遅刻の罰から考える指導死の問題

今朝は、担任から f が来てないとの電話がありました。

いつもと同じ時刻に出て行ったのに。
遅刻のお知らせでした。

帰宅後、本人に尋ねると、
お腹が痛くなった。とのこと。


合計がペナルティー数に達したので、罰が待っています

孤独でつまらないであろう学校に
頑張って行っているので、
それだけで褒めてあげたいと思っているのですが、
世間様は厳しいです。


寝坊してるのではなくて、
登校途中でのトラブルが原因です。
お腹が痛いとか、
電車から降りられなかったとか。
お気の毒様です。

「ルールだから仕方がないのですが、
罰を受けるルール、入学してみないとわからないです。」


罰は↓

中高のお偉い先生と学年主任と担任と本人と保護者との5者面談

その後、2週に渡り1時間前に登校してお掃除をします。

私にとっての罰は、早起き😰
お弁当も作らないといけないので五時起きです。😭
f も私も寝付けないたち。
睡眠時間がますますなくなります。
不安です。

電車から降りるときに、
「降ります」と、無理してでも言える子なら遅刻しなかったのに。

(どこうとしない人に邪魔をされて電車から出られなかったそうです。)


####

ここからは一般論ですが。

こういう指導の問題でもっと心配なのは、

指導(罰)によって、
子供の自尊心が傷つけられることです。

正義感が強ければ、自分のしたことが悪いことで自分は悪い人間だと思い込むかもしれません。
恥ずかしい人間だなんて思わせたくないです。

大人たち、そして、教師たちは、指導の仕方を考えなくてはなりません。
そして、その延長線上にある指導死の問題を考えるべきです。





違う!
悪い人なんかじゃないですよ。
恥ずかしい人なんかじゃないですよ。
完璧な人なんていません。
しくじってもいいですよ。
みんなは今、成長の段階ですから、失敗して当たり前です。


*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by robo223 at 2017-01-31 11:08
こんな横暴な指導がまかり通っているなんて、信じられません💦お恥ずかしながら、私は私立の女子校の高校3年生の時は、1年間で90日も遅刻しましたが、大したおとがめもありませんでした。(ダメな私💧)その代わり、大学の学校推薦はもらえませんでしたし、朝10時頃にふらりと登校する私を担任は「部長出勤!」と言っていましたが。

しかも、ふぅ君の場合は、やむにやまれぬ事情があるのに、ですよ!こんな罰を与えたからって、電車が混まなくなって降りやすくなったり、満員電車のせいで体調を崩したりしなくなるわけではないのに、バカバカしいですね。
Commented by よく読ませて頂いております at 2017-01-31 14:14 x
前から思っていたのですが、不適切な罰や宿題があると親子共に認めてらっしゃるのであれば、お子さんを守るなぜ学校側に「こういう事情がある」とお子さんの事情をおっしゃらないのでしょうか・・?
Commented by suzu62taha88 at 2017-01-31 23:15
robo223さん
コメントをありがとうございます。

フォローしてくださりありがたいばかりです。

遅刻があって、推薦がもらえないという様な不自由さがあり、それなりに制裁は受けているものですよね。
それだけで痛手なのに、学校からの罰がいるのかと不思議に思います。
私は学校側の立場で言えば、遅れたとしても登校できたことを褒めてあげたいと思います。
私なら、体調が悪かったら、帰ってしまうと思います。(笑)
Commented by suzu62taha88 at 2017-02-01 00:24
「よく読ませていただいてます。」さん。
コメントをありがとうございます。
また、よくご覧くださりありがとうございます。

愚痴を書き留めているだけに、
ご心配をしてくださっていることとお察しします。

おそらく、なにをモタモタしているのかと思われたことでしょう。

知り合いなら、「私が黙っているわけないじゃない。」と笑い飛ばしています。

「大丈夫よ、そこのところは心配しないでね。」って意味です。


先生方に、しつこいほどに子供の特徴を話しております。

役員を託けては学校に行き、
担任や主任と話をしております。


残念ながら、学校の規則を我が子の事情で変えることはできません。
理不尽な罰も特別に受けないということはできません。

合理的配慮というものもあると思うのですが、
特別扱いはできないそうです。
それが学校の言い分です。
それでも、ダメ元でことあるごとに話をしています。
言葉の少ない子供の母ですから、子供の口にもならないとね。

結果的に愚痴を書いてますが、そうすることで整理して次に進まないといけませんから。

ブログには、生活の一片しか書いていません。

見えない部分もたくさんありますので、ご心配いただいてしまいました。

どうぞ、お納めください。
by suzu62taha88 | 2017-01-30 20:27 | 中2のF | Comments(4)