共感しあえる世の中になり、感慨深い。

f と担任の事で心を痛め、
思い悩んでいた頃に、
mathkidさんのブログを拝見し、
ギフテッドという概念を知りました。
どれだけホッとしたことか。
お名前勝手に出してすみません。

しかし、まだ、周りでは、ギフテッドの事など知られていなく、啓蒙もままなりませんでした。

この話をした時に、「私の方が先に活動していた。」ということをおっしゃった方がいましたが、
先に知っていたということが言いたいのではないのです。
ギフテッドなんていう言葉を知る人も無く、孤独だったのだと言いたいのです。
それだけの話です。



もちろん、その時点でギフテッドの事をご存知だった方もいらしたと思います。
後に、月刊障害児教育という雑誌で、その何年か前に書かれたギフテッド当事者の話が載っていたのを読みましたし。
広く見渡せば私だけでもなかったと思います。

お話戻りまして。
私としては、せっかく知ったギフテッドの事なのに、
「これを持って子供をどう救ってあげられるのか。」
「いかに理解を広めていこうか。」
などと、迷いさまよっていた状態でした。


何年かのブランクの末、ギフテッド関連のことをネットでサーフィンしてみましたら、
大学の先生やら、
クリニックやら、
心理士さんやら、
友の会やら、
ブログやら、
FBやら、
あの頃には全くというほどなかったところの
ギフテッドの名前を含んだワードが
たくさん出て来ました。
とても嬉しくワクワクしてしまいました。

そして、親御さんや当事者の会がいくつかできてました。

そういうものが閉鎖的でなく、たくさんできることは喜ばしいことです。
みなさんの志に敬意を評します。

いつしか共感し合える世の中になり、感慨深く思います。

言ってしまえば。
何を隠そう、私はたったひとりの親の会を発足してます。^_^
いやいや、そういう心持ちなだけですが。

気負いなく、そのくらいの気持ちで、どなたが旗をあげてもいいですね。

ブロ友さんのきらり君ママさんも会を発足されました。

きらり君ママさんと同じように素敵な方たちが集まって来られることでしょうね。


*****

例えば、事故で家族を亡くしてしまった方達が心落ち着けるのは、同じ体験をした方達と支えあえた時だそうです。

マイペースで一匹狼的な私も、
同じご苦労をされている方たちに実際にお会いしたり、ブログやFCでお話しさせて頂けるととても救われる思いになります。

安心してお話のできる方達との繋がりは心の支えです。心が丈夫になります。

地に足をつけて物を考えるためには、丈夫な心が必要です。

共感し合える出会いに救われます。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村












[PR]
Commented by kirarinpart365 at 2017-01-08 18:06
りかこさん、私が再出発する新しい親の会(「ギフテッド応援隊」と言います。)をご紹介くださりありがとうございます。

>私としては、せっかく知ったギフテッドの事なのに、
「これを持って子供をどう救ってあげられるのか。」
「いかに理解を広めていこうか。」

まさにこのお言葉通りで、目指す目標をしっかりブレずにいたいと思います。間違った認識や、ギフテッドという名前だけが一人歩きしないように、私たちができることを話し合って進めていきたいですね。
日本に合わしたギフテッド像にしなくてはいけないという風潮に疑問を持ちます。

誰が先だったとかそういう問題ではないと私も思います。
Commented by suzu62taha88 at 2017-01-13 01:48
きらり君ママさん
ありがとうございます。

きらり君ママさんはさすがです。
ブレないという確固たる柱を立てることを忘れてはいけません。

個人であっても、グループであっても、なにをどうしたいのかという目的を、ぶれずに持つことの大切さを再認識しています。
自分自身が今までマイペースで歩んできたことは、誰かと競争するでもなく、他と比べるものでもなく、ただひたすらに目標に向かって歩んでいました。
そんな歩みの中に、仲間がいてくれることが心の支えになることでしょう。
認知の拡大など、世の中の大きな課題を乗り越える時には仲間と知恵を出し合うことが必要となるかもしれません。
そういう会の存在に救われると思います。

各所、親の会のご尽力にも感謝しています。
大変な努力の上に成り立っていることでしょう。
そして、きらり君ママさんの親の会発足に敬意をひょうします。
発足された親の会に、益々の期待をしております。

子供達のために。
親達のために。
ホッとできる拠り所となることでしょう。

ありがとうございました。
by suzu62taha88 | 2017-01-07 09:46 | 母の想い | Comments(2)