家庭におけるGifted教育。高い能力を活かしていくこと。

自身をコントロールできて成功されていれば悩むことはないので、そういった場合を除きます。



親の働きかけで子供を伸ばすのが一番簡単な方法なんだと思います。

とはいえ、相手にも意思がある訳で、これがまた、バトルの元だったり子供を傷つけたりしてうまくいかないのです。
子供が小さい頃はやれるのですが。


そもそもGifted教育の必要な子は、なにかしらの高い能力を持っていて、そこを上手に伸ばしていきたい存在です。

生まれ持ったこの高い能力は一生持っているものです。

なのでいくつになっても手遅れではありません。
いつかきっと。
その思いを胸に、社会で活躍できる子供の姿を描きながらサポートしていきたいものです。

現在、好きで夢中になっていることや、能力を認められつつあるものがあればそれを軸にレッスンを続けていくことで活かせられることでしょう。
自信につながりもっと突き進めることができることでしょう。

特に探せていなければどうでしょう。

小さい頃に得意だったことは何でしょうか。
その原点に戻ってそのヒントを元にその子の得意につながるものを体験させ、興味に結びつけるのはいかがでしょうか。
いつからでも遅くないと思います。

060.gif060.gif060.gif
子供3人を女手一つで育てたという知り合いがいます。
習い事もやらせてあげられなかったのですが、長女ちゃんは中学で吹奏楽部に入りました。
今まで本格的にやったことのなかった音楽ですが、持っていた感の良さを発揮して、高校生の時のクラッシック音楽コンクールで見事な成績を収めました。
トロンボールのソロです。
その後、先生たちの援助もありフランスに音楽留学し、現在はプロとして活躍されています。
能力を見つけ出せたなら、幼少期に始めていないものだってそこまでになれると実感しました。
遅くない!大丈夫です。


それから、
得意な教科の勉強をしっかりやらせるといいでしょう。
勉強?
少しずれるとおもわれそうですが、
高い能力を活かすためには、まずは学力って、ある意味手っ取り早いと思います。

本人たちは、きっと、順位なんて気にもしないと思います。
もちろんそういった一般的にいう「学年で1位になれ。」ということではなく、その教科を学習してできる限りの能力を発揮できればいいということです。
学校であればケアレスミスさえしなければ満点は取れるでしょう。

実際問題、社会の中で認められるには、これは手っ取り早いです。
もっと言えば、この際、学校の先生のおかしな私見が入る評価など気にすることはないのです。
定期試験や資格試験で発揮させてみましょう。

低達成児になりやすいGiftedの子供達に、それ相応の実力を持たせたいと願っています。

そうもいかないと思うでしょう。
うまくいかないことばかりです。
しかし、信じてください。
Giftedなのですから。
尊敬できるほどの能力を持っています。


*****

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-09-08 09:56