プログラミング教室の実演役

先日、プログラミングのワークショップで、f がコマンドを入れてプログラムを動かす実演をしました。

受講生がプロジェクターにうつした画面を参考に各自コマンドを学ぶというものです。

二日間2コマずつの授業の各半分を勤めました。

話すのが苦手なのですが、
パソコンの前でだと人前にいることが忘れられるのか、説明をしながら進めていました。

本来面白好きなので、小さい子のエリアに入り込んで、ちゃっかりいたずらをしてきました。
チビちゃんが気づいて「この人、ひどぉい!」と、抗議すると、f は、笑いをこらえながら🤣続けました。



最後は、そのチビちゃんが懐いてきて、f にスーパーマーケットのなにやらの券をプレゼントしてくれて、二人でソファーに並んで座っていました。
小さいお友達ができましたねぇ。




こちらでも書いたことがあったかもしれませんが、小3のころ、とある大学で行われたプレゼン大会で、自分のプログラムを紹介した時も、普段話ができなくなったというのに違う人の様に、時々自分で受けながら🤣楽しそうにパソコンに向かって説明をしていました。
夢中になるも他が見えない典型なのかしら。

f0370147_21301047.jpg


そしてこちらが小4の時のプレゼン大会のリハーサル。
f0370147_21364579.jpg


*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
Commented by robo223 at 2017-04-03 21:41
確かに、ふぅ君は教える仕事が向いていますね!何より教える方が楽しんでいることが大切だから、ユーモアたっぷりのふぅ君のまわりには、生徒が集まってくるのではないでしょうか。

まだ、心に傷を負う前のふぅ君の本来の姿が垣間見られた気がします。ふぅ君の小さい頃は皆を引っ張って生き生きしていたんですよね。
Commented by suzu62taha88 at 2017-04-03 22:14
robo君ママさん
コメントをありがとうございます。

本来はみんなに声をかけフレンドリーな子でした。面白好きだったので、あのひょうきんさを今出せてはいないことが残念です。

小3では、すでに緘黙になってしまってたのですが、こういう時には活き活きしていたので驚きました。
プレゼンはできそうもないけどプログラミングが好きだったので是非出ませんかと声をかけていただきました。
助け舟を出していただく三段になっていたのですが、始まってみたら、あら不思議^_^ 口数普通に説明していました。
人が相手ではなく、自分の分身であるプログラムとの会話だったのかれません。

robo君の好きなことと似てますよね。

小さい頃は科学未来館や科学技術館など、大好きでした。
とあることでプレジデントファミリーにも2度搭載されました。
(笑)
Commented by suzu62taha88 at 2017-04-03 22:15
↑算段
by suzu62taha88 | 2017-04-03 20:10 | 教育 | Comments(3)