小さな幸せ。

中学役員のママLINEに
三者面談になったという方たちがカミングアウト。
「うちもです。黙っているのがズルい気がして…。」などという言葉をつけてアップされていました。

三者面談は、意外と多いのかしら。
本来保護者と担任との面談です。
試験の結果、赤点があると本人を含めた三者面談になってしまいます。

赤点を取らせてしまう授業もどうなのかと思ってしまいます。
赤点を取る子がいる授業担当者にマイナスポイントがつくとなれば、担当の先生も必死になるかなと、一人妄想に浸るのでした。


みなさんの言葉ですが、「親の悩みは成績のことだけよね。」

本音を言えば、とても羨ましい。
こんなことを言うと、棘がありそうですが、本当に羨ましいです。

緘黙で自己主張したくてもできない。
お話できないし、人と関わる中で話せないと言うのは、トラブルがあれば辛いばかりです。
自己防衛はみんなを避けること。
みんなを避けてしまうようだとなかなかお友達もできないわけです。

いじめられてしまったこともあり、
理解されずに悔しい思いをしたり。

こんな辛い特性を持つ子供を持つと、
悩みは成績だけだなんて、とっても羨ましいのです。

試験の話ですが、試験中に爪をパチパチさせるお隣の子を恨んでいるf。
(恨むなっちゅうの。)

そのせいにして(?)空欄が目立つ答案用紙が返ってきました。
トップ維持だなんてどこ吹く風。
点数だけを見れば、他のお母様方は心を痛めることでしょう。

しかし、私も全然気にならないのです。
本人の能力を信じているからなのでしょうかね。
めでたい母です。

面談で、先生が、
「随分と表情が明るくなったように感じます。
本人に聞いたら、Y君とO君とは、話すことがあるようです。」

などと嬉しいご報告がありました。
そういう何気ないことが、幸せなのです。

**********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
Commented by robo1723 at 2016-12-24 20:25
私のママ友にご自分が小学校低学年の頃場面緘黙でしたが、直ったと言っている方がいらっしゃいますし、私が以前担任をしていた生徒にも小学校一杯一言も話せなかったのに、中学生になったら突然話せるようになった子がいましたので、場面緘黙は直ることも多い気がしています。そう言えば、息子の親友も幼稚園まで場面緘黙だったのに、直ったのでした。ちなみに、その私が担任していた子は場面緘黙は直ったとはいえ、中学2年まで保健室登校をしていてずっと私と交換日記をしていましたが、3年生から気持ちを切り替えて教室に行けるようになりました。そして、高校三年間は不登校にもなりませんでした。この子の場合は、環境の変化が場面緘黙と不登校を直してしまったようですが、あくまでも、それが安心できる環境であったといことがポイントだと思います。それから、私との相性も良かったのかもしれません。私は外交的な性格であっけらかんとしているのですが、逆のタイプで内向的な人となぜか相性がよいのです。おしゃべりな私はどこかで、繊細でおくゆかしい内向的な人への憧れが強いようなのです(笑)

f君はすでに数人のお友達とはお話しできているようですし、今は思春期でより心が繊細な状態にあるだけで、成長とともに緊張を解きほぐせるようになっていくような気がします。
Commented by suzu62taha88 at 2016-12-25 00:42
robo1723さん
ありがとうございます。

robo1723さんが出会われた生徒さんたちやママさん、直られてよかったですね。その間、色々とあったかとは思いますが、良くなられて何よりです。
そして生徒さんは理解のあるrobo1723さんにもめぐり逢えたことも幸せだったと思います。
f の担任になってただけたらこんな幸せなことはないのですが、叶わぬ想いで、残念です。

f も良くなれば嬉しいです。
お話できるお友達といってもきっと聞いているだけだと思います。が、一緒に居られるお友達がいてくれることで未来が明るくなりました。
少しずつ、この学校の人に慣れてくれることが何よりの希望です。


by suzu62taha88 | 2016-12-24 18:32 | 小2のF | Comments(2)