giftedについての学習会はビジネスだけのための方には託さないでほしい。

6年前、私がGiftedのことを知ってから、発達障害についても知りたかったので、発達障害児支援者養成の講座に参加しました。
10万円くらいしたと思います。

教科書を読みあわせる程度の講座でしたが自分の安心感を得られたらそれで良いと納得するしかありませんでした。
それだけ孤独に挑んでいたからです。

その時に大阪弁の代表兼講師の女性にgiftedのことを質問しました。
すると、「そんなのないですよ。それは自閉症でしょ。」とおっしゃいました。
ご存知ないことを責める気もなく、「そうなのですか。」と流しました。

お話の中で「お金にならない事はしない。」とおっしゃっていたのでビジネスマンとして立派だなと、ある意味感心していました。

つい先日、その代表の女性が講師を招きgiftedの学習会を主催していたのを知りました。

懐かしさもありメールでご挨拶をしました。
その学習会に出たいと思っていました。
「…Giftedのことも始められたようで心強いです…」とのメールの返事は、「こちらは何年も前からGiftedの支援はしています。」とありました。

「私(代表の女性)は、あなたより前から知ってたわよ。あなたに言われる筋合いはない。私は専門家よ。」とおっしゃりたかったように感じました。

そんなことはどうでも良く、コンタクトを取れたことを喜んでくださると思っていました。
私としては、「懐かしいことや同じものに気持ちがあることに感動した。」とお伝えしたつもりだったのですが、挑戦的な言葉にがっかりしてしまいました。

そしてあの「お金にならない事はしない」という言葉が妙にクローズアップされてきました。

もうひとつ、ビジネスとはいえ、発達障害児の支援者を要請する講座を開いている人が障害のある子供当事者の心に寄り添えていない象徴的な言葉も思い出します。
スペクトラムの特徴は、一言で言って人に腹をたたさせる障害。」とおっしゃってました。
冗談に反応したかのように皆さん笑ってましたが、私は笑えませんでした。


ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
Commented by ゆう at 2016-09-08 23:30 x
こんばんは(*^_^*)

その女性の代表の方は、育ちに何らかの闇が有った様に
感じてなりません。

話の内容が酷過ぎますね。

しかし、言葉には出さずとも、同じ様なこと思っているんだろうなって方、たまに居ますよね。

結局、可哀想な人なんだと思う様にしてますが、
やはりちょっと、モヤモヤしますね^^;

私も最近『ギフテッドに詳しい心理士』という方のところに、
通うのをやめました。
こどもが、そこに行くと、調子がおかしくなるんです。
私が居ない時に、色々有ったみたいです。説明も沢山したのですが、なかなか理解されるのって難しいですね。
Commented by suzu62taha88 at 2016-09-09 15:28
ゆうさん

コメントをありがとうございます。

他のことならともかく、専門的な方でもなく、ただのビジネスをしたいが為の支援。
この方には託せない。危険だと感じてしまいました。
なのにGiftedに通じる大学の先生に近づいて学習会と称するビジネスを始めてました。
でも、親御さん達も賢いですから、そうそう利用されないと思うと私の取り越し苦労かもしれません。
自身の闇を癒さなければ指示者として支援などできませんね。

ゆうさんのお子さん、大変なダメージを受けてしまったようですね。
大人が子供をいじめるようなことがあれば、本当に許せないです。
心理士さんはなにも押し付けないでお子さんのことを受容してからの支援であって欲しいですね。
お母様からの説明だけではなく、実際にお子さんに触れ感じていくことが大切だと思います。
わからなければまたお母様に教えてもらいながら接していけばいいと思っています。
慌てずにその子に寄り添うことが大切なのに傷つけてどうするのかと思っていまいます。
by suzu62taha88 | 2016-09-05 09:52 | 母の想い | Comments(2)