giftedと発達障害の人の特徴の違いを問われて。

発達障害とgiftedの違いは誰にもわからない
そんな思いを伺いました。
おっしゃりたいことはなんとなくわかります。

居づらい環境にいるのであれば、拒否反応を示すということが同じといえば同じです。

しかし、それぞれ違う次元の言葉です。

ひとつには、
giftedはその教育をするにあたって用いた言葉だということです。

giftedの場合、感受性の強さから不快に思ってやれないのなら、無理にさせるべきではないでしょうし、違うアプローチによって教育していくことで精神面も安定し自らの力を活用できるというものです。

そういう環境を整えるためにもまずは、理解を広めたいのです。

とは言え、
合理的配慮をしていただけるならどっちでもいいわと思ってしまうこともあるかもしれません。
それはgiftedの認知がなされていないので、そこから伝えていくには少々重荷でもあるからです。

我が子のことだけなら、giftedの格律などに力を注ぐよりも個々の問題をフォローしていく事が先決なのではないかと思ってしまいます。

しかし、弱気になってはいられません。
いろんな矛盾の中で思うことは、我々保護者は他の人が知り得ない実体験をしています。
私たちこそ貴重な存在であり、giftedの理解をして、広めることが大切だと思っています。

giftedの特徴については、私の力では、ほんのさわりしか伝えられないのがもどかしいです。
たくさんの特徴を言いつくせず、また、誤解があってはいけないので、諸々な書物に詳しく書かれているものを参考にしていただけたらと思います。

お話戻しまして。
(まちがっていたら、お気付きの方、どうぞご指摘ください。)

giftedは細かいところまで感じる感受性の強さがあり人が感じないことまで感じてしまうという素質そのものととらえてください。

知能検査のスコアが高いからgiftedという胆略的なことではないのです。
人が気付きにくいことも気づく繊細さと勘の良さ、集中力、そしてひらめきがあるから知能検査の結果に影響してスコアが高く出るのだと思います。
得意な部分が知能検査に引っかからなければスコアが低く出るかもしれません。
だから、IQの高さだけではgiftedは語れないのだと思います。

この繊細な素質が、自身を苦しめることにもなり得ます。

素質に関してですが、
例えば、(学校生活の中でのお話ですが、)
先生が話している事が間違いだと気づいてしまって、しかも正義感が強くて、ガンガン抗議して先生に嫌われた。
とか。

集中してしまうと先生の指導に従わずそのまま没頭してしまい、叱られてばかりで自尊心を失う。
とか。

先生からのいびりに深く傷つき、それが二次障害に至りうつ病や夜驚症になってしまう。

なんてこともあると思います。
大人の絶対的権力によって悪い子ということになっているだけです。

先生からは「悪い子」だとレッテルを貼られたとします。
その原因は
「正しくものを捉えられる正確さ」だったり、
「正義感」だったり、
「集中力」だったり、
「感受性が豊か」だったり、します。
それは素質です。

それが悪いことでしょうか。
これこそ理解があれば褒めてあげられるような素晴らしい素質なのです。

発達障害と別な問題です。
giftedであろうがなかろうが、発達障害がある人は同じようにいるわけです。

発達障害があるとなれば、弱い部分が生活の中で障となる訳です。(こちらの支援もとても大切です。)

giftedでとてつもない凹みがあれば、
それは、「giftedであり、かつ、発達障害だ(2E)」ということでしかないのです。



*****

私の解釈でものを言うとこんなところですが、これから、giftedについて学ぶ場合にざっくりこんなことを言う人がいたな、なんて思い出して、これらの言葉を噛み砕いていただければありがたいです。

噛みごこちが悪かったら、吐き出してくださいませ。
^_^ /

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。


この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2017-03-31 00:58