数学幾何学の答案

fの学校の数学は、幾何学と代数に分かれています。
数学はどちらもお得意なfです。
中間試験は学年1位の幾何学なんですが、期末はこの大きな❌さえなければほぼパーフェクトだったので、惜しいです。

1学期末の幾何の答案です。

fはこれで間違いないのに❌になっていると、不満のようでした。

本人は、点数がとりたいのではなく、
できていると思った答案を認めてもらいたいと思っているようです。
悔しそうにしていました。

f0370147_00392363.jpg


f0370147_00392434.jpg

解答としては、
斜めに補助線(BD)を引き、
中間連結定理より、
その補助線の両側の線は、
平行かつ補助線の半分である。
よって、両側の線は平行で、かつ、長さが等しいので指定の形(四角形PQRS)は平行四辺形である。
というものだとおもいます。

fは方程式の答案は、突然答えを出してしまうタイプの子なので、角度を出すのも頭の中で計算してしまう癖があります。
そんな子なので、中間連結定理でこの四角形PQRSが平行四辺形であるなんて当たり前なことだと認識してしまって、その後逆算的な証明を書き始めていました。
四角形PQRSが平行四辺形なのでどことどこが錯角であり…という具合に。
聞かれていることが頭の中で一発で理論付けられてしまったのですでに完結なんだけれど、何か書かなくてはならずその先を書き始めたというわけです。
簡単な問題が出るとは思っていなかったら
かえってどう解こうかと考えることが、私にもありました。
fも無意識に迷ったことでしょう。

見方によっては正解にしたいところなんですよね。
まあ、それは良しとして、
こういう子には、少し先のことを問うような問題を出してあげて欲しいな。


保護者会で学校に行った時に、この答案を幾何の先生に見ていただいて、話をしました。
成績も順位も付いた後です。
私としては、点数をあげて欲しいのではなくて、どうしてこう書いたのかを知って欲しいと思ったのですが、開口一番、「書き直しました?」ときました。
あちゃー、おいおい!
そして、「これは錯角じゃないですよね。」と続けました。
おいおい!錯角でしょ。
私は心の声を張り上げてしまいました。

文句を言いに来たと思ったのかしら。
そういうの、残念です。
教えている子の考えを保護者から聞けたら、ほうほうと感心して嬉しくなると思うのですよ。
話を広げたりして。
私は少なくともそうです。
私はそもそも人の評価なんてあてにならないと思っています。
本人が理解していればそれでいいのです。
点数をあげてなんて小さいことは言わないですよー。独り言。(笑)

今年入ってこられた新任の先生。
「この問題、ほとんどの子ができなかったんですよね。」って、おいおい!
おいおい!のオンパレードやー。
みんなができるように教えるのがあなたの仕事でしょうが。




お話、ずれますが。

思えば小さい頃からfは完璧主義で、自分で出した問題に相手が正解しないととても機嫌が悪くなりました。

普通の感覚なら、
相手ができなければ、
「僕の出した問題ができないのかい。では、ぼくのかちだね。やったー。」となるところなのに、
fは相手ができないと「不真面目に話を聞いているからだ。」とか、「適当に答えているからだ。」とか思うようでした。

自分にとっては簡単な問題で
相手もそんな問題はできるはず、
なのでしょう。
できないのはふざけている。
と、思うのでしょう。



出題者は、たくさんの生徒がいる中でみんなの力量に合わせた問題を出すというわけにもいかず、こんなズレが生徒と先生の間にはできるのかもしれません。

いろんなレベルの子がいるので先生も大変ですね。



ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
Commented by ゆう at 2016-08-31 10:23 x
これもあるあるですよねー^^;

うちのこどもも、いきなり答えだけ書いて、
『何でこうなったの?』
って、良く聞かれています(笑)

中には、形に拘る先生とかだと、答えはあっていても、
『これはね、途中式書かないとバツなんだよ。
 お母さん、今のうちに教えておいた方がいいんです。
 これは間違いなんだよー。』
って、まだ7歳のこどもの、方程式の答案に、
バツを付けます^^;

こどもは大体、そうゆう先生の言うことは、本当に聞きません。生活態度が荒れます。
自己肯定感が下がるので、そういった大人と切り離すのに
苦労します。

12~13歳をめどに、それらにも自己対応出来る様にって、
色々考えているのですが、なかなか難しいことですよね。

それにしても、自分の間違いを認めないその先生、
ちょっと怖いですね・・・。
Commented by suzu62taha88 at 2016-08-31 14:59
ゆうさん
コメントをありがとうございます。
同じなのですね。
頭の中で考えた方が本人には簡単なのでしょう。
それも特技なのだと思います。
いま置かれている状況は、なにせ足並み揃えないといけませんから、いちいち書かないといけなくなるのです。

もっと複雑な式になった時に細かく書いてある方が間違えずにい問題解決には近道だと思うのです。
いや、それは普通の人が考えることです。
必要ならば書くようになると思います。
fは代数のテストでいきなり答えを出してしまいますが後付けで途中式を書いているそうで、担当の先生が「すごいね。」と言ってくださったそうです。
できているのに途中式を書かないと認めてもらえないということなので本人必死なんだと思います。
認めてもらえることで安心するのでしょうね。

fということでお話を進めましたが、結局gifted全般に言えていると思います。
Commented by suzu62taha88 at 2016-08-31 15:45
先生ね。(・_・;
教科書通りにしか対応できないので大丈夫かしらと心配してます。
Commented by ゆう at 2016-09-01 21:22 x
こんばんは(*^_^*)

fは代数のテストでいきなり答えを出してしまいますが後付けで途中式を書いているそうで、担当の先生が「すごいね。」と言ってくださったそうです。
↑↑
答えだけ書くなんて凄いですねー^^
うちのこどもも、代数、途中がかなり抜けるので、
『なんで?』って聞かれてます。
計算方法もちょっと独特なのに、説明する文章力無かったりで
たまに困ってます(笑)

学年レベルの文章問題は、答えだけ書くので、文章の分、
点を引かれます^^;
最近は『そうか・・・』とイヤイヤ書いてますが、
字をワザと、凄く汚く書きます。
嫌な気持ちを、筆圧に出して、小さな反抗をしています。

認めてもらえることで安心する
↑↑
何て素直で可愛らしい性格(*´ω`*)♪
全力で、守ってあげたくなりますね。
うちのこどもなんて、不貞腐れてほっぺたパンパンですよー。
『どうせ理由聞いても、決まりだから。とか言われるんだ』
と、チック出しながら、小さい声でボヤいていますよ。
私が八つ当たりされるー(T_T)ヒー

しょうがないから、八つ当たりされながら、
守りますけど・・・^^;
Commented by suzu62taha88 at 2016-09-01 23:13
ゆうさん
ありがとうございます。

認めてもらえることで安心する…できる人だとの評価をしてもらえなくても全然気にしてないのですが、解いた問題を否定されるのがたまらなく嫌らしいです。作品をけなされた感じがするのでしょう。
そんな素敵な感じじゃないですよ。(笑)
なんでダメなんだーって荒れます。
自分で丸つけてます。

それがですね、そういった解答は
案外あっているんですよ。💦

イヤイヤ書いて筆圧強くて汚く書くの、あるある。
宿題はわざとらしくガチャガチャな字で書きます。
先生への当てつけかと思うのですが、先生は君の字には興味ないんだってばと突っ込みたくなります。
(笑)
by suzu62taha88 | 2016-08-30 23:17 | 中2のF | Comments(5)