過去問

たくさん出ている宿題を f は、やっているのかどうなのか。

「やってるよぉ」の返事が嘘っぽいです。

新学年早々、大手業者のテストがあります。
せめて、それは押さえておいてほしいので、過去問をプリントアウトしてやらせました。

全部は終わってないのですが、難問もなくさらさらとできてしまっているので、まあいいのかなと、私も呑気に考えてます。

問題は難しくないので、点数もみんながある程度取れると思うのですが、そうでもないのです。
過去4回のこのテストにおいて、
大してできている点数ではないのですが、英数は校内偏差値はとても高いスコアーになっていました。
結局、同じ学校の子達は、f と同じように時間内には終わらないのでしょう。
こういう試験ができるかどうかは、時間内に終わるスピードが必要な課題だと思います。

スピードが必要なのかどうかとまた疑問が湧いてしまいます。

早く正確に作業を進めるという力もみるのでしょう。
そういう差をつけるためにたくさんの問題があるのでしょう。

私個人としては、成長の途中の試験は、理解できていることがわかればいいと思っています。

(以下、内容変更します。4月2日17時20分)

スピードを競うよりも、考える力をはかる試験が理想だとするならば、もっと考える時間を与えてじっくり解くタイプの試験が望ましいです。
もしかしたらその方が高度なのかも知れませんが。

と、話を膨らませていますが、万人に対する試験の場合、ほとんどの子が全問目を通せる様に、もう少し問題数を減らすか、時間を長くするかにしてほしいと思った次第です。

学校で定期テスト以外にこうした全国共通的な試験をしてくれることはありがたいです。


*****
ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村



[PR]
Commented by robo223 at 2017-04-02 12:38
さらさらと出来てしまうなんて、ホントうらやましいです(泣)東大合格者は作業速度が速いらしいですが、やはり、試験にはスピードが必要ですよね。roboの苦手ポイントです💦

でも、頭の回転がいいせいで、色々わかりすぎたり、感じすぎてしまい、周囲の出来事に対して繊細に反応してしまうのだと思います。

大学受験や仕事をする上では有利に働きますが、メンタル面では消耗が激しくて辛いことも多いのだと思います。勉強が出来ているからいいじゃない、とはせず、ちゃんとした理解が世間に広まってほしいです。

roboの場合は、ギフテッドの特性で、より発達障害の過敏症が強化されたり、想像力が暴走し過ぎたり、興味の偏りがより激しくなったりしていると私は考えています。しかし、ギフテッドの特性そのものは軽い(MG程度だと思う)ので、あまり困り感はありません。だから、先頭切って声高にギフテッドの理解を世間に訴えられないもどかしさがあります。

それでも、生きづらさの原因には充分なっていますし、こういう状態だと知っただけで、長年の謎が解けてずいぶん気が楽になりました。

それに、はっきりとしたギフテッドの特性が見て取れる姉や父には、ブログにはいいことしか書いていませんが、厳しい現実があります。特に父にはギフテッドの悲劇とも言える事件が起こってしまいました。

父がもし、ギフテッドの特性をふまえて育てられていたら、あんなに繊細に物事をとらえずに、楽に生きられたのに、と思います。ですから、私もギフテッドの特性の理解やケアの必要性を広めていけたら、と思っています。


Commented by robo223 at 2017-04-02 14:28
続きです。スミマセン💦

父のことからして、ギフテッドの特性は子供時代だけではなく、一生涯続くものですから、私は深刻な問題だと思っています。家族の人生にも多大な影響をもたらします。

ですから、全く真逆の原因で発生している発達障害と一緒に考えて、対応できるほど甘いものではないと思います。父はスポーツ、芸術、音楽、勉強と全てできる人だったので、発達障害の特性と重なるところなんて一カ所もありませんでした。

ただ、完璧すぎる故に完璧を求め過ぎてしまったのです。

全く別のものを無理やり一緒に考えて、漠然と対応するような生半可なやり方で、父や姉のような人が何とかなるなんて考えるのは、これから育っていくお子さんの将来が心配です。

一方、発達障害はギフテッドよりは世間に認知されているとはいえ、まだまだです。ここで、発達障害とギフテッドをごちゃまぜにしていては、発達障害への正確な認知が後退してしまいます。

発達障害のあるお子さんに対する医者や療法士、先生の対応にも大きな課題があり、私はそれも改善できたら、と思っていますが、それは、ギフテッドのニーズとは全く違うのです。

2Eの場合は、発達障害とギフテッドという別々の特性をふまえた上で、専門的な対応をしていくことがより効果的な支援につながると私は思います。
Commented by suzu62taha88 at 2017-04-02 17:43
robo君ママさん
コメントをありがとうございます。

試験の話ですが、基本的な問題ばかりですし、終わってないので、褒めていただけるものでは無いのです。
お恥ずかしいばかりです。

こんな状態で偏差値が良いということは、みんなも終わってないのだということが言いたかったのです。
さらさらできるのも基本的な問題ですし、家庭ではリラックスしてますので当然だというまでです。
でも、学校でやるとかってが違うというものでして、それならばみんなも目の通せる様に時間と問題のバランスを考えてほしいものだと思った次第です。
わかりづらくてすみません。

続きます。
Commented by suzu62taha88 at 2017-04-02 18:05
robo君ママさん
続きです。

giftedの理解の必要性や別に発達障害のそれをご家族のご経験からお話くださりありがとうございます。

giftedについての理解自体は、自分の子供がどうであるということを超えて、事実として根底にある特徴というものを理解浸透していくことを目標に広めていきたいと思っています。

robo君ママさんはgiftedの特徴というものをよくご存知だと思います。
それはそれは貴重なそんざいです。

私も知り得た事を
誤解に至る情報が広がらない様に、伝えていくべきだと思っています。

個々の能力開発は別な問題で
giftedの意味の理解を広めることが目的です。

私も必要性をとても強く感じています。
我が子にということとは別にそう思っています。

心強いお話をありがとうございます。
同じ想いの方がいらっしゃると嬉しいです。



Commented by suzu62taha88 at 2017-04-02 18:07

同じ想いの方がいらっしゃると思うと嬉しいです。
Commented by robo223 at 2017-04-02 20:40
ふぅ君ママさんがおっしゃりたいこととズレたコメントをしてしまって申し訳ありません💦

それから、前回の記事で、ギフテッドと発達障害は分けて考えていかなければならないとされながらも、それは、あくまでもふぅ君以外のお子さんのことを案じてのことだと書かれていましたよね。

お気持ち、よくわかります。自分の子供のことだけなら、何とかやり過ごそうと思うけれど、これから育ってくるお子さんのことを考えると、これではいけないのでは!と悩んでしまいますよね。

私も身近なところにマイノリティの苦しみを味わってきた人がいるので、何とかしたいと日々考えています。

長文ばかりで申し訳ありません💧
Commented by suzu62taha88 at 2017-04-02 21:26
robo君ママさん
いいえ、とんでもないです。
robo君ママさんが真意を組んでくださっていることは十分承知しています。
話の流れでそう表現されたと思っています。
譲歩して話をまとめてくださってありがとうございます。


giftedの啓蒙はgifted自体の認識を広めるためですが、もちろんgiftedと思われるひとりひとりにも影響すると思っています。

robo君ママさんのお話くださった様に、一生の問題となれば、成長した子供達や大人になった人たちのためにも、giftedの認識が広まれば様々な事象を理解されるというものですね。そして何より本人たちが少しは安心していられる社会になると思います。

いつも支えていただいてありがとうございます。
by suzu62taha88 | 2017-04-02 10:18 | Comments(7)