2011年 10月9日の記事( 他ブログ ) 小1担任からの手紙

f0370147_00111695.jpg

f0370147_00111741.jpg


ふぅの一年生の時の担任の先生に

先日、ふぅが一年生の時の様子をうかがうためにお電話をし、いろいろとお話していただきました。

ふぅはいいところをたくさん持った子、いたずらはご愛嬌程度・・・って安心させてくださいました。

そして、今日、先生からふぅと私にお手紙が届きました。

***********

ホッとしました。

先生ありがとうございます。(このブログ、読んでないと思うけど。笑)

(運動会にいらしてくださったのですが、会えませんでした。)


先生→先日
ですね。先生もご愛嬌


***************
以上
ふぅ、小3当時のブログ記事でした。

*********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by リラ at 2016-11-28 11:19 x
先生からのお手紙なんて、嬉しいですねえ!
担任の先生で学校生活って決まるところありますよね…うちの長男は体は大きいのに気が弱いため、いじめっこの格好の餌食だったのです。小学1年生の頃は毎日痣だらけ、守ってくれるハズの先生にまでいつもくっつかれて邪魔です!って言われて…乱暴されるのが怖くて先生にくっついていたんですね。幼稚園からのお友達もいなかったし、二人で路頭に迷った時期でした。
その頃極度のストレスから強迫神経症になってしまい、長男は1日中手を洗うという行為を繰り返すように。本当に辛かったです。
その後離れた町に家を建てたため転校、良い先生恵まれてなんとか落ち着きました。
ちょこっとfくんに状況が似てますかね⁉
先生って大事だな~!って痛感しました…。
しかし、先生ってものすごく字がお上手ですよね。字が下手な私には絶対無理な職業です(^_^;)
Commented by suzu62taha88 at 2016-11-28 14:16
リラさん
ありがとうございます。

小学一年の時の担任の先生は、おおらかで、きっぷのいい先生でした。子供達も保護者たちも先生が好きでした。
気さくな方でした。

小学2年生の担任の先生が、酷くて。
子供が精神に支障をきたすような対応はすべきではないですよね。
脅す、いびる、恥をかかせる、プレッシャーをかける、無視をする、自分を殴らせる、などなど先生という職業がその方を天下取りの独裁者にしたとしか思えないです。
子供達の中で天下を取っているのですから馬鹿げています。
お子さんが苦しめられた経験を持つ方たちの話をブログなどで知り、そんな酷い先生が、たくさんいることを知りました。
リラさんのお子さんも苦しめられましたね。
かわいそうに。
大人が、しかも学校で担任が子供を苦しめるなんて、ありえないことなのに、そんな暴力が横行しているなんて許せないです。
f は、手を洗うことを繰り返し、今は毎日何度もシャワーを浴びています。
どうしてあげたらいいのか、わからないです。
いっその事、家にいさせてあげたほうがいいのかもしれません。
メンタルを考えると、勉強なんてどうでもよくなります。
特技も何もどうでも良いです。
ただただ、安穏に過ごさせてあげたいのが本音です。

リラさんのお子さん、今は、大丈夫なのですね。
何よりですね。
その先生はいじめに気づいてなかったのでしょうか。
懲戒免職です!
子供が第一。
邪魔だなんておかしいです。
Commented by リラ at 2016-11-28 22:06 x
りかこさん、うれしいお言葉ありがたいです。あの時、誰かそんな風に言ってくれたら…親子で泣いて暮らしてはいなかったかもしれません。
独裁者!もうまさにそれです!長男が乱暴されるのは弱いからだめなんだって言われて…怒りが込み上げました。
脅す、いびる、恥をかかせる、プレッシャーをかける、無視をする←これら同じ事されてました!
自分を殴らせる←これはなかったです、ひどすぎますね。先生が暴力を振るっているのと同じです!
本当に、それはそれは冷たい女の先生でした。まさかfくんの先生と姉妹だったりして?なんて。

fくん、幼稚園とっても良いところに行かれていたのですね。うちもです。なので余計に小学校に失望してしまい…また幼稚園に戻りたい!なんて現実逃避してました。

手を洗う、これは環境が良くなってもかなり長く続きました。端から見れば、なぜ?意味があるの?等と思ってしまうのですが、本人には非常に必要な行動なんですよね。精神を均衡に保つ為だったのかもしれません。
ついついもういいんじゃない?と言いたい所をぐっと我慢して、タオル新しいのに代えようか?なんてなんでもない風に装ったりして。
別に何回も手を洗うなんて大したことじゃないよ、好きなだけやったらいいさ!という態度を取り続けました。かなり忍耐が必要でしたけど(笑)
fくんのシャワーも意味があるのでしょうね。
きっとfくんは、黙って見守ってくれているりかこさんを自分を受け止めてくれているんだなあ、と嬉しく思っているんじゃないでしょうか。

子供には毎日楽しく幸せに過ごしてほしい…ただそれだけが親の望みのはずなのに、なかなかうまくいかないものですよね…何年後かに、りかこさんとそんなこともあったね!と笑い合いたいですね…♪
Commented by suzu62taha88 at 2016-11-28 23:08
リラさん
ありがとうございます。
リラさんとお子さんの悲しい叫び声がきこえてきそうです。
思いをしたものとしてはいたたまれないです。
先生がおかしいと思ったならば戦わなくてはいけませんね。
そうしてはいけないと思っていましたが、先生も人の子、間違ったことをするものですね。
教えてあげなきゃわからないのですよね。

はい、いつか思い出話に花を咲かせましょう。(^^)v
by suzu62taha88 | 2016-11-27 00:06 | 小3のふぅ | Comments(4)