様々な進路

通信制高校サポート校相談会東京新宿|通信制の仕組みがわかる
↑ リンクです。

色々な学びの場があります。
視野を広げて選択肢を増やせば、その子らしさを育めると思います。
未来を明るく捉えることでしょう。

ネットを含めギフテッド関連の集まりで知り合えた「ギフテッドなお子さんたち」。
様々な形態で学ばれています。

不登校をマイナスに捉える一般的な考え方でいると、そうならないようにと親は見えない敵と戦います。
子供はマイナスのレッテルを貼られて仕舞えば引きこもるしかないと思い込むことでしょう。
しかし、親などの身の回りの人が不登校であることをプラスに捉え支えてあげれば本人はどんなに安心できることかと思います。


素晴らしい出会いによって、逆にその方法がその子のためになる場合があることにも触れることが出来ました。

既存の学校を選ばずホームスクールで教育をされている方達の実情は、希望に溢れたものだと確信できました。
そのような皆さんとの出会いに感謝しています。

大人になってわかることは、学びは何歳になっても可能だということです。
これを思うと、こどもを精神的に追い詰めてまで、周りと同じ道を無理やり歩かせなくてもいいのだと思えます。

f は中学受験をして私立中学に通っています。
7校受験して全て受かりました。
中には500人を超える受験者数で86人合格という人気校にも合格しました。
受験塾を辞めてしばらく遊んでいた子にしては上等でした。
しかし、手続きの段階で私の夫との意思の疎通がうまくいかず、夫は抑えでお金を払い込んでいたところにだけ締切日に手続きをしてきたのでした。
私は仕事の日で、夫に他校にも手続きを頼んでおきました。
しかし、払い込んだ滑り止めにしか手続きをしてこなかったことが夜になって帰宅した夫の言葉で判明しました。
「払い込んだお金がもったいないから、他にも払うなんてそんな無駄はしない。」と。
それからずっと落ち込みました。
f に申し訳ないと。

それからは、高校受験のことを視野に入れて心を落ち着かせていたのですが、
思えば、本人のこれからの希望を叶えられるなら、どこの学校でも良いのだと心の整理ができてきました。

そして、いろんな方の話を伺って、通信も含め、色々な学びにこどもを照らし合わせて考えています。

通信制は、家庭での学習が大変だと思います。
普通の高校に通って卒業証書がもらえるほうが楽なんですが、もし、目標が達成できる道であれば(大変な自宅学習を乗り越えなければなりませんが)通信はなかなかの魅力です。

この先の進路を考える上で、高校説明会に参加していこうかと思っています。

*********

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが、皆様の応援に支えられ感謝の気持ちでいっぱいです。

今後とも宜しくお願い致します。

この度も応援のポチを下のボタンにクリックしていただけると幸いです。
↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村


[PR]
by suzu62taha88 | 2016-11-16 07:45 | 中2のF