小2のF 持久走大会の試走会に掛けたひどい言葉に反省

試走の日でした。

順位のカードが鞄の中にあって、見たら

31

思わず、「おそっ」

「もっと早く走れなかったの?」
「だって、疲れるんだよ。」

いけない、学年男子100人もいる中で31位は早いね。・・・と思ってすかさずフォローをしました。

「男の子100人くらいいたよね。」
「うん、いっぱいいるんだよ。クラスに95位の人もいるよ。」
「そうか、それじゃ早かったね。」
「うん」
ふうは、満足そうでした。

喘息持ちで毎日薬の吸入で喘息コントロールしている子なので、奇跡に近い速さなのです。
なのに私自身は校内では短距離も長距離もいつも1位と、足が速かったので、つい感情的というか、負けん気根性で、こんな情けない言葉を発してしまいました。

持久走なんて、速くなんか無くていいのにね。

[PR]
by suzu62taha88 | 2016-08-03 23:35 | 小2のF | Comments(0)