中学受験を振り返って③

前記事の個別指導塾は、1ヶ月弱で辞めました。
その半年後、その塾は潰れてしまいました。
夜逃げ状態だったようです。
もちろん、私のせいではないですよ。(^^;

夏休みに行われていた進学フェアに行って来ました。

偏差値にはこだわらず、先入観もフラットにして学校を見て回ると、
それぞれの特徴を知ることができ、
なかなか実のあるものになりました。

いくつかの学校を候補にしました。
残り半年で、正直時間がないので、過去問にかけました。

1年間通った大手塾では、スパイラル方式。
中学受験の範囲として最低の一巡はしてます。
社会の公民以外は受講していることになります。
一度でも触れていれば、基本は身についていると信じ、過去問にかけました。

9月にはいり、大手塾の個別指導塾で、過去問講座を受けました。

本人は、過去問を解くことにはまりました。

解いているうちに傾向が読めてきたようです。

年末あたりには、
小さい頃の熱心に自ら学ぶ f
が帰ってきたようでした。

家でも、自分で時間を計って過去問をやっていました。

塾では、人気校の算数は満点をとりました。
これで満点を取れる子を見たことがないと先生におだてられ、私も f 、すごい!と思ってしまいました。

図形でとても難しいものが出ます。
私も、数学を教えていたというのに、
これ何?って考えてしまい、必死に解きました。💦

(言い訳ですが、複雑な形が込み入った図を回転さた体積を求める問題は難しいです。
中にあいた空間を取り除くとか、角にちょっとだけ突起がある分を足すのにその分を求めるのは、小学生では無理なんじゃないかと思ってしまいます。)

方程式を使わず、三平方の定理も使わず、PやCを使わずに確率を求めたり、
算数の応用が解ける小学生は、すごいんだよねぇ。
頭が柔らかいから、子供のうちに触れるって大切なのかも知れません。
受験をしなくてもやらせてみるといいと思います。


「ピアノがダメな子はお勉強もダメよね。」
というピアノの先生のプレッシャーとも私が戦い💦
ピアノもしっかりやりながら頑張りました。

ピアノの先生は、ピアノの生徒たちの部活動も決めるというグレイトティーチャーです。
この教室で、コンテスト総なめのすごいところ。
親も追い詰められ、ある方は、海外に逃走したという、経験しないとわからない逃げ場のない精神状態になります。
f の志望校をいうと、
「あそこは、レベル高いでしょ。」
と、無理だという意味で言い放つつわものです。
先生の息子さんは最難関校生なんですよ。
そこに比べれば全然レベル高くないのですから、みくびったものです。

端折りますが、

複数の試験当日、
やめてしまった大手塾のバッグを背負って行きました。

そこの腕章をつけた先生たちが大勢いました。
他の受験生同様、そのバッグを背負った f と握手をしました。
テンションの高い先生とテンションの低く見える f 。

ある学校の時には、f は、その団体を避けて逃げるように会場に入って行きました。

せっかく応援してくれてるのに。
大手塾生ではないけど。(笑)

結果は、受けた8校➕東京隣接県校、全部うかりました。

喜べないオチがあるのですが、前にも書いたのでおしまいとします。

これから本番の受験生たち、とりあえず頑張ってね。
どこに進んでも、この後また身の振りを考えればいいのです。

いまだに悩む母の実感です。

*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by suzu62taha88 | 2017-01-28 12:28