中学受験塾の塾でなされた理不尽なこと

ふぅは小学4年の途中から小5の冬休み明け位まで中学受験塾Nに通っていました。

板書をうつさないので塾ではよしとされません。
ふぅはうつすのが遅く、何らかのディスレクシアの可能性は否めないのです。
ならば、よく聞き、見ておぼえればいいと、私は思っていましたが、塾では不真面目だと思われてしまいました。

塾なんだからテストができればいいのではないのかと思うのですが。

クラス担当の中年の女性から、
「ノートも取らない子がいると他の子に悪い影響があります。下のクラスに行っていただきます。」
なんて、おどされりしました。
下のクラスの子はどうでもいいのでしょうか。摩訶不思議です。

ひどかったのは、
塾の社会の先生がふぅを廊下に立たせて本人が泣き顔で帰ってきたことがありました。

授業中に板書をノートにうつさないので注意をしたら何も言わなくて無視したので腹を立てた先生がふぅを廊下に立たせたそうです。
ふぅは何も言えず悔しかったでしょう。
何も言えなくて悔しいところに、支配的な大人は追い打ちをかけてくるのです。
塾に確かめたら、そういうことだと認めました。
なぜだか、社会の先生がふぅや私に謝ってくることもなかったので、人としてどうなのかしらと思うのです。

結局、その後、下のクラスになりました。
できるならそのレベルのクラスにいるのが合理的だと思うのです。
クラス落ちは社会の先生から離すためらしいのですが、社会の先生がお仕事を変えたほうがいいのでは無いでしょうか。

塾の方針で、
テストの結果、各クラスの1位と2位の子に優秀印のノートを贈呈します。

ふぅは、実力より1つ下のクラスにいるので当然の様に毎回ノートをもらってきました。
だったら上のクラスよね。といつも思っていました。


f0370147_03415860.jpg



トップクラスとその他のクラスとでは、少し内容が違うので、簡単に下のクラスにされては腑に落ちない節がありました。


その後N塾を辞め、本人は本来の小学生生活に戻り、毎日遊び放題ののんびりとした生活を送っていました。

のんきに遊んでいたさなかですが1ヶ月ほど、個別塾Aにお世話になりました。
が、ここの中年の女性主任は、ふぅが(頭をプイッと振る)チックが迷惑だったらしく、「右の斜め後ろに誰か見えるんですか。」と、わけのわからない皮肉を言いました。
極め付けは、主任がふぅの算数のノートを何ページか破りました。
使いやすい様にと私がノートの真ん中に線を引かせたのですが、主任は自分の指導と違うと腹を立ててしまったのです。何回言えばわかるんだと叱責したそうです。
他人のノートを破くなんてありえないです。

もちろんすぐにそこの塾は辞めました。

普段、よそのおばさんからこんな失礼なことをされるなんて無いわけですが、塾や学校には子供を支配下に置いたと勘違いして子供にひどいことができる大人が存在するのです。
理解不能で頭がおかしくなりそうです。

ふぅは、チックがあったり、黒板を写すのが遅かったり、ちょっと人と違うところがあるのに緘黙だから、いい様にあしらわれてしまうのでしょう。

**

ご覧いただきありがとうございます。

拙いブログですが応援していただければ幸いです。
下のボタンをクリックしていただけると励みになります。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 子育てブログ ギフテッドチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-23 22:49 | 中学受験 | Comments(0)