:32
ふぅ君は芯の強いお子さんで、ゆるぎないアイデンティティのようなものを持ったお子さんなのではないかと思います。そのようなお子さんは環境からの影響は、結局あまり大きくはないような気がします。

誰が何と言おうと、周囲がどのような動きをしようと、それはそれとして飄々と受け流し、結局は自己の内部から湧き出る動機・信念で動く人、自分で深く思考し、それに基づいて動き出す人なのではないでしょうか。

それは、ギフテッドの特性そのものなのかもしれません。

ですから、どんな場所においても自己を貫く人である限り、どこの学校に所属するかということはあまり大きな問題ではないのかもしれません。

今はふぅ君の人生の通過点であって、学校という枠の中にそうやすやすとおさまるような人ではなく、彼はもっと深く独自の世界を切り開くことをどこかで渇望し、常に物足りなさを感じることには変わりないと思います。

特別な子というような意味合いではなく、ただ、とても稀なケースなのだと思います。

ですから、ふぅ君ママさんが色々お考えになるお気持ちはわかりますが、いつでも愛しいふぅ君のためにベストを尽くしてきたのですから、心を痛めることなくいらしていただけたら、と思います。
Commented by suzu62taha88 at 2017-04-13 01:21
robo君ママさん
コメントをありがとうございます。

このことは心に封印したつもりだったのですが、あの制服を目の当たりにした途端、苦しくなってしまいました。

書き留めて心の整理をしたいと思いました。
そのうえに、robo君ママさんの温かいお気遣いの言葉に、もっと深いところでものを見ていかないといけないなと思いました。

信じて本人に任せないといけないです。


ありがとうございました。
Commented at 2017-04-15 09:09 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by suzu62taha88 at 2017-04-15 13:58
4月12日10時38分の鍵コメさん
ありがとうございます。
取り急ぎご挨拶まで。
帰宅後、ゆっくりお返事いたしますね。
Commented by suzu62taha88 at 2017-04-16 11:04
4.12.10 10:38 の鍵コメさん
遅くなってしまってごめんなさい。
帰ってきてしなくてはいけないことをしながら、鍵コメさんのことを考えていました。

周りの保護者の方たちから、随分とひどいことをされていますね。

例えば、実際に障害のある方もいらっしゃいます。その方達への対応もこんなかと思うと憤りを感じます。
なんて情けない人が多いことか。
自分のところに障害のある子がいたらどうかなど想像もできない人たちは、命のステージが低い人たちです。かわいそうな人たちです。

お話、戻りますね。
giftedの子供達がイキイキできるような世の中にしたいと常々思っています。
自分の子がどうだからgiftedを知ってくださいと、いうのではなく、子供とは関連させずgiftedはこうだという声をあげていくことを草の根から続けて行きたいです。

鍵コメさんも同じ仲間として、そういう意味では安心してこそだてしてくださいね。
同じ思いをされている方たちとの情報交換や情報を得ることで知恵もつき心強いですもの。
お嬢さん、これから楽しみです。
大丈夫。
私たちは仲間ですから。
Commented at 2017-04-18 18:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by suzu62taha88 at 2017-04-19 07:59
18:26の鍵コメさん
コメントをありがとうございます。
「こんな子育てを許された」と思うと、選ばれし使命を感じてしまいます。(笑)
大げさなことを言いましたが、本当にそうなのかもしれませんね。
辛いことも多いけれど人にはできない経験をさせてくれる子供達に感謝しないと。
前半大変だけれど、その未来には、楽しみなことが待っています。
そのご褒美のためにも、私たちは、安心して子育てするのみですね。
今後もお互い情報交換し合いながら楽しんでいきたいものですね。
こちらこそ、どうぞ、よろしくお願いします。
by suzu62taha88 | 2017-04-12 10:38 | 母の想い | Comments(7)